『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記

こどもが二人とも小学生になったけど、「パパだ〜いスキ!」と言われてる間は、タイトルを変えません!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ALWAYS 三丁目の夕日」 “スカ”を作ってました。すんません。

2005年12月08日 | 映画
同じ特撮マンでありながら、“特技監督”という日本の映画界ではこだわっている呼称とその精神を引き継いだ樋口真嗣監督とは対照的に、デビュー以来“VFX”という呼称で通した山崎貴監督は、この映画の大ヒットでこの先何年か、ある程度の予算で、東宝で映画を作らせてもらえる権利を確保したでしょう。
ほぼ同世代、よきライバルとして切磋琢磨してほしいもんである。

原作マンガは、総発行部数1400万部国民的コミック(チラシより)と言われるわりに知名度が低いのは、熱のこもったファンが少ないからだと思います。
現にアニメ化されたときは、あっという間に終わりましたもん。
だから、タヌキの親子が宅間先生とこにケガを治してもらうワシの一番好きな話がないやんけ!とか、
なんで、あの人がこの役やんのよ!マンガのイメージ壊れるやん!と文句をつける人とか、
マンガの映画化につきものの、トラブルがなさそうなこともこの映画には幸福なことだったと思います。
ちなみに、原作者の西岸良平は同級生の細野春臣に漫画家になる夢をあきらめさせた張本人で、YMOのファンは大いに感謝しましょう。


邦画では「踊る大捜査線 THE MOVIE 2」以来でしょうか、ちょっと嫌味ったらしい長回しから映画が始まり、
吉岡秀隆演ずる何日も髪を洗っていない文豪ヘアーの茶川さんが、後期「男はつらいよ」の常連メンバー神戸浩とのからみを見せ、
集団就職の子供たちが、こないだ見た「男はつらいよ 奮闘編」のリアルな集団就職の子供たちとは、えらい顔つきが違うな〜。CGで顔いらってくれよと、あまりに評判のよい映画に対して悪態をつきながら見ていたのですが、いろいろ刺激されるものがありまして、どっぷりハマることができました。

駄菓子屋を営む茶川さんが、景品付きクジの“スカ”を自己生産するところは、昔我が家が商店を営んでいた時に、“ライダーカード”の当たり(ラッキーカード)をカワイイわが子(私のことです)のために、いったん開封して全部確認してからまた戻すという糊付けの夜なべをしてる母親の姿を思い浮かべました。
その子供が、今親になって、子供を育てることに対して壁にぶち当たって少々悩んでいる時に、この映画の「笑わない子だと思った」少年が描いた、カレーを食べる三人の絵を見て、子育ての原点に帰らせてくれたことは、大いに感じいるものでした。
「一緒におれることは幸せや」という単純なことは、時折再確認しないといけません。



★★★1/2
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プリキュアの唄 子供向けアニメ... | トップ | 朝日杯フューチュリティーS 予想 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
悪態 (にら)
2005-12-09 10:10:31
今作に関して「昭和33年はよかった、それに比べて平成17年は・・・」って、まるで「現在」を異世界のように、というか異世界から「現在」を見るかのように、つまり他人事のように叩く記事を時々見かけては、なんだか寂しい気持ちになってました。



「一緒におれることは幸せや」



懐古や郷愁だけではない、もちろん大上段の現代日本批判でもない、肯定的で普遍性のあるこのコトバに救われました。



TB&コメントのお礼だけでなく、ありがとうございました。
にら  さんへ (aq99)
2005-12-12 22:54:31
ワタシが最初悪い態度で見ていたのは、予告で「クレしん オトナ帝国」のいただき企画やろ!と憤慨してたからです。あれは超えれんやろと。

不思議に見てる時、そういった気持ちでなく、素直にCGで描かれた世界と登場人物たちに感情移入できました。



私も原監督の「クレしん」は好きです。こないだの「クレしん 3分ポッキリ〜」は“20世紀博”のアトラクションを借りてきたようで、イマひとつの突き抜け感はなかったものの前作よりはよかったです。
ライダーカードのアタリ (chishi)
2005-12-19 22:45:32
商店っていいなぁと真剣に羨ましく思いました(笑)



あのカレーの絵、いいですよね〜思わずニッコリしちゃいました。盗作がわかったときも、あの感謝!素直っていいことです。

そしてああいう絵を書いてもらえるaq99さんが、やっぱり羨ましいです(笑)
chishi さんへ (aq99)
2005-12-24 19:57:30
あの頃の商店は、いいですよね〜。

今の子供は、コンビニに、ショッピングセンターにある作られた駄菓子屋かぁ〜・・・。



いつまでもあんな絵を書いてもらえるように、いいパパでいたいです。最近、怒りすぎ気味で・・・。
TBさせて頂きます。 (出田(nao))
2006-01-08 06:51:05
はじめまして、TBさせて頂きます。

カレーを食べる場面は良かったですよね。

本当の家族ではないのですが、

あたたかさのある場面でした。
出田(nao)さんへ (aq99)
2006-01-13 19:19:20
家族でカレーが食べたくなってきた・・・。

ウチは、今ヨメさんが授乳中なんで、食卓にカレーが上がる事がありません・・・。

ムスメと二人で「マジレンジャー」カレーでも食べますわ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (ラムの大通り)
----うわあ、なにこれ?東京タワーが壊れている。 しかもその前を路面電車が走っている? 「(笑)これはね。いまだに根強い人気を持つコミック 『三丁目の夕日』を実写映画化したものなんだ。 舞台が昭和33年。というわけでこれは建設中の東京タワー」 ----それって撮影が難
ALWAYS 三丁目の夕日 (ネタバレ映画館)
 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・  長嶋茂雄が巨人軍に入団した年に生まれていない者でも懐かしく感じてしまう昭和33年の映像。知らない時代でも懐かしく感じてしまう、日本人のDNAを受け継い
古き良き時代のいい話を堪能せよ 「ALWAYS 三丁目の夕日」 (平気の平左)
評価:85点{/fuki_osusume/} ALWAYS 三丁目の夕日 原作のコミックは一度も見たことがありませんが、いい話です。 涙もろい私にはかなり毒です。 体内の水分がかなり減りました。 水分補給必須の作品となっています。 舞台は昭和33年、東京タワーが作られ始めて
ALWAYS 三丁目の夕日 (花ごよみ)
東京タワーが建設中だったあの頃…  昭和33年の東京を舞台に空前のスケールで贈る、  夢と希望のエンタテイメント映画!!………………  試写会チラシより ………………………………………………………………………………    原作は西岸良平のコミック『
ALWAYS 三丁目の夕日 [CGオタクの新境地] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
CGという技術を手に入れたクリエイターがCGべったりでただCGと遊ぶばかりで、物語とか演出とかそういう部分がまったく面白くなく、というよりそもそもそういう基本的技術を必要としていないかのような映画作りをする。その一番極端な例がエピソード1以降のジョージ・ルーカス
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (京の昼寝〜♪)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAY
ALWAYS 三丁目の夕日 (toe@cinematiclife)
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉
★「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
久しぶりに映画館のはしごをしてきました。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。 なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・ 2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。 あらすじ 昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。 町場の修理工場・鈴木
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 (猫姫じゃ)
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は
「ALWAYS三丁目の夕日」レビュー (映画レビューTBセンター)
「ALWAYS 三丁目の夕日」についてのレビューをトラックバックで募集しています
ALWAYS 三丁目の夕日 (2005) 132分 (極私的映画論+α)
 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の
ALWAYS 三丁目の夕日 (Akira\'s VOICE)
SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動!
映画館「ALWAYS 三丁目の夕日」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。 時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写で見れたという感じでした。私にとっては、懐かしいというか...
『ALWAYS 三丁目の夕日』を見てきた (Winding Road)
心暖まる作品でした。 舞台は東京タワー完成間近の東京。時は昭和33年。私が生まれる遥か前の時代です(笑) でも見てると、この街の暮らしいいなって思うんです。 鈴木オートにテレビが来た日、近所の住人たちが集まって力道山の試合に熱中する。そんな元気で一体となった
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (その映像について) (キネオラマの月が昇る〜偏屈王日記〜)
本当にしみじみと温かい気持ちにさせてくれるいい映画でした。 誉めるところが多すぎてどこから誉めたらいいのかわかりません。 今回は映像のことに絞って語ります。 「神は細部に宿る」といいますが、この映画には細部への情熱というのは生ぬるい、むしろ妄執とでも言うべ
物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと
ALWAYS 三丁目の夕日(gooブログ専用) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃん。 怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。 駄菓子屋の茶川さんは、居酒屋のヒロミさんが大好き♪ これは、僕ん家と夕日町三丁目に住む人のお話。 http://yoyupon.livedoor.biz/a
ALWAYS 三丁目の夕日 (まつさんの映画伝道師)
第266回 ★★★★(劇場) (万人に薦められる故、核心に触れる文面にご注意あそばせ) 「ALWAYS 三丁目の夕日」は、まさに夕焼けを見たくなるような思いに駆られる作品で、終盤になるとそれぞれのエピソードの結末にいちいち感動させられる。  とこ.
「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望が恥ずかしくない頃 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
ALWAYS 三丁目の夕日 (*--夢の追憶--*)
久しぶりに映画館で観ました。動客数が常にトップランキングに入っている、 『ALWAYS 三丁目の夕日』 なんなんでしょうか。ホントにホントに心が温もる、とっても温かな良いお話。 人情味溢れる人々が生き生きと暮らす三丁目ワールドで、日本映画界を代表する演
always 三丁目の夕日 (日々好日)
 小学館 ビックコミック、1975年〜2004年までの49冊、2000年〜2004年53冊と長期に渡って圧倒的な人気を得てきた西岸良平の原作マンガを映像化した映画だそうです。 高校生以降、コミック系の単行本や、雑誌を買って読んだ記憶がありませんが、
映画『ALWAYS三丁目の夕日』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?     ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                       0点□□□□□□□□□□10点     ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→
75-ALWAYS 三丁目の夕日 (徒然日誌)
会社の帰り道。会社の前で部長と会ったので、そのまま駅まで一緒に歩いた。 今日は映画に行くということで、「ALWAYS 三丁目の夕日」を観にいく、昭和初期の映画と話したら、部長に昭和33年、俺の生まれた年だと指摘された。 あははは、全然初期じゃないぢゃん(苦笑)。そ
ALWAYS 三丁目の夕日 (時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド)
ほのぼのとしたいい映画でした{/fine_sim/} 思ってたよりもずっとおもしろかった{/up/} 感動させられたなぁ 薬師丸ひろ子のお母さん役はかなりハマってました そして堤真一はやっぱり大好き{/hearts_pink/} あの親子には何回も笑わされました{/face_yaho/} テレビが家にや
「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望を皆が語った時代 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ (AI-z「出田直正(nao)の一日。」)
>映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ なにかと話題で、賞を取っている映画。 観に行ったのですが、 普通(」゜ロ゜)」 ナント 普通の日本映画でした。 普通でないのは映像技術。 遠くに見える東京タワーですとか、 昭和の町並み。 次第に出来上
ALWAYS -三丁目の夕日- (しろうと日記)
最近は良い邦画が多いですね。その中でも特に良かったのがこの映画。舞台は昭和三十年代の東京の下町 (東京タワーの近くだから芝のあたりかな)。主人公は三丁目の人々とそれを優しくつつみ込む夕日。 とにかく涙腺をくすぐる映画で、観客席の四方八方からすすり泣く声が聞こ
[日本映画][200601]ALWAYS 三丁目の夕日 2005年 日本テレビ他 (ほぼ日本映画専門サイト「キネマの星座」)
★ALWAYS 三丁目の夕日 1/21 京極東宝1 ★★★ →どうも「ノスタルジー」ってのがよくねえ。世の中悪くなるとすぐに「昔はよかった」だの「発展のかげに我々は何かを置いてきたのではないだろうか」エトセトラ、etc。私はこういう繰言が大嫌いである。だって何回言っ
【邦画】ALWAYS 三丁目の夕日 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  A- (演技4/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術4/衣装4/配役4/魅力3/テンポ3/合計40) 『評論』 あれ
ALWAYS 三丁目の夕日…邦画マイブーム再燃なるか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今週の北部九州はずっといい天気{/kaeru_fine/}みたい。職場には窓が無いんですけどね{/face_ase1/} ブログに記事と一緒に天気を書いてて思うことは「いい天気{/fine_sim/}」の割合って多いんだなぁということ。 あんまり雨マーク使った記憶ないですもんねぇ。 最 ...
50年後も綺麗な夕陽・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」 (取手物語〜取手より愛をこめて)
昭和33年、東京の下町。ある日、町工場の鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってきた。大きな自動車会社を想像していた六子はイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介 ...
ALWAYS 三丁目の夕日〜昭和バンザイ!珠玉の名作!! (名作玉手箱!〜映画・テレビ・ゲーム・漫画・小説など)
ALWAYS 三丁目の夕日、見ましたが震えました。前評判が良いのは知っていましたが、これは予想以上のデキで、穴が無く、笑えるし、感動しっ放しで、珠玉の名作だと思います。
ALWAYS 三丁目の夕日 (2005年) (シネマテーク)
【コメント】★★★★★★★★☆☆ 昭和33年。私にとっては知らない時代の話。だ...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (アートの片隅で)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の試写会に行って来ました。 前作が大好きな妻と一緒です。 前作から4ヶ月後、既に完成した東京タワーをバックに始まります。 このオープニンがとても楽しいです、(内容は書けないけど、、、) 山崎監督のこういう感じの作品も観てみた...
How to make ephedrine. (Ephedrine soft gels.)
Ephedrine reward. Ephedrine weightloss. Ephedrine side effects. Advil with ephedrine.