べに丸日記

二胡とテニスに明け暮れる、熟年主婦の明るい毎日

親切ね

2017年02月19日 | 日常生活

市役所へ市県民税の申告に行ってきた。昨年支払った医療費と
生命保険料を
もとに控除を受けるためだ。払うべき税金はきっちり
払うけれど、
払い過ぎは断じていやだもん。

受付の職員男性は、申告用紙を見ながら何やらパシャパシャと計算。

   「わずかですけど、所得税が戻りますよ」

えっ、そうなの? 年金収入のみ、しかも400万円以下だから申告は
不要だと決め込んでいた。というより、住民税と所得税の両方で控除が
受けられることを知らなかったのだ。ずーっと年末調整にお任せ、という
サラリーマン家庭で暮らしていたから、分からないことが多すぎる。

窓口の若い職員は、所得税の方で申告をすれば住民税の申告は
不要になることも教えてくれた。よし、来年からはダメもとで所得税の
申告書を作ってみることにしよう。

地方税の窓口が国税の還付の情報まで教えてくれるなんて、とても
親切なことだわと思ったけれど、これって当たり前の仕事のうちなの
かな?

コメント (1)

建国記念の日

2017年02月15日 | 日常生活

新聞の校閲担当者が不定期に執筆するコラムが面白い。2,3日前の
記事には、「建国記念日」ではなく「建国記念の日」とする理由が載っていた。

戦前の紀元節2月11日をスライドさせて、建国記念の日と法律で定めた
わけだが、この日が神武天皇の即位した日であるというのは正確な史実
ではない。だから、そのまま建国記念日とするわけにはいかなかったと
いうことらしい。
あくまでも「日本国が建国されたことを記念する日」の意味
「建国記念の日」と呼ぶことにしたんですって。

これ、当然の常識で、私が物知らずだったのかな。夫はちゃんと説明
できたし。

国体に関係する祝日としては「憲法記念日」と「天皇誕生日」があるけれど、
こっちには「の」が入っていない。なるほど、日にちがはっきりわかっている
から
なのね。

コメント

黄山二胡楽団コンサート

2017年02月12日 | 二胡

なぜに木更津なんだろう。遠いわ~。と思いながらも行ってきたのである。
甘建民氏が主宰するアマチュア二胡楽団の小さな演奏会。

木更津イオンモールのオープンスペースでのミニコンサートは、カジュアルで
楽しい演奏会だった。素敵にアレンジされた二胡の合奏は実に聴きごたえが
ある。メンバーは全員アマチュアだけれど、かなりのレベルの演奏技術を
持つ人たちばかりだということはすぐに分かった。

レパートリーの多さにもびっくりする。各40分ずつの第一部と第二部の曲目が
まったくかぶらないのだから。「二泉映月」「菊花台」「光明行」などの中国曲、
「カノン」「Time to say good bye」などの洋楽、そして「いつも何度でも」
「島の風」「荒城の月」などの日本の曲まで自由自在。

たぶん予期していなかったであろうアンコールのリクエストに応えて「花は咲く」
をサラリと弾いてみせる心憎さ。3月に予定されている「楽団」のファースト
コンサートが
とても楽しみです。

 


楽団主宰者の甘建民氏



コメント (4)

夫の自粛

2017年02月08日 | 家族

「ボールが二つ見えるんだよね。ラインも二股に分かれて見える」

ゲームを途中で切り上げてテニスクラブから帰宅した夫の眼の状態が
心配。眼科の診断もはっきりせず、一か月後に再受診してから脳の
検査の要不要を決めると言う。

娘も気にかかるらしく 「タロウを頼むのはしばらく遠慮するね。いつ
だったか、お父さんコートで転んだって言ってたけど関係ないかな」
という
メールを寄越した。さすが、父親思いの娘、ちゃんと覚えている
んだ。

私はすっかり忘れていた。確かにテニスコートでひっくり返って脳震盪
状態になったことがあったっけ。1年半前のことだから後遺症が出る
には
時間が経ちすぎている気もするけれど。

とにかく、夫は今から1ヶ月間テニスも車の運転も自粛である。できる
のは
せいぜいウォーキングくらいかな。在宅が増えるねぇ。ちょっと
うっとうしいかも。

コメント (2)

喉元過ぎれば

2017年02月06日 | 家族

月曜日の朝、夫は浮かない顔である。当然だ。歯肉に膿がたまってしまって
歯を嚙み合わせることさえできないのだから。何も食べられないと言いながらも、
ヨーグルトとおろしリンゴの朝食をとり、いつも診てもらっている歯科医院へ
出かけて行った。

帰宅した夫は思いのほか元気になっていた。歯の疾患は、当面の痛みが
去ってしまえば 取りあえずあとを引くこともなく、ダメージから立ち直りやすい
のだろう。

「テニスに行こうかな」と言い出したから、思わず彼の顔を見る。ショボクレきって
いた前日の面影はもはや見当たらない。喉元過ぎれば何とやら、はこのことね。

でも、昨日の今日だからなあ。夕食は柔らかいものにしよう。白身の煮魚、湯豆腐、
里芋の白煮。白いものばっかり。しかもあんまり力が出そうにない食材だけど。

コメント