大阪の弁護士ささきあつしの独り言

もうアラフォーでなくなった、なにわの弁護士のつぶやき集

やりましたね、銅メダル

2016-08-17 21:12:45 | Weblog
昨日は深夜1時すぎまで
リオの卓球みてました。

やりましたね、団体女子銅メダル!

チームワークの勝利でした。

次は男子ですね。
金メダル獲得してほしいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卓球女子、残念でした・・・

2016-08-16 11:51:39 | Weblog
昨日は朝からかぶりつきで
オリンピックの卓球女子団体戦を観戦していました。

最後はいけると思いましたが、
不運もあって、ドイツに惜敗・・・

残念でした。

でもまだ銅メダルの可能性はあります。
次の3位決定戦は是非とも勝利をおさめてほしいです!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リオオリンピック

2016-08-14 15:10:26 | Weblog
リオデジャネイロオリンピックを
昨日、はじめてまともにテレビ観戦しました。

卓球女子団体選。

ポーランドに勝利しました。

が、勝利したことよりも、
試合中、ペアを組んだ福原愛選手と伊藤美誠選手が、
まるで本当の姉妹のように、励まし合い、たたえ合い、フォローし合う様子が
何ともほほえましく、感動しました。

スポーツの感動の仕方って色々あるのだなと思います。

明日、メダルをかけた準決勝です。
見逃せません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自動販売機の故障

2016-08-03 16:21:48 | Weblog
先日、警察署への道中、あまりにも暑くて喉が渇いたので、
自動販売機でジュースを買うべく100円を投入。

ボタンを押したのに、商品が出てこない!

えっ、まじ1?

恥ずかしながら、自販機を(軽く)蹴ってみたが、やはり出てこない。

コインのレバーを回してもコインも出てこない。

たかが100円、されど100円。

そのままあきらめることも考えましたが、
試案の末、やっぱり悔しく、
自販機に張り付けてある業者に連絡しました。

職業柄、「たしかに100円を投入したことを立証してください」と言われるのではと
警戒しましたが、そのようなことも言われず、すんなりと郵送にて返金してくれることになりました。

100円くらいのことで大層やなとは思いましたが、
気分は晴れました、はい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年は猛暑?

2016-07-27 18:59:39 | Weblog
長期予報では今年の夏は猛暑とか言っていましたが、
体感的には今のところそこまでの猛暑に思えません。

暑いといっても33度程度ですし、
なかなか35度越えもありません。

特に朝晩が涼しく、クーラーをつけずに眠れて助かります。

まだまだこれからが夏本番ですが、
暑さ的には楽観視しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弱冷車の確率

2016-07-25 16:52:36 | Weblog
今日も蒸し暑いですね。

最近日中、電車に乗ることが多く、
蒸し風呂のようなホームで、
「さあ、やっとキンキンにクーラーの効いた電車に乗れる!」と思うも、
ようやく到着した電車の車両が「弱冷車」であることが多いです。

案の定、車両に乗り込んでも、期待していたほどの「冷気」を感じることができず、
なんだかちょっと生ぬるい空気の中で佇むことになります。

そんなときは、ホーム上に、「ここに止る車両は弱冷車です」なんて
表示を求めたくもなりますが、女性専用車両の表示と違って、
そこまで重大な問題ではないので仕方がないですね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気楽な今シーズン

2016-07-08 14:19:17 | Weblog
今年の阪神タイガースは開幕当初の勢いはどこへやら、
最下位争いに低迷しています。

とにかく打線が低調で、浮上の兆しがありません。

しかし、その分、すでに私の中での今シーズンは終了しており、
いつもなら、1試合ごとに一喜一憂しなければならないところ、
今年はずいぶんと気が楽です。
負けても負けても悔しくはないのです。

この心境は得難いものです。

7月初旬でこの心境に導いてくれた阪神タイガースに感謝します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飛行機できる幸せ

2016-06-13 22:52:17 | Weblog
小一の子供。
最近またやたらと私に「飛行機して!」とせがんできます。
そう、仰向きになって寝ころび、両手両足で子供を下から支える、あれです。
仕事で疲れて帰っての「飛行機」は本当は気が進まないのですが、
でも、まだ飛行機をせがんでこられるうちが花かなと
気持ちを奮い立たせて、子供のリクエストにこたえてやっています。
そのうち、こっちが飛行機したくでもできなくなるでしょうから。

昔は軽々とできていたのに、今はずしりと重心がかかる子供の成長を感じながら、
今夜も子供を空中高くとばしてやりましょうかね(笑)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ようやくリハビリ終了

2016-05-11 21:56:22 | Weblog
長いゴールデンウィークが終わって今日で3日目。
連休明け初日はめちゃくちゃテンションが低く、出社拒否に近かったのですが、
ようやくもとの生活に戻れた感じです。

次の大型休みはお盆休みですね。

まだまだ先の話です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都ぎらい

2016-04-25 21:58:48 | Weblog
話題の新書、「京都ぎらい」(井上章一著)を読みました。
新書はあまり好きではないのですが、
京都生まれ、京都育ちの(この部分、あとで訂正します)私としては読んでおかねばという義務感にかられて。

京都の嵯峨に生まれ育ち、宇治に在住している著者が
これまで「洛中」の人から受けてきたさまざまな差別的扱いが
ユーモアあふれる筆致で描かれており、
同じ「京都人」として面白かったです。

いや、他人事ではありません。
この本を読んで、今の今まで自分を京都人と思っていた私が、
実は安易に京都人などと称してはならないことに気づかされました。

私も著者と同じく、行政区分上は同じ京都市ではあっても、
洛中の人からみれば、一段も二段もランクが落ちる片田舎
の出目であることに気づかされたのです。

私はこれまでの人生で、著者のように、洛中の人から嫌味を言われた
覚えはありません。
しかしそれは単に洛中の人と接する機会があまりなかっただけのことで、
もし私が洛中の人を前にして、親近感を訴えるべく、
ここぞとばかりに、「私も京都人でして・・・」などと仮に
自己紹介などでもしたら、
言葉にこそ出されないまでも、
「そんなとこ京都と違う。」「あんたは京都人やない。」と
かえって場を白けさせることになるのだということがよくわかりました。
いや、もしかしたら、気づかなかっただけのことで、
そんな場面は今までの私の人生で何度もあったのかもしれません。

そう考えるとゾッとします。

ですので、今後は出身地を聞かれたら、つとめて「京都府」と答えるようにいたします。
(といいつつ、やはり心のどこかで、「京都市」と答えたがっている自分は、
やはり京都ブランドにすがりたいという卑しい人間なのでしょうね)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加