poco a bocco

自然の素材がもつぬくもりやパワーに助けられての作品づくり
poco a poco のペースで進みます~♪

灯台下暗し

2018-06-03 23:23:33 | あれこれ
初めて足を踏み入れたスタジアム
この日は陸上部の中学生たちが練習をしていた


去年の夏からスイミングの回数を増やして週2回ほど通っていましたが
この4月から週1回に戻し、新たにヨガのクラスに参加することにしました。

ヨガはスイミングを始めるよりもずっと前からやりたいことだったにもかかわらず
なぜか始めるチャンスをつかめずにいました。
そして実際にやってみると、予想以上に心地よく
1時間半をかけてゆっくりと全身をほぐしていくうちに
心も徐々に解きほぐされていくように感じます。

それにしても、ある程度は覚悟していたものの
身体がすっかり硬くなってしまっているのは結構な驚きでした。
遠い昔のこととはいえ、運動は苦手だったけれど
例えば立位体前屈などは得意中の得意でしたし
もっと昔のことを言えば、開脚前屈もお手のもの…だったはずなのに
身体の弾力って、ほうっておくとあれよあれよという間に失われていくものなのですね。
あちこちの筋がこわばったり、痛くなったり、痙攣しそうになったりで
最初はどうなることかと思いましたが
回を重ねていくうちに少しずつマシになってきました。
片足立ちも徐々に安定してきました。

慣れというのか、あるいはコツを掴めばできることなのかもしれませんが
たとえどんなに些細なことであろうと
何かができるようになるのはそれなりにうれしいもの。
そんなことを励みにヨガ通いも続けていけそうな気がしています。

さて、週2回だろうが、1回だろうが、負担になっていたことがあります。
体育施設と現在の職場とは道を隔てたお向かいという至近距離。
仕事を終えるのは通常遅くとも17時半前後で
レッスンが始まるのは19時ないしは19時半。
何とも中途半端な空き時間を過ごす場所を求めて
この3年余りは、図書館に行ってみたり
ファストフードのお店に行ってみたり
時には少し足を伸ばしてコーヒーショップで本を読んだり…
いわば “空き時間難民” として過ごしていたのです。

ところが、灯台下暗しとはこのこと。
体育館に隣接するスタジアムの存在に思いが至ったのはつい先日のことでした。
暑さ寒さが厳しい季節を除けば、スタンドに腰掛けて時間を過ごすことができるのです。
そこから見える景色はなかなかのものだし
ヘッドフォンで音楽を聴きながら空を眺めるもよし
読書をするもよし、メールを打つもよし…
仕事からプライベートへとスイッチを切り替えるには十分な環境です。
どうして今まで気がつかなかったのか…不思議なくらいです。


視線を左に移すと、目に入ってくるのはこんな風景
空間の大きさと静かさにほっとする
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

キーホルダー

2018-05-22 18:25:46 | 私のお気に入り
いくつかあるバリエーションの中で選んだのは
真鍮と水牛の角を使ったもの


10年余り使っていたキーホルダーがくたびれてきたので
思い切って新しいものを入手することにしました

そうしたら何と…Kaiapua がプレゼントしてくれるというのです
ありがたいやら、申し訳ないやらでしたが
素直に厚意を受け取ることにしました

このシリーズが発売されたのは数年前のこと
以来、ずうっと気になっていたもので
もし買い替えるならこれ!…と思っていました

機能的かつコンパクトな構造で
鍵同士が絡まったりしないようにできています
これからはドアの前でカチャカチャ・モタモタせずに済みます

それにお洒落なのがうれしい
一生物として大事に使います
Thank you so much !
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

さわやかな緑よ

2018-05-20 10:00:00 | 日々録
5月の昼下がり、陽射しの中でバスを待つ
お気に入りのバッグとストールを持って


おはようございます!
夏のような暑さから解放された日曜日の朝、
緑の鮮やかさ、風の爽やかさに心地よく包まれるような感覚を味わっています。

昨年のこの頃は「みどりのそよ風」でしたが、
今年はこんな歌が私の中を駆け巡っています。

  あざやかなみどりよ
  あかるいみどりよ
  鳥居をつつみ
  わら屋をかくし
  かおる かおる
  若葉がかおる

  さわやかなみどりよ
  ゆたかなみどりよ
  田畑をうずめ
  野山をおおい
  そよぐ そよぐ
  若葉がそよぐ

小学校2年生の音楽の時間でこの歌「わかば」を習った時の教室の風景と
子どもの私が味わった気持ちよく声を出して歌うことの快感とが同時に蘇ってきました。
幸せだった子ども時代の思い出のひとコマです。
昔の思い出や自然の移ろいにちょっとした感動を覚えるのは
歳をとったからこそなのかもしれません。


いつも見事に手入れされているバス停前のお庭(個人宅)
こっそり遠慮がちに撮影させてもらうときはまるで花盗人のような気持ちになる



さて、そんな美しい季節に殊勝な気持ちになっている一方でパタパタバタバタと過ぎる日々…
時間の使い方は一向に上手にならず、情けない限り。。
それでもあきらめずやっていきますよ。
心の中の “ To-Do リスト” にはまだまだたくさんの項目が残っているのですから。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ごきげんいかがですか?

2018-05-07 01:32:34 | テ・ン・ジョ・ウ
Kaiapuaとジョージア(グルジア)料理を楽しむ
ピンクのインテリアが個性的

まとまったお休みがあっけなく終わってしまいました。
旅行や遠出をしたわけではありませんが、うち3日は日帰りの “お出かけ” をしました。
久々に家族が顔をそろえることもできたし、まずまずの連休でした。

ずいぶんのご無沙汰です。
それなりに元気に過ごしています。
ジョージア料理はじめ、連休中のあれこれは次の週末にお伝えすることとして
本日はこれまで…時間切れです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タンポポ畑見つけた!

2018-04-15 17:48:07 | 日々録
タンポポが一面に広がる空き地を見つけたのは
お気に入りの雑木林の隣

緩やかとはいえ、その傾斜を自転車で上る気持ちになれない何か月かがあり
久しぶりにその道を抜けようとした時のことだった
何年か前までは駐車場だった場所だ

鮮やかな黄色とふわふわ綿毛の優しい白が風に揺れるさまが
とてものどかで美しく
ロゼット状のギザギザした葉に交じるスギナの緑も鮮やか

もっと早い時期にここに来ていたら
つくしんぼがたくさんあったはずなのに
“冬眠”している間に見逃してしまったのだ

どうやら西洋タンポポのようなので
これから秋になるまで花を楽しめるだろう

小さな楽しみがひとつ増えた!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

冬眠から覚めました

2018-04-01 19:26:58 | あれこれ
去年とほぼ同時期の同じ場所に行ってみた
種まきや植え付けを待つばかりの畑…うつくしいなぁ


どうやら長い冬眠から覚めたようです。
2月半ばからの1か月あまりは、仕事と日々の暮らしの営みをギリギリ何とか保つだけで精一杯。。
我ながら情けないとは思うのですが、編むことも、読むことも、書くことさえもできませんでした。
歌舞伎には3回行ったけど、実はうわの空みたいな状態でした。

でも、もう大丈夫。
数日前あたりからでしょうか、徐々に体力が回復してきているのが自分でもわかります。
この週末はたまっていた雑用のいくつかを片づけることができました。
たぶん今シーズン最後になるだろう林檎ジャム作りもしました。

もちろんこの土日だけであれこれの後れを取り戻すことができたわけではありません。
5月の連休が終わる頃までに何とか片づけられたらいいかな…くらいに考えています。
Take it easy…です。

それではまた来週
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うららかに、おおらかに

2018-02-18 21:50:05 | 日々録
本を読んだり、編み物をしたり、パソコンに向かったりして過ごす…いつものこの場所。
風はまだ冷たく、今日はとりわけ強く吹いているけれど
カーテン越しに届く陽光は目に明るく暖かく、心までもほっこりとしてきます。
うらら うららと 日はうらら…
ワンフレーズしか覚えていない唱歌が脳裏で回転しています。

例年以上に厳しい今シーズンの冷え込みにはもちろん閉口しています。
けれど、春の訪れが待ち遠しいというわけでもないのです。
毛糸編みももうしばらく続けたいし
寒い季節ならではのお楽しみもまだ十分に味わえないうちに
春になってしまうのはちょっぴり悲しいのです。

静かでゆったりとした時間を大切にしたいと思います。
うららかに、おおらかに。。。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ネックウォーマーズ!

2018-02-04 18:35:28 | works
今日は立春、今年2度めの降雪はほとんど消えましたが
まだまだ寒い日が続いています。
来週にかけても再び最強レベルの寒波が訪れるとの予報、
大きな被害にならないことを祈るばかりです。

先月の大雪で、わずか30分ずつとはいえ雪かきを4回…などと慣れないことをしたのと
連日の低温という条件が重なって、またまた手首に腱鞘炎の症状が出ています。
それで…というわけではないのですが、今シーズン取りかかった毛糸編みで完成したのは
わずか4点…我ながら実にトホホな状態です。
そんな言い訳はさておき、とりあえず完成しているものの記録です。

最初の画像にあるのは、肩から上腕部を覆うケープです。
首の部分から編み始め、ラグランスリーブのセーターのように増し目をしながら
下に向けて編んでいきます。
染めていない天然の色の毛糸で、はじめに明るい色のものを作りましたが、
あまりに出番が多いのでダークな色でもう一つ…と欲ばりました。
その暖かいこと!!
首肩が冷えて凝り固まってしまうBoccoの必需品です。



これもネックウォーマー。
自分へのクリスマスプレゼントとして並太のカシミア糸で作りました。
画像ではかなり白っぽく見えますが、実際は少しだけグリーン味の入ったブルーグレイです。
ダークな色を着ることが多いので少々控えめな差し色になっています。
もちろん肌ざわりは最高…色違いで作っておきたいくらいですが
高価な糸なので、来シーズンまでお預けです。



こちらは何年越しかで形になったスヌード…20cm幅×100cm長さのものを輪にしています。
この時の差し色ニットが逡巡の果てにこうなった…というわけです。
このバスケットのような模様は簡単ですが、メリハリのある仕上がりになるので大好きな編み地なのです。
実際はもっと深いバーガンディです。

次はタブリエ風カーディガンにしようか、地模様のブランケットにしようか、
アンクルウォーマーとリストウォーマーも作りたいし、
お直しのアイディアも浮かんできたし、
編みたいもの、作りたいものが次々に待ち受けています。
でも、胴体と脚の部分だけを編んでストップしている羊ちゃん2体を先に仕上げなくてはね。
やわな手首をかばいながらコツコツと…です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年は白花豆で

2018-01-21 18:50:15 | 日々録
甘納豆の白花豆は好きだけれど、甘〜い煮豆は苦手
でも、チリビーンズならOK…人の味覚って微妙なのか、ただの思い込みなのか。。。


寒いこの時期に作るのが年中行事のようになったチリビーンズ。
金時豆だったり、虎豆だったり、黒花豆だったり、ひよこ豆だったり、レッドキドニーだったり…。
大福豆で作ったのは一昨年のことでした。
今年はいただきものの白花豆で作ります。
明日の午後から雪になるとの予報です。
自転車で帰れる程度ならばよいのですが。。。
今日のうちに材料を準備しておき、明日は一目散に帰宅して
調理に取り掛かりたいと思っています。

::::::::::

週末の外出が続いていることも編み仕事がなかなか進まない言い訳の一つになっています。
先週末は「下田直子ハンドクラフトと新刊『手芸のイデー』プレミア展」へ。
会場内は撮影OKとのことでしたので、ほんの一部だけ撮らせていただきました。









色使い、素材の組み合わせ方、技法の多様さ…さすがの世界!
博覧強記とでも表現したくなるほどの多彩で豊かな発想に圧倒されるばかりの世界です。

そして、昨日は結成50周年を迎えたCFの定期演奏会へ。
清々しく力強い歌声が気持ちよく響き、今回もまた素晴らしい演奏でした。
この合唱団のことをいつかご紹介したいと思うのですが、これもまたなかなかチャンスに恵まれません。
というより、私自身に余裕がなくて、残念ながらもうしばらく見送りです。

さぁて、今からニットの仕上げと花豆の下茹でをします。
今日こそは少し早めに就寝したいものですが、どうなることやら。。
明後日は菊五郎一座の初春歌舞伎(@国立劇場)が控えています。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

明日は日常モード

2018-01-08 11:55:21 | 日々録
お気に入りの手帳が廃番となって3年
この手帳を使うのは2年め…上手に活用したいもの


寒さに着ぶくれて過ごす連休最終日です。
いつもながらのご無沙汰とはいえ、前回の更新から半月が経過しました。
寒さも乾燥も例年以上に感じるのですが、今のところ咳に悩まされることもなく
まずまずの体調を維持しています。


この年末年始は12/29〜1/3、1/4-5の出勤後に3連休……。
年末の29日から滞在していたKenchen が昨日自宅へ戻り
今日は初めて自分一人の休日となりました。
息子が来ているからといって、特別なことをするわけではありませんが
休日を一人で過ごす日頃とはリズムが異なります。
今頃はKenchen も私と同様、ホッとひと息ついていることでしょう。


さあ、今年はどんな時間が流れていくのでしょうか。
常に何かに追い立てられているような状態から脱却せねば。
心豊かに、穏やかに。。。

::::::::::



探し物をしていたら、タンスの引き出しの奥からこんなものが出てきました。
昔むかし、Kenchen が使っていたトンガリ帽子です。
乳児時代にこれとそっくり同じもので白いタッセルのついた帽子を作り、愛用していましたが
ディズニーランドの混雑の中で落としてしまいました。
その代わりとして急遽、タッセルの色を変えて作ったのがこの帽子です。
そのころは無印良品で毛糸も販売していて、その中からアルパカ素材を選びました。
入学前まで使っていた思い出深い帽子です。
なくした帽子とお揃いのベビーソックスは、何度めかの引越しの時に処分してしまったようです。
過去の遺物といえばそれまでのことですが。。。

鋭意作成中…だったものは近々ご紹介できると思います。
首肩まわりを温めるもの4点、初めての編みぐるみ2点が編み上がっていたり、完成間近だったり。
次はセーターかカーディガンか…糸とニット本の山を前にして検討しているところです。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加