阿波地域住民自治協議会

~住めば都:山里プラン~ 淀川の源流からの情報発信です

『議会報告会開催(周辺地域の底上げを。 自治センター化を急げ。)』

2016年07月26日 | Weblog
 22日(金)午後7時30分から近森・森・福岡・市川の4市議による「議会報告会」が開催され、地域から20名が出席した。
まず、6月議会で議決の補正予算関係や空き家に関する条例改正などの説明を受けた。
 その後、当報告会の事前テーマに次の3点について活発な意見交換が行われた。
 ①阿波診療所について
  ・27年度国保直営診療所会計で歳入不足(赤字)分を翌年度予算として補正としているが、阿波診療所は、へき地診療所として国庫補助等により収入不足により云々との考えは無い。ご安心ください。将来の医師確保の方が問題となるかも分からない。


 
 ②地域づくり・まちづくりへの議会の認識は・・・
  ・地域振興予算の段階的削減により、地域振興イベントの継続が難しくなる。また、観光振興に於いても、事務局すら設置が無理となっている。地域に、お金が廻ってこない。
   また、自治協の活動財源の地域包括交付金に於いては、人口割合が多くなっている。片や、伊賀線の公有民営化や庁舎関連に終始しているが、地域の底上げが必要ではないか。地域の不公平感を抑えられない。
   これらに対し、今後議会で考え方を聞くとした。



 ③自治センター化が、停滞しているが・・・・
  ・市民センターを自治協の指定管理化により、自治協の成熟した活動を期待やセンター職員の自治協事務局との兼任では、前者の仕事割合が少ないが、給与は全額センター職員として支給している矛盾に他所では訴訟も起きているとして、自治センター化の早期必要性を説いたものの、現在動きが全く無い。当自治協は、これに対し法人化を加え早期のセンター化を望んでいる。
   加えて、諸証明書発行機の老朽化と代替機が無いことから、発行機の使用不可と同時に『取次』とするとのこと。平均1日1件を利用のサービスを、「ある日突然受けら無くなる。」事前の説明や周知を望む。
   これにより、発行業務を担当の市民センター職員の必要性が無くなるので、より一層自治センター化を望む。
   これに対し、各自治協で温度差がある。行政は、全自治協同時移行の考えで、上野地域の自治協の足並みが揃わないと困難と考えているとした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【アマゴ 240匹・ソーメン 10kg  120人で無くなりました】

2016年07月19日 | 28年度
 17日(日) 天候はどんよりと降って来そう。「川遊び会」の会場を例年の「かえで渓谷」から「さるびの温泉」に変更し開催しました。
 空模様を気にしながらの受付。沢山の参加者がバケツやタモを準備しゾクゾクと受付へ。
「川の方が、子供が喜ぶと思いますが・・・・」「やっぱり、川でして欲しかった」よく分かりますが、「雨が一度降れば会場整備が振り出しに戻りますので・・・」。一人2匹の引換券と班分け用のリボンを受付で受取り、予定の120名(アマゴ引換券240匹)に達したところで受付終了し、リボンの色別にアマゴ掴みです。20分程度で次の班と交代し、塩焼を味わい、次に長さ約20mの竹樋で流しソーメン。順調に4班が「魚掴み」「塩焼き」「流しソーメン」の順に楽しんで頂きました。120人でアマゴ240匹・ソーメン約10kgが全て無くなりました。スタッフは、終了後にささやかに反省会を催した。
 参加の皆さん・スタッフの皆さん、お疲れさんでした。

〇ボチボチ焼き掛けましょうか。

〇参加の方が、ゾクゾクと・・

〇さぁ~。掴みましょう

〇次の班と交代してください。

〇【塩焼き】です。引換券と交換です。

〇美味しいですか。



〇まだまだ、アマゴは残っていますよ。


〇塩焼きが済めば、流しソーメン

〇もう魚は、どうでもいい。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【川あそび会の会場を変更します】

2016年07月14日 | 28年度
 『ふれあい川遊び会』を17日(日)に開催予定ですが、このところの気まぐれ天気のため、前日までの大雨や当日の天気模様が大変心配です。
 関係者により相談し、会場を「さるびの温泉」に変更し開催することとしました。自然の川の楽しさが体験できませんが、少々の雨でも魚掴みや塩焼きそして流しソーメンは、充分楽しんで頂けます。
 14日(木)の朝から「さるびの温泉」施設内の人口の小川の掃除と、ソーメン流しの竹樋の仮設置など準備を実施しました。

〇流しソーメン用の樋の仮設置


〇魚掴み場の清掃
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【準備が着々と 「こんなところで、どぅや?」】

2016年07月11日 | 28年度
17日(日)に開催の【ふれあい川あそび会】の参加申込が、着々と連絡を受けています。
 9日(土)は、朝からの大雨の中でしたが、前日に切って来た竹で「ソーメン流し」に使うトユ・ツユ入れ・箸と「魚塩焼き用」の串を制作しました。
 「箸は、何膳用意したらえぇんやぁ~」「竹串は、何本やぁ~」「約120人分は、出来てるなぁ」「もう、ここらでえぇとしよう。腹減った」「さぁ。片付けよっと」こんなことで、準備が整いつつあります。

● 太い竹を割ってトユ作りです。(ここは、名工にお任せ)




● 割った竹の節を削ります。



● 箸と串づくり(名工で無くともできます。(来年は、参加者に箸や串づくりの体験としようか。)


● トユの出来上がり(約6mtが4本)


● 箸、串、つゆ入れ 多数出来ました。(何本出来たでしょう? 数えてみなきぁ 分かりません。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【使うことが無いに限らんが、・・・・・】

2016年06月20日 | 28年度
防災安全部会では、19日(日)の午前中に各地区公民館に配備のMCA無線機の取扱を伊賀市総合危機管理室により研修を受けた。
各地区から2~3名と防災安全部会委員など23名が受講した。地震や大雨で孤立した場合に携帯電話などの使用が制限されたとき、各地区と市民センター・各地区間の情報伝達に備えた。その後、それぞれの公民館と市民センターの間で交信し電波状況を確認した。

  




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ふれあい川遊び】参加者を募集します。(魚掴みや流しソーメン)

2016年06月15日 | 28年度
親子で「川さかな掴み」や「塩焼き」そして「流しソーメン」を楽しみませんか。
実施日・申込先など詳しくは、下の画像をクリックして確認してください。(チラシが大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第9回目の熊野古道歩こう会。来年10回が最後か?

2016年06月13日 | 28年度
第9回目の熊野古道歩こう会が6月12日に、大山田地区から76名(内阿波地区20名)が参加し浜街道約6Kmを楽しんだ。美浜町役場から七里ガ浜の防潮林・防風林に整備の3Kmと国道沿いに紀宝町うみがめ公演まで平坦なコースでした。
梅雨空の中、昼食までは傘無しでしたが、昼過ぎから傘が必要でした。全員無事帰宅。
 次回の10回は、速玉神社までのコースを予定し、一応切りとしたいとのことです。
 ➀誰もが気軽に歩けるコース。 ②日帰りが可能なコース。2つの条件でのコースを10回を掛けて踏破ということです。

●御浜町役場で準備体操
  

●アッ!イタタッ!!(これからですよ)


●楽チン 楽チン


●砂浜は、歩き難いなぁ~


●何が無くとも、熊野古道弁当(さんま寿司・めはり寿司 その他・・・・カメラに収めるまでに、気が付けば全部お腹の中でした。)


●午後のスタート 降って来ましたなぁ~


●蒸すなぁ~ 一服・一服


●雨が上がり、さぁ出発


●梅雨やなぁ~。また降って来ました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【阿波地内某所の保護活動地のササユリ】

2016年06月10日 | 27年度
 今年も咲いていました。
 何処でしょうか。
 ナイショです。

 

 

 

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月議会が始まれば・・・・

2016年06月09日 | 28年度
 6月議会の開会かぁ~。
 あっ! いつもの通り、新聞紙を巻いた物を片手に来所。
 待ってました。ありがとう。
 【伊賀市の花】の保護活動を自宅周辺で永年されている方からの贈り物です。
 本来の伊賀流忍者からかけ離れた姿の忍者をアピールすることや現市役所跡地へのエネルギーより、脈々とその姿や香りを保護することの苦労を「伊賀市の花」と制定していることに議会や行政が分かって欲しいものだなぁ~。

●伊賀市の花です。この香りは、議会や行政に届く事は無いでしょう。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「あわてんぼう」周辺の草刈

2016年06月06日 | 28年度
 4日(土)の午前中、環境保全部会と他の部会そして「あわてんぼう」の総勢17名により、グラウンドや「あわてんぼう」周辺の除草と樹木の選定作業を実施しました。
 時節柄、雑草が生い茂った土手など短時間で作業を終え、「さっぱりしたなぁ~」でした。同時に、芋を植える予定でしたが苗の入荷が間に合わず植える準備を整え入荷待ちとした。

●「なかなか、よう生えてるなぁ~」



●「○○さん所有林の堆肥とするので、トラックへ刈草を摘んでくださいj「刈草処理が時間が掛かりますなぁから」




●「事務局のミスで芋苗が届いていない」「マルチを伏せて置いて」



コメント
この記事をはてなブックマークに追加