ぼんさいメモ

介護用ベッドで考えたり、調べたことのメモです。(妻に感謝)
転載:自由(校正・編集不可)。内容:無保証。

G7A%:1小1の算数(改訂版)

2016-11-20 16:47:36 | 学習

@http://blog.goo.ne.jp/bonsai-chat/e/0fedb4d6a8b218185b45bea18b690382
=G7A%:1小1の算数(改訂版)
/GAE


%0:%G7A%1:小1の算数(改訂版)
%01:まえがき
=G7A%1:小1の算数(1)&(2)だの改訂版です.
・本文を読む前にG8E%0:gooブログでの HTML 対策を見てください.
・番号がシアンのパラグラフは現行学習指導要領のコピー.
・番号が薄茶色のパラグラフは追記事項です.
・よく分らない語句や式は無視してください.
%02:目次{}
%03:補遺{}
%04:訂正{}


 %1:目標
  • (1)具体物を用いた活動などを通して,数についての感覚を豊かにする。数の意味や表し方について理解できるようにするとともに,加法及び減法の意味について理解し,それらの計算の仕方を考え,用いることができるようにする。
  • (2)具体物を用いた活動などを通して,量とその測定についての理解の基礎となる経験を重ね,量の大きさについての感覚を豊かにする。
  • (3)具体物を用いた活動などを通して,図形についての理解の基礎となる経験を重ね,図形についての感覚を豊かにする。
  • (4) 具体物を用いた活動などを通して,数量やその関係を言葉,数,式,図などに表したり読み取ったりすることができるようにする。
 %2:内容

 %21A:数と計算

  • %21A1:
    (1)ものの個数を数えることなどの活動を通して,数の意味について理解し,数を用いることができるようにする。
    • ア ものとものとを対応させることによって,ものの個数を比べること。
    • イ 個数や順番を正しく数えたり表したりすること。
    • ウ 数の大小や順序を考えることによって,数の系列を作ったり,数直線の上に表したりすること。
    • エ 一つの数をほかの数の和や差としてみるなど,ほかの数と関係付けてみること。
    • オ 2位数の表し方について理解すること。
    • カ 簡単な場合について,3位数の表し方を知ること。
    • キ 数を十を単位としてみること。
      %21A11:
      (1)黄色の四角の中に「●」と「がいくつあるでしょう?
      ・タブレットでは「ゴシック,14pt」が無視されます.
      (2)黄色の四角で左から2番目にあるはどれでしょう?

        ●      ●  ●     ●    



      %21A111:[%21A11]の黄色の四角に「」が何個(基数)ありますか?
      %21A111:A[%21A11]の黄色の四角にある右端の「」は左端から数えて何番目(序数)になりますか?
      %21A12:
      を「10円硬貨」を「1円硬貨」とします.つぎの黄色の四角にあるお金は全部でいくらでしょう?

      ⑩⑩ ①①①①① ①①  


      %21A13:つぎの数直線で数の系列「1」「3」「7」の位置はどこでしょう?数「3」または「7」区間「[3]または区間「[7]の真ん中にかきます.
      ・N.B.「[3]」は四捨五入すると「3」になる実数の区間です. 

      [ ][1][2][3][4][5][6][7][8][9]
      [                   ]                      
  • %21A14:」が多いと数えにくいのでのほかに「5円硬貨」「」も使って考えましょう.
    (1)つぎの図を参考にして「27円」「49円」を図で表わしてください.

    「38円」=「⑩⑩⑩①①①

    %21A15:「38円=(3×10+8)円」は「10」の位()が「3」,「1」の位()が「8」の10進数です.これをつぎのようにかきかえてみましょう.
            
    「38円」=「⑩  
          「⑩  

          「⑩  
          「   


%21A141:「100円硬貨」,「500円硬貨」,「1000円札」,「5000円札」は1文字で表わし難いのでこれらを「(百)」,「(五)」,「|千|」,「|伍|」で表わします.(「」)
・e.g.「123円」=「{百}


%21A22:(2)加法及び減法の意味について理解し,それらを用いることができるようにする。
         ア 加法及び減法が用いられる場合について知ること。
         イ 1位数と1位数との加法及びその逆の減法の計算の仕方を考え,それらの計算が確実にできること。
        ウ 簡単な場合について,2位数などの加法及び減法の計算の仕方を考えること。/
%21A221:足し算

・「①①」と「①①①」を足したお金は全部で「①①①①①」になります.これを「①①」+「①①①」=「」とかきます.つぎの黄色の四角にあるお金は全部で何円になるでしょう?
「①」+「①」=「①①
「①」+「①①」=「①①①
「①①」+「①①」=「①①①①
「①①」+「①①①」=「
「①①①」+「①①①」=「
「①①①」+「①①①①」=「①①
「①①①①」+「①①①①」=「⑤①①①
「⑤」+「⑤」=「⑤⑤」=「
「⑤」+「⑤①」=「⑤⑤」=「
「⑤①」+「⑤①」=「⑤⑤①①」=「①①
「⑤①」+「⑤①①」=「⑤⑤①①①」=「①①①
「⑤①①」+「⑤①①」=「⑤⑤①①①①」=「①①①①
「⑤①①」+「⑤①①①」=「⑤⑤⑤」=「
「⑤①①①」+「⑤①①①」=「⑤⑤⑤」=「
「⑤①①①」+「⑤①①①①」=「⑤⑤⑤①①」=「①①
「⑤①①①①」+「⑤①①①①」=「⑤⑤⑤①①①」=「①①①

%21A2211:足し算の表
つぎの表から[ 5]+[ 8]の答えを探してください.[ 5]の行と[ 8]の列の交点が答. 
・表が歪むことの対策はG8F%0:gooブログのエディタ[G8F%31]参照)

・「[5]」を足される数,「[8]」を足す数といいます.
・同じような表は九九にも使います.

[ 0]: [ 1][ 2][ 3][ 4][ 5][ 6][ 7][ 8][ 9]
[ 1]: [ 2][ 3][ 4][ 5][ 6][ 7][ 8][ 9][10]
[ 2]: [ 3][ 4][ 5][ 6][ 7][ 8][ 9][10][11]
[ 3]: [ 4][ 5][ 6][ 7][ 8][ 9][10][11][12]
[ 4]: [ 5][ 6][ 7][ 8][ 9][10][11][12][13]
[ 5]: [ 6][ 7][ 8][ 9][10][11][12][13][14]
[ 6]: [ 7][ 8][ 9][10][11][12][13][14][15]
[ 7]: [ 8][ 9][10][11][12][13][14][15][16]
[ 8]: [ 9][10][11][12][13][14][15][16][17]
[ 9]: [10][11][12][13][14][15][16][17][18]

%21A2212:足し算の表(暗記用)
[ 0]: [ 1][ 2][ 3][ 4][ 5][ 6][ 7][ 8][ 9]
[ 1]: [ 2][ 3][ 4][ 5][ 6][ 7][ 8][ 9][10]
[ 2]: [ 3][ 4][ 5][ 6][ 7][ 8][ 9][10][11]
[ 3]: [ 4][ 5][ 6][ 7][ 8][ 9][10][11][12]
[ 4]: [ 5][ 6][ 7][ 8][ 9][10][11][12][13]
[ 5]: [ 6][ 7][ 8][ 9][10][11][12][13][14]
[ 6]: [ 7][ 8][ 9][10]
[11][12][13][14][15]
[ 7]:
[ 8][ 9][10][11][12][13][14][15][16]
[ 8]: [ 9][10][11][12][13][14][15][16][17]
[ 9]: [10][11][12][13][14][15][16][17][18]

%21A2213:繰り上がりのある足し算
[%21A15]のように(「一」)の位,(「十」)の位に分けて,「38円」+「7円」の計算について考えてみましょう.


(1)足される額を「38円」足す額を「7円」とします.
(2)「38円」=「⑩⑩⑩⑤①①①」,「7円」=「⑤①①」だから
(3)「38円」+「7円」を[%21A15]のように表現した「1」の位(「一」)のお金は合わせて「①①①」+「①①」=「」=「15円」で,「10」の位(「十」)のお金は「⑩⑩⑩」=「30円」です.
(4)「15円」は「10円」より多く,「1」の位(「一」)に「」があるので,これを「」と置き換えて「10」の位(「十」)に移動して(繰り上げて),(「十」)の位のお金を「⑩⑩⑩⑩」=「40円」,(「一」)の位のお金を「」=「5円」と考えます.
(5)足した結果(総額)は「⑩⑩⑩⑩」=「45円」
 ・(「一」)の位のお金を灰色の色紙に,(「十」)の位のお金を茶色の色紙に置いて並べ替えると考え易い.


%21A2214:足し算の筆算
テストでは[%21A2213]のようにお金を使えないので筆算の仕方を考えましょう.

(1)「45円」「7円」の場合も[%21A2214]と同様に「」の位と「」の位に分けて次のように書きます.
 」 
 「」 「」  
+「 」 「  
(2)「8円」+「7円」=「15円」であるから([%21A2211]),「」の位のお金は「①①①①①」.「」=「」を「」の位に繰り上げて,「」の位のお金は残った「①①①①①」=「5円」.「」の位のお金は繰り上げで「」が増えて「」=「
 」 
・「

 「」 「」  
+「 」 「  
・「」 「

(3)答えは「45円」.

%21A222:
引き算
「⑤①①①」ー「[8]から①①」=「[2]を引いた残りのお金は「⑤」=「[6]になります.これを[8]」ー「[2]」=「[6]とかきます.つぎの黄色の四角にあるお金は全部で何円になるでしょう?
[8]引かれる数[2]引く数といいます.
・繰り下がりのあるひき算には,次のような2つの方法があります。
 教科書では,減加法で指導されています。
http://www.shinko-keirin.co.jp/keirinkan/sansu/WebHelp/01/page1_18.html

「⑤⑤」-「 」=「①①①①①
「⑤⑤」
-「①」=「①①①①
「⑤⑤」-「①①」=「①①①
「⑤⑤」-「①①①」=「①①
「⑤⑤」-「①①①①」=「
「⑤⑤」-「⑤①」=「①①①①
⑤⑤」-「⑤①①」=「①①①
「⑤⑤」-「⑤①①①」=「①①
「⑤⑤」-「⑤①①①①」=「

%21A2221:引き算の表
つぎの表から[15][ 8]の答えを探してください.[15]の行と[ 8]の列の交点が答.
(繰り下がりのある引き算で使います).
[0]は(「x+0=x」「x*0=0」となる)特別な数です.(
「0」の扱い

[20]: [ 1][ 2][ 3][ 4][ 5][ 6][ 7][ 8][ 9]
[19]: [18][17][16][15][14][13][12][11][10]
[18]: [17][16][15][14][13][12][11][10][ 9]
[17]: [16][15][14][13][12][11][10][ 9][ 8]
[16]: [15][14][13][12][11][10][ 9][ 8][ 7]
[15]: [14][13][12][11][10][ 9][ 8][ 7][ 6]
[14]: [13][12][11][10][ 9][ 8][ 7][ 6][ 5]
[13]: [12][11][10][ 9][ 8][ 7][ 6][ 5][ 4]
[12]: [11][10][ 9][ 8][ 7][ 6][ 5][ 4][ 3]
[11]: [10][ 9][ 8][ 7][ 6][ 5][ 4][ 3][ 2]
[10]: [ 9][ 8][ 7][ 6][ 5][ 4][ 3][ 2][ 1]
[ 9]: [ 8][ 7][ 6][ 5][ 4][ 3][ 2][ 1][ 0]
[ 8]: [ 7][ 6][ 5][ 4][ 3][ 2][ 1][ 0][-1]
[ 7]: [ 6][ 5][ 4][ 3][ 2][ 1][ 0][-1][-2]
[ 6]: [ 5][ 4][ 3][ 2][ 1][ 0][-1][-2][-3]
[ 5]: [ 4][ 3][ 2][ 1][ 0][-1][-2][-3][-4]
[ 4]: [ 3][ 2][ 1][ 0][-1][-2][-3][-4][-5]
[ 3]: [ 2][ 1][ 0][-1][-2][-3][-4][-5][-6]
[ 2]: [ 1][ 0][-1][-2][-3][-4][-5][-6][-7]
[ 1]: [ 0][-1][-2][-3][-4][-5][-6][-7][-8]

%21A2223:繰り下がりのある引き算
[%21A15]のように(「一」)の位,(「十」)の位に分けて,「45円」ー「7円」の計算について考えてみましょう.

(1)引かれるお金を「45円」引くお金「7円」とします.([%21A2211]
%21A22131:「45円」「7円」の場合
(3)(「一」)の位のお金は「」=「5円」
   (「十」)の位のお金は「⑩⑩⑩⑩」=「40円」 
(4)「」から「①①」は引けないので (「十」)の位の 「⑩⑩⑩⑩」の
」を「①①①①」と置換して「これを(「一」)の位に移動する(繰り下げる
(5)(「一」)の位のお金は「⑤⑤①①①①①」から「⑤①①」を引いた
「⑤①①①」=「8円」.
「十」)の位のお金は「⑩⑩⑩⑩」から繰り下げた「⑩」を引いた「⑩⑩⑩」=「30円」.(分りにくければお金を並べ替えて考えてください)
(6)答えは「⑩⑩⑩」+「⑤①①①」=「38円」.


%21A2224:引き算の筆算
(1)
「45円」「7円」の場合も[%21A2214]と同様に「」の位と「」の位に分けて次のように書きます.
 」 
 「」 「」 
ー「 」 「            

(2)「」の位の「」は「10」を「」の位に繰り下げるので,忘れないように「」の位に「」と書いておきます.
・「」は他の文字(e.g.「☆」「$」)でもよい.
・他の位から繰り下げる計算(補数による表現)は「小2の算数」で説明します.
 」 
 「」 「 」 
 「」 「」 
ー「 」 「   

(3)「」の位に繰り下げた「10」(=「」)から「7」を引いた「3」に引かれる数の「5」と合わせた「8」を「」の位に書きます.」の位の数は「」から「」=「」を繰り下げたので「」=「
 」 
 「」 「 」 
 「」 「」 
ー「 」 「 
 「」 「」        
(4)答えは「38円」


・旧原稿はG7A%1:小1の算数(2)をご覧ください
aa

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 駆けつけ警護 | トップ | bonsai-math »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。