poco a bocco

自然の素材がもつぬくもりやパワーに助けられての作品づくり
poco a poco のペースで進みます~♪

木魂

2017-06-25 21:21:00 | 日々録
美術館から少し足を伸ばしてSUNSHINE+CLOUD
そこで出会った大きな照葉樹は樹齢何年くらいになるのだろうか
キジムナーか何かが住んでいそうな雰囲気がある


雨が降らなくても空はどんよりと曇り、空気はじめじめしている…
そんな梅雨のイメージがどんどん薄れてきているように感じます。
激しい夕立と雷で梅雨が明け、翌朝は太陽が照りつける…
そんな夏の始まりを感じることもなくなってきたようです。
今年の梅雨もそんなふうに明けて行くのでしょうか。。。

めずらしく遠出して葉山の美術館を訪れたのは、まだ6月中旬というのに
燦々と日差しが降り注ぐ暑い一日…先週の土曜日のことでした。

4月になったら、できるだけ早い時期に出かけよう…と思っていた砂澤ビッキ展でしたが
なかなか実現せず、とうとうその翌日が最終日というギリギリの駆け込みです。

そもそも横須賀線も鎌倉から先へは行ったことがなく、葉山という土地に足を踏み入れるのは初めてのことでした。
葉山といえば、葉山マリーナ、御用邸、日影茶屋…くらいのことしか思い浮かばないというお粗末さです。
逗子駅から美術館までは通常はバスで20分程度なのだそうですが、この日は好天の土曜日とあって
道路は渋滞し、バスも途中は超満員で、その倍以上の時間がかかりました。
幸い行きも帰りも座れたので…狭い座席に座り続けるのも苦しいものですが…
車窓から景色を眺めることもでき、それなりに充実した小旅行の一日となったのです。


ビッキ作品を見るのも初めてのことでしたが
もともと木…ボクが好きな私は、たちまちその世界に引き込まれるようでした。


最初の展示室に1点だけ配置された高さ2m「神の舌」という大きな作品からして
まさにど真ん中ストライク。
この作品に出会えただけでも、はるばる出かけた甲斐があったと思えるほど…。
展覧会のタイトル通り、木魂の存在を強く感じる世界でした。
(こちらの画像はWebニュースから拝借しました。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おひとりさまの自己管理

2017-06-10 21:33:02 | ひとり言
ひさびさのテ・ン・ジョ・ウは武蔵野市民文化会館の小ホール
次回はぜひぜひパイプオルガンの生演奏を聴きに行きたいもの


ようやく繁忙期が終わってホッとしたのがよかったのか、よくなかったのか…
一人で過ごす休日になると半ば虚脱状態に陥り、ずいぶんサボってしまいました。

もちろんただただぼんやりとしていたわけではなく
しぶしぶながら日常的な雑用…実は大切な日々の営み…をともかくもやっつけ
少しばかりは本を読み、冷房対策の小さな首巻きを編みました。
六月大歌舞伎には早々に出かけましたし
うっとりと “ため息” をつきにスティーブ・ハリソンの個展にも足を伸ばし
ハインツ・ホリガーのリサイタルでオーボエの演奏も楽しんできました。

しかし、このところの体力・気力の衰えとでもいうのでしょうか
年齢の割には体力はある方と自負していただけに、この状態に少々困惑しています。
1年くらい前からスイミングへの意欲が萎えていたのも
どうやら体力的なところに大きな原因がありそうです。
それでも、先週の教室では50mを30本という課題に挑戦し、結局3本ほど間引きしたとはいえ
トータルで2000m以上の距離を泳ぎました。
それで少しだけ自信を回復する方向へ気持ちがシフトしています。
まずは2カ月限定のフィンのクラスへ通うことにして
さらには楽に、長く、優雅に泳ぐばあさんスイマーを目指し
ひたすらクロールで泳ぐクラスにも…と思い始めています。

おひとりさまの老後にはとりわけ健康が大切…
それがいよいよ切実なものとなってきました。
弱気だとか強気だとかいうことではなく
ゆる〜い、ほどほどの自己管理の術を身につけなくてはね。
こんなことでは、国会前にも行けやしない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

布も好き

2017-05-21 23:23:43 | 私のお気に入り
鍋つかみは直径・高さともに11cm
インド布は色落ちが激しいので、使う前に水洗いで余分な染料を落としておきます


真夏日の週末になりました。
でも、この程度の暑さはまだまだ序の口…今のうちに
つまり入梅の前に済ませておきたいこともたくさん残っているのですが
相も変わらず思うようにはシゴトがはかどらない2日間でした。

さてさて、先週水曜日のこと、歌舞伎の後、訪れたのは森岡書店で開催中の “山中的図画工作の時間「舟越桂のおもちゃのいいわけ」に想いをよせて” の展示。
この日は2日めでしたが、山中とみこさんのブログによると「初日でほぼ完売状態」で急きょ「追加納品」ということでしたので、とにもかくにも “テトラ鍋つかみ” が4点ほど残っていたのはラッキーだったのでしょう。
しかし、来店者が3人もいればいっぱいになる小ぢんまりとした店舗なので、あまりゆっくりもできず
ささっと作品を見て、鍋つかみを一つだけいただいて会場を後にしたのです。

この鍋つかみは、山中さんの著書『古い布でつくる』(2014年10月刊)に掲載されていたもので、以来ずうっと気になっていた作品の一つでした。
本には作り方も載っているし、それらしい材料も手元にあるのですから、自分で作れないわけではありません。
けれど、ここ何年かの体たらくで、なかなか着手できないままいたずらに時間が過ぎてしまいました。
とうとうオリジナル品を手に入れたのだから、もう作るしかない!わけです。

次に目指したのは<市ヶ谷のインド>です。
急きょ歌舞伎につき合ってもらった “あみんこさん” の提案により、GAYAの展示会へ。。。
そこで見つけたのが、鮮やかな赤とインディゴブルーの布とちょっとかわいい印象のあるブロックプリントの布…どちらも55cm四方のハギレで、お弁当を包むのにぴったりのサイズです。
お弁当用に袋も縫いましたが、包み方も自在でランチョンマットの代わりにもなる四角い布が一番使い勝手もよく、洗濯も楽なのです。
週3〜4回のヘビロテで交互に使っているインド布の大判ハンカチとバティックの布は、<お直し>で修繕しながら酷使している状態でした。


糸も好きだけど布も好きだと認めざるを得ません…確かに。
実は、マハラジャの工房で作っているというカディの大判ストールも入手したことをここに告白いたします。
その紹介はまた後日。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

体たらく

2017-05-14 20:51:43 | ひとり言
試しにスクエアの画像にしてみたら、あまりの大きさにびっくり!

連休明けのハードな1週間を何とかこなし、またもやひっそりと週末を過ごしました。
一昼夜降り続いた雨は、国内外の不穏な出来事はともかく
少し疲れ気味のBoccoに安息の時間をもたらしてくれました。

アランセーターを完成させた先月上旬以来、
“作る” 時間をもつことができず、そのストレス?もたまっています。
この週末こそは…と、楽しみにしていた割には、来シーズン用の試し編みだけで終わるという体たらく。
どこかでスイッチを切り替えねば…と今週もまた心が縮こまるような思いが残る日曜の夜を迎えています。

それでも、めげずくじけず…やっていきますよ。
諦めたら終わりですもの。。。

;;;;;;;;;;;;

金曜日、仕事を終えてから表参道まで遠征しました。
行って帰るだけの目的優先の往復です。
その出先でいただいたマドラスチェックの巾着袋…パリパリと紙のようなハリがある…たぶんインドの布で作られています。
そして、中に入っていたのはオーガニックの石けんでした。
高知市のマンションで自家栽培した無農薬ハーブとクレイ、蜂蜜で作られているのだそうです。
実は以前から少し気になっていた石けんなのです。
思いがけないうれしいプレゼントでした。

包装も形状もかわいいでしょ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

兎にも角にも

2017-05-07 08:48:46 | あれこれ
皇居・東御苑で出合った巨大クスノキ
その貫禄に圧倒されつつ、大きなものに包まれるような気持ちになる



みどりのそよ風 いい日だね
ちょうちょもひらひら 豆の花・・・

うろ覚えの歌を思わず口ずさむ気持ちのよい季節です。
連休最終日を迎えました。
昨日までは体力と気力に応じて気ままな過ごし方をしてしまいましたが
今日はいつも通りの時間に起床し、明日からの日常に備えます。

もとより人混みに向かう気持ちもなく
この度の連休はKaipuaやKenchenとの合流もありませんでしたので
これ幸いと一人の時間を思いっ切り楽しめるはず…だったのですが
ただ気ままに過ごすのは、必ずしも快適なことではありませんでした。
のんびりと過ごすのも程度問題であって
まずは暮らしの営みを怠らないことが心身の健康を支えるのだと
今さらながら再確認した次第。

そしてもう一つの再確認は、もっと物を減らさなくてはいけないということ。
溢れているのは主に本と洋服のみならず、糸・布などの素材や道具の数々です。
休憩しながらではあるけれど、2日かけて不用品の整理をしました。
それでもまだまだ物はたくさん残っています。

“始末のよい暮らしを” と新年の宣言をしてから
すでに数年を経てこのありさま。
これは自分にとって最大の課題の一つだと認めざるを得ません。
兎にも角にもやるっきゃない!…ということです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連休です!

2017-04-30 10:10:25 | 日々録
とはいえ、カレンダー通りの出勤なので、明々後日からの5連休です。
昨日は雑事を済ませた後、早めの夕方からダウン…夕食も省略して爆睡してしまいました。
元気回復した今日は、友だちと東京駅で待ち合わせです。
中央線車中からの投稿です。
楽しんできますね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

静けさや

2017-04-09 22:05:20 | 日々録
金曜の帰宅時、ふと目に留まった風景が忘れられず
雨の合間に出かけてみた
ここはKaiapuaと私が “勤勉農家” と呼んでいる畑
画面が傾いているのはカメラの構えが甘かったせい


静かな静かな週末でした。
1週間の労働を終えた安堵感と少しのワインでほんわか良い気分になり
DVDで映画を見始めたものの睡魔に負けて
そのまま倒れこむように就寝。。。

朝寝と昼寝の合間に洗濯と掃除をちょっとだけ
セーターの最後の仕上げを終わらせ
古い映画とドキュメンタリー番組を見て
あちらの世界へ行ってしまった両親や友人を想い
あとはひたすら本を読んでいました。

古い映画というのはイングリッド・バーグマン主演の『追想』。
その昔、オーディオ・マニアだった叔父にもらったレコードに入っていた曲の一つが
この映画の主題歌をカバーしたものだったことを初めて知りました。

読み始めたのは『須賀敦子の手紙』です。
エッセイなどの作品とはまた違う、須賀さんの素の人となりを感じさせる
言葉や文字に引き込まれていきます。
読んでしまうのはもったいない…なんてケチくさい気持ちから
読まずに積んでいる本がありますが、それもちゃんと読もうと思います。
他の作品も改めてもう一度読みたくなってきました。
良い文章とは、読むたびに何かしら新鮮なものを感じられるものであり
自分自身を耕すための良い材料にもなるのですから。

自らを耕し、潤し、豊かに…なんて、今さらながらのことを思う静かな週末でした。


黒く濡れた古木の幹が桜色に映える
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冷たい雨だったけど

2017-03-26 23:51:25 | 日々録
濡れて深みを増した土の色
作物を覆うビニルシートの白さ
畑全体が生気を取り戻したかのよう



今日は静かな日曜日でした。
冷たい雨が降り続けているのをいいことに朝寝を楽しみ
少々の家事を片づけてセーターの仕上げに取りかかりました。

寒の戻りというのでしょうか
昨夜からの寒さはふるえ上がるほど。。。
一度でも春めいた暖かさを味わってしまった身体には
この寒さはこたえます。

でも、雨のおかげで空気が潤い、花粉の量も一挙に減って
過ごしやすい一日になりました。
畑の土もしっとり濡れて
発芽を待つ作物には最高のベッドになったことでしょう。

そろそろ眠りにつかなくてはいけない時間になりましたが
もう少し、あとちょっと…と、休日の余韻を引き伸ばしたい
日曜日深夜の Bocco です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たのくろ たのくろ

2017-03-20 23:23:00 | あれこれ
近隣に点在する畑ではすっかり作物がなくなり、耕された土がきれいに整えられています。
その様子に、うろ覚えのこんなフレーズを思い出しました。

たんぽぽ たんぽぽ 春の花
光うつして 金のいろ…

たのくろ たのくろ 春のどろ
光うつして 金のいろ…

おぼろげな記憶をたぐってみると、子どものころに読んだ創作童話の中で、こんな歌を歌っていたのはたぶんヒバリです。
暖かな日差しの中で、たんぽぽは黄金色に光り輝き、ヒバリは歌いながら空高く飛び春を告げている、
お百姓さん(農家の方などと言うべきなのでしょうか)は黙々と鍬を動かし、
田のクロも鍬も光を反射してキラキラと輝いている…そんな光景が脳裏に浮かんできます。

“たのくろ” とは “田の畔”、
畔(くろ)塗りとは、田んぼから水が漏れないように泥を塗り固める作業のこと。
田んぼのアゼは畦または畔でクロともいうのだそうで、
ついでに言うと、畔柳さんはアゼヤナギさんではなくクロヤナギさんだというわけが、これでわかりました。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

畔ぬりの季節はもう少し先のことですが
金色に輝く春の日がやってくるのも、もう間もなくのことでしょう。
ふと気がつけば今日のBGMは軽快なウインナワルツを選んでいました。
Bocco の心持ちも徐々に春を求め、春に向かっているのかもしれません。
あ〜、“ひねもすのたり” していたい!!!……これこそが本音なのかも。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

もっとナマケモノに!

2017-03-05 21:34:52 | 日々録
暖かく春めいた土曜日
銀座中央通りは、夕暮れ間近だというのになかなかの賑わいだった


南座・松竹座と関西での公演が続いていたT太夫サンが、
今月は歌舞伎座出演との知らせを受け、早速行ってきました。

映画や芝居を見ながら居眠りをすることは滅多にないBoccoですが
七五調の台詞回しが睡眠不足の耳に心地よく響き
途中何度も “うとうと” しては “こっくりこっくり”......。
何とも気持ちのよい歌舞伎見物となりました。

歌舞伎のあとはお茶とケーキでひと休み。
窓際のカウンター席から外を眺めながら
ここでもまったり、ぼんやり。。。
気の置けない友人との気楽なおしゃべりも久しぶりのことでした。

そして、せっかく銀座まで来ているのだから...と、とっとり・おかやま新橋館への寄り道を思いつき
懐かしい食材を入手して帰途についたのでした。
気ままに過ごしたおかげで幾分かは心身がほぐれたように思います。


お気に入りのケーキは “タンネちゃん”

::::::::::::::::::::

じっくり腰を据えて何かをする余裕を持てない時期に差し掛かりました。
そんな時だからこそ、のんびりと自分を空にする時間が大切なのだけれど
空っぽになることも難しいものです。
これからの約3か月、息切れしないようナマケモノになることを許容しようと思います。
すでに相当なナマケモノではあるのですが、
心身が硬直してしまってはつまらないですからね。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加