あまもりのなんやかんや

しがらみから離れてたまには身近な自然と親しみたい

実のないナンテン

2017年02月21日 | 身近な自然

 (旧暦1/25 先勝 月齢24.1)(大阪の日の出6:37  日の入り17:47)

前記事(1/17付)「徒然にパチリ」で冬に咲いているコスモスの画像を紹介しましたが、このコスモスのバックに写っている赤い葉の植物は「ナンテンの紅葉?それともオカメナンテン?」と、植物に詳しいブロガーさんのコメントがありました。
「オカメナンテン」って?
初めて知った植物名でしたが大いに興味が湧きました。

そこで早速web検索。
以下のサイトに
http://sodatekata.net/flowers/page/820.html
オタフクナンテン(お多福ナンテン)とありました。
(他のサイトでもほとんどオタフクナンテンの名前で登録されていたので、以後オカメナンテンをオタフクナンテンと称します)
上記のサイトに
常緑で冬にも落葉しないのに、霜に当たると紅葉します。とても便利。生垣として利用されます。中国原産で品種改良のためか、ナンテンと違って実がつきません。
とありました。また 
樹高(草丈)が40センチから50センチほどで、大きくならない
ともありました。
また他のサイトには「葉が丸っこい」とも書かれていました。

◇霜にあたると紅葉する
◇草丈は40~50センチほど
◇葉っぱが丸っぽい
◇実がつかない

この4点が一般のナンテンとの見分けになる。
これを頭に叩き込んで散歩へGO。

↓まずは「徒然にパチリ」にUPしたコスモスの画像の再掲載。

↑この画像のバックに写っている赤い葉っぱの植物の正体は?
↓以下2枚の画像は上記の画像をズームしてトリミングしたもの 


塀沿いに植えられていたナンテンに似た植物にはいずれも赤い実が生っていました。これはオタフクナンテンではなく一般のナンテンであると断定。(しかし、園芸種には先祖返りをするものも多くあり、実が生っているから普通のナンテンであると決めつけられないこともあります)

↓散歩中見つけたオタフクナンテンです。
(1月末に撮影。場所は近所のマンションの入り口の植え込み)

ナンテンと思える植物に注意して歩くと、戸建てやマンションの入り口の植え込みのほとんどはオタフクナンテンでした。犬と歩けばオタフクナンテンに当たる、です。(^_^;)

以下は一般のナンテンとオタフクナンテンの葉っぱの違い

↑左のオタフクナンテンの葉はどことなくぷっくらしていて、右のナンテンの葉はとがっています。

 ★オタフクナンテン★
科名:メギ科
属名:ナンテン属
学名:Nandina domestica cv.Otafukunanten
英名:なし
別名:オカメナンテン(オタフクに同じ、葉の形に由来)
   ゴシキナンテン(秋に葉が緑から赤く紅葉すると五色に見えることから) 
ナンテンを矮小化した園芸種 

 

以下の画像はオタフクナンテン探しの時ついでに見つけた野鳥。
おまけUPです。 見てくださいませ。<(_ _)>


↑ジョウビタキの女の子


↑上記に同じ(前にまわって撮りました)


↑ジョウビタキの男の子(近くにいました。上の女の子とつがい?)


↑モズの女の子。可愛いね。


↑上記に同じ(横顔も愛くるしい)

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

徒然にパチリ

2017年01月17日 | 身近な自然

 (旧暦12/20 先勝・土用  月齢18.8)(大阪の日の出7:04 日の入り17:12)

◆↓下2枚ともに、1/10撮影。近所の公園にて。 

コスモスは秋桜とも表し秋の季語にもなっているが、近年夏にも咲く種類が多くなりそれもすっくと立っている。 子供の頃記憶にあるコスモスは、茎がクニャクニャと曲がりくねって地面を這っていた。
しかし上記のコスモスは結構茎が曲がりくねって昔の姿を彷彿とさせる。この寒い時期に咲いているなんて珍しいと思わずパチリ。葉っぱは全て枯れていた。

◆↓ ヒヨドリ。近所にて(1/10撮影)

先ほどまで一所懸命囀っていたヒヨドリがいきなりパタリと鳴きやむ。
人の気配を感じたのね。でも飛び立たずじっとしていた。


反対側に回ってパチリ


鋭い視線・・・
早よあっち行けっ!
と言っているような・・・
写真を撮らせてくれてありがとう、ほなサッサと退散します。 

↓15日に撮った別のヒヨドリの動画(鳴き声が入っています) 28秒

↓こちらは4年前の2013年5月に撮った動画。10秒。(車の騒音で聞き取りにくい)



15日、この大阪にも雪が降った。
朝方わずかに積もった雪は昼すぎに跡形もなく消えた。
早よ帰ろうな(ソフト)。相変わらず雪が苦手なソフト。 

トップのコスモスの花。
頑張って咲いていたけど15日の雪でついに消えた。
この4、5日、朝方零下前後の気温が続いたもんね。よく頑張った。 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2017年01月01日 | 大阪の町

 (旧暦12/04 先負 月齢2.8)(大阪の日の出7:05 日の入り16:58)

2017年 初日の出 7:17(淀川から)

大阪の元旦の日の出は7時5分ですが、
生駒山(いこまやま)を越えるのに12分かかるようです。 
 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

年の暮れ

2016年12月30日 | 身近な自然

(旧暦12/02 先勝 月齢0.8)(大阪の日の出7:05 日の入り16:57)


↑いただいてま~す


↑今年の柿はなかなか美味しいで

今朝いつもの公園に立ち寄ったら、
ツグミさんが美味しそうに柿の実を突いてた。

「美味しいかい
ソフトと一緒に見あげて、ついでに写真を撮らせてもらった。
「早よ、あっち行ってぇなぁ」
「はいはい。お邪魔しましたぁ」

今年も残すとこ今日と明日だけ。
来年はツグミさんたちの年やね、
鳥インフルやなんて、うちらのせいやないし、人間達のせいやし。
何千キロもつらい旅して、ようやく日本にたどり着いたと思たら、
あちこちで渡り鳥が嫌われ追い払われてるゆうて、ほんま悲しいわ。

来年はええ年やったらええのになぁ~。
ほなね~。 

って、ツグミさんが言うてはりました。

暮れも押し詰まっておりますので、
コメント欄は閉じさせていただきます。悪しからず。 

今年はいろいろとありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

身近な自然2016年

2016年11月16日 | 大阪の町

(旧暦10/17 友引 月齢16.4)(大阪の日の出6:33 日の入り16:53)

撮りだめていた画像をピックアップしてスライドにしてみました。
四季の順番はめちゃくちゃです。
1分33秒です。
お時間がある時に見てやろうかと思われた時にご覧くださいませ。
フリーの音楽を挿入していますので、音量にご注意ください。

スライドにも入れました愛猫セピアが10月16日に虹の橋を渡りました。 
享年22歳。
とても長生きしましたが、複数の病気を抱え大往生とはいきませんでした。
ようやく苦しい病気から解放された時、安らかな顔をしていました。
ソフトが居るので、いつまでも悲しみにくれてばかりいられませんでした。
それが返ってよかったのかもしれません。

 

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加