阿蘇365季 by 春雪

春夏秋冬。
四季が流れる一年間。そんな四季を365通り阿蘇に住み感じ見た
一人の冴えないオッサンの阿蘇日記です。

震災から半年。

2016年10月17日 | 日記
暫くブログの方を休んでいました(^^;
何だかんだと色々と細々した用事も含め、遠くなった市内や毎日の山越えの通勤など一つの事に掛ける時間も侮れない相変わらずの南阿蘇での日常を過ごしています。
そんな中で迎えた震災から丸半年。もうそんなに経つのかなぁと思いつつもテレビで見る報道に今尚続く厳しい現状に、改めて今回の震災の大きさを実感します。

南阿蘇。特に以前私の住んでいた地区は道路の復旧は進んでいますが、倒壊した建物はその多くは未だ手付かずの物が多いのが現状です。
統計では南阿蘇村での公費解体の進捗は0との報告もあり、既に解体を終えたものは建物の持ち主による自主解体が大半という事になります・・・・・。
事の詳細は全て把握していませんが、村と解体業者とのコスト面での塩梅が折り合わない為との事で、それじゃ他の自治体はどうしているのか?と素朴な疑問がわきますが・・・・・。
難しい事に、そう言った公費解体を進めるために、被災した建物の持ち主自身が、片付けをしゴミの選別までしてからではないと解体作業を行わないというお達しが村からあったそうです・・・・・。

正直あまり言いたくありませんが、南阿蘇村では大きな負担を被災者に押し付けている格好になってしまっている部分がある様で、もっとどうにかならないか・・・・。
大きな復興への課題がまだまだ山積している様です。

私に方は幸いにも今までの日常に戻りつつあります・・・・・。勿論まだ自分自身するべき事はたくさんありますが(^^;
それはこれから来年に向けて具体的に進めて行く事になりそうです。

さて、半年が経ち阿蘇に住む人達もそれぞれの立場で皆さん頑張っています。

久永屋さん。

休日の一時。時々ですがコチラの方でノンビリとさせて貰ってます。
電車は長陽駅までは通ってませんが、古くからのお客さんを始め多くの人が足を運んでいます。

遊びの跡。

近所の子供たちも遊んでいました。残された線路の玩具が帰りを見送っていました。

ドローン飛行。

丁度、南阿蘇鉄道の撮影で来ていた熊本のテレビ局の撮影でドローンが飛ばされていました。
震災以降、こうした撮影などでドローンが飛ぶ光景を度々目にします。

少しずつですが復興への歩みも進むつつあるようです。しかしまだまだ山積する問題もあり、その道のりは長くなりそうです。
阿蘇や熊本の復興。厳しい事からも決して背を向けることなく、愚直に前だけの気持ちで歩もうと改めて気持ちも新たにした、震災から半年の一時でした。


にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 阿蘇(郡)・阿蘇(市)情報へ


『熊本県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 輝くオリオン。 | トップ | 久し振りの衝動買い(^^; »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL