だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

日輪の遺産

2011-09-01 14:38:20 | 映画(な行)

日輪の遺産.bmp

ベストセラー作家・浅田次郎の同名小説を「半落ち」「出口のない海」の佐々部清監督が映画化。敗戦を目前にして、マッカーサーから奪った200兆円相当の財宝を後の祖国復興の資金にすべく隠匿するという極秘作戦に関わった4人の男と 20人の少女たちの運命を、端正な筆致で感動的に描き出していく。主演は「南極料理人」「ゴールデンスランバー」の堺雅人、共演に中村獅童、福士誠治、ユースケ・サンタマリア、八千草薫。

                                               (allcinemaさんより抜粋)

     * * * * * * * *

1945年8月10日、敗戦前夜の日本。陸軍大臣のもとに呼び出された真柴少佐にある密命が下される。それは、山下将軍がマッカーサーより奪取した 900億円(現在の金額で200兆円)の財宝を、秘密裏に陸軍工場へ移送し隠匿せよというものだった。この極秘任務には、真柴少佐、小泉中尉、望月曹長の3人の軍人に加え、女学校の20人の少女と彼女たちを引率する平和主義者の教師、野口孝吉が勤労動員されることに。任務の本当の内容など知らされることもなく、それでも素直にお国のためにと過酷な労働に励む健気な少女たち。いつしか真柴たち3人の軍人ともうち解けていくのだが…。 

                                               (allcinemaさんより抜粋)

     * * * * * * * *

今日からまた数日、夜勤シフトで昼間はフリーになったので、ファーストデイだしちょっと気になってた本作を観ようと札幌シネマフロンティアへ。

あれ、こんなに涙腺弱かったっけ?

少女達が純粋無垢で健気すぎて、彼女達が選択した運命に涙が自然と溢れだしてきた。敗戦と荷の中身を知った少女達が未来の日本の為に死して鬼となって荷の秘密を守ろうと自決を選択し、彼女達の死を知った野口教師も彼女達を引率しないといけないと言って、これまた自決を選択するところはグッときた。

でも少女達の悲劇の部分は良かったが、話の設定としては突っ込み所が多かった気がする。そもそも山下奉文陸軍大将がマッカーサーより奪取した財宝ってのが怪しい。山下大将はマレー方面で活躍してフィリピンに赴任してくるのは敗色濃厚な時期で、その時期にマッカーサーの隠し財宝を見つけたってのは設定に無理がありそう。フィリピン攻略を担当した本間雅春陸軍中将がマッカーサーを追い払って財宝を見つけたってのならまだ真実味があるんだが。

しかし、話の設定等に無理があっても飽きることなく最後まで観られる見応えのある作品だったと思います。

お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ 

クリックして下さった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | ライフ ―いのちをつなぐ物語― »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ごくろうさんです。 (sakurai)
2011-09-12 15:39:37
お引越しですか!
大変ですね。
ついでにBMさせてもらってもいいですか?

浅田次郎がどうしても苦手で、克服できるか?と思って見に行きましたが・・・ダメでした。
こんばんは。 (はくじ)
2011-09-12 21:33:04
sakuraiさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

seeseaブログ良かったんですが、不便な点も
あったのでこの際引越しました。
これからも宜しくです。
BMの件は、こちらこそよろしくお願い致します。
ありがとうございます (sakurai)
2011-09-12 21:42:27
よろしくです!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
日輪の遺産 (うろうろ日記)
試写会で見ました。暗そうだなーと思っていましたが、やっぱりでした。終戦直後、マッ
日輪の遺産 (佐藤秀の徒然幻視録)
ある意味なでしこジャパンの原点 公式サイト。浅田次郎原作、佐々部清監督、堺雅人、中村獅童、福士誠治、ユースケ・サンタマリア、八千草薫、森迫永依、麻生久美子、塩谷瞬、八 ...
日輪の遺産 (LOVE Cinemas 調布)
浅田次郎の同名小説を『半落ち』の佐々部清監督が映画化した。終戦間際の夏、マレーの虎・山下大将が連合国最高司令官マッカーサーから奪った財宝を隠匿する命令を受けた3人の軍人と20人の少女と教師たちの辿る運命を描いたドラマだ。主演に『武士の家計簿』の堺雅人。...
[映画『日輪の遺産』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これは、予告編の時点で「名作」ですね。  何よりも、予告編で垣間見える、敗戦に伴う、国の隠密作戦に借り出される20人の少女たちの「チンコロねーちゃん」風な顔立ちが、もう作品の成功を約束している。  まあ、13,4歳の設定なのだから、AKBなどが演じる...
「日輪の遺産」何も知らずに任務を遂行した先にみた日本を守ろうとする強い意志と悲劇を繰り返さないための遺産の継承 (オールマイティにコメンテート)
「日輪の遺産」は浅田次郎の長編小説を映画化した作品で、終戦直前の日本を舞台に終戦宣言する前に軍部が多額の財産を極秘に隠そうとし、その作業を遂行する少佐たちと20人の少女 ...
日輪の遺産 (花ごよみ)
時代は太平洋戦争が終わる寸前の夏。 マッカーサーが、 フィリッピン撤退の際に、 隠した財宝を日本が奪い、 その財宝を戦後の復興のために役立たせようと、 隠匿する命を受けた帝国陸軍将校。 そのために勤労動員された20名の少女。 浅田次郎作の同名小説が原作。 主...
「日輪の遺産」みた。 (たいむのひとりごと)
原作は未読。どんな内容なのか予告編を見てもよく分からなかったのだが、小説とはいえ、終戦を間近にした最前線ではない戦争映画ということで、また別の視点から戦争を知る機会にもなろうかと公開を楽しみにしていた
『日輪の遺産』 (こねたみっくす)
この映画の製作陣に戦争で命を落とした先人を敬う気持ちはあるのでしょうか。 こんなヌルい映画で亡くなった19人の少女と野口教諭の想いを語れると思っているのでしょうか。 浅田 ...
日輪の遺産/堺雅人、中村獅童、福士誠治 (カノンな日々)
久々の浅田次郎さん原作の映画化です。なんでも浅田次郎さんご本人が映画化を熱望されていた原作というのが映画のセールスポイントにも使われていますね。太平洋戦争終結間近の日 ...
日輪の遺産 (勝手に映画評)
浅田次郎の同名の小説の映画化。著者本人が映画化を熱望してきたと言われており、ようやく、その願いが叶ったと言う事になります。 山下財宝なら知っていますし、有名ですが、マッカーサーの財宝って、M資金??? と言う感じになりますね。でも、マッカーサーが非常に...
日輪の遺産 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/08/27公開 日本 134分監督:佐々部清出演:堺雅人、中村獅童、福士誠治、ユースケ・サンタマリア、八千草薫、麿赤兒、麻生久美子、塩谷瞬、北見敏之、ミッキー・カーチス、八名信夫 いつか、この国が生まれかわるために 久々に映画好きの友人と鑑賞。ユアンの『....
『日輪の遺産』・・・軍は負けても国は負けない (SOARのパストラーレ♪)
8月になると各局がこぞって放映する太平洋戦争を題材としたテレビドラマが実は好きではない。大きなテーマは戦争の愚かさを訴えるものでありもちろんそれに異論はないが、開戦に踏み切った軍部を単純かつ一方的に悪者に仕立てた挙句、民間人や末端兵士の悲劇をこれでもか...
『日輪の遺産』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「日輪の遺産」□監督 佐々部 清 □脚本 青島 武 □原作 浅田次郎□キャスト 堺 雅人、中村獅童、福士誠治、ユースケ・サンタマリア、八千草 薫、森迫永依、       土屋太鳳、金児憲史、柴 俊夫、串田和美、山田明郷、野添義弘...
*日輪の遺産* (Cartouche)
    終戦間近の昭和20年8月10日。帝国陸軍の真柴少佐は、阿南陸軍大臣ら軍トップに呼集され、ある重大な密命を帯びる。山下将軍が奪取した900億円(現在の貨幣価値で約200兆円)ものマッカーサーの財宝を、秘密裡に陸軍工場へ移送し隠匿せよ……。...
日輪の遺産 (迷宮映画館)
いやーー、やっぱりあたしはダメダ、この人。。。。
「日輪の遺産」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
あの、まる子ちゃん(森迫永依)が、こんなに大きくなっていたとは!3つ★半~4つ★
日輪の遺産 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「鉄道員」「地下鉄に乗って」など、数々の名作を世に送り出してきた、日本を代表するベストセラー作家・浅田次郎。1993年発表の「日輪の遺産」は、根強い人気作にして、浅田氏自身 ...
映画『日輪の遺産 THE LEGACY OF THE SUN』 (闘争と逃走の道程)
 『鉄道員』『地下鉄に乗って』など、数々の作品が映画化されている人気作家、浅田次郎氏の初期の傑作を映画化。『THE LEGACY OF THE SUN』という英題がめちゃ格好いい。 日輪の遺産 (講談社文庫)浅田 次郎 ...
映画「日輪の遺産」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「日輪の遺産」観に行ってきました。浅田次郎原作の同名小説を映画化した作品。この映画、私の地元熊本では熊本市中心部にある熊本シネプレックスでしか上映されていなかったた...
日輪の遺産 自分で修正しながら号泣~o(TωT )( TωT)o (労組書記長社労士のブログ)
【=48 -8-】 浅田次郎さんの原作「日輪の遺産」は5年半ほど前に読んで、一番のクライマックスが自分の降りる駅のほん手前のタイミングで、電車内で「どば~っ!」って涙がほとばしって、そのぐちゃぐちゃの顔面濡れ濡れのまま改札口をグスグスいいながら通過という、友....
『日輪の遺産』 (ラムの大通り)
※見どころ、クライマックスにも触れています。原作未読者はご注意。 ----この映画って、 いまひとつ内容がよく分からないんだけど? 「そうだね。 その設定とはまずこの言葉から始まる。 <GHQ最高司令官マッカーサーの財宝を盗み出した帝国陸軍将校たち>。 これを受...
日輪の遺産 (そーれりぽーと)
台風でなんとなく『日輪の遺産』を観てきました。 ★★ 八千草薫が最強にイイのと、ユースケ・サンタマリアがいつもどおり安定してて良かっただけの印象。 ネタバレ どうも感情移入出来なかった理由を挙げてみる。 ・こんなに日本が窮地に立たされている時に、こんな話...
日輪の遺産 (映画的・絵画的・音楽的)
 『日輪の遺産』を角川シネマ新宿で見てきました。 (1)ベストセラー作家・浅田次郎氏の作品が原作でもあり、また評判もよさそうなので映画館に行ってみたのですが、客の入りはイマイチでした。  物語は、終戦直前、日本軍によって秘匿されていた財宝を占領軍の手から....
映画「日輪の遺産」 (FREE TIME)
今月の上旬に鑑賞した映画「日輪の遺産」をレビューします。