智を開く

本当の「生きる力」を求めて…

感謝

2016-10-12 11:57:24 | 29年度小学校受験

受験生保護者の方々から天井に届きそうなほど大きくて立派なお花をいただきました。
ありがとうございました。

今年の受験は、年長さん全員が第一志望校に1回目入試で合格という素晴らしい結果に終わりました。
これは、決して私一人の力では成し得ないことです。
子どもたち自身の努力はもちろんのこと、保護者の方々のご理解とご協力、そして何より信頼関係なくしては達成できないことです。
それが小学校受験というものです。

過去、「アヤアカデミー生合格率100%!」という実績が途絶えた時がありました。
結局、公立小学校に進学したそのお子さんは、「なんでぼくだけかいちにいけないの?」と泣きました。
ごめんね、先生の力不足だった。
なぜもっと両親にどんどん踏み込んでいかなかったのか…
どこかに遠慮があったのではないか…
もっともっと本音でガンガン突っ込んでいくべきではなかったのか…
その時、私は大きな大きな後悔を経験しました。

それ以来、もう二度とそのようなお子さんを出さない!二度と泣かせるようなことはしない!と心に誓いました。
どんなに「鬼」と思われようと「悪魔」と思われようと構わない。
最後の最後に子どもたちや保護者の方たちを「笑顔」にするため、ガチで保護者と接することをその時決意したのです。
もちろん、子どもたちに対しても「子どもだから…」などという感覚は全くなく、一人の「人間」として接します。
幼稚園児と言えど、甘え、ごまかし、言い訳、責任転嫁…許しません。
だって、自分の子どもだったらそうするから…
子どもたちを我が子だと思っているから…

でも、それとて、お子さまを預けてくださるママやパパとの信頼関係なくしてはできないことです。
今回の全員合格も保護者の方々の理解と協力の賜物です。
感謝するのはこちらほうです。
本当にありがとうございました。

 

ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 募集終了です | トップ | 第2回目入試またまた全員合... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。