ホワイトシェパード・アリエスの日々 ≪一雲日記≫

いつまでもどこまでも一緒に歩こう!

雪の節句 いただき写真

2017-03-25 | 9~10歳
今年もガイドさんから120枚もの写真を送って頂きました。ま、何台のカメラがあっても、レンズの先にはアリエスだけどね。



ヤツはちょっと垂れ目だから、笑顔を下から撮るとよけいに・・・


「なにやってんの~」母ちゃんも、いろんな角度からスクープを狙っているのですぞ


私はアリエスと一緒に写ることが少ないので、こうして頂いた写真で、私を見ているアリエスの姿を眺めるととても新鮮だ。一瞬で残ることのない普段のアイコンタクトとして見慣れていたアリエスの目や耳、しっぽ、表情のひとつひとつ。こんなにも柔和で優しく明るい視線の先にいる自分は、しあわせ者だなとつくづく思ってしまった。

私にとって幸福というものは、53kg、大きな耳をした、左耳がぴょこんと垂れた、白い生き物のかたちをしているね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の節句、遠足

2017-03-18 | 9~10歳
 年に一度のスノーシューハイクの遠足は、男子躍動の日。もうかれこれ10年近いおつきあいのガイドさんと父ちゃん、アリエスの3人の、それぞれの絆を雪原で見ることができます。母ちゃんは、腕まくって写真に収めます。



隊長と副隊長、これから歩くルートを相談中


いつものところで休憩


アリエス副隊長は安全確認をしてから


おやつをもらいます。おいしいね~


何事か思案するふたり


顔が出せないのが残念なほど笑ってます


こちらも


足の裏が見えてかわいいんだよ


同じものを見て


お互いを見て


ずっとふたり一緒です


アーリっ


めざすはガイドさん方向


飛んできてくれたけど、父ちゃんなにあれ


斜面になってきました


ちゃんとみんなをチェックしてる副隊長


ダイジョブカ、トウチャン


一緒に歩く


手をつないで歩く。なんだか嬉しい姿だよね


 山の下は雪が少なくなっていたけど、歩く場所は問題なし。秋からの天候でアリエスの体力づくりが遅れ心配していましたが、多少のスタミナ不足以外は楽しく歩けてホッとしました。なんにせよ、出発準備と帰宅後の片づけ、アリエスの体のメンテナンスのほうに時間をかけることになりますが、気を抜かない姿勢こそ皆の安全を守るのだと思って、念入りにします。

 しばらくは、アリエスの食事は消化の良いひき肉を中心に、カモミールなどのハーブも入れて胃腸の負担を避けます。マッサージと手足のチェックも大切。カイロの先生にも早めに診てもらって、ハリで爆睡。マハラジャの豪遊だね、アリエス。

 普段長い時間一緒にいられない父ちゃんも、大黒柱としての存在感を十分に示した1日でした。いつも再会を待ちわびてくれるガイドさんに感謝。また来年!!









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もよろしくお願いします

2017-01-07 | 9~10歳



私の部屋のA2サイズポスターカレンダーも、家族のそれぞれが持っている月めくりカレンダーの1月版も、この写真です。新年のスタートダッシュだ~

今年もアリエスと、元気に大事に1年を過ごしていきます。

人々&犬々の皆様に、すばらしい2017年でありますように!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホワイトカード

2016-12-25 | 9~10歳
ごはん食べて満腹小僧になってリラックス中の王子。テローン♪♪ ↓↓


そこへ母ちゃんがホワイトカードをちらつかせながら現れます。はい歯みがきだよ。イヤそう。 ↓↓


分かりやすい。まるで一発退場を食らったみたいな落ち込みよう。 ↓↓


数年前から愛用中の特殊な和紙でキュキュッとみがきます。母ちゃん的には楽しいのだよ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9歳ありがとう!!

2016-12-23 | 9~10歳

これは、・・・これは僕のだよねっ?


はいはい、切りますよ


毎年待たされるかわいいおじさん


 私はこれまでのボヨボヨ体型生活をやめ、食事を調整し運動を取り入れて身体改造(?)に臨み、3か月で完了しました。自分が生きるために必要な分だけを戴いて、それを生かせるように生きること。それはそもそも、アリエスとか動物たちへの憧れともいうべき感情から始まったのです。

 いつもシンプルで余計なものを持たない彼ら。ほかの生命を食べることで自らが生きていく厳しさを身にまとい、生きるってそういうことでしょという割り切りで潔く堂々と人生を歩んでいく彼ら。それに引き比べて、飽食で不必要な分までダラダラ食べ、栄養を吸収しにくくするお茶などを飲んでいる自分が醜悪に思えてしまったのです。食べ物だけでなく、物も情報も考えることも、生きていくのにいらざる余分を、どこかから何かから不適切に奪取してるのではないだろうか。そんな事実に急に呆然としちゃったのでした。

 私は普段、自分の属する集団の文化の許容範囲の中で守られ甘んじ縛られて、自分が自然の一部であったことなど忘れ果てる毎日を過ごしています。地面と自分の間に厚い層があって、実は地面の上にいるのを信じられないような。でもたとえば災害や、インフラが破たんする何かが起きた時、とたんにひとつの生命体として独自には何もできない弱さに驚きます。自分の身も守れない、食べるものもゲットできない、社会で築き上げてきたものなど役に立たない、文句しか言えない、そんな状態に。そんな時おそらくほかの動物たちは、たとえヒトに飼育されてきたとしても、ヒトより遥かに速やかに順応して能力を発揮することでしょう。

 アリエスが家にやってきた最初から、彼はとても自立していて独自の考えをがっちり保持しており、それはなまなかなことでは変えられない強固なものでした。そのうえ使命も役割もきっちり持っている。その姿は、「しつけ」という名の自分の押しつけから落ち着いてみれば、気高くさえも思えました。天とか神様とか仏様とか、生命を生み出す何かからの、まさに私達に対するギフトでありメッセンジャーであり、彼が天に還る日まで大切に預かるのだとういう気持ちになったものです。

 それから9年経った今でも、とんでもなく貴いものがここにいるという感覚に変わりはありません。地球が偶然にも作り出したこんなに素晴らしい生き物の、まさに奇跡を毎日見ています。

 わざわざ書けば大袈裟ですが、じつは大袈裟ではない驚きや喜び。もういちどわざわざ書けば、それを幸福と呼ぶのだと思います。9年間ありがとう。これからも末永ーく、よろしくねアリエス。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加