べに丸日記

二胡とテニスに明け暮れる、熟年主婦の明るい毎日

涼しくなったら

2016年06月26日 | 日常生活

毎年同じことを言っているのである。

  「また苦手な夏が来るんだなあ」

ちょっと動いただけで汗みずくになり、庭に出たとたん蚊に襲われる。
食事の支度が「30度を超す暑さの中でストーブを焚く」に等しい過酷な
労働だということ、誰もわかっちゃくれない。

エアコンのない寝室は、扇風機をガンガン回したところで焼け石に水。
外出先の建物や乗り物の中はキンキンに冷えているけれど、外気温
との
あまりの落差に体がついて行かない。

とにかく生きているのがやっと、の状態に陥る私。それでも最低限の
日常仕事を
片づけなくてはならない主婦の私。

何とか生き延びるつもりではありますが…



 

コメント

二胡…どうする?

2016年06月23日 | 二胡

私が二胡を習っている先生は、ここ最近とみにお忙しい。そもそも
日本にいらっしゃらない。海外での演奏活動やレコーディングが
重なって、レッスンは月に一回を確保するのも大変という状況。

今年はついに、秋までレッスンはお休み!となってしまった。
レッスンがあろうがなかろうが自宅で練習に励み、再開した暁に
その成果を
先生に見てもらうぞ、という情熱でもあればいいんだけど。

もともと練習大好きとは到底言えない私の場合、締め切りがなく
なったに等しい環境で、モチベーションをどう保てばいいのだろう?

   ********

まあ、考え方次第かな。これまでだって、私の方のいろんな事情で
何か月も休んでしまったことがある。その都度復帰して、何もなかった
かのような顔をしてレッスンを続けていけているんだものね。

悩むほどのことではない……はず。


 

コメント

チャイルドシート

2016年06月22日 | 日常生活

チャイルドシートの安全性や使用性をテストした検証結果がJAFの会報に
掲載されていた。国土交通省と自動車事故対策機構が毎年行っている
アセスメントである。

時速55キロで走行中に前面衝突をしたという想定のテストで、その際
シートに乗せたダミーが受ける衝撃や動きなどから 安全性を判定した
という。

読んでちょっと驚いたのは、「優」や「良」に混じって、総合評価欄に
「推奨
せず」と書かれている製品があったこと。へぇ~、こんな評価の
書き方をされちゃうんだ。

もちろん、すべての試験対象は国の安全基準にちゃんと適合している
ものばかり。より厳しいテストに対しての評価だということは分かるけど
やっぱり推奨されない製品は買いたくないかも。

  **************

ちなみに、我が家の小さな車にも、孫タロウのためのチャイルドシートが
かなりのスペースを占領している。さて、その評価はどのくらい…?

残念、娘夫婦が購入したのは今回のテスト対象にはなっていませんでした。
大丈夫よね。

コメント

母の声

2016年06月19日 | 母と伯母

「お母さんの声を、どこかに録音してあったりしない?」

母が亡くなって2,3か月たった頃、妹からかかってきた電話。
あるとすれば、留守番電話に母の声が残っているかどうかってこと
ぐらいだけど。

残念ながら、全部消去してしまっている。保存しておけばよかったなあ。
遅ればせながら、携帯電話に残された母からのメール---ひらがな
オンリーのね----のいくつかは消えないように保護してみたけど。

声も残しておけばよかった、としみじみ残念に思ったのである。

    ***********

ところが先日のこと、思いもかけないところで母の声を発見した。
何と伯母の携帯
電話の中! 伯母のホームを訪ね、そこから母に
電話したとき、
何かの拍子にレコーダー機能が働いたのだろう。

伯母と母とのやりとりがそっくり録音されていた。妹に伝えると大喜び。
彼女も伯母のホームで確認したという。永久保存だね、と二人で笑った。

  

コメント (2)

コメントの作法

2016年06月18日 | ブログめぐり

数年前のこと、この『べに丸日記』を読んでくれていた知人から言われて
ショックを受けた言葉がある。

  「べに丸さん、いろんなことを頑張ってやっている様子は
  よくわかるけど、ひょっとして自慢してる? 気をつけないと
  読む人の神経を逆なでしちゃうかもよ」

顔の見える相手からの直接の辛口助言に一瞬だけムッとしたけど、なるほど、
そういう風に読まれる可能性もあるのね、
と半ば納得したのであった。

書いた文章は、公開した途端に読み手のものになる。本人の意図しない
ところで誤解や、場合によっては曲解されてしまうことがあるに違いない。
善意の読み手ばかりではないからねぇ。

なぜこんなことを思い出したかというと、話は少しずれるのだが……

   *************

いつも読んでいる複数のブログに、期せずして立て続けに乱暴なコメントが
寄せられたことがあったのだ。ブログの文章を読み間違えての見当はずれな
攻撃。あるいは
批判すべき相手は別のところにいるのにお門違いな非難。
内容が短絡的なら
言葉遣いも無礼。

共感する人はいないにしても、あまり愉快ではない。まして、コメントのターゲット
になったブログ主さんの波立つ気持ちは想像出来る。

仮にも訂正とか反論などのコメントをするときは、嫌味にならない程度に「慎重
かつ丁寧」を心がけるべきなんじゃないかなあ。

  ****************

それにしても、これらの不愉快なコメントに対して、あるブログはやんわりと
受け流し、また別のブログは毅然とした態度で受けて立つ…それぞれに
すごい、と感心したので
ありました。

 

コメント