だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

天地明察

2012-09-17 00:01:07 | 映画(た行)

日本
ドラマ/時代劇

    * * * * * * * *

江戸時代に日本独自の暦作りという一大プロジェクトに挑んだ実在の人物、
安井算哲(後の渋川春海)の波瀾万丈の人生を描き、2010年本屋大賞第1位に
も輝いた冲方丁の傑作時代小説を、「陰陽師 〜おんみょうじ〜」「おくりびと」
の滝田洋二郎監督、「木更津キャッツアイ」「SP」の岡田准一主演で実写映画
化したエンタテインメント時代劇。
碁打ちの名家に生まれながら、算術や天文の研究に情熱を注いだ算哲が、様々な
出会いや妻の愛に支えられながら、持ち前の誠実さとひたむきさで幾多の挫折を
乗り越えていく姿を感動的に綴る。共演は宮崎あおい、中井貴一、松本幸四郎。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

将軍に囲碁を教える名家に生まれた青年・安井算哲は出世に興味が無く、大好き
な星の観測と算術の問題解きに夢中になっていた。将軍・徳川家綱の後見人で
ある会津藩主・保科正之は、そんな算哲に興味を示す。
折しも、800年にわたって使われていた中国の暦のズレが大きな問題になり始め
ていた。そこで保科は、新しい暦をつくるという大計画のリーダーに算哲を
大抜擢する。
それは星や太陽の観測に途方もない労力が必要なばかりか、暦を権威の象徴と
考える朝廷をも敵に回す困難で壮大な事業だった。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

宮崎あおい、この人は本当に出る作品に恵まれているというか、厳選してる
というか、そんな印象があるので、逆に彼女が出演してると、これはツマンナイ
作品じゃないと思えて安心して観に行ける。
で、そんな宮崎あおいが出ているので、楽しめるだろうと思って公開初日に
現地の映画館で鑑賞。

最後まで楽しめる娯楽作品でした。

当初、141分なんて長いわ〜。腰痛くなるわ〜なんてネガティブな気分だった
んだが、いざ観てみると、141分は全然長く感じなくて、最後まで見入って
しまった。

授時暦を日本向けに改良した大和暦を作ったものの、1番勝負だけで
優劣決めちゃうの? 授時暦は7番勝負までして優劣決めようとしてたのに。
って個人的にはそこが気になってしまった。

輸入物で800年も使い続けてきた暦のズレが大きくて、使い物にならなく
なって来て何とかしなければという人がいれば、反面、長きに渡って使って
きたとか、暦の制定は朝廷の権利なので外野がとやかく言うなとか、何か改革
しようとしても保守的な考えを持つ人や利権を失いたくない人の抵抗が激しい
のは今も昔も変わらないんだなぁ。

お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 口裂け女 リターンズ | トップ | 鍵泥棒のメソッド »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どうも、すいません (ウマキング)
2012-09-20 20:38:12
はじめまして。

何時もTBさせていただいているウマキングです。

>保守的な考えを持つ人や利権を失いたくない人の抵抗が激しいのは今も昔も変わらないんだなぁ
正に、その通りですね。
数年前は、抵抗勢力の駆除を民主党に期待したのですが…。

それと、TBを「天地明察」に対して2度してしまいました。
申し訳ありません。1つは削除いただいて結構です。

ではでは。
また、コメントさせていただきます。
>ウマキングさん (はくじ)
2012-09-21 00:44:25
こんばんは。
コメントありがとうございます。
そしていつもTBありがとうございます。

>>数年前は、抵抗勢力の駆除を民主党に期待したのですが…。
民主党に期待して、ダメだったから今度は維新の会へ
っていう安易な考えをする国民が多いのがちょっと・・・
って思ってしまいますが、じゃ他に期待する党があるか
って言われると、そんな党が無いので困りますね。

TBの件に関しては気になさらないでください。
あおいちゃんは (sakurai)
2012-09-21 11:34:45
ほんとに上手ですねえ。
できた奥さん!というのが見事にピッタリ。
なのですが、私は少女のころの、エキセントリックなちょっと狂気がかった役の彼女が好きでした。
最近じゃ、さっぱりしてくれない。

さまざま利権が絡むと、それにしがみつく古い体質・・・今も昔もさっぱり変わらず。
もうちょっと人間成長しろよ!と思いますね。
本を読んだときに感じた疾走感がちょっと薄れてたのが残念でした。
>sakuraiさん (はくじ)
2012-09-24 23:57:39
こんばんは。
コメントありがとうございます。

彼女はいろんな役柄が出来てすごいですよね。
原作は結構面白そうなんで、読んでみようかなと
思います。
長くても問題無し (メビウス)
2012-09-27 23:05:19
はくじさんこんばんわ♪こちらにもTB有難うございました。

時代劇の2時間超えは当初自分も億劫な気持ちを抱いたのですが、小笑いも交えながらな算哲の改暦事業はドラマティックな脚色も功を奏してる気がしてとても見応えがありましたね。

そいえば自分も映画で言えば、宮崎あおいが出演してる作品はハズレが少ない気がします。劒岳点の記や神様のカルテも良かったですね♪
>メビウスさん (はくじ)
2012-09-28 01:02:39
こんばんは。
コメントありがとうございます。

2時間超えの作品でしたが、見応えあって時間は気にならなかったですね。
宮崎あおいは出演作を厳選しているのかどうかは分かりませんが出演作にハズレが少ないような気がしますよね。なんで彼女が出てるとつまんなくはないだろうと安心して観に行けます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
天地明察 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】岡田くんが天文学を元に、結構頑張っち
映画『天地明察』★空に挑み天を抱いた男☆算哲 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/156384/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     映画レビュー(ネタバレ表示)です。が、ネタというより雑感です ^^; http://info.movie...
試写会「天地明察」 (日々“是”精進! ver.F)
天は知れば知るほど、奥が深い… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209050000/ 天地明察(上) (角川文庫)冲方 丁 角川書店(角川グループパブリッシング) 2...
「天地明察」みた。 (たいむのひとりごと)
原作は2010年に読書済み。(感想はこちら)今年の5月、日本全国老若男女が”金環日食”で盛り上がっていたのは記憶にも新しいが、何故その前後にこの映画が公開出来なかったのだろうと、非常に勿体ない事だと思
「天地明察」 宮?あおい論 (はらやんの映画徒然草)
冲方丁さんの小説「天地明察」が「おくりびと」の滝田洋一郎監督で映画となりました。
天地明察 (勝手に映画評)
第7回本屋大賞を受賞した『天地明察』が原作。 確かに『天地明察』を原作にしているものの、内容はだいぶ違うかな。原作本が、安井算哲が数学・天文学に打ち込み、改暦を成すまでの鬼気迫る様子を描いているのに対し、映画では、確かに安井算哲が数学・天文学に打ち込ん....
「天地明察」 (みんなシネマいいのに!)
 2012年9月は冲方丁強化月間!! というわけで、「天地明察」と「マルドゥック
映画「天地明察」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「天地明察」観に行ってきました。冲方丁による日本の時代小説を原作とし、日本独自の暦を初めて作り上げた歴史上の人物・安井算哲(渋川春海)の生涯を描いた人間ドラマ&歴史...
「天地明察」:ほど良く平明 (大江戸時夫の東京温度)
映画『天地明察』を試写会で観ました。滝田洋二郎監督が『おくりびと』('08)でア
「天地明察」数多くの失敗を重ねて知った暦を司る算術の答えと才能を見抜いた良き理解者 (オールマイティにコメンテート)
「天地明察」は江戸時代前期に暦の改暦という重大な命を受けた安井算哲が算術と星の尺度で暦の改暦に挑むが様々なしがらみに阻害されながらも改暦を成し遂げるストーリーである。 ...
天地明察 (とりあえず、コメントです)
冲方丁著のベストセラー小説を滝田洋二郎監督が描いた時代劇の人間ドラマです。 主演の岡田准一&宮崎あおいのコンビがキャラクターにぴったりなので楽しみにしていました。 観測と計算で暦を作ることの難しさと、暦を変えることの政治的な難しさを伝えてくれる作品でした...
<天地明察 試写会> (夢色)
いまさらながら、ようやくup。。。ネタばれ注意〜。天地明察 試写会で観てきました!始まる前から、どきどき・・・最初始まった時から、岡田君演じる算哲が アホな子全開で あいたた・・・って感じで(笑)「ぅあっ!」「おぉ〜!」「っあぁーっ!」みたいに、ホールド...
天地明察 (映画情報良いとこ撮り!)
天地明察 いろいろと話題があるお二人が出ている映画ですね。 その後どうなのったのか。 さて、囲碁の御三家に生まれた安井算哲は、星が好きで、徳川家にて、碁打ちをしていた。 そんなある日、会津藩主の保科正之よりとある命をうけることになる。 それは...
『モニター試写会/天地明察』 2012年3月27日 角川試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『モニター試写会/天地明察』 感想は書いてはいけないということなので今度ね もう一般向けの試写会も行われてきたので、勝手に情報解禁! 【ストーリー】  太平の世が続く江戸時代、算哲(岡田准一)は碁打ちとして徳川家に仕えていたが、算術にもたけていた。もと...
天地明察 : また、鬘が…。 (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 我等が広島カープは、今日も完封負けです。もう、だめですな。本日紹介する作品は、カープ同様残念なこちらになります。 【題名】 天地明察 【製作年】 2012年 【製作国】
『天地明察』 (pure breath★マリーの映画館)
星が動く。 時代が動く。 『天地明察』 監督・脚本・・・滝田洋二郎 原作・・・冲方丁 音楽・・・久石譲 出演・・・岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川猿之助、....
天地明察 : また、鬘が…。 (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 我等が広島カープは、今日も完封負けです。もう、だめですな。本日紹介する作品は、カープ同様残念なこちらになります。 【題名】 天地明察 【製作年】 2012年 【製作国】
映画「天地明察」 (FREE TIME)
映画「天地明察」を鑑賞しました。
天地明察 (迷宮映画館)
スピード感がもうちょっとほしかったかも。
映画『天地明察』観てきたよ〜〜♪ (よくばりアンテナ)
原作でめっちゃ感動したので、 楽しみにしてたんですよ〜〜 原作の感想はコチラ ストーリーも↑の原作の記事に書いてある通りです(^_^;) 映画を観ての感想は、 うん、北極星の観測に使う道具とか、大...
天地明察 (こみち)
JUGEMテーマ:邦画     安井算哲役の岡田准一が、若い頃の真田広之に   そっくりですね。ナレーションが真田広之だったので   これまた驚きでした。   えんが拗ねたり怒ったりといろいろな表...
天地明察 (花ごよみ)
冲方丁作の同名小説の映画化。 監督は滝田洋二郎。 江戸時代、それまで使われてきた、 中国の暦に変わって、 新たな暦を作った人物である、 安井算哲を描いています。 岡田准一が安井算哲を演じます。 その妻には宮崎あおい。 徳川家に碁打ちとして、 仕えてきた算哲...
天地明察/岡田准一、宮崎あおい (カノンな日々)
2010年本屋大賞を受賞した冲方丁さんの小説を原作に映画化した娯楽大作時代劇です。本屋大賞受賞作やノミネート作品は基本的に好みなのが多いんですけど、最近は既に売れているヒッ ...
「天地明察」 (ゆっくり歩こ。)
最初に書いてしまいましょう 私は・・・ レンタルでよかった、なぁ 評価がなかなか良いので行ってみました 大変丁寧に作られていて、俳優さん達も達者です 横山くん どぉーなの と思っていましたが 実際にはけっこう違和感無かったです 宮崎あおいちゃんは...
『天地明察』 (こねたみっくす)
算術バカの一代勝負記なのに人間ドラマが薄い。キャラクターがどれも魅力的なのに映画としては全く面白味がない。 第7回本屋大賞を受賞した沖方丁先生の原作を名の通ったスタッ ...
天地明察 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】滝田洋二郎 【出演】岡田准一/宮崎あおい/佐藤隆太/市川猿之助/笹野高史/岸部一徳/渡辺大/白井晃/横山裕/市川染五郎/中井貴一/松本幸四郎/他 【公開日】2012年 9月15日 【製作】日本 ...
映画『天地明察』 (健康への長い道)
 原作小説はかなり面白かったし、宮崎あおいさんも出演しているということで、『天地明察』を鑑賞してきました。 Story 江戸時代前期。将軍に囲碁を指南する名家のひとつ安井家に生まれた安井算哲(岡田准一)は囲碁の才能とは別に、星の観測と算術が大好きで、熱中し...
【天地明察】天を相手に真剣勝負 (映画@見取り八段)
天地明察     監督: 滝田洋二郎    出演: 岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川猿之助、笹野高史、岸部一徳、渡辺大、白井晃、横山裕、市川染五郎、中井貴一、松本幸四郎、笠原秀幸、染谷将太、きたろう、尾藤イサオ、徳井優、武藤敬司 公開: 2012年9月15日 ...
天地明察 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年9月17日(月) 16:00〜 TOHOシネマズ川崎4 料金:0円(フリーパスポート) 『天地明察』公式サイト フリーパスポート10本目。 東映得意の老人映画風だが、これは角川映画だ。 しかし内容は、極めてオーソドックスな時代劇なので、やはり年寄りな雰囲気である...
『天地明察』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「天地明察」□監督・脚本 滝田洋二郎 □脚本 加藤正人 □原作 冲方丁□キャスト 岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川亀治郎、笹野高史、       中井貴一、松本幸四郎、岸部一徳■鑑賞日 9月23日(日)■劇場 チネチッ...
映画・天地明察 (読書と映画とガーデニング)
2012年 日本 冲方丁さんの原作に素直に感動し、映画はどんな雰囲気に仕上がっているか、とても楽しみにしていました 350年前、徳川家綱の時代 将軍に囲碁を教える名家の息子として生まれた安井算哲(後の渋川春海) 長い年月をかけ星や太陽の観測を続け、日...
天地明察 (映画的・絵画的・音楽的)
 『天地明察』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)原作〔冲方丁著『天地明察』(角川書店、2009年)〕を本屋大賞受賞の際に読み、大層面白かったので、映画の方はどうかなと映画館に足を運びました。  映画の冒頭は、屋根に上って夜空の星を見上げている主人公の安井....
天地明察  監督/滝田洋二郎 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  宮崎 あおい  松本 幸四郎  中井 貴一 【ストーリー】 代々将軍に囲碁を教える名家に生まれた安井算哲は、対局よりも星と算術に夢中になり、時間を忘れてのめり込んでしまう事もしばしばだった。ある日、会津藩主の保科正之から日本全国で北極....
『天地明察』 宇宙に流れ星はない? (映画のブログ)
 滝田洋二郎監督は大きな勝負に出てきたな。  『天地明察』を観て一番に感じたのはそこだった。  『天地明察』は勝負を描いた作品である。算術の設問を出し合う勝負、囲碁の勝負、暦の勝負、蝕の勝負。賭...
天地明察(2012-123) (単館系)
天地明察 MOVIX川口 太平の世が続く江戸時代、算哲(岡田准一)は碁打ちとして徳川家に仕えていたが、 算術にもたけていた。 もともと星を眺めるのが何よりも好きだった彼は、ある日会津藩主の保科正之(...
天地明察 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  予告編を観た限りでは、余り興味の湧かない作品だったのだが、これがかなり完成度の高い映画だった。メガホンを取ったのは、『おくりびと』で第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した滝田洋二郎監督であり、原作は本作で第7回本屋大賞を受賞した冲方丁であ...
天地明察 (カプサイシンノココロモチ)
『天地明察』 (2012・日本・2h21) 監督・脚本 : 滝田洋二郎 出演 : 岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川猿之助、笹野高史、岸部一徳、松本幸四郎、中井貴一 一介の碁打ちにすぎなかった男が改暦の一大事業に挑む。 学問に無償でその身を委ねられる...
天地明察 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(F) 宮崎あおいさんが太陽に見える(笑)
「天地明察」感想 (流浪の狂人ブログ 〜旅路より〜)
 冲方丁原作の同名時代小説を、「おくりびと」の滝田洋二郎監督、V6の岡田准一主演で映画化。江戸前期、得意の算術を用いて、日本の正しい暦作りに尽力した囲碁棋士・安井算哲(のちの渋川春海)の半生を描く。
天地明察 (愛猫レオンとシネマな毎日)
2010年の本屋大賞第1位に輝いた同名小説の映画化になります。 江戸時代、日本独自の新しい暦を作った安井算哲。 当時、暦は公家たち朝廷が支配していた特権だったために いろんな圧力を受ける事に・・・・・ いい作品だったと思います。 後味が、よろしいので、爽...
『天地明察』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
冲方丁の小説は何となく題名だけは知っていたのですが、どんな内容なのかは全く知りませんでした。ただ本屋大賞を受賞したりで人気があるんだろうなあ、ぐらいに考えていたのですが、映画化が決まって予告編を見た際に、ああ面白そうだなと思ったものの、そのままにしてし...
天地明察 (映画感想メモ)
手作業で暦を作り上げるって、途方も無さ過ぎるΣ(゚д゚;) いい加減あらすじ 江
天地明察 (いやいやえん)
江戸時代に日本独自の暦作りに挑んだ実在の人物・安井算哲の生き様を描く時代劇ドラマ。原作は吉川英治文学新人賞、本屋大賞など数々の文学賞を受賞した冲方丁の同名小説、未読です。 将軍に囲碁を教える名家の息子として生まれたものの、出世も富にも興味がなく、星...
天地明察 (のほほん便り)
本屋大賞を受賞して話題になってた頃から興味を持ってたので、映像で見ることが出来て嬉しかったです。 惜しむらくは、主役のふたりの、話題性が先行しすぎて、映画作品的には損をしたように感じましたが、なかなか、お似合いのふたりです。じつに目の保養… (^。^*) ...