笑われて・笑わせて・オートバイひとり旅16年・122ヵ国 道に迷い・親切に泣き・走った38万キロ・「バイクの松尾」

国境206ヶ所・赤道直下4ヶ所・2000年10月57才から2015年10月72才まで15年間・記録。やぉーなかったばい。

オートバイひとり旅・地球走行中・東南アジア・ミャンマー

2017年05月23日 | オートバイひとり旅121ヵ国37万キロ
更新しようとしたけど・・
コピーできなくて3時間かけ16日から20日まで書き写したのに画像を入れるとこで
ダウンしてしまった。ちきしょう・・もう・・がっくり。







5月21日日曜 はれ
身体が震えるぐらい高い12000円(8000円に負けてもらったが)
朝飯くってホテルをタクシーで退散。

ネットで予約したホテルに移動…雑然とした街の中にあった。

中に入ると暗い地下室の感じのホテル、2000円のホテルだ
から仕方がないのかなぁ…

部屋にトランクは入れられない…廊下の隅に置く。トイレの水
どうした…出ない…流せない。

フロントに行って見てもらい…電話して、しばらくしたら
水は出るようになった。

ネットWIFIは部屋で使えると聞いていたが、電波が弱くて
部屋まで届いてないようだ。

仕方ない廊下に出てネットを始める。

ヤンゴン空港で下ろしたミャンマー10万ks夕べのホテルで
聞いたら心細くなったので又近くのATMで下ろした。

そばにはマーケットもあった。ビールと生姜漬けを買って
飲み始める、今3時。

そのうちにわかるようになるだろうが…ミャンマーのお金
全然日本円でいくらぐらいなのか計算が出来ないでいる。

帰りぎわにホテルがあった。部屋をみせてもらった…今の
部屋とでは二倍広くて清潔感がある。

28ドルだがネットで予約すると24ドル-2700円になると
フロントの話。ネットも部屋で使えると話す。

ちょっと高くなるが共同でなくトイレシャワーも部屋にある
よし、ここに移ろう。

今泊まっているホテル、水も出ないしネットも出来ないので
あしたの泊まりをキャンセル、「来来(ライライ)ホテル」を
ネットで予約した。

今泊まっている地区はホテルもいっぱい地図に出てくる
ところなのでヤンゴンの中心地でもあるようだ。

5月22日 月曜 はれむし暑い
ネットも部屋まで届かないし、水も出ない…悪いけど
あしたの泊まりはキャンセルして他のホテルに移りますと。

きのうスタッフに話していたのでお金はすんなり返して
くれた。

歩いて5分ぐらいのところにある「来来ライライホテルに
移動した。24$=2700円。

部屋に荷物を運んでもらって、きのう泊まったホテルに
くらべると明るく、水も出る、広いし、清潔感がある。

もちろん冷房、シャワー、トイレ付きである。

なによりも、ネット人間になってしまったわたしには、
ネットが使えることが嬉しくなる。これでヤンゴンで
の基地が出来た。

ホテル前にはポリス、マーケット、両替屋、ATMと
並んでいる。

3時ごろから、観光の目玉と思われるでっかい仏塔に
タクシーで向かう…

ジェデゴン パゴダ shwedagon pagodaって言うらしい。
金色に輝く入り口からエスカレーター三つ乗り継ぎ本殿に
出る。

半ズボンではダメみたいでスカートを1000円で買わされる。
太陽に照らされた金色の大仏塔は光り輝いている。

アチチ アチチ太陽で焼けたタイルが熱い、熱い…
地元の人たちは各仏塔の前で祈りを捧げていた。

地元の人たちのほか、外国人も多く訪れている。
2時間ほど見てまわりホテルに戻る。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加
広告を非表示にするには?

第8次オートバイひとり旅・東南アジア・チェンマイ旧市街地

2017年05月16日 | オートバイひとり旅121ヵ国37万キロ




5月12日金曜 朝方まで雨 すぐに晴れてきた

新しいホテルに着いて落ち着いた。となりの店は工具屋さん。
シューシュー「スクータを洗車したい」…と工具屋さん聞く
と、そこを曲がったところにある。

本当にすぐそにあった。60b-約200円…ちょっと高くなー。
洗車が終わるまで近くを散歩。

このビルはバスターミナルになってるようだ。窓口がいっぱい
並んでいる。

ミャンマー行きのバスはとなりの窓口…そっけない窓口もあれ
ばていねいに応えてくれる窓口もある。

洗車を終えて、ネットで調べたホテルの下見…に向かう
地図で見ると簡単のところだが、実際走るとわからない。

橋を渡ってすぐに右…に入って行く、小さいロータリは
途中から一通に、マジーィ…Uターンした。

お巡りさんが見ていたのだ。止まって違反キップだ…
はーい、マネー400バーツ1300円とか言ってる

マネーはホテルだ。それでは、後から支払ってくだちゃーい。
キップきられてOKになったがどこでどうするのだろうか。

くそーっ

下見するホテルがわからない、トクトク三輪車に頼ん
で引っ張ってもらう。180円。

「パンダゲストハウス」にようやく着くことができた。

まずまずのホテルだ、ネットで調べて300バーツの部屋
はいいなーと思って来た部屋は冷房なしファンのみだった。
冷房付きは400バーツ-1300円。

ホテルに戻ろう、泊まってるホテルの近くに高層ビルがある。
そのビルを目指して戻ることが出来た。











5月13日土曜 朝方雨
二泊したホテルからきのう下見に来たホテル「パンダホテル」に向かう。
二度三度ネットで見てごく簡単に行けるはず…ホテルの地図確認していたのに…

またもや、走り始めると、わかなくなってしまった。ロータリの広場で、
黄色いくだものを臨時に売っている。

味見にくれたくだもの、ちょっと酸味はあるが、わたしに
あっている。ビワに似た味。一袋1キロ180円買った。

ホテルの位置を聞き出した。奥さんも交えて三人でああだ
こうだと、話は続いてる。

バイバイと走ろうとしたら「スクータで」ホテルまで連れ
て行くと話す。ありがたい、

5分程でお陰さまですんなり「パンダ」ホテル
に着くことが出来た。ありがとうございました。

暑くて仕方ないので、冷房の部屋1300円にした。三泊予約した。

レセプションスタッフ女性二人いて、その一人娘さんの
産まれて二、三ヶ月だろうか、赤ちゃんをフロアーで両親
が見ている。なんとも可愛い…

晩飯は昼間「寿司」があるとなりのホテルに、行ってみた。
マグロはない…が握りは…2100円。

高いしゃぶしゃぶを食っているお客さんも3組ほどいる。

シャケ丼が1000円、よしこれにしよう。久しぶりだった
のでうまかった。

ホテルに着いたらカミナリが鳴って雨の土砂降りになった。


5月14日日曜 くもり、はれ
タイに来てから土曜日曜はほとんどのお店はお休みになって
いるようだ。

旧市街地、周り四方…掘りに囲まれている。歩いて見る
ことにした。朝7時にホテルを出る、掘りまでは2、3分。

グルーっと回ってホテルには9時過ぎていた。2時間
かかっていた。

もっともお寺の写真を撮ったり、野菜、魚、肉、雑貨屋
なんでも、そろっている、バザールに寄ったり…

最高と思われる重層なホテルのトイレをお借りしたり…
料金を聞いたら一泊4000バーツ1万3000円とレセプションの話だった。

わたしのホテルの10日日分だ

堀のいっぺんの長さ1キロぐらいあるかもしれないなー。

あしたは違反キップの支払いにポリスオフィスにいかな
かければならないとホテルのレセプション。






5月15日 月曜 はれ
いま7時30分…ポリスオフィスは8時からだとレセプションの女性。
交通違反の罰金を払いに行く。

ミャンマーへ向かう道も確かめておきたいので、早めにスクータで出かけた。
旧市街地の中にあるポリスオフィスに意外とすんなり8時前に着いた。

最初は違反切符しらばっくれていようかとも考えた、しかし地元の人たちの
穏やかなはしり、おまわりさんも真面目な人たちなので素直に支払うことにした。

庭に今日の出勤者が集まっている。違反切符を見せると 窓口へ指さす。
担当者にキップを差し出し、400バーツの罰金を支払う。

写真を撮ってもいいですか、OK、OK…気安いお巡りさん達だ。国際免許証
受けとって、ミャンマーへの道のりを確かめに走る。

掘りに囲まれた旧市街地内側は右周り、外側は左回りになっている。途中
Uターン連絡道路が出来ていて内側、外側に走れるようになっている。

ま、確認はできたので大丈夫だろう。屋台の朝のうどんを食いたくなった
先に泊まったホテルの近くにバスターミナルまでタッパを持って走ってみた。

高い高層ビルを目当てにいけば、すぐわかる、はずだったが、わからなくな
ってしまった。渋滞になっているので戻ろう。

朝7時からやっていると聞いている、夕べ、スパゲティを持ち帰ったレストラン
に、向かってそのままタッパに入れてもらった。

ママさんが赤いくだもの二個くれた、ありがとう。しかし、どうして
食べるのかなー。

ホテルの掃除のお姉ーさんに赤い果物の切り方、食い方を教えてもらった。
何のことはない普通の梨みたいに切り分けておしまい。

中身も真っ赤、と言うよりむらさき色。そのまま一個あげたので、どんな味が

するのかまだわからない。



泊ってるホテル1300円


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第8次 オートバイひとり旅・東南アジア編・チェンマイ

2017年05月12日 | オートバイひとり旅121ヵ国37万キロ




5月8日 月曜 はれ
5時過ぎに起きて早すぎるかなーと思いながら出発準備全て終わったのは6時半…
ちょうどいい時間になった。

夕べ荷物を雨で濡らさないように、考え抜いたとうり大型バックの中にはでっかい
ビニールを二重に敷き自分で作った、いらなくなったテントをバラして一番下に敷く。

バックを包む外側には、テントの床部分をバックに合わせて縫いこんでスッポリ
入る袋状にこしらえたのを持ってきている。

リュックの雨カバーをかぶせて、その上にテントで作った袋をかぶせる。
これまで外国で走っていたとき使っていたもの。内二重外も二重…

途中雨にあって慌てるよりも、どうなるかわからないので、いつ雨が降り出して
もいいように完全装備。

時間前にバイクタクシーのおじさんは来てくれている幹線道までバイクタクシーに引張ってもらうことにした。

15分ぐらいかかって、高速の入り口まで来た。「この道をまっすぐだ」と言って
くれているのだろう。

全く言葉はわからないので…おそらくそう思う。

誠実一路の顔のおじさんは別れにハグしてくれた。

毎日お世話になりました、200バーツを渡した。ありがとうございました。

さーいつものひとり旅が始まった。バイクにいったんまたがると、気持ちが
ひき締まる。

40~50キロのスピードでスタート…田園風景が続く途中、二回分かれ道で止まって、
チェンマイ、チェンマイを確かめめる。

これまで乗ってきた1500ccに比べてスクーターは小回りがきいて取り回しも
楽チンでいいなー。

右手に岩山が出て来たがどこまでも平坦の道が続く…遠く左に山も見える、
おそらく山の向こう側はミャンマーなのだろう。

道端の屋台で昼メシのあとしばらく走って木陰で休憩昼寝15分ぐらい。

午後走りがだれて来て、いつの間にかスピードがだんだん落ちてくるのだ。
この昼寝は走りの「だれ」と疲れをを防ぐことになる。

ワンリッター40キロ走ると聞いていたが…100キロ走って給油になる。
おかしいなーリッター20キロだなー。

荷物20キロのせい、なのだろうか…ガソリン5リッター入れて60バーツ…
200円ぐらい。

ここまで350キロぐらい走って来た。タキとかゆう町…信号待ちのお兄ちゃんの
横につけて「ホテル」ある…

そこにある…連れて行くとゼスチャー、本線沿いの下の道に走って2・3分の
ところにホテルはあった。ありがとう。

3時を回ったところ…ちょっと早い…しかし、ホテルがこの先あるのかどうか
わからないので、泊まることにした。

立派なホテル250バーツ…800円助かるなーもちろんクーラ付きwifi…バッチリOK

チェンマイまで残り300キロぐらいかな。

早めについたので、グーグルマップを見た。うーんこの町タクからミャンマー
の国境、100キロ足らずでいけそうだ。

チェンマイから入るより、ミャンマーの南の方になるのでルート変更してあした
ミャンマー国境に向かってみよう。

クネクネした道の表示はおそらく山道になるだろうなー

5月9日 火曜 はれ
ホテルを7時に出発、一路ミャンマー国境へ、朝から「ミャンマー、ミャンマー」
マイカー、バイクの人に聞きながら、本線に乗ることができた。

予想通りすぐに山道に入った。どんどん登っていく…涼しいよりも肌寒くなって
きた。くねくねした道は続く。

この登りでガソリン大丈夫かいな…道路工事の人や地元と思われる人にガス
スタンド「あと何キロ」

40キロだったり30キロだったりはっきりしない。雑貨屋さんのあるところで、
若い男の人に、ガソリンスタンドは……

目の前の雑貨店を指さす、あそこにあるの…「こんちは」「すみません」
「ガソリンください」

アルゼンチンでもここにガソリンがあるのと思ったら、雑貨屋さんはドラム
缶から汲んで入れてもらったこともあるので、不思議には思わなかった。

しかしここではペットポトルに入れておばさんが売っていた。1リッター
60バーツ200円ぐらい。2倍ぐらい高いが仕方がない、ガス欠になるよりましだ。

3つの方向に走っているロータリのある町に出た…1回目間違って、途中聞き戻っ
てきた。

確認しようとロータリ道の端に止めようとした途端…砂で滑ったのだ、あっと
ゆう間に転倒…いやとゆうほど叩きつけられた、アイテティ。

右ひじ、異様に痛い、ガソリンも漏れている、手は動く…トクトク三輪車の
お兄さんが手伝って起こして、荷造りもやり直してくれた。

ありがとうございました。アイテティ…

教えてもらったロータリ2番目から出て、ガソリンスタンドに入る。擦りむ
けた右ひじを見せると「赤チンキ」を持ってきて塗ってくれた。
ありがとうございます。

やさしいお兄さんだ。満タンに入れた、ミャンマーはこの道じゃない話す…
又ロータリまで戻って3本目の道に入った。

11時50分国境についた、トラックは並んで待っているどこの国境も同じだ。
タイの出国スタンプすぐに終わった。

500m先のミャンマー入国手続きに…オートバイの入国はだめだ、アユタヤ、
ヤマハで作ってもらった、書類を見せたがだめだった。

スクーターをここに置いて本人だけ入国はOK…戻ってくる日それまで保管
すると話す。

仕方ない、タクまで戻ってふたたびチェンマイを目指そうあーぁ。

戻るタイ国境で、スクーターは持ち込めなかったと、係官に話すと「OK」
そのまま戻ることができた。

しかしだ…タイ国出国スタンプはあるが、「入国スタンプは無い」

いったいどうなるのだろうか…まぁ、その時に考えるしかない…。もう終わっ
たこと…終わったこと・・仕方がない。

同じ道を引き返し夕べ泊まったホテルに再び到着14時についた。


5月10日水曜 くもり 雨 はれ
あさ6時30分ホテルを出発してチェンナイに向かう。夜中に雨が降ったせいか
冷んやりしている。

雨を予想して完全武装した。雨が降ってきた…まぁゆっくり走ろう。約300
キロの走行だ。

車は思っている以上に少ない感じ…平均70キロで走行寒く感じるので給油スタ
ンドで、ズボンと上着を着こむ。

チェンナイはランパーンから左に入る標識…よし、これからあと100キロぐ
らいだ。

雨が上がって太陽が出てきた、暑くなりそうだが、カッパきたまま…残り35
キロのところで大きな黄金の仏像。

チェンナイ市内に着いたのは、13時前、走っている市内でホテルを見つけたの
で。380バーツ1300円に決めた。

この宿は古い骨董の趣味の宿屋に見える。人のゆうこと聴かないで…わたしは
何もわからないのにペチャクチャ、

自分ことばかりしゃべる女将40代そこそこ女将。歩く姿外股歩きだ。

わたしと同じ横柄な態度…ネットWIFIの設定で…思わず「うるさい」っと日本語
で怒鳴った。

それからは静かになった。とりあえずの一泊だからあしたは違うホテルに移る。


5月11日木曜 はれ
宿を9時過ぎに出る。予約した宿まで、最初はトクトク三輪車に頼もうと考えて
いたが、ネットマップを見て、自分で行けそうだ。

途中一回地元の人に聞いただけでホテルに着くことができた。400バーツ-1300円。
フロントはちょっと普通のホテルとは違う、家族でやっているようだ。

階段も部屋も綺麗なタイルで気持ちがいい。失礼だがオーナーは250ccに乗ってる
親父さん…と言った方がぴったり。

その親父さんに荷造りのチュウーブを引っ掛けるワッカの相談をした。S字型の
金具を倉庫から二つ持ってきて取り付けてくれた。

これで楽に引っかけて荷造りできる。ありがとうございました。

ホテル前は旧い街並みが…続いている商店街。セブンイレブンもある。

セブンイレブン、ビールは午前11時ならないと販売しないらしいです。これも
珍しい。となりの商店では買うことができた。

土曜はアルコール販売禁止、家族の日とかの国もあった。

夕方直ぐ近くの洗車屋に持って行き雨で汚れていた
スクーターを洗ってもらった、210円。これは高いなー。

晩飯は屋台で売っているサカナ、ぶた、ニワトリの揚げもの
トマト、キューリで済ませている。

チェンマイの街ってもっとにぎやかなイメージ、持って
きたにだけれど、こんなものなのかなぁー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第8次 オートバイひとり旅・東南アジア編 アユタヤ  

2017年05月07日 | オートバイひとり旅121ヵ国37万キロ






ハハハ・・バイク買うことできました。

5月6日金曜 朝方雨 くもり はれ
朝がた、雨が降っていた。

10時にオートバイ、ヤマハ店、に向かう。きのう
と同じおじさんのバイクタクシー。

きのう見ていた新車、スクーターを買うことに決めた。

手続きしてお金払ってすぐ終わりかと自分は思っていた。

英語もまったく通じない…お店の女性はタイ語とわたしは日本語…

お店の女性は左手、右手に、ケイタイ駆使して翻訳して、わたしに見せる、

「yesかnoかok」で応えるだけ。

「あなたはどこから来た」「登録が必要」「一ヶ月かかる」

「一ヶ月ノーノー」「わたしはあさってチェンマイに行く」

…こりゃーだめだ、買うことできないな。

佐賀、嬉野弁で話して見ても同じこと

「あんたは、なんばいいおおっとね」「いっちょんわからんばい」

(あなたは何を話してるんですか、少しもわかりません)

お互いにちんぷんかんぷん…のやりとりがつづく

どこでどうなったのか、うまくいきそうになって来た。

2時間経ったころ、どうにかまとまった…ヤマハで今日手続きを
終えてあした12時に引き渡す。

430000バーツ➕手続き代1500バーツ445000バーツ
日本円約13万円支払う。ヘルメット1000円

大丈夫かいな……。

大型荷物バック調達にあっちこっちの備品やさんを回って

なんとかなりそうな両サイドにぶら下げるバックを見つけた。

じゃぁあした12時に来るからと、バイクタクシーのおじさんと

ホテルに戻る。バイクタクシー代600円。


5月7日土曜 はれ 34℃

あははは、バイク買うことが出来ました。

「あなたどこからきたの」「手続き一カ月かかる」

タイ語と日本語、佐賀嬉野弁

お互いに言葉が通じなくて、こりゃーダメだ…と

買うことはできないなと思って、あきらめた。のは

きのうのこと

きょうはバイクの受け取りができるかどうか…早めにヤマハに行く。

同じバイクおじさんうしろに大型バックを抱えて乗りこんだ。

実際の大型バックをバラして、両サイドのバックに詰め込むため、どうなるのかと持ち込んだ。

ヤマハのスタッフ二人とも落ちついている、おー、引き渡すことができてるようだ、よしよし。

気になっていた大型バッグ…持ってきた自転車チューブで縛り付け大型バックを積み込んでみると、

以外と大丈夫のようだ。

これじゃ、両サイドに分けたバッグ1万円買わなくてもいいようだ。

おーよしよし、フタッフもバイクおじさんもグーと

親指出した。心配していたことが消えて行く、、よかったー。

ナンバー取り付けて終わり、これまたどこでどうなったのか

ミャンマー入国に必要な書類も作ってくれたようだ。

大事になくさないように・・とのことだろう、封筒に入れてくれた。


「マネーマネー、アユタヤ、ヤマハ」と冗談飛ばして

笑わせて、すべて終了。

ありがとうございました。スタッフにバイバイ。

タンク満タン5リッター
ワンリッター40キロ走る…180キロで給油…

夕方バイクおじさん誘導で遺跡めぐりのテスト運転
image1.JPG
image2.JPG
image3.JPG

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第8次オートバイひとり旅・東南アジア編 バンコク

2017年05月03日 | オートバイひとり旅121ヵ国37万キロ




2017年5月1日   はれ  34℃

昼間は暑い、35℃ぐらい。外出するたびに下着の洗濯。

カオサン通りの角にポリスオフィスがある。道路を挟んで

広大な敷地のお寺がある。そのまわりにあるホテルに泊まっている

カオサン通りにもホテルはいっぱいあるがこっちのほうが静か・・

緑の木はお寺2、300m四方…まわりにホテルがある、いま泊まって

いるホテル「obangkoku]は冷房付き1650円。

暑くない季節だったら普通の部屋シングル600円から

これでも充分、今は暑いので扇風機だけじゃ耐えられない.

5月2日月曜    はれ
日曜休みだったの・・ポケットを作るため靴屋さんで

買った皮を持って縫い付けてもらいに行く・

路上のミシン屋さんは厚いので縫いきれないと断られた。

靴屋さんに描いて頼む・・2時間かかって出来上がり。

600円。

出先の国で靴屋、洋服、オートバイのシートなど縫って

もらい、それを見て過ごすのもわたしは面白い。

あした4日移動することにした。カオサンから80キロ北

アユタヤの町まで行ってオートバイレンタルについて

検討したい。

タクシー4500円・バス1000円ぐらい・・当然バス。

朝も夜もビール大ビン二本240円×2・・

一日ホテル代入れて4000円ぐらいかな。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第8次 オートバイひとり旅・東南アジア編 2017年 

2017年04月30日 | オートバイひとり旅121ヵ国37万キロ
2017年4月29日 土曜   はれ 34℃

少しづつ情報をもらいすすめています。

ホテルのあるカオサン通りを歩いて、これまで

あった場所、など確認しながら情報集め・・

チェンマイまでのバス代、夕方出て朝につく約800キロ

ホテル案内所600bー1800円
ホテル別の案内所500bー1500円
以前格安航空券買ったところ450bー1350円

歩くたびに料金が安くなりました。

まわりが少しづつ、見えてきました。

カオサン通りもほとんどは変わってはいないようです。

日本の寿司屋さんがみつからなかったなー。

焼き鳥屋台で


いつも地元の人たの人気食堂・・覚えてくれていたのだろうか、おばさんはきしめんの
親分‥の麺を作って出してくれた


サソリのから揚げ?カオサンどうりで売り歩いていた

カオサン通り

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第8次 オートバイひとり旅・東南アジア タイ、バンコク

2017年04月27日 | オートバイひとり旅122か国・38万キロ
2017年4月25日から第8次オートバイ一人旅にでます。

自分のオートバイを受け取る港は東南アジアにはありませんでした。

その国ごとに、レンタルバイクを借りての旅になりそうです。

約半年の予定ですがどうなりますことやら・・下調べなどしていません。


2017年4月26日タイ、バンコクに着きました。

ここは海外から一時帰国するとき格安航空券を買うため、ちょくちょくよりました。

夕べは、成田空港近くにゲストハウス2100円に泊まった。ほとんど
外国人ばかり10人ほど・・」

朝6時成田空港に着いた…搭乗手続き6時からと、きのう聞いて確認していた。

カウンター搭乗手続きは「N」うん…ABCDEFG…「M」のあと「O」になって「N」が無い。

番外にあった…もう20人ほど並んでいる、手続き終わった。

荷物検査ゲートの空く時間は7時から北口のみ、
こっちもづらーっと並んでいる

南口は8時から…どっちもづらーっと並んでる

荷物検査が終わって忘れ物が出る、出ると職員の話を以前聞いたことがある。

出発前に忘れるのだ…どうにかならないものかと…いつも思う。ここは運輸省かんかつ。

荷物検査が終わったのが8時10分前…

今度はパスポート拝見「出国・帰国」どの列もいっぱい並んでいる。

コンピュータでの自動手続き登録、を済ませようと初めて記入した、が係官は1人だけ、

オープンは8時から時間んがかかりそう。88番まで歩いて15分以上かかると係官

搭乗時間20分繰り上がっている、モタモタしてると間に合わない。

自動手続き用紙は破棄して、人間様の列に並ぶ。

「この忘れ物はあなたじゃありませんか」
さっきの荷物検査の人がカゴを持って列に
向かって歩き回っている。

女性が「あーわたしのです」あーよかったな。

搭乗口88番に着いたのが8時20分…
格安航空の食事はコンピュータでの予約のみ
機内食はなし。

ビールなどは有料…

立ち食いうどんを10分で済ませて飛行機に乗った。

朝6時に空港について飛行機に乗るまでコーヒ飲むひまはなかった3時間…

タイ、バンコクに着いたのは現地時間14時

ホテルまで40キロ…タクシーで走った…1時間
乗って1500円だった。

実はインフォメーションでタクシー代を
聴いて、その安い乗り場に行ったのでした。

ホテル 一泊2160円。


バイクの松尾
bikenomatsuo@gmail.com
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅する人たち・・女性初登頂・K2山・講演会。富士山・西湖でのキャンプ

2017年04月20日 | オートバイひとり旅121ヵ国37万キロ
2017年4月14日
シベリア横断で5月20日から島根・境港からウラジオストックへ出発する
古橋さん、小林さん、佐藤さんの三人・・世界に飛び出す

最終ミーティング、山梨、勝沼ぶどう郷 民宿で合宿

次の日、15日16日富士山・西湖での春のキャンプへ

関東以外に大阪、滋賀、岐阜、長野、仙台・・遠い
ところからも参加、

新しい人の参加が目立ってきた感じでした。

これまで91カ国走っている・・ろうあ者袴田耕平さん
も日帰りで参加。まもなく再開・・(写真ブルー)



袴田耕平さん




0">



4月18日武蔵野美術大学・・小松由香さんの講演会

四人に一人は遭難すると恐ろしい山

ヒマラヤ山脈の西の果てにある「k2」もっとの難しい
と言われている山。

冒険家 関野吉晴さん司会で始まった。

日本人女性、初登頂に成功した小松由香さん。

なかなかたどりつけない頂上・・降りるのも
もっとも困難・・

降りたあとベースキャンプでいっしょに写真を撮った
ロシア隊4人・このあと全員遭難・・帰らぬ人となった。

と小松さん。

生まれたばかりの赤ちゃんを連れてヨルダンへ
取材にでかけるとも話した。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笑われて、笑わせて・道に迷い・親切に泣いた・オートバイひとり旅・地球走行中・・

2017年04月07日 | オートバイひとり旅121ヵ国37万キロ
2017年4月26日飛行機でタイに飛び、旅を始めます。

自分のオートバイは東南アジアでの受け取る港がないため、
レンタルバイクになります。

ベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマーのビザとりに
5日、6日東京都内を歩き回りました。

とりあえず三つの国のビザをとりました。








ベトナム大使館。ビザ代 6000円、
7月25日から一ヶ月有効、受け取り 即。
代々木公園駅から15分ぐらい歩く。


ラオス大使館。ビザ代 6000円、
4月5日から二ヶ月有効、受け取り 即。
赤坂駅で降りる15分ぐらい歩く


カンボジア大使館。ビザ代 5000円
4月5日から一年有効、パスポート預けて。
受け取り次の朝、
乃木坂駅で降りる…10分ぐらい歩く


ミャンマー大使館。大崎駅歩いて15分。
ミャンマーのホテル「予約してないからダメ
です」と、ビザもらえず、トホホ。


タイで取るしかない。

結構歩きましたなー。

飛行機タイバンコクまで片道
格安航空券28800円・・トータル49000円
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「笑われて・笑わせて・道に迷い・親切に泣き、走った122カ国・38万キロ」オートバイひとり旅

2017年03月21日 | オートバイひとり旅121ヵ国37万キロ



2017年3月19日・品川区民センターで講演会を開きました。(ワッツWTNーJ主催)

「笑われて・笑わせて・道に迷伊、親切に泣き走った122カ国、38万キロ」


連休の中日にもかかわらずたくさんの人が来ていただきました。
遠い四国・香川・高松。広島、福山。静岡浜松。山梨などからも
出席いただき恐縮しています。(ジャスト40人の参加でした)


北の果て、南の果て、低いところ、高いところ、国境など
話しになりました。


ちょっと画像が多かったのかなーと反省しています。

5月20日出発今年シベリア横断・・世界を走る三人も参加してもらいました。
いい旅を続けてください。


終わってからの懇親会も楽しい時間を過ごさせていただきました。


講演会は今年はこれが最後です。4月下旬から半年ほど旅に出る
予定です。

「国境なき医師団」へのコインカンパ・・4400円集まりました。
ありがとうございました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葉隠フォーラム200回記念の集い・・(20017年3月18日)

2017年03月21日 | オートバイひとり旅121ヵ国37万キロ








「葉隠フォーラム200回記念の集い」が開かれた。

2017年3月18日都市センターホテルには100人を越える人達が集まった。

主催者「嘉村孝」氏は弁護士。東京・佐賀県人会の会長でもある。

出席者は佐賀県人ばかりではない多士済々・中国、ハンガリーなど・・

世界の歴史・・調査など国際的。嘉村氏の幅広い人脈には驚く・・
人たちが集まってくる

弁護士の仕事しながら調査、資料をいつどこでやられているのか・・
寝る暇がないのではないか・・こっちの方も驚く。

諸葛孔明・・伊達政宗・水戸黄門・葉隠の山本常朝とのつながり
・・の話しはわたしにはとてもついていけない。でも面白い・・

アフリカ、チュウニジアで葉隠れのレポートを読んだこともある
・・ほかの人には体験できないだろうと不思議に優越感みたいな感じ
をもったこともある。



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

訂正です・・前項のお知らせ「バイクの松尾講演会」の場所が違ってました。

2017年02月14日 | オートバイひとり旅121ヵ国37万キロ

やっぱりこの地図が使いやすいですね。黄色の線は70歳記念走行ルートです。


シベリア横断してサハリンから稚内ついたときの写真(古川昭夫さん撮影)


70歳を記念してアラビア半島から走り始めて・・オマーンの半島の飛び地
泳ぎました。


アラブ首長国連邦とオマーンの国境


アラビからオマーンに向かう道

第57回お話会 話し手 松尾清晴
今回も手話通訳付きです。
「北・南の果て4、赤道直下4か所、国境206か所、エベレストベー......

≫続きを読む

主  催 : wtn-j
日  時 : 2017年3月19日(日)13時半開場、14:00開演~16:00まで
場  所 : 品川第一区民集会所 〒140-0001 東京都品川区北品川3丁目11−16 京浜急行新馬場駅より徒歩5分 〔地図〕

講演会題名

「笑われて、笑わせて、道に迷い、親切に泣き走った122か国」

「北・南の果て4、赤道直下4か所、国境206か所、エベレストベ
       ースキャンプ5200m、など・・・38万キロ走った」

残りは東南アジアだけに・・・早めに走り終えたいとはおもいますが・・。

講演内容

実際はどうしたの・・

国境通過はどうした、外国でのフェリーは、海外で次に進む国の

ビザは・・お金は、言葉は、くいものはどうした、

一番つらかったことは、うれしかったことは・・


「シベリア横断道路、今と昔。走るには今が旬・・・」

後半の主題に、話したいとおもいます。

会場に海外ツーリング経験者が来ていただいている場合、

援助を頂きながらいっしょに進めていけたらいいなぁ。

これから海外に行く予定の人たちのためにも

質問の時間をとって・・・


オートバイだけではなく、歩いての一人旅、自転車の旅、

バックパーカー、アフリカ・トラックツアー、世界船の旅

など・・・みなさんから話を聴けるとうれしく楽しいですね。

ご協力ください。


オマーンの首都マスカットからイエメンの国境近くサラーラとゆう町まで
片道1000キロ、白い砂漠の中走ってきました。


前回2003年は日本からモスクワまで走り・・今回2015年バルト三国~モスクワ~
サハリンまで走った・・見違えるほど道はよくなっています。その話もできると思います。

70歳記念。アラビア半島から北に上がってモスクワ・・走り残した
東欧、ヨーロッパはほぼ走り切り。アフリカ・チュニジアから横断的
イタリア~ギリシャ~トルコ~レバノンと走って最後は東欧コソボで
121か国です。レンタルバイクで去年台湾を仲間と走ったので122か国。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オートバイ一人旅・講演会のお知らせ・3月19日日曜

2017年02月08日 | オートバイひとり旅121ヵ国37万キロ

ワッツ(WTN-J)主催の講演会です。

3月19日日曜日13時30分開場
14時から16時まで

品川・荏原第二区民センタ 500円



今回も手話通訳付きです。

57歳から走り始めて16年間・・今73歳になってしまったぁ。


講演会題名

「笑われて、笑わせて、道に迷い、親切に泣き走った122か国」

「北・南の果て4、赤道直下4か所、国境206か所、エベレストベ
 ースキャンプ5200m、など・・・38万キロ走った」

残りは東南アジアだけに・・・早めに走り終えたいとはおもいますが・・。

講演内容

実際はどうしたの・・

国境通過はどうした、外国でのフェリーは、海外で次に進む国の

ビザは・・お金は、言葉は、くいものはどうした、

一番つらかったことは、うれしかったことは・・

「シベリア横断道路、今と昔。走るには今が旬・・・」

など話したいとおもいます。

会場に海外ツーリング経験者が来ていただいている場合、

援助を頂きながらいっしょに進めていけたらいいなぁ。

これから海外に行く予定の人たちのためにも

質問の時間をたっぷりとって・・・


オートバイだけではなく、歩いての一人旅、自転車の旅、

バックパーカー、アフリカ・トラックツアー、世界船の旅

など・・・みなさんから話を聴けると楽しいですね。


70歳記念・アラビア半島・アラブ首長国連邦・・から
オマーンへ(2014年)転んだら起せないワルキューレ
1500cc・450キロ
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年をふりかえる・・

2016年12月26日 | オートバイひとり旅121ヵ国37万キロ
今年も終わりになりますね、
更新できずにすみません。




この一年振りかえってみました。

①1月30日 目黒区民会館・・東京海外旅行研究会

②2月17日 オマーン大使館・・日本オマーン協会

③4月3日  四国高松「アイパル香川」香川海外ツーリング協会

④4月23日 中国・広州 「1874」

⑤6月3・4・5日 海外フェスタ 原宿・竹下通り

⑥10月15日富山・高岡市北陸二輪協会

⑦11月19日佐賀・鹿島実業高校90周年記念講演

⑧12月2・3・4・5 台湾ツーリング10名

⑨12月15日静岡・浜松グランドホテル・浜松南ロータリークラブ主催

走り残したエリア・・東南アジアだけになりました。
早いうちに走ってみたいです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オートバイひとり旅・モスクワ~シベリア横断~サハリン・一万キロ  自宅に戻る 10

2016年10月03日 | オートバイひとり旅121ヵ国37万キロ





9月10日木曜
きょうも古川さんの後ろについて走り、旭川を過ぎて小学校の跡地ゲストハウス「雪月花廊」に泊まる


9月11日金曜
前日に続き連泊する。古川さんは新たな目的地南に向かい大塚さんも自分の目的地北に向かって走り出すのでここで別れることになる。
ここまで案内していただき、古川昭夫さんお世話になりました。ありがとうございました。


9月12日土曜
きょうは行けるところまで走ろう・・青函連絡船に乗って青森まで来た。泊まったことのある健康ランドはいっぱい、市内のホテル、
3,4軒当たってみたがどこも満杯・・何か行事でもあるのかな。

仕方ない、高いと思われるJAL系ホテル・・ここしか空いてなかったので泊まることになった。

9月13日日曜
東北高速を走り・・仙台市内に入って駅前のホテルに泊まる。初めて仙台の中心アーケード商店街を歩いてみる。イベントもやって
いて通りには人が多い。さすがだと思う。

9月14日月曜
東北高速道路、サービスエリアで泊まる






自宅についた
9月15日火曜
日本・さいたま市役所前に12時20分頃到着した。市役所玄関前には、ろうあ者の仲間、オートバイ仲間、相模のコンさんをはじめ
蘭丸さん・・さいたまパソコン同好会の仲間、別所沼公園の仲間、

なんとパキスタン、フンザ、カリマバードでお会いした三重県からの女性など・・・3,40人人たちが出迎えに来ていただいていた。


手づくり歓迎のぼり旗はろうあ者の人たち持ってきていただいていた。ほんとありがとうございます。


オートバイを玄関前に止めることができたのは市役所側のご配慮に感謝したい。ありがとうございました。朝日、読売、さいたま新聞
三社の記者取材を終えてからわたしの家に移動して帰国報告会を行った。


無事に帰って来ることができました。

70歳過ぎたのを記念に今回の旅は2014年2月から2015年9月まで約1年7カ月だった。自分でもよく走ってきたものだと思
います。

出迎えに来ていただきみなさんありがとうございました。


また、これまで日本で応援して励ましていただいたことに感謝いたします。ありがとうございました。


これまで走った距離(メーター1個目282829km+91826km)374755㎞(2015年9月15日現在)


訪問した国121か国・・オートバイで走った国111か国になりました。






これからは残りの東南アジアを機会を見つけて走りたいと考えていますが・・

こっちも、いつになるのかわかりませんが大まかな15年間のことを簡単にまとめてブログに乗せたいと考えていす。

これまでブログ見ていただきありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加