全トヨタ労働組合(ATU)

トヨタ自動車および関連企業で働くあらゆる雇用形態・職種の労働者の企業横断型労働組合です。世界のトヨタの労働者との連帯を!

(株)デンソーと春季団体交渉

2017年03月10日 10時47分59秒 | デンソー
デンソー本社

 株式会社デンソーと3月9日(木)刈谷市内にて、第1回春季要求団体交渉を開催しました。双方とも5名出席のもと2017年度賃金引上げ・一時金等の要求を提出しました。
 最初に組合側から、要求書の説明と背景となる理論説明が行われました。具体的には賃金引上げは、定期昇給・ベースアップ・格差是正を柱に24,000円を個人別要求としました。一時金については、年間新基準内賃金の8ヵ月を要求しました。その他の要求として、職能資格の引き上げ、定年後再雇用者の賃金・一時金を一般組合員の交渉結果に連動して引き上げること。期間従業員の日給一律500円引き上げ正規社員との格差を是正すること。さらにパワハラ・セクハラ・モラハラの防止対策について説明を求めました。次回交渉は一週間以内に開催するよう申し入れました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

トヨタ二次下請け企業労働者の労災認定裁判高裁逆転勝利『確定』しました

2017年03月10日 10時28分50秒 | トヨタ自動車


ご支援ありがとうございました
 トヨタ直系の二次下請け会社(テー・エス・シー)の労働者が過労死したのは労働災害であるとして、認定を求めた判決が名古屋高等裁判所であり、一審での判決を破棄し、半田労基署の不支給決定を取り消し労働災害と認めるよう決定が2月23日出されていましたが、3月9日厚生労働省は最高裁に上告しないことを決定したことで、労働災害として認定が確定しました。

 彼は100時間近い残業と東日本大震災後のトヨタの変則カレンダー(休日の土日から木金への変更)によって生活をズタズタにされ、過労に陥り心臓疾患で急死しました。ところが労災認定を求めた名古屋地裁は「残業は85時間で労災認定基準に達していない」との冷酷な一言で遺族の請求を棄却したため、遺族が名古屋高裁に控訴していました。
今回の判決は、現在国会で検討されている残業時間上限100時間とする政府案を根本的に覆すものです。あってはならない「過労死」を国が容認することになれば、1昨年に制定された「過労死防止等対策法」が絵に描いた餅になりかねません。
 「企業栄えて、民(労働者)滅ぶ」そんな社会は根本的に間違っていると思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トヨタ二次下請け企業労働者の労災認定裁判高裁逆転勝利

2017年02月23日 20時44分10秒 | トヨタ自動車


 本日2月23日11時10分から、トヨタ直系の二次下請け会社(テー・エス・シー)の労働者が過労死したのは労働災害であるとして、認定を求めた判決が名古屋高等裁判所であり、一審での判決を破棄し、半田労基署の不支給決定を取り消し労働災害と認めるよう決定が出されました。

 彼は100時間近い残業と東日本大震災後のトヨタの変則カレンダー(休日の土日から木金への変更)によって生活をズタズタにされ、過労に陥り心臓疾患で急死しました。ところが労災認定を求めた名古屋地裁は「残業は85時間で労災認定基準に達していない」との冷酷な一言で遺族の請求を棄却したため、遺族が名古屋高裁に控訴していました。
 高裁の判断は、カロウシライン100時間に達していなくても、心臓疾患を持っていた彼にとって、業務量つまり過重な労働が負担となって過労死に至ったことを判断したのです。労災保険の趣旨を酌んだ判断だったと思います。
 働き方の改革が議論されている中での判決であり、政労使は残業時間を限りなくゼロにしていく覚悟をもって法整備をしていただきたい。

トヨタ社員労働者の労災認定裁判

合わせて、トヨタ社員労働者の労災認定裁判が名古屋地裁で1月30日にありました。
 今回は第8回の口頭弁論が行われました。原告側から準備書面6・7号証を提出しました。主な内容は以下のごとくです。
【6号証】
原告は、訴状及び準備書面において、訴外トヨタ自動車株式会社が採用する,いわゆる「トヨタ生産方式」(TPS)の下で、被災者が高密度で過重な労働に従事してきたことを主張しました。
そこで、本準書面では、猿田正機氏の意見書等(甲A29~甲A36)を基に、トヨタ生産方式及びトヨタの人事管理・労使関係を概説して、それらにより、トヨタで働く労働者に密度が濃い労働がもたらされることを明らかにしています。
 被告側の反論は5・6・7号証に対して、「一般的なことであり反論するまでもない」と結論づけました。それに対して裁判長から「そうは言うものの全く反論しないのは問題ではないか」といった趣旨のことがあり次回裁判まで反論することになりました。
 被告側の姿勢を見ていると、どうもトヨタ自動車が資料等の要請に非協力的(業務内容を知られたくない)であるために反論のしょうがないように思われます。
次回の裁判は4月19日(水)午前11時からです。傍聴よろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トヨタ社員の労災認定裁判近ずく

2017年01月19日 15時16分19秒 | トヨタ自動車


トヨタ社員の労災認定裁判にご支援をお願いします。
 新年を迎えて最初の裁判になりますが、1月30日(月)10時10分から名古屋地裁1103号法廷で第8回の口頭弁論が行われます。
2015年7月10日 国を相手に名古屋地方裁判所へ労働災害認定請求提訴をしましたから2年目に入っています。まだ今のところ双方から口頭弁論が繰り返されている段階ですが、もっともっと世論を味方につけて闘っていかなければと思います。原告はしんどいと思いますが、支援する会が支えていきますのでご支援のほどをよろしくお願いいたします。

支援する会の会員を募っていますので下記を印刷して、郵送で送って下さい。

支援する会への入会をお願いします
会 則  トヨタ社員労災認定裁判を支援する会(チームさつき) 
1.この会は トヨタ社員労災認定裁判を支援する会(チームさつき)とします。
2.この会は、トヨタ社員Kさんの労災を認めさせるために支援することを目的とします。
3.この会は、上記2の目的を達成するために必要な支援活動を行います。
4.この会は、会の目的に賛同する個人・団体で構成されます。
5.この会は、年に1回総会を開き、必要に応じ臨時総会を開くことができます。
  総会は、活動の総括・会計報告・活動方針・役員人事・会則改訂などを決定します。
6.この会の役員は、会長・副会長・事務局長・会計とします。
(1)会  長:会を代表する1名。
(2)副 会 長:会長を補佐・代行する1名。
7.事務局会議:役員・事務局員(事務局員若干名)で構成します。
8.この会には会計監査をおき、会計監査は役員以外とします。
9.この会の役員の任期は、総会から次回総会までとします。
10.この会の財政は、会費とカンパで運営します。
  会費は年会費個人1000円・団体3000円とします。カンパは随時お受けいたします。
11.この会の事務所はNPO愛知健康センターにおきます。
 〒456-0006 名古屋市熱田区沢下町9の3 労働会館本館306号愛知健康センター内
  電話:052-883-6966 FAX:052-883-6983 E-mail:inoken-aichi@roren.net
  電話:080-1611-4422(若月)
12.この会則は 2016年7月4日から実施します。

________________________________________
トヨタ社員労災認定裁判を支援する会(チームさつき)入会申込書
支援する会の会則・趣旨に賛同し、会費を添えて入会を申し込みます。

          年     月    日
氏 名                 

住 所 〒                                         

電話番号              電子メール                        

入会金 個人・団体        円  カンパ       円

________________________________________
領 収 書        チームさつき会費として領収しました。
         年    月    日
       円             受領者名        
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年もよろしくお願いいたします

2017年01月06日 16時33分23秒 | 組合創立10周年


新年あけましておめでとうございます。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

「一人はみんなのために、みんなは一人のために」を理念に
今年も労働者を守る労働組合として存在感を発揮していきます。
全トヨタ労働組合
コメント (27)
この記事をはてなブックマークに追加

ATU創立10周年に寄せてパート2

2016年12月28日 19時31分08秒 | 組合創立10周年


トヨタ自動車過労死遺族の 内野さんから寄せていただきました。

「対外的な視野をもつ貴重な労働組合」

10周年おめでとうございます。
もう10年経つのですね。壮大な目標に向かってATUが設立された10年前の2006年を思い出すと、それは私にとって最悪な年でした。
 夫が2002年にトヨタ自動車の堤工場で過労死で亡くなったのにも関わらず、その過重労働やカイゼン活動が認められず、労災認定を求めて名古屋地裁に行政訴訟を起こしていた最中でした。しかも、2005年秋から2006年春にかけて祖父母と母が亡くなり、悲しみの中で混乱した親戚の支援も受けられない中、暗いトンネルを手探りで進んでいました。そんな中、健康センター、家族会、支援の会、うたごえのみなさんに続いて応援して下さったのがATUの皆様でした。
 トヨタ関連の組合が2つありましたが、労働環境を中から変えようとする組合と、外から変えようとする組合で、前者は取り合ってもらえなかったので、ATUは後者と理解して支援をいただき、おかげさまで2007年に勝訴しました。
 署名や傍聴応援はもちろん助かりましたが、私の裁判の場合は「トヨタ自動車」という会社の名前が大きいので、様々な取材や依頼が舞い込んできました。私は遺族としての意見は言えますが、会社の状況や労働環境などは分かりません。そんな時は、ATUのように外に門戸を解放している組合がとてもありがたく、いつも委員長さんに繋ぐことができ、とても助かりました。
 特に、外国特派員協会の記者会見は判決直後で大混乱の中、その意義も分からず準備もできない精神状態で行う事になり、思い返したくないほど恥ずかしい状況でしたが、労働組合として一緒に行動して下さり、とても心強かったことが思い出されます。
 ATUは会社の内外や日本に留まらず、世界に発信できるパイプを持つ意義ある労働組合でとても貴重だと思います。トヨタの研究者の方々も在籍しています。今後も、個人加盟の労働者など支援のない方にとっても強い味方ですので、その意義ある活動を継続していただきたいと思います。本当にありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ATU創立10周年に寄せてパート1

2016年12月24日 19時00分09秒 | 組合創立10周年
東海道池鯉鮒付近の冬囲い

西三河地域労働組合総連合 足立議長より寄せていただきました。

全トヨタ労働組合(ATU)の結成10周年にお祝いの言葉を贈ります。
 この組合を立ち上げることになったのは,ある若い一人の労働者の過労死事件からだそうです。既存のトヨタ自動車労働組合は,組合員である,一人の労働者の命をも守る組織ではなかった。ましてやこの事件をきっかけに企業としてのトヨタ自動車の働かせ方を経営者に問うことはなかった。ここから企業・経営者と闘う,本来の労働組合の誕生を求める声が当然のごとく生まれたのでしょう。
 今現在,日本の労働者の働き方を見てみると,今までの企業・経営者と立ち向かってきた労働組合の姿勢というものが決定的な影響を与えてきた,ということがよく分かります。大企業のなかの御用組合は,本来の労働組合としての役目を果たしてこなかったからです。同一労働同一賃金という原則,均等待遇という原則,そして労働者の安全配慮義務に対して真剣に向き合って,労働者の権利を守ってきたという形跡はありません。そして何よりも同じ仲間の組合員に対して支援の手をどれだけ差し向けてきたというのでしょうか?
 資本に迎合することなく,どこまでも資本と対等の立場から労働者の権利を主張することこそが本来の労働組合のあるべき姿といえるでしょう。そのために団結権や団体行動権を憲法が保障しているのです。
 闘う労働組合としての全トヨタ労働組合の活動は西三河地域労働組合総連合においても誇りに思える存在だと思っています。一人の労働者が抱えることになった問題を労働者全体の問題としてとらえ,相談にのり,いろんな形で支援を続けていくという姿勢は労働組合の本来の姿だと思っています。
 私が西三労連議長として関わって印象のある裁判は,アイシン機工の吉田裁判であります。私もこの裁判でいろんな勉強をさせてもらいました。公務員であり教職員であった私には教科書の中の世界であったものが,初めて現実に痛みを感じかつ喜びを感じることになった良き教材でありました。
 労働者を取り巻く日本の状況はますます悪化していくように思われます。我々一人ひとりの労働者が創り出した富が一部の富裕層にかすめ取られ,大部分の労働者・国民はわずかばかりのお情けを恵んでもらっている有様であります。この状況を少しで改善の方向に向かせられるのは,我々一人ひとりの労働者であり,国民であります。未組織の労働者に働きかけ,ともに闘う労働組合員を一人でも多く増やすことが,労働組合に課せられた課題であります。私が日ごろ心がけている標語は,「運動は決して焦らず,しかし急いで」であります。西三労連の仲間としてともに頑張っていきたいと思います。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大企業と癒着のない労働組合をさがす!寄稿

2016年12月17日 20時34分21秒 | 投稿


トヨタ系で働く労働者からの声

私はATUと出会い1年が経とうとしています。
長年にわたり、職場問題で苦しんでいました。
パワハラ 、セクハラ、労災隠しです。
 これまで沢山の弁護士、相談所、政治団体、メデイア、労働団体へ相談しましたが、本気で「大企業」を相手にする協力者は見つかりませんでした。その間、ストレスが蓄積し疲労でいくつもの病気を患いました。
 数年経ち、最後の望みでNPO団体(東京)へ問い合わせをしました。「大企業と癒着のない労働団体は存在するんですか?」と聞くと「ATUを尋ねてください!」と紹介がありました。人を信用できなくなっていましたが、ATUのブログは冷静な判断と、力強さを感じる記事を拝見しました。委員長の写真を見て「この人だ!」、これが、ATUとの出会いです。
 9月25日に開かれた10周年パーティーに参加したのですが、協力団体や支援者の方々とお会いすることができ、更に心強く感じました。相談者同士の交流会も孤独感から解放され心強いです。前向きに考え前進出来ていることは、ATUに出会えた事が、とても大きいです。
何事にも負けないで頑張ります。
 一人で考えていたらなかなか前向きになれませんね。この人のように誰かに聞いてみる意識と行動を起こすまでが大変だと思いますが、気持ちを切り替える心構えが大事だと思います。全トヨタ労働組合は、土日関係なく、いつでもご連絡が取れるようになっています。ぜひ悩んでいる方がいましたら勇気をもってお電話ください。お待ちしています。☎08015568284
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

トヨタ二次下請け企業労働者の労災認定裁判

2016年12月09日 19時44分30秒 | トヨタ自動車

地裁判決後の報告集会

 本日9日10時30分から、トヨタ直系の二次下請け会社(テー・エス・シー)の労働者が過労死して労災認定を求めた裁判が名古屋高等裁判所でありました。今回で原告・国とも弁論は終了して結審となりました。判決は来年の2月23日午後1時10分からです。
 彼は100時間近い残業と東日本大震災後のトヨタの変則カレンダー(休日の土日から木金への変更)によって生活をズタズタにされ、過労に陥り心臓疾患で急死しました。ところが労災認定を求めた名古屋地裁は「残業は85時間で労災認定基準に達していない」との冷酷な一言で遺族の請求を棄却しました。このため遺族は名古屋高裁に控訴していました。
 原告の奥さんは、「夫の働きぶりを知れば知るほどなぜこんなに命を削って働かなければいけなかったのか、怒りがこみ上げてきます。また、夫が懸命に働いた会社の態度には落胆しました。地裁では認めてもらえなかったが、高裁では必ず認めてもらえると信じています」とご主人のご両親ともに心境を語っていました。ATUも加わる西三河地域労働組合が全面支援で闘ってきました。何としても認めさせたいものです。最後まで気を抜かず頑張りましょう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ATU機関紙29号完成

2016年12月06日 12時52分24秒 | 機関紙
ATU機関紙第29号が完成しました。 

配布時期:12月中旬~から順次配布していきます。

配布場所:刈谷駅・トヨタ及び系列等で配布します。


記事内容

① デンソーの再雇用制度の問題

② トヨタ再雇用裁判判決

③ 2017年春闘の取組み

④ 安部政権による労働法制関連

⑤ ATUに寄せられた労働相談  等

ご意見・感想などをお寄せください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加