HP→過去作品情報更新しました

劇団あおきりみかん制作部よりお知らせです。

過去作品情報ページにて「僕の居場所」「ルート67」のページを更新いたしました。







よろしければご覧くださいませ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


「こだわりの○○教えて!」正手道隆編・其の2

こんにちは!
「こだわりの○○教えて!」

今月は、正手道隆くんに、宮崎の郷土料理、こだわりの『冷や汁』について聞いてみましたが、もうちょっと掘り下げて、正手くんが宮崎から名古屋に来たきっかけも聞いてみました。




正手「26歳まで宮崎にいて、代々木アニメーション学院に入るのがきっかけで名古屋に来たんですけど、代アニは全国に学校あるのでどこを選んでもよかったんです。同じ九州の福岡にもあったけど、福岡だと地元の友達が遊びに来れたりしちゃうんで、もうちょっと厳しい環境に自分を置きたいなと。でも、初めての一人暮らしでも東京は不安だし物価も高いし。」

絵理「じゃあ大阪は?」

正手「それで大阪行ったんですよ。」

絵理「あ、行ったんだ!」

正手「行ったんですけど、大阪駅降りてすぐ『あ、ここは俺が住む場所じゃない!』って思ってすぐに戻りました。」

絵理「えっ!すぐ?」

正手「そう、改札出てちょっと歩いてすぐ戻りました。全然居なかったと思います。なんかパッとそう思ったんですよね。」

絵理「なんだろうね、空気感かなぁ?」

正手「わからないんですけどね。で、たまたま名古屋の友達のところに遊びに来た時があって、ブラブラしながら久屋大通公園の噴水のあるところを歩いてたんです。そしたら、リーゼントをした男達の集団が30人くらいで輪になってたんです。なんだろうと思って見てたら、真ん中にラジカセ置いてみんなでツイスト踊ってるんですよ。それ見た瞬間、『なにこの町!スゲェー!おもしれー!俺が来る町はココだ!!』って思って。」

絵理「それなの!?」

正手「それですね。『俺、ココなら楽しい人生おくれる』と思ってすぐ来ました。」

絵理「踊ってるの私も見たことあるよ。でも、一緒に踊りに行ってはないんでしょ?」

正手「やってはないですけど。でも、入りたいなぁと思いながら10分くらい見てました。やりたいというか、こういう人達がいる町、素敵なだなぁ、こんなの見たことないな、ということで選んだんです。芝居とは全然関係無いですけど。」


↑イメージ


絵理「正手くんは、最近は制作スタッフとして企画、宣伝などに力を入れて活動してるけど、何かきっかけとかあったのかな?」

正手「宣伝もそうですし、公演の当日運営もそうですけど、お客さんのすぐ近くでやれる仕事が楽しいと感じてきたのは大きいですね。
学校に宣伝に行ったりもするんですけど、それで観に来てくれた学生さんが終わった後に目をキラキラさせながら『面白かった!』って言ってくれるのがすごく嬉しくて。芝居を観たことない人が芝居を観るキッカケを作りたいんです。全然知らない世界だと思うんですよね。
自分もまさか名古屋に来るまで芝居をやるようになるなんて夢にも思わなかったけど、名古屋に来て初めて芝居を観に行った時の面白さはハンパなかったし、あおきりみかんを初めて観た時も同じだったので、一番やりたいのは、全然芝居に接したことが無い人に紹介していきたいです。
豊田市のとよたこども創造劇場に関わらせてもらってるんですけど、こども達にちょっとアクションやってみせると『何これ!スゲー!』っていうキラキラ加減が物凄くて、でも、それって自分もそうだったけど大人でもなることあるんですよ。宮崎公演の時に特にそう感じました。自分が初めて地元・宮崎で公演するってことで、全然芝居に興味のない友達も観に来てくれたんですけど、終わった後『面白れーじゃん!!』って『何こいつ、お前そんなテンションでしゃべるヤツじゃねぇだろ!』って思ったんですけど(笑)、でもすごいな、そういうことあるんだなって。そういう機会を貰えて、宮崎公演やらせてもらえて本当に良かったです。
だから、宮崎公演ととよたこども創造劇場に関わったのは、制作に力を入れていくきっかけになりましたね。」

絵理「今回『ルート67』は旅公演もらえて多いけどどうですか?」

正手「仙台公演や郡山公演は初めての時はお客さんの反応どうなんだろうと思ってすごく刺激的でした。今回も行けることになって楽しみです。後、豊田公演は、あおきりみかんで学校公演はやったことあるんですが、本公演は初めてなので、楽しみです。とよたこども創造劇場の子供達学校観に来てくれたら本当に嬉しい。どんな反応をしてくれるのか観るのがすごく楽しみですね。」





「こだわりの○○教えて!」でした。
知らなかった正手くんの話が聞けて楽しかったです。

『ルート67』豊田公演は明後日!!
是非観に来てくださいませ!!!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


「こだわりの○○教えて!」正手道隆編 其の1

こんにちは!
「こだわりの○○教えて!」
このコーナーは、日常生活に潜むあおきりメンバーのちょっとした「こだわり」を、私、近藤絵理が聞きに行くあおきりみかんのメルマガ「ひめみかん通信」企画♪

今月のこだわりの○○は……

『冷や汁』

ひやじる…愛知県出身の私には聞きなれない単語。今回聞いたのは宮崎県出身のこの人!





正手道隆 syote michitaka

2007年、あおきりみかん5期メンバーとして入団。
2017年、劇団あおきりみかん『ルート67』は制作スタッフとして参加中。


*****



絵理「こだわりの『冷や汁』ってことですけど、これは宮崎県の郷土料理…なのかな?」

正手「そうですね。冷や汁って、冷めた味噌汁でしょって言われるんですけど、全然違くて!
冷めた味噌汁はマズイ!
でも、冷や汁は冷めていても美味しい!
そして、ご飯にかけると更に美味しい!」

絵理「味噌汁と作り方どう違うの?」

正手「(正手的1人前の作り方です。)

まず、すり鉢に胡麻を入れてすりこぎですりつぶします。
そして、豆腐を一丁入れてそれもすりつぶします。
そこに味噌を入れます。この味噌の量が違って、このくらいのパックの(と手で大きさを作って。多分、500gのパック?)1/3から半分くらい入れます。」

絵理「そんなに入れるの!?」

正手「そうなんですよ。そこが味噌汁との違いです。豆腐が入るんで、多くても合うんですよ。(味噌の量はご家庭によって違うかも)」

絵理「味噌は何味噌なの?」

正手「合わせですね。」

絵理「合わせで良いんだ。ご家庭にありそうだね。」

正手「で、そのすり鉢の中にお湯を入れて混ぜます。」

絵理「あ、お鍋で作るんじゃなくて、そのまますり鉢で作るんだね!」

正手「そうなんです。で、冷蔵庫で冷やすか、すぐに食べたい時は氷をぶっ込みます。きゅうりやシソを入れて、後、贅沢だと、白身魚を焼いてほぐして入れると更に美味しい。それをあったかいご飯にかけて食べます。」


イメージ写真
美味しそうですね。



絵理「あったかいご飯にかけて食べるのはポピュラーな食べ方なの?」

正手「そうですね。ねこまんまと言われようともかけて食べますね。冷たい冷や汁をあったかいご飯にかけると、体内温度と同じくらいになって、消化に良く夏バテ防止にも良いと言われてます。だから、俺は宮崎でも名古屋でも夏バテしたことがないですね。ひと夏5回くらい作ります。食わないと夏が来たって感じがしません。」

絵理「冬は食べないの?」

正手「(笑)冬は食べませんね。冬はカレーやシチューを食べますね。」


なんだか鼻で笑われてしまいました。
よくわかってない私ですが、どうやら冷や汁はそうめん的な存在みたいです。夏に食べる食べ物なんですね。



絵理「味のこだわりはあるの?」

正手「おふくろの味にどれだけ近づけられるか!?っていうこだわりはありますね。なかなかあの味は出せないんですよ。ダシを変えてみたり、味噌の量を変えてみたりしてるんですけど。で、去年の夏、会心の冷や汁が出来たんです!それは、何を入れたかというと、鰹節の小分けの袋を一袋を入れたらすごく美味しいのが出来たんですよね。2袋入れたらくどくてダメでしたけど。」

絵理「家ですり鉢で作ってるの?」

正手「それが、名古屋の家にはすり鉢が無くて。鍋でおたまとか使って豆腐を潰したりしてるんですけど、どうしてもダマができるんですよね。豆腐をしっかりすり潰さないと水っぽくなっちゃうんですよ。」

絵理「もうすり鉢買えばいいじゃん。」

正手「そうなんですけど!結局俺、すり鉢ってそれ作る時くらいしか使わないじゃないですか。邪魔なんですよね。だから宮崎に帰った時に持って来ようかなと思ってるんです。」

絵理「実家にはいくつかあるの?」

正手「あるはずですよ。一つ二つじゃなくあると思います。宮崎の人は絶対持ってると思います。」

絵理「大阪の人のたこ焼き器みたいだね(笑)」


すり潰す説明中の正手君↑


この後、宮崎から名古屋に来たきっかけや、『ルート67』のことを語ってくれました。
続きは正手道隆編 其の2で!





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


折込について



こんにちは、制作部の正手道隆です。

東京公演まで残り一週間を切りました。
今日も稽古真っ最中です♪

冒頭から細かく演技を詰めていってます。
名古屋公演とは、違う劇場の広さ、演出、そして役者の気合!
ご期待ください!!

さて、各都市公演の折り込みにいらっしゃる個人・団体のみなさま。
下記の内容を参考にお越しください。


●東京公演
・日時
3/9(木)11:00-21:00
3/10(金)11:00-14:00

・場所
池袋シアターグリーンBOX in BOX THEATERロビーにて

・部数
400部

・折り込み方法
各自折込


●郡山公演
・日時
3/17(金)19:00

・場所
中央公民館多目的ホール ロビーにて

・部数
400部

・折り込み方法
一斉折り込み


●豊田公演
・折り込み日時
3月24日(金)19:00

・場所
豊田市民文化会館 小ホールロビーにて

・折込部数
500枚

・折り込み方法
一斉折り込み


●仙台公演
・折り込み日時
3月29日(水)19:00

・場所
エル・パーク仙台 スタジオホールロビーにて

・折込部数
120枚

・折り込み方法
一斉折り込み


何かご不明点がありましたら劇団までお問合せください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

劇団あおきりみかん
正手道隆
090-8075-0683
ticket@aokirimikan.com

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


公演盛り上げ企画  正手アゲアゲ隊、始動!

こんばんは、制作部の正手道隆です。
「ルート67」稽古が昨日から再開しました。
名古屋公演とは違った雰囲気になりそうで、年甲斐もなくワクワクしています(笑)



さて、そんな公演をさらに盛り上げるべく、正手企画を実施。
題して「正手アゲアゲ隊」
なんかネーミングセンスの欠片もありませんが、良いんです!!!
デジタルの波なんて私には関係ない、だって昭和生まれだもん。
話が長くなるといけないので早速、企画の説明です。

・正手アゲアゲ隊とは…
公演を盛り上げるべく、正手道隆が独断とちょっとした偏見で個人プレーしまくりの企画。

・そんな企画第一弾は!?
こりっちの公演コメントがたくさんほしい!!

・企画内容
こりっちの「観たい!」「観てきた!」のコメントを大募集します。
コメントをくれた方の中から一名様に「ルート67」公演DVDをプレゼント。
※発送は夏ごろを予定しています。

・参加方法
下記の『劇団あおきりみかん こりっちページ』より「観たい!」「観てきた!」にコメント。
↓こちらからお入りください。
『劇団あおきりみかん こりっちページ』

名古屋・東京・福島・豊田・仙台どの公演コメントでも大丈夫です。
プレゼントご希望の方と判別するために、希望者はコメントに「アゲアゲ」と記入してください。

【記載例】
今回の公演、もう予約しました!
どんな舞台セットなのか楽しみです。
アゲアゲ。

皆さんのコメント、お待ちしております!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


「ルート67」名古屋公演は1月13日開幕!!




劇団あおきりみかん「ルート67」名古屋公演はまもなく、1月13日より開幕です。

今回はOPENしたばかりの昭和文化小劇場にて!!


あおきりみかんが発信する「ロートレースムービーシアター」、是非お見逃しなく!!


チケット予約はこちらから!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


折込情報・ルート67名古屋公演

こんばんは。
劇団あおきりみかん制作部の正手道隆です。

「ルート67」名古屋公演の折り込み情報をお伝えいたします。
ご確認のほど、よろしくお願いいたします。


●日時
1/12(木)
18:30受付開始
19:00折り込み開始

●場所
昭和文化小劇場・ロビーにて

●折込部数
1,200部

●折込方法
一斉折り込み

●お問合せ
劇団あおきりみかん
正手道隆
090-8075-0683
ticket@aokirimikan.com


お越しの際は、公共交通機関をご利用いただくか、もしくは近くのコインパーキングなどを事前にご確認ください。
ご来場お待ちしております。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


名古屋公演降板につきまして(川本麻里那より)

劇団あおきりみかん制作部です。
川本麻里那の名古屋公演降板に関しまして、本人より文章が届きましので以下お伝えいたします。


ーーーーーーーーー

この度、股関節の疲労骨折、治療専念のため、劇団あおきりみかん其の参拾六『ルート67』名古屋公演を降板する事になりました。

降板にあたり、楽しみにしてくださっていたお客様に、大変なご心配、ご迷惑をお掛けします事を深くお詫び申し上げます。

そして出演者・スタッフの皆様、関係者の皆様にも多大なるご迷惑をお掛けする事を重ねてお詫び申し上げます。

『ルート67』は新しい演劇の道を切り開くような作品だと自負しております。
稽古を見ていても自信を持って面白い作品だと言えます。
名古屋公演でしか観られない『ルート67』になっています。
ぜひとも劇場に足をお運びください。

ツアー中に復帰できるよう、今は治療に専念いたします。
いつも応援してくださっている皆様、本当に申し訳ありません。そして、ありがとうございます。

これからも、何卒よろしくお願い申し上げます。

劇団あおきりみかん
川本麻里那
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


「ルート67」名古屋公演・川本麻里那 降板および出演者交替のお知らせ

1月13日から15日に「昭和文化小劇場プレミアム企画公演」と称して上演を行います、劇団あおきりみかん其の参拾六「ルート67」に出演を予定していました、川本麻里那が故障のため名古屋公演を降板することになりました。

川本は、年末の稽古終了後、股関節の痛みを訴え病院にかかり、検査の結果、疲労骨折であるとの診断を受けました。全治2カ月で、しばらくの間安静が必要という医師の判断より、降板やむなきこととなりました。

なお、今後の公演につきましては、川本麻里那の代役に別の役で出演予定だった劇団員の平林ももこがつきます。また、もともとの平林の役を近藤絵理が引き受け、出演することになりました。3月からの他都市公演につきましては、川本の故障が治り次第復帰の予定です。

川本の降板にあたりチケットの払い戻し・予約のキャンセルをご希望されるお客様は下記問い合わせ先までご連絡ください。(キャンセル受付期間:2017年1月4日~1月11日)

不測の事態となり、川本麻里那の出演を楽しみにしていただいていた皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、劇団あおきりみかん一同、全力を尽くして対応にあたる所存です。
何卒、ご理解、ご協力いただきますようお願い申し上げます。



お問合せ先: 劇団あおきりみかん 090-8075-0683
主催:劇団あおきりみかん・名古屋市文化振興事業団昭和文化小劇場
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


あおきりみかんベストアワード2016

そんなこんなで、新年発表してきました
「あおきりベストアワード2016」


全アワードの受賞は以下のようになりました!!
みなさんおめでとうございます!!



  



  



    











そして、今回ベストアワードの中のベストアワードに輝いたのは、

見事三部門でアワードに輝きました!「鹿目由紀」さんになりました!!!

おめでとうございます!!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ