だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

探偵はBARにいる

2011-09-28 01:46:57 | 映画(た行)

日本
ミステリー/サスペンス/クライム

    * * * * * * * *

札幌在住の作家・東直己の“ススキノ探偵シリーズ”を「アフタースクール」
の大泉洋と「まほろ駅前多田便利軒」の松田龍平主演で映画化したハード
ボイルド・エンタテインメント・ミステリー。
原作シリーズ第2作『バーにかかってきた電話』を基に、奇妙な依頼を受けた
主人公の探偵“俺”が、相棒の高田と共に、思いもよらぬ困難に遭遇しながら
も次第に複雑な事件の核心へと迫っていくさまを、ユーモアを織り交ぜつつ、
ハードなアクションと哀愁をにじませたミステリアスなストーリー展開で
スリリングに描き出していく。
共演は「ALWAYS 三丁目の夕日」の小雪、「星守る犬」の西田敏行。
監督はTV「相棒」シリーズなどを手がける橋本一。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

札幌のススキノでグータラな男・高田を相棒に探偵稼業を営む“俺”。
携帯電話を持たない彼との連絡手段は、もっぱら彼が入り浸るBAR
“ケラーオオハタ”の黒電話。
ある夜、その黒電話に“コンドウキョウコ”と名乗る女からの奇妙な依頼が
舞い込む。いぶかしく思いながらも、簡単な依頼と引き受けてしまった探偵。
案の定、その筋の男に拉致されて危うく死にかける。
腹の虫が収まらない探偵は、キョウコの依頼とは関係なく、報復へと
動き出す。調べを進めていく探偵は、その過程で謎の美女・沙織を巡る
不可解な人間関係と陰謀の匂い渦巻く複数の事件に行き当たるのだが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

出張で長期で行ってた札幌、宿泊していたすすきの近辺が舞台ということで
札幌出張中に観たいと思っていた一本だったんですが、忙しくてやっと本日
なんばパークスシネマで観賞。

これは面白く楽しめた。

当初、大泉洋が探偵役でハードボイルドな映画に出るって聞いた時は、
大丈夫なのかなと思っていたんですが、これは大泉洋で正解だった。
クールを装いながらも直情的で、そこそこ腕っぷしはあるものの簡単に
拉致られたりとちょっと間抜けなキャラクターが大泉洋のキャラクターに
合ってたと思う。
相棒の高田を演じた松田龍平も探偵とは真逆で無口で飄々としている
キャラクターが対照的で良かった。

ただミステリーとしてはコンドウキョウコの声の正体がバレバレ過ぎるのは
ちょっといただけないけど、それ以外は二人のキャラクターの面白さもあって
最後まで飽きずに楽しめた。

個人的には大いに楽しめたので、この映画一本だけで終わるのは勿体ない
なぁと思っていたら、エンドロール後に続編制作決定のテロップが出たので、
これは今から楽しみ。


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グリーン・ランタン | トップ | スリーデイズ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
間違っても (sakurai)
2011-10-02 20:54:00
ミステリー…じゃないですよね。
札幌には、よく行ってらっしゃるようですから、楽しめるでしょうね。結構ご当地映画っぽかったですから。
そうですね (はくじ)
2011-10-03 00:51:04
>sakuraiさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

ミステリーじゃないですね。
ま、その変は気にせず楽しめました。
個人的にはスクリーンに映るお店とかを
観て、ここでご飯食べたなぁとか思い出し
ながら楽しめましたよ。
冬場の札幌にも行ってみたいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
探偵はBARにいる (to Heart)
何かあったら 電話してくれ。 製作年度 2011年 上映時間 125分 原作 東直己『バーにかかってきた電話』(ハヤカワ文庫刊) 脚本 古沢良太/須藤泰司 監督 橋本一 出演 大泉洋/松田龍平/小雪/田口トモロヲ/波岡一喜/有薗芳記/松重豊/高嶋政伸/榊英雄/片桐竜次/本宮泰風/....
『探偵はBARにいる』 (beatitude)
札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵(大泉洋)は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田(松田龍平)と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が……。職業柄、....
探偵はBARにいる (LOVE Cinemas 調布)
札幌在住の作家・東直己の「バーにかかってきた電話」をベースに映画化。札幌を舞台に2人の探偵がとある依頼から危険に巻き込まれていく様子を描いたクライムミステリーだ。主演は『アフタースクール』の大泉洋と『まほろ駅前多田便利軒』の松田龍平。共演は小雪、西田敏...
探偵はBARにいる  監督/橋本 一  (西京極 紫の館)
【出演】  大泉 洋  松田龍平  小雪 【ストーリー】 舞台は札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が。職業柄、危険の...
映画 「探偵はBARにいる」 (ようこそMr.G)
映画 「探偵はBARにいる」
『探偵はBARにいる』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「探偵はBARにいる」□監督 橋本 一 □脚本 古沢良太、須藤泰司□原作 東 直己(「バーにかかってきた電話」) □キャスト 大泉 洋、松田龍平、小雪、西田敏行、竹下景子、石橋蓮司、松重 豊、       高嶋政伸、阿知波悟美、...
映画:「探偵はBARにいる」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年9月22日(木)。 映画:「探偵はBARにいる」。 【監  督】橋本一 【原  作】東直己(バーにかかってきた電話) 【脚  本】古沢良太/須藤泰司 【音  楽】池頼広 【キャスト】大泉洋・松田龍平・小雪・西田敏行・マギー・榊英雄・本宮泰風・...
探偵はBARにいる (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「探偵はBARにいる」監督:橋本一出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、田口トモロヲ、波岡一喜、有薗芳記、竹下景子、石橋蓮司、松重豊、高嶋政伸配給:東映概要:行きつけの ...
「探偵はBARにいる」みた。 (たいむのひとりごと)
舞台が北海道とあって、主演の探偵役に大泉洋が起用された理由は分からなくはないけれど、これまでの大泉キャラとハードボイルドはどうにもギャップがあり過ぎて、私にはどうもなじまなかったかな?と。松田龍平演じ
探偵はBARにいる (Akira's VOICE)
地味だぁ・・・  
探偵はBARにいる (佐藤秀の徒然幻視録)
吉高由里子はどこにいる 公式サイト。東直己原作、橋本一監督、大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー、榊英雄、本宮泰風、安藤玉恵、新谷真弓、街田しおん、野村周平、カル ...
探偵はBARにいる (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/09/10公開 日本 PG12 125分監督:橋本一出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、田口トモロヲ、波岡一喜、有薗芳記、竹下景子、石橋蓮司、松重豊、高嶋政伸 何かあったら電話してくれ。 札幌在住の作家・東直己の“ススキノ探偵シリーズ”か...
探偵はBARにいる (うろうろ日記)
試写会で見ました。タイトルがストーリーをすべて語っていますね。BARに掛かってく
シリーズ化希望! ~『探偵はBARにいる』 (真紅のthinkingdays)
 札幌・ススキノのバー「ケラー・オオハタ」で依頼の電話を待つ探偵(大泉洋)は 携帯電話を持たず、運転手の高田(松田龍平)とオセロ三昧。そんな彼に、「コン ドウキョウコ」と名乗る謎の女性から電話...
探偵はBARにいる (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
バーにかかってきた電話だけで仕事を引き受ける探偵は、自分の身の安全を守るのが非常に難しい。でも、助手の高田(松田龍平)が強いので可能なのだろう。登場人物を丁寧に描いているので、2時間の上映時間退屈しないで楽しめた。小雪がなぞめいた女性を好演していて、高...
探偵はBARにいる (Diarydiary! )
《探偵はBARにいる》 2011年 日本映画 探偵はある日バーに掛ってきた電話で
「探偵はBARにいる」 懐かしい昭和の香り (はらやんの映画徒然草)
なんか懐かしい昭和の香りがしますね。 場末のバー、気の置けない相棒、依頼の電話、
探偵はBARにいる(2011-069) (単館系)
映画の『探偵はバーにいる』の原作はシリーズ一作目の 「探偵はバーにいる」じゃなくて、二作目の「バーにかかってきた電話」 が原作。 そして映画のタイトルは「探偵はBARにいる」 例によって原作は読ん...
「探偵はBARにいる」依頼人の調査を受けて死にかけた先にみた愛された女の復讐劇 (オールマイティにコメンテート)
「探偵はBARにいる」はバーでしか依頼を受けない変わった探偵がある女性の依頼を受けて調査した案件が大きな組織が絡んでおり、次第に事件に巻き込まれていくストーリーである。今 ...
「探偵はBARにいる」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・日本/配給: 東映 監督: 橋本 一 原作: 東 直己 (「バーにかかってきた電話」)脚本: 古沢良太、須藤泰司 音楽: 池 頼広 エグゼクティブプロデューサー: 平城隆司 プロデューサー
探偵はBARにいる☆独り言 (黒猫のうたた寝)
原作をうまーく公開前に図書館で借りられてラッキー読み始めたのはいいのですが、、、気がつくと返却期限1週間近く過ぎていて、びっくりしました。まだ、読み切ってないのを斜め読みして返却してあとはもう、劇場行って映画観ちゃえっと映画館へ。お馴染み大泉洋が主役の...
探偵はBARにいる (映画情報良いとこ撮り!)
探偵はBARにいる ついい親子共に探偵役を。 さて、今回は、探偵に大泉洋。そして、相棒兼運転手の高田には、松田龍平を起用。 物語は、行きつけのBARで。 コンドウキョウコという女性から、依頼を受ける。 それをきっかけに、今後いろいろなことが待ち受け...
探偵はBARにいる (ダイターンクラッシュ!!)
2011年9月18日(日) 18:00~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『探偵はBARにいる』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。2本目。 東直己の小説「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」というのが...
探偵はBARにいる (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
東直己のススキノ探偵シリーズ『バーにかかってきた電話』を原作に「茶々 天涯の貴妃」の橋本一監督が映画化。謎の美女との接触が呼び寄せた殺人事件の謎を追う探偵とその相棒兼 ...
探偵はBARにいる・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
昭和テイストの和製ハードボイルド。 北の大地の歓楽街、札幌はススキノを舞台とした東直己の小説、「バーにかかってきた電話」を原作に、あの「相棒」を大ヒットさせたチームが新たに作り上げた「探偵はBAR...
*探偵はBARにいる* (Cartouche)
        ***STORY***                   2011年  日本 札幌のススキノでグータラな男・高田を相棒に探偵稼業を営む“俺”。携帯電話を持たない彼との連絡手段は、もっぱら彼が入り浸るBAR“ケラーオオハタ”の黒電話。...
探偵はBARにいる (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  雪の残る札幌を舞台に、大泉洋と松田龍平がコンビを組んで、探偵と助手を演じる。ちょいとお洒落で、かなりスリリングで、ユーモアたっぷりの犯罪ミステリードラマに仕上っているではないか。  キャストは、主役の二人のほかに小雪、西田敏行、竹下景子、石橋...
★探偵はBARにいる(2011)★ (Cinema Collection 2)
何かあったら 電話してくれ。 上映時間 125分 製作国 日本 初公開年月 2011/09/10 ジャンル ミステリー/サスペンス/犯罪 映倫 PG12 【解説】 札幌在住の作家・東直己の“ススキノ探偵シリーズ”を 「アフタースクール」の大泉洋と「まほろ駅前多田便利...
探偵はBARにいる (りらの感想日記♪)
【探偵はBARにいる】 ★★★☆ 映画(47)ストーリー 札幌のススキノでグータラな男・高田(松田 龍平)を相棒に探偵稼業を営む“俺” (大
探偵はBARにいる (映画的・絵画的・音楽的)
 『探偵はBARにいる』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)本作の主演の大泉洋が、これまた主演を演じた『アフタースクール』(2008年)がなかなかの出来栄えだったので、これもと期待して映画館に出かけました。  物語は、オフィスが持てないために、札幌ススキノにあるバ...
探偵はBARにいる (迷宮映画館)
バランスの悪い乗りだったなあ。
探偵はBARにいる (悠雅的生活)
黒電話。缶ピース。時計を止めて
[映画『探偵はBARにいる』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆今夜は、気楽に見れる作品を求めましたら、この作品と相成りました^^  予告編を見ていた時点で、C調ハードボイルド風な物語だと予想できた。  その度合いによっては、傑作になり得ると思ったが、残念ながら、その期待には沿うことはなかった。  序盤、一仕事を...
映画『探偵はBARにいる』 (闘争と逃走の道程)
 東直己氏の代表作〈ススキノ探偵〉シリーズを、北海道出身である大泉洋を主演に迎えて映画化。アジア最北の大歓楽街、札幌・ススキノを、探偵が駆ける! バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)東 直己 ...
探偵はBARにいる (とりあえず、コメントです)
東直己のすすきの探偵シリーズの『バーにかかってきた電話』を原作に映画化したサスペンスです。 原作はずっと前に読んでいたので、あのハードボイルドがどんな作品なったのか楽しみにしていました。 全体的に雰囲気が“大泉洋”色に染まっていました~
大泉洋が素敵。【映画】探偵はBARにいる (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】探偵はBARにいる 東直己の小説「バーにかかってきた電話」原作。 「相棒」シリーズの橋本一が監督。 【あらすじ】 行きつけの札幌・ススキノのバーにいた探偵(大泉洋)と相棒の高田(松田龍平)は、コンドウキョウコという女からの依頼の電話を受けて...
探偵はBARにいる ( ★the tip of the iceberg★)
文句なく面白いです。初日にも関わらず、狭いキャパのハウスに追いやられてましたが、昨日のスマーフと違い、お客さんは七割方入っていたと思います。大泉洋さんと言えば、アフタースクールが記憶に鮮明に残ってますし、ゲゲゲの鬼太郎のねずみ男も好演でしたが今回の探偵...
探偵はBARにいる (気ままにブログ)
 10月1日(土)TOHOシネマズにて映画「探偵はBARにいる」を鑑賞。  サービスディだけど、レイトショーなら観る人も少ないだろうと上映開始5分前にチケットを買おうとしたら、前2列しか空いて...
探偵はBARにいる (がらくた新館)
札幌を舞台にした、大泉洋と松田龍平の探偵・助手のコンビが活躍する映画です。早くも
探偵はBARにいる (C'est joli~ここちいい毎日を~)
探偵はBARにいる’11:日本◆監督:橋本一「茶々 天涯の貴妃」◆出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー◆STORY◆“俺”は札幌の歓楽街ススキノの私立探偵。相棒兼運転手の高 ...
【探偵はBARにいる】思っていたよりハードボイルドだった (映画@見取り八段)
探偵はBARにいる 監督: 橋本一    出演: 大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、松重豊、高嶋政伸、田口トモロヲ、波岡一喜、有薗芳記、石橋蓮司、竹下景子 公開: 2011年9月10日      ...
探偵はBARにいる (銀幕大帝α)
11年/日本/125分/犯罪ミステリー・サスペンス/PG12/劇場公開 監督:橋本一 原作:東直己『バーにかかってきた電話』 出演: ◆大泉洋…探偵<俺> 過去出演作:『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』 ◆松田龍平…高田 ...
映画「探偵はBARにいる」批評 意外とハードボイルド( ̄ー  ̄) (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
探偵はBARにいる観ましたよ~(◎´∀`)ノ 札幌在住の作家・東直己の“ススキノ
探偵はBARにいる (A Day In The Life)
新作DVDにて観賞 解説 『アフタースクール』の大泉洋と『悪夢探偵』シリーズの松田龍平が演じる 探偵が、札幌を舞台に危険に巻き込まれるスリリングな犯罪ミステリー。 東直己の小説「バーにかかってきた電話」を基に、テレビドラマ「相棒」シリ ーズの橋本一...
探偵はBARにいる (538ねん。)
今日の東京は連日の猛暑日で、朝から暑い デモに行こうかと思ったけど、こっちが熱中症で倒れたら 原発どころではないんじゃないかと 午前中は我慢していたけど午後からエアコンの設定温度を 28度にして、録り貯めしていたCS東映チャンネルの 映画を見まくった連休最終日....
映画「探偵はBARにいる」感想(DVD観賞) (タナウツネット雑記ブログ)
映画「探偵はBARにいる」をレンタルDVDで観賞しました。2011年9月に劇場公開された日本映画で、北海道を舞台に繰り広げられるハードボイルド・ミステリー作品です。今作...
『探偵はBARにいる』 (こねたみっくす)
もっとスピードを上げろ~! 探偵と相棒のキャラクターもいい、北海道から一切出ない地元愛もいい、意外性のない凡庸なストーリーでも楽しくていい。 ただ映画にリズムがない。全 ...