カプアン通信

カプアンとは
なんちゃっテリア
カプアとアンジェロのコンビのこと
カプアンたちの日常と
犬好き親爺の犬話閑話

納涼まつりやスペインバル

2016年07月29日 23時29分34秒 | カプアンのグルめぐり



関東地方も梅雨明けしましたね。
これで湿気が減ってくれれば
多少気温が上がっても、我慢できると思うのですが。




先週末の土曜日は我が家にお客様がいらっしゃいました。
犬たちは、面会できず3階の中庭で不満顔。

東京のお盆は早いです。
父の墓参りはもう済ませました。
土曜日には、義兄(姉の旦那)と私の父の供養に
山形から義兄のお兄さんがいらっしゃいました。

私は姉と10歳以上歳が離れているのですが
義兄もお兄さんと同じくらい歳が離れていたので
義兄のお兄さんは私より25歳も年上です。




近所の洋食屋さんで会食しました。
いつも散歩で脇を通る「にっぽんの洋食 赤坂 津つ井」
創業65年を超す赤坂の洋食の老舗です。




写真左奥が、名物「マルセヰユ鍋(ミニ)」
魚介類を卵でとじた和風ブイヤベースです。




グラタン




こちらも名物「ビフテキ丼(ミニ)」
お肉がとても柔らかく、うな丼のようなタレでいただく絶品です。




そのあと、すぐ近くの港区施設で行われた「納涼まつり」に行きました。
ここは、サンサン赤坂という老人ホームと、なんで〜もという児童施設があり
合同のお祭です。
母は週3回こちらの施設のデイケアサービスに通っています。




赤坂のゆるキャラが来てました。
「アカサカメン」だそうです。
「赤坂メン」ではなく「アカサ仮面」
なんと、赤坂には全部で3体のゆるキャラがいるそうです。
3人はゆるキャラグランプリ参加中。




体育館では、さまざまな催しや物販、ゲームが開催中。

驚いたのは、会場に幼稚園児から小学生低学年くらいの子どもがすごく大勢いたこと。
東京は子どもが少ないように思ってましたが、そんなことはないようです。

また、すぐ近所にこんな大きな体育館があることも知りませんでした。
ここに住んで13年も経つのに(汗)
大震災のときは、ここが避難場所になるのでしょう。




このお祭は「あかさか」という単位のチケットで飲食物や物販の買い物をしたり
ゲームに参加できます。
300あかさかのチケットがたしか300円でしたので
10円でゲームが楽しめて参加賞ももらえます。儲け度外視でしょう。




屋外にもさまざまな屋台。




左上のサイコロ型のキーホルダーは、
母が、デイケアのクラフト教室で作ったものです。
表面をビーズのようなものが編んであります。母は昔から編み物とか手芸が大好きで
多少は遺伝を受け継いだかも。
このように、お年寄りの作品も出品されます。

母は、普段おせわになっている施設の人たちが
いきいきとお祭に参加しているのを見て、楽しかったようです。
このような地域コミュニティが盛んなのは知らなかったです。




その夜、アークヒルズに行きました。




前から気になっていた「スペイン バレンシアナバル ブリーチョ」




カラヤン広場の端にあります。この広場は全域わんこOK




一応、みなさんの迷惑にならないように、はずれのテーブルに座りました。




アンジェロは、早くもウエイトレスのお姉さんが気になってます。




スペインバルといえば、「カバ(スパークリングワイン)」ですねぇ。
「河馬」じゃないですよ。




ムハマ(マグロの生ハム)とトマト




ナスのフリット 塩とレモン




獅子唐とピーマンのプランチャ(鉄板焼き)




われわれ夫婦は肉食というよりどちらかというと野菜好きです。
わんこたちには不服かな?




イベリコ豚のピンチョモルーノ~豚のスペイン式串焼き~




そのお肉ちょ〜だい。




自家製真鰯のアンチョビとじゃがいもとアーモンドロースト




ズッキーニとチーズのグラタン




ハマグリと豚肉ミックスのパエージャ

どのお料理も、意外とさっぱりしていて小盛りなので
たくさん食べられます。
ただし、ホームページでうたっているほどリーズナブルではなかったです。




お姉さんに「ありがとう」のアンジェロ。

お姉さんは、いつも犬に吠えられてしまうらしく
最初はカプアンたちを遠巻きにしてましたが
結局、アンジェロに舐められました(汗)




カラヤン広場では、よなよなビールのビアガーデン開催中。




散歩しながら家路をいそぐ犬たち。




普通に歩道橋のエレベーターに乗ってしまう犬たち。




この焼鳥屋さんは、母がデイケアで仲良くしているご年配の方が経営している焼鳥屋さんです。
94歳で杖もいらず、すごくしっかりされているとのこと。
やはりご商売をされている方は、健康長寿なんでしょうね。




父ちゃん母ちゃんは、カバを飲み過ぎて
上り坂は辛いけど、この坂を登れば我が家だ
カプアンたちのおいしいごはんを作ってあげないと。。。




中村紘子さんが亡くなられましたね。

カレーCM・文筆活動…多才な音楽家、中村紘子さん死去
朝日新聞デジタル 7月29日(金)5時11分配信


動画の音源は1965年の中村さんの演奏です。
1965年は、中村さんが第7回ショパン国際ピアノ・コンクールに4位で入賞した年ですので
そのときの音源かもしれません。
画像は、コンクール入賞のときのものです。中村さんは21歳でした。

麻布十番に住んでいたとき、愛犬のダックスを散歩している中村さんに
何度か会いました。
たしか、中村さんはもともと愛猫家で、作家で犬派の庄司薫さんが
中村さんの愛猫を留守中預かることになって、猫の魅力にはまり
中村さんと結婚することになった。とか。

72歳の旅立ちは早すぎますね。
中村さんのオフィシャルサイトには
今年9月に開催するはずだった、トーク&コンサートの予告が掲載されてました。
がんを克服するおつもりだったんでしょうね。

ご冥福をお祈りします。









■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会(保護犬)および上映会のお知らせ
ぜひちばわんのいぬ親会ねこ親会へお出かけください。
どの会場も、入場無料・予約不要・見学自由です。


詳細は↑バナーをクリック!


8月21日(日)開催!詳細は↑バナーをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年07月27日 23時15分11秒 | カプアンの散歩



先週末の土曜日の朝の散歩です。
この週末の東京は涼しくて、犬たちは助かりました。

写真は、先に散歩に出たカプアが
あとからやってきたお母さんとアンジェロに気づいたところ。




アンジェロを襲おうとしてロックオン!




めんどくせ〜犬だな。とアンジェロ(汗)




住宅街から繁華街を散歩します。




赤坂サカスで犬のニオイ嗅ぎ。犬同士の「LINE」ですね。




この日は、お母さんに「抱っこ」もせがまず、最後まで歩いてくれました。




マンションの新任の管理人さんがお掃除をしてました。
カプアンたちに挨拶をしてくれます。




アンジェロも、この人が新しい「おじさん」なんだ
と理解したようです。




でも・・・

昔のおじさんもいるんじゃないか? と相変わらず管理人室を覗きます。
ちょっぴり切ない・・。




トリミング後の全身を改めて・・・。

前回は、3ミリカットにして短過ぎたので、今回は5ミリカットです。
お母さんもこれくらいのアンジェロがいいと言ってました。




今回のトリミングは合格だそうです。




カプアの課題は、垂れ下がってくる眉毛を何とかして上げたい
というものでした。
なんちゃっテリアなので、シュナウザーとは違いますし
アンジェロとも毛質が違い、立たせるのは至難のワザと思いましたが
手前の毛のみ切る。など工夫してもらい、なんとか眉毛が立ちました。




カプアも満足そう(笑)




この日はいろいろイベントがあったのですが、
長くなるので、その話は次回。




夏休みの子どもの「自由研究」みたいになってきましたが
IMOMUSHI 2号もサナギになりました。

どこにいるかわかります?




2週間くらい前に、我が家の玄関先に植えてある「コクリュウ」が
「せいきょう」に売っていたので、4株植えました。




その後、植えた場所の間に2箇所、
直径2センチくらいの穴が開いているのに気がつきました。




周囲を探したらいました。抜け殻が。
一匹は月桂樹の幹に、もう一匹は毎年登る玄関のコンクリート壁に。

毎日、テレビの音が聞こえづらくなるほどの蝉しぐれです。

日曜日の夕方、リビングで時代劇を見ていたとき
「カナカナカナ・・・」とヒグラシの鳴き声が聞こえたので
ドラマの効果音だろうと思っていたら・・・外から聞こえてました。
姿は発見できませんでしたが、我が家の周囲で鳴いているのは間違いありません。

ヒグラシなんて、山寺にでも行かないと会えないのか
と思ってましたが、東京の都心にもいるんですね。
ちょっと感動しました。

きょうのタイトル「蜩」は、ヒグラシの漢字表記です。




今夜のお別れの曲は、夏の夕暮れを思わせるナンバー。
アントニオ・カルロス・ジョビン作曲のThis Happy Madness
演奏は、ジョー・ヘンダーソンとハービー・ハンコック。

この曲は多くの歌手が歌ってますが、とくに有名なのは
フランク・シナトラです。

原曲はエリゼッチ・カルドーソが歌ったサンバ曲「白い路 (Estrada Branca) 」
作詞はヴィニシウス・ヂ・モラレスです。
(この人ホントに凄い経歴の人です。ぜひ、名前の検索を!)










■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会(保護犬)および上映会のお知らせ
ぜひちばわんのいぬ親会ねこ親会へお出かけください。
どの会場も、入場無料・予約不要・見学自由です。


詳細は↑バナーをクリック!


8月21日(日)開催!詳細は↑バナーをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サマーカット

2016年07月25日 00時13分04秒 | カプアとアンジェロの紹介



「カプちゃん、“あそこ”が好きじゃないらしいけど
 我慢しないといけないよ」
と諭すようなアンジェロ(笑)




アンジェロの言うことがわかったのか
歩みを進めるカプア。




そんな2匹をカラスが見守ってました。




アンジェロ兄ちゃんは楽しそうですが
カプアはちょっと面白くなさそうです。




この日はほぼ月に一度のトリミング&シャンプーの日。

アンジェロは水に入るのが大嫌いですが
なぜか、トリミング&シャンプーに行くのは好きなようです。

逆に、カプアは、プールでも湖でも、水に飛び込むのは好きですが
トリミング&シャンプーは苦手なようです。




いつもの病院に着きました。

アンジェロは、階段を登るのを一瞬躊躇しました。
最近、階段が苦手になってきているようです。
運動神経抜群だったアンジェロですが、ちょっと切ないです。




この写真は、ドコノコに載せた、待合室で待つふたり。




カプアはけっこうびびってます。




アンジェロの問診がはじましました。
最近、強い咳を毎日のようにするようになりました。
もともと、咳が多く、前にのどを診てもらったこともありますが
念のため、診察してもらうことになりました。

カプアは健康体で、何も問題ありません。




トリミングルームに預けられました。




赤坂動物病院のビルの隣は、すごいことになってます。
ここに学校が建つそうです。
ここは、もとは、旧赤坂小学校があり、長年廃校になってました。
敷地の広さは2,000坪もあります。




夜に、カプアンママと迎えに行きました。

カプアンママは扉の裏に隠れましたが
すぐにカプアに見つかりました。




お母さんの顔に少しでも近づこうとして、積んであった段ボール箱に登ったけど
箱がずれて、地面に落ちるカプア(笑)




ふたりとも、可愛くなったね。

アンジェロの咳も、心臓などの問題はなさそうです。脇腹の腫瘍も大きくなっていません。
引き続き様子見です。




外に出てから、お母さんが買ってきたお水を飲むカプア。




さあ、おウチへ帰ろう!




遅くなったので、人間のごはんを作るのはやめて
お弁当を買って帰ります。




その間に、二頭の様子をドコノコ用にパチリ。

今回は、カプアの眉毛も決まったようです。




アンジェロは、なんとなく、子犬っぽくなりました。

ホントはもうじき11歳のおじいちゃんなのに(笑)




うちに帰ってから、もう一度。

ちょっと暗くてディテールがよくわからないですね。




iPhoneで撮ると、背景にピンがあってしまうことがよくあります。
なかなかスマホの使い方に慣れません。

次回は、きれいな写真を載せたいです。




二日前くらいから、IMOMUSHI 1号がサナギになりました。

今度こそ、立派な蝶になって欲しいです。




きょうの曲は
アメリカのAOR界を代表するヴォーカリストの一人、マイケル・フランクスさんの
「Down in Brazil」(邦題:はるかなるブラジルの地)
1977年リリースの名盤アルバム「Sleeping gypsy」の中の1曲。
爽やかなギターは、ラリー・カールトン。
きょうからまた、お仕事の1週間がはじまりましたが、この曲で癒されましょう。











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会(保護犬)および上映会のお知らせ
ぜひちばわんのいぬ親会ねこ親会へお出かけください。
どの会場も、入場無料・予約不要・見学自由です。


詳細は↑バナーをクリック!


8月21日(日)開催!詳細は↑バナーをクリック!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おにぎり と おせっかい

2016年07月23日 17時42分40秒 | わんこよもやま話



先日お伝えした「アンジェロ用おむすび」ですが
ふと、もしかしたら、小さいおにぎり用の型があるのではないか、と思いネットで探しました。
ほとんどは、小さいといってもある程度大きいおにぎり用でしたが
離乳食後期の赤ちゃん用に、直径約2センチのおにぎりが簡単に作れる商品が見つかりました。
しかしなぜか、どのサイトでも「取扱いできません」になってます。

いろいろ探すうちに、ある商品が目に付きましたが
どこのネット通販サイトでも扱っていません。
もしかしたら、「100円ショップ」にあるのでは? と思い
赤坂のCan Doに行ってみました。




ありました。

「ふりふりごはんボール」100円(+税)
小さなおにぎりが3個同時に作れます。




コラコラ、犬のおもちゃじゃないよ。




このような構造になってまして




パーツを湿らせてから
緑色のパーツのポケットに少量のごはんを入れます。
半透明のカバーをセットして、「マラカス」を振る要領で振ると




できました!




これは、簡単です。

でも、このサイズは大き過ぎて、アンジェロはあまり食べてくれませんでした(涙)
もっと少量のごはんで作れば良いのですが、ごはんが少ないと、
きれいな「球体」にするのは難しいです。
でも、手で握るより簡単で早いです。
「赤ちゃん用品」バンザイ!




雨の日の散歩。
カプアの足元に「IMOMUSHI」さんたちの「落とし物」が落ちています。




「IMOMUSHI」さんたちは元気です。




3匹目を発見しました(IMOMUSHI3号)

でも、なんとなく元気がなく、色も悪いです。
あることに気がつきました。

キミが乗ってるのは、クスノキの葉ではなく・・・
月桂樹の葉だよ!




差し出がましいようですが、無理やり、クスノキの葉に引っ越しさせました。
きょうも元気でクスノキの葉を食べてました。
月桂樹の葉では「カレー」になってしまいます(汗)




なぜか、くっつき虫状態のカプアとアンジェロ。




きょうのお別れの曲は
ロン・カーターさん演奏の「A Song For You」
EXILEのSong For Youじゃないですよ。
アメリカのシンガーソングライター「レオン・ラッセルさん」のSong For Youです。

ロン・カーターは人気のジャズ・ベース奏者ですが
コントラバスとチェロの中間サイズのピッコロ・ベースという楽器を開発しました。
ベースは通常、低音域の伴奏を受け持ちますが
ピッコロ・ベースを演奏することにより、メロディパートの演奏も可能になりました。
というわけで、「ボーカル」無しで「ベース」によるテーマ演奏になりますが
これはこれで、感動をします。











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会(保護犬)および上映会のお知らせ
ぜひちばわんのいぬ親会ねこ親会へお出かけください。
どの会場も、入場無料・予約不要・見学自由です。


詳細は↑バナーをクリック!


8月21日(日)開催!詳細は↑バナーをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GECKO

2016年07月21日 17時59分31秒 | カプアンの散歩



きのうの朝、犬たちを散歩に連れて行こうと
玄関を出たら、頭上に何か大きなものが素早く動きました。

姿は見えなかったのですが、正面の「板」のところに
大きな手足が見えています。
おそらく「ヤモリ」です。手足の位置からすると
かなり大きい個体だと思いましたが、残念ながらこのまま走り去ってしまいました。

前にも書きましたが、私は「月光」という会社をやってます。(ホームページはまだありません)
よく人から名前の由来を聞かれるのですが、ちょっと説明がややこしいです。
簡単に書くと、以前東京の「月島」で、「Moonisland」という個人事務所をやってました。
「月島」を英語読みしたものです。
法人化する際、「月」を残そうと思ってましたが
当時、英語を習っていたアメリカ人に相談したら、家で飼っていた「ヤモリ」を見て
「Gecko(ゲッコー」はどう? と言われたのです。

ヤモリはたまたま家に紛れ込んできた子でしたが
あとで放してあげました。
ま、ゲッコー違いですが、月光? いいね!となったのです。

Gecko(ヤモリ)はアジアでは、害虫を食べてくれるため
幸運のシンボルとされているエリアが多いです。
あと、ヤモリは鳴きます。南方には「トッケイヤモリ」という大型のヤモリがいて
大きな声で鳴きます。(↓トッケイヤモリの鳴き声)
https://www.youtube.com/watch?v=-9QrBGgMcKU
7回連続で鳴き声を聞いたら幸せになる。
という言い伝えもあります。
小さなニホンヤモリも、大きな声ではないですが、鳴きます。




きのうの朝は涼しかったので、アンジェロも無理に誘って
お散歩に行きました。3人でのお散歩は本当に久しぶりです。




アンジェロはよく植え込みに顔を突っ込むので
雨上がりはびしょびしょになりますし、
いろんな虫やゴミを顔につけます。




我が家の玄関先。
何かいるの? とカプアンたちが気にしましたが
写真をアップすると、真ん中にいます。




IMOMUSHI1号です。




3日前、18日(月・海の日)の夕暮れ。




我が家の屋上からきれいな夕焼けが見られました。




この日はそんなに暑くなかったので、猛暑に備えて
天窓のカバー(日除け)をつけました。




ついでに、屋上のエアコン室外機の日除けも。
右の室内機は最近取換えたばかりのもので、以前のものより大きくなってしまい
バンドの長さが足りなかったので、ビニール紐で留めてあります。




夕方の散歩に出るとき、IMOMUSHIの観察。
カタチが昔の新幹線のようだし
目がかわいいです。(本当は目に似せた模様ですが)




神社で「桜の木を額に受けていた狛犬さん」の木が切られてました。




以前の様子。




「重し」が取れて、良かったよかった。




この夜も、アンジェロは植え込みに進入して
洋服の裾に、お母さんの嫌いな「ナメクジ」をつけて帰ってきました。




その前の土曜日の夜の散歩。




赤坂サカスでも夏のイベントが始まっています。




いつものグルメイベントです。




おそらく、「デリシャス」と「サカス」を合体させて「デリシャカス」にしたのでしょうが
ネーミングが安直では?




永六輔さんに続いて、大橋巨泉さんも旅立ってしまいましたね。
いよいよ昭和の時代が遠のいてきました。

きょうの1曲は、巨泉さんを追悼して
チェット・ベイカーさん演奏&ボーカルの「オールモスト・ブルー」。
原曲は、エルビス・コステロさんです。








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会(保護犬)および上映会のお知らせ
ぜひちばわんのいぬ親会ねこ親会へお出かけください。
どの会場も、入場無料・予約不要・見学自由です。


詳細は↑バナーをクリック!


8月21日(日)開催!詳細は↑バナーをクリック!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おいシーヘルシー朝ごはん〜かくれんぼ

2016年07月19日 23時12分33秒 | カプアンのグルめぐり



前回の続きなんですが、ある場所で朝ごはんを食べました。




ひさびさの、トゥーランドット臥竜居
中華のアイアンシェフ、脇屋友詞さんのお店です。

ここは、年末年始以外、年中無休。
平日は朝8時から、土曜、日曜、祝日も9時から開いています。
そして、高級中華のお店ですが、犬も同伴OKという素晴らしいお店です
(写真の屋根つきテラス席のみ)
テラス席は、どこかアジアのリゾート地に来たような雰囲気です。

コップが3つ並んでいるのは、ひとつは犬たちの分です。




お散歩の渇きを、氷入りのお水で癒します。




人間は、熱いジャスミン・ティー。
暑い日に、熱いお茶を飲みのはダイエットにもいいそうです。




そして、身体にいい、炊き立てのお粥!
「野菜」のお粥をチョイスしました。
お野菜たっぷり、アスパラも入ってました。

薬味の小皿は7種類から選べます。
私は「特製たらこ」カプアンママは「ザーサイ」。

美味でした! 脇屋さんのお粥、オススメです。




カプちゃんにはあげられるものがなくて、ごめ〜ん。




毎日、お散歩から帰ってきたら、我が家のルーチンがあります。
まず、身体全体を毛すきブラシでブラッシング。
そのあとは、歯磨き。
次は、お口、身体、お股、足の裏、校門の順にウェットタオルで拭きます。

でも、どういうわけか、カプアを拭いている間に、アンジェロは
植物の裏に隠れます。(写真は隠れているつもりのアンジェロ)




「家政婦さん」のようになってます。(汗)




最終的には、出てくるのですが、面倒くさい・・・。




隠れているといえば、

葉っぱに擬態してとても見つけにくい、この子たちが今年もやってきました。
アオスジアゲハの幼虫です。
幼虫の主食は、クスノキ科植物の葉。この子たちがいるのはクスノキの葉です。

上の写真は小さめの1号
(もっと小さな0号もいたのですが、残念ながら亡くなりました)




大きめの2号

きょうの夕方、激しい雨になりましたが、心配になって濡れながら探しに行きました。
さいわい1号2号とも難を逃れたようです。
いままで、蝶になった幼虫は見たことがありません。
今年こそ、羽ばたいて欲しいものです。




日曜の夜の散歩。




おぼろ月がいい雰囲気です。




芝生広場はLED電球による「花火」が始まりました。




連休中はさすがに人出が多いです。




ま、ほんとは、本物の花火のほうが感動しますが。




初モヒート。
レギュラーサイズはちょっと小さめ。
上戸の人は、ビッグサイズにしないと物足りないでしょう。




東海地方までは梅雨明けしたそうですが、関東の梅雨明けはいつでしょう?
平年の梅雨明けは7月21日だそうです。

もっとも、もう35℃を超えるような日がありますから
「夏」になったと言ってもいいですね。




きょうも、夏らしいナンバー。
ボサノヴァ創始者のひとり、アントニオ・カルロス・ジョビン作曲のWave (波) を
ブラジルの歌姫、エリス・レジーナが歌い
ハーモニカおじさんことトゥーッ・シールマンスが演奏します。

エリス・レジーナは1960年代から1970年代にかけて
ブラジルで最も人気の歌手でしたが、
コカイン中毒とアルコール中毒によって36歳の若さで亡くなってしまいました。

逆に、トゥーッ・シールマンスは一昨年ついに音楽活動を引退しましたが
なんと、91歳まで現役のミュージシャンとして世界を飛び回ってました。
私も数年前、ブルーノート東京に演奏を見に行ったことがあります。











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会(保護犬)および上映会のお知らせ
ぜひちばわんのいぬ親会ねこ親会へお出かけください。
どの会場も、入場無料・予約不要・見学自由です。


詳細は↑バナーをクリック!


8月21日(日)開催!詳細は↑バナーをクリック!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏の演出と、ゴマダラカミキリ

2016年07月17日 00時29分26秒 | ミッドタウンの散歩



おとといの夜の東京ミッドタウンの散歩です。
サマーイベントが始まりました。
このイルミネーションは「花火」のプログラム以外は
ずっと、滝の映像を流しているようです。




初日にしては観客が少ないです・・・。




この通路は、クリスマスのイルミネーションのときは
通過ができないほど混みますが、仕方がないですね。
やっぱり、イルミネーションはクリスマスです。




霧の演出は、ちょっぴり涼しいです。




「モヒート」のお店もOPENしました。
もっと暑くなったら、きっと、おいしいでしょう。




「兄ちゃん、あれ、きれいだね」とカプア。




たしかに奇麗です。




ところどころに、「金魚」や「蝉」といった、
夏のモチーフのイラストが飾られています。




この演出は、夏らしくて良いです。




きのうの朝の散歩です。




最初は曇り空でしたが、日が射してきて暑くなったので
持参した洋服を公園の水道で濡らして、犬たちに着せます。




アタイ、この洋服、恥ずかしいわ。




オイラの服も子どもっぽいゾ。丈みじかいし・・・。




お母さんが、小川の「輪っか」に気がつきました。




アガパンサスの花がたくさん咲いています。




少々弱った花は刈り取られていました。
ちょっと可哀相ですが、たぶん、こうやって間引きしたほうが
きれいで立派な花が咲くのでしょう。




こちらは、これから花が咲く、アガパンサス花壇。
葉っぱが、同じ長さに短く切り揃えられています。




野草ガーデン。




これはミソハギ?




これは、クルマユリ?




双子のかわいい兄妹が、カプアンたちに興味を持ちました。
男の子が、カプアンママが持っているオレンジ色の「う●ち袋」に興味をもち
「それは何?」と聞きました。カプアンママが正直に教えたら
「う●ち」「う●ち」と大騒ぎ(汗)




アンジェロは、お父さんが好きなようです。
でも、アンジェロもカプアも子どもたちに触らせてあげました。




「花火」や「滝」を、「光」で表現するLED網目スクリーン。




檜町公園の木陰でこんな子に遇いました。

つい先日、「くるねこ」で知りましたが、
たぶん「ゴマダラカミキリ」です。
都心にこんな虫が生息してるとは!

ゴマダラカミキリは、ウルトラマンに出ていた怪獣「ゼットン」のモデルだそうです。

ちょっとマニアックでしたね(汗)




へ〜、そんな虫がいるの。
と感心するカプア。




こんな子たちにも会いました。

(カプアンたちは)何犬ですか? と聞かれ、カプアンたちの身の上話をしましが
奥さんが、どちらの団体出身ですか? と聞かれたので
「ちばわん」です。と伝えたら、よくご存知でした。




ちばわんは映画に出ましたよね? と言われるので
映画をご覧になったのですか? と聞くと、

なんと、映画「犬に名前をつける日」の山田あかね監督の知人でした。
こちらからは伝えませんでしたが、私は山田監督には何回かお会いしています。
世の中狭いな、と感じました。




きょうは、夏らしい1曲。
ブラジルのピアニスト・ヴォーカリスト
イリアーヌの「‪The Continental‬」
この曲は大昔にサントリーのお酒のCMにも使われました。

ヴォーカリストとして注目されてますが
ピアノがめちゃめちゃ上手いです。
20歳から凄腕ミュージシャンたちのバンドで演奏しました。

タイプは違いますが、矢野顕子さんのことを思い出します。
矢野さんも若い頃から、凄腕ミュージシャンたちのバンドで
ピアニストとして演奏してました。
そして、著名音楽家(教授)と結婚して、生まれた娘さんが歌手になりましたが
イリアーヌも著名トランペッターと結婚し、後に離婚しますが
ふたりに生まれた娘はヴォーカリストになりました。












■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会(保護犬)および上映会のお知らせ
ぜひちばわんのいぬ親会ねこ親会へお出かけください。
どの会場も、入場無料・予約不要・見学自由です。


本日7月17日(日)開催!参加わんこなど詳細は↑バナーをクリック!


詳細は↑バナーをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

めんどくさい・・

2016年07月15日 16時57分34秒 | ミッドタウンの散歩



我が家の長男坊アンジェロは、
子犬のときからすごい偏食オトコで、食べてくれるものが少なく
本当に困りました。

ありとあらゆる、ドライフード、冷凍フードを取り寄せては試し
いわゆる「フードジプシー」になってましたが
7〜8年前に今のスタイルにおちつきました。

すなわち、穀物(オールグレインパフなど)と、乾燥野菜や各種サプリメントを
ササミスープでおかゆ状にして、ささみと馬肉をトッピングします。
ここにもその話が載ってます)

日によって食いつきの悪い日もありますが
おおむねこの食事が続いてました。
しかし、腎臓の数値が悪いアンジェロには
ササミは「リン」の成分が多く、腎臓への負担が心配なため
手羽元や、手羽スープを試したりするうちに
だんだん、穀物・野菜を食べなくなってきました。
ササミに戻しても食べません。肉は食べてくれます。

ササミ定食に飽きたのかもしれません。




これは、先日のごはん。
左はカプアのです。この日は、オールグレインパフを切らしてしまったので
ダイエットのための「乾燥おから」を沢山入れています。
白っぽく見えるのは茹でササミをちぎったもので
黒っぽいのは馬肉です。

アンジェロのごはんは、アンジェロが嫌がる、穀物、ササミスープ、豆腐
などは入れませんでした。
それでも、自分から食べに来ず、肉をひとつずつ指でつまんで
アンジェロの口まで持っていかないと食べてくれません。

実は、穀物を食べなくても秘策があります。
アンジェロ、カプアとも、ごはんが好きなんです。
でも、スープや肉と一緒にして、昔の「犬めし」のようにするとアンジェロは食べません。

そこで・・・




ビー玉くらいの大きさのおむすびを作って、口に運んであげるのです。
写真は、「ヘンプシードナッツ」をまぶしました。

カプアンたちは「なんちゃっテリア」で、マズルの毛が長いので
口ひげにごはんつぶがついて固まると、あとで取るのが大変です。

また、大き過ぎるとアンジェロが食べにくそうなので
ごく小さな「おむすび」(直径1.5センチくらい)
を大量に作る必要があるのです。

めんどくさい・・・。




東京ミッドタウンの夏のイベントの準備が急ピッチです。




これは4日前のリハーサルの様子。

本番は、今夜からです。
大雨にならなければ、このようなイベントが見られます。

夏のイルミネーション「SUMMER LIGHT GARDEN」




イベント会場には、今年も、「モヒート」のお店ができました。
モヒートとは、ラム酒をベースにした夏らしいカクテルです。




ブルーのイルミネーションが、冬のクリスマス・イルミネーションとソックリです。
ま、安全でリーズナブルなんでしょうね。




私には、人工のイルミネーションより、夏の夕暮れの
空の変化のほうが楽しいです。




この空を見るために、カプアンたちと毎晩ここに来ています。




これは、うちの近所から見た、東京ミッドタウン・タワー。

上のほうは、ホテル(リッツカールトン)になっています。
スイートルームは300平方メートルの広さがあり
一泊の宿泊料金は210万円だそうです

外壁部分は色が変わるイルミネーションになってますが
グリーンとレッドのイルミネーションがクリスマスみたいですね。




これは2日前のリハーサルの様子。




イルミネーションだけでなく、水蒸気? ひんやりした霧も発生するようです。




花火が映しだされる部分はスクリーンではなく
LED電球がたくさんぶらさがった「スダレ」のようになっています。

夏のイルミネーション「SUMMER LIGHT GARDEN」は
7月15日(金)~8月28日(日) 18:30~23:00開催
1時間に3回、各回約6分程度の上映だそうです。




ガーデンに不思議な構造物を見ました。




小川を囲むように、トンネル状のリングが連続しています。




ここは、ASHIMIZUというイベントが毎年行われますが
今年は飾り付けをしたようです。
これは小川縁に座る人の「背もたれ」になるんでしょうか?
ちょっと入りにくいような?

ASHIMIZUは、
7月15日(金)~8月28日(日) 14:00~20:00の開催。
月曜定休




一時刈り取られていた「アガパンサス」の花壇は元通りになりました。
はやくもツボミを膨らませたアガパンサスもあります。

東京ミッドタウンのサマーイベントは今日からです。




きょうの1曲は
クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」。名曲ですね。
ギネスブックによると、ビートルズの「イマジン」や「イエスタディ」をおさえて
英国史上最高のシングル曲に認定されました。

私が中2の頃大ヒットしました。
6分ちかくある長い曲で、ラジオでかかる際、最後まで放送されないときもありました。
でも、ジャズやクラシックの曲はもっと長い曲がいくらでもあります。

この曲は「オペラ座の夜」というアルバムに収録されました。
コーラスが素晴らしく、この曲を歌いたいがために
全国の多くの中高生たちが、コーラス部を作った。というウワサもあります。













■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会(保護犬)および上映会のお知らせ
ぜひちばわんのいぬ親会ねこ親会へお出かけください。
どの会場も、入場無料・予約不要・見学自由です。


今週末7月17日(日)開催!参加わんこなど詳細は↑バナーをクリック!


詳細は↑バナーをクリック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【緊急】迷子のお知らせ



千葉県市川市で、本日、ちばわんからトライアル中の「直(なお)」が迷子になりました。
お近くの方がいらっしゃいましたら、写真の犬に注意していただければ有り難いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

本日、「なお」は、無事保護されました。
ご心配、ご協力どうもありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永六輔さん

2016年07月13日 18時28分57秒 | 昔話



作家・作詞家の永六輔さんが亡くなりました。

お若い方はあまり知らないかもしれませんが
ラジオ番組のパーソナリティーで、江戸文化・風俗に詳しく
長年「咳、声、のどに浅田飴」というテレビCMに出演してました。




作詞家として、優れた歌詞をたくさん残しています。

同じく作詞家でもある糸井重里さんが
昨日の「ほぼにち」のダーリンコラムでこんなことを書いてました。
(一部抜粋させていただきます)


 永六輔さんのことを、ぼくは「作詞家」として
 いちばんすごいと思ってきました。
 いわゆる「詩的」に見えやすいことばを上手によけて、
 みごとな世界をつくるんです。
 「上を向いて歩こう」「こんにちは赤ちゃん」
 「遠くへ行きたい」‥‥これらの歌が、
 人のこころのありようまで生み出したと言えます。

 「帰ろかな 帰るのよそうかな」
 (北島三郎さんが歌った曲『帰ろかな』より)
 もうこれだけで完成されてる。
 
 「こんにちは赤ちゃん わたしがママよ」
 (梓みちよさんが歌った『こんにちは赤ちゃん』より)
 というシチュエーションは、
 ずっと前からあったんだけど、その場面に、
 「こんにちは赤ちゃん わたしがママよ」
 というタイトルができちゃった。
 以降、赤ちゃんを生んだママは、その場面を、
 そのタイトルで見るようになった。





 「上を向いて歩こう 涙がこぼれないように」
 (坂本九さんが歌った『上を向いて歩こう』より)
 悲しみのなかで、どんな態度をとるのか?
 永六輔さんのアイディアは、これだった。
 たくさんの人が、それをまねしようと思うのだった。
 上を向くんだぜ、悲しいときに!

 「知らない街を歩いてみたい どこか遠くへ行きたい」
 (ジェリー藤尾さんが歌った『遠くへ行きたい』より)
 そんなふうに思うことさえも、
 永六輔さんのアイディアだったとわかる。





梓みちよさんの『こんにちは赤ちゃん』のドーナツ盤が実家にありました。
この曲のリリースは1963年で、私が生れた2年後でした。

上記シングルレコードは、当時100万枚を超える空前の大ヒットになったそうで、
現在の50代前半くらいの人の母親(現在75歳くらい?)の多くは
「こんにちは赤ちゃん わたしがママよ」という歌詞が記憶に刷り込まれたはずです。

もともとは、『こんにちは赤ちゃん』は作曲家の中村八大さんにお孫さんが生まれたときに
永さんが中村さんにプレゼントした歌詞だったそうですが、曲が大ヒットしたため
「こんにちは赤ちゃん」のタイトルで映画化やテレビドラマにもなりました。




実は、晩年の永さんに、何度か遭遇したことがあります。

一回は、地下鉄赤坂駅の構内でした。
TBSラジオで仕事をされていたので、不思議ではないですが
有名人が車じゃなくて地下鉄で移動をするんだ、と思いました。




それから、以前、赤坂サカスの2階に、
「しゃぶせん」というしゃぶしゃぶ料理屋がありました。
いまでもサカスの2階にある「ざくろ」の系列店ですが、
「ざくろ」よりリーズナブルな料金のお店でした。

ここを気に入って、よくひとりでランチを食べに行ったのですが
このお店で永さんに2回ほど遭遇しました。
私は、いつも昼食の時間が遅く、14時過ぎになることがほとんどでしたが
永さんも同じでした。

たしか、病気のことがマスコミで報道されていた頃ですが
病人のようには見えなかったです。

高級店の「ざくろ」ではなく廉価店で、というのも著名人にしては珍しいと思いましたが
かえって庶民的なお店のほうが、気がラクなうえ、目立たなかったのかもしれません。




昔、永六輔さんは、
野坂昭如さん、小沢昭一さんと中年御三家を結成しましたが

小沢昭一さん、野坂昭如さんについで、永六輔さんも亡くなってしまいました。

よく言われる言葉ですが、ほんとに「昭和が遠く」なりました。




ということで、きょうの曲は坂本九さんの「‪見上げてごらん夜の星を」です。

作詞:永六輔、作曲:いずみたく 1960年に初演された同名ミュージカルの劇中主題歌です。

九さんは、日本航空123便墜落事故に巻き込まれて亡くなりました。
私の年代から見ると、大昔から活躍された方なので、亡くなられたのは年を取られてかな
と思ってましたが、まだ43歳でした。もし事故に遭わなくてご存命でしたら現在75歳です。

余談ですが、この日航機には、カプアンママの会社の元社長も出張で乗る予定でした。
たまたま予定が変わり、命拾いしましたが、
同じ仕事をしていた広告代理店社員など数名が全員亡くなったそうです。
昭和の終わり頃に起きた、悪い意味で昭和を象徴する大事故でした。













■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会(保護犬)および上映会のお知らせ
ぜひちばわんのいぬ親会ねこ親会へお出かけください。
どの会場も、入場無料・予約不要・見学自由です。


今週末7月17日(日)開催!参加わんこなど詳細は↑バナーをクリック!


詳細は↑バナーをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月にはいってすぐの散歩や夕景

2016年07月11日 23時23分30秒 | カプアンの散歩



毎日お暑うございます。
ブログネタはようやく7月の写真になりました。

写真は7月1日(金)夜の散歩。
「円通寺坂公園」という小さな公園です。

ここもお散歩にくるわんこが多いのか、カプアンは匂い嗅ぎに夢中。
お母さんの説によれば「LINE」をやってるんだそうです(汗)




つい最近まで、土止めがあるだけの質素な階段だったところが
きれいに整備されてました。
夜散歩する人間と犬にとってありがたいです。




近所の宮崎料理のお店。ランチはボリュームが多くておいしいです。
わんこは入れませんが(汗)




7月2日土曜日の朝散歩。




夏に洋服を着せているのは、紫外線除けと、服を濡らせて着せるためです。




公開空地の植物が急成長してジャングルのようです。




この週も、アークヒルズにきました。




土曜日は「マルシェ」の日です。




マルシェは以前は、食材のお店が多かったですが
最近は、雑貨の店が多いように思います。
わんこグッズのお店も参加して欲しいな。




これは危険!
フランスのキッシュを、カプアが狙っている!




複雑な構造のアークヒルズですが、カプアンたちにとっては
もう「庭」のようなもの。どこに向っているかすぐわかります。




この週も、「DEAN & DELUCA 赤坂アークヒルズ カフェ」でした。




ところで、この写真は、アンジェロの「服」が同じなので
同じ日の写真に見えますが、その前の週のときの写真です。

アンジェロの右後方の室内に、同じ人物が、同じ場所で
同じ洋服を着て、パソコンで仕事?(勉強?)をしています。
熱心な方がおられますね。




われわれの朝ごはんは、スモークサーモン&クリームチーズ サンドウィッチと
ベーコン&アボカド サンドウィッチ
おいしゅうございました。




アークヒルズ前の街路樹はヘンな木があります。




木が「溶けた」ようになっています。




ライトアップ用の照明器具を飲み込もうとしている最中です。




マンションの新しいおじさんにも覚えてもらえました。




その夜の散歩。夕景がきれいでした。




画面右下の雲が、いい感じです。




翌日曜日の朝の散歩。




カプアは、文字通り「道草を喰いながら」歩きます。




馴染みのおじさんを探しているのか、
新しいおじさんに会おうと思ったのか、日曜なのでお留守ですよ。




その夜の、赤坂サカスの散歩。
この夜もきれいな黄昏時でした。




正面の横長の雲の中から、かすかな、チカチカした光が見えました。

星か? 稲光か? 飛行機か? UFOか??




きょうのお別れの曲は・・・

ラリーカールトンさんの1986年リリースのアルバム“Alone But Never Alone”より、
“Smiles and Smiles to Go”

夜空を眺めて、
冷たい物を飲んで、おいしい物を食べて、夏バテを予防しましょう。








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会(保護犬)および上映会のお知らせ
ぜひちばわんのいぬ親会ねこ親会へお出かけください。
どの会場も、入場無料・予約不要・見学自由です。


今週末7月17日(日)開催!参加わんこなど詳細は↑バナーをクリック!


詳細は↑バナーをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビアガーデンに響く犬の咆哮

2016年07月09日 01時13分18秒 | カプアンのグルめぐり



前回の続きになります。
6月さいごの日曜日はきれいな夕焼けが見られました。




朝と同じく、アークヒルズに来ました。




お目当ては・・・
やっぱり来てしまいました。

YONA YONA BEER GARDEN in ARK Hills
9月4日(日)まで毎日開催
平日17:00〜22:00
土日祝11:00〜22:00(L.O.21:30)
わんこも入れます。
席の予約もできるようです。
http://reservation.yahoo.co.jp/restaurant/detail/s000083408




まだそんなに混んでませんので、並ばずに入れました。




料理はこんなメニュー。




飲み物はこちら・・・カプちゃん、見えないよ。
カプアに隠れたビールは、人気の“水曜日のネコ”。ネーミングが秀逸です。




一応、まわりに気を遣って、一番端に座りました。




とりあえず、オススメの「よなよなセット」¥2,500
枝豆/生ハム/ソーセージ2種/フライドポテト(品切れだったのでオニオンリング)

生ハムとソーセージはかなり塩辛かった・・・
ビールが進む作戦かも知れませんが、「高血圧患者(私)」には・・・




ビールはおいしかったです!
とくにこの会場でしか飲めないという「アークヒルズエール」はいいです!
「セッションIPA」といい、ホップの苦味を残しつつアルコール度数を下げ(4.5%)
飲みやすくしたアメリカで流行しているスタイルだそうです。
グレープフルーツのようなジューシーなアロマと
華やかでフルーティなホップの香り。ぜひ発売して欲しいです。




中央は、ローストポーク ハニーマスタード。 これはおいしかった。
スティック野菜のバーニャカウダもまずまずですが
この量で¥750は・・・




ちょっとした騒動をやらかしました。
料理を注文に行ったとき、カプアをベンチ(金属製)に係留していたのですが
散歩に通りがかった犬に吠えて、近づこうとしてベンチが倒れ
「ガシャーン!」という音が会場に響き渡りました(汗)

カプアは怪我もなく、ベンチを引きずるようなこともなかったですが、いかんいかん。




カプちゃん、うるさいね。とアンジェロ。

この広場は犬がよく通るので、注意が必要です。




お店の人に「お騒がせしました」と言い退散。




アークヒルズ裏手の霊南坂教会付近を散歩しました。

このへんは、高級マンションしかなく、街の雰囲気がなんとなく外国風です。
街を歩く人々も、かなりの割合で外国人が多いです。




途中で、持参した水筒からお水補給。

犬たちも一緒にビールが飲めたら楽しいだろうなぁ・・・
いや。カプアは酒グセが悪そうだからダメだ!




きょうのお別れの曲は
ソウル系シンガー、リトル・ビーヴァーの1975年リリースのアルバム「Party Down」から
「I Can Dig It Baby」

伝説のベーシスト、ジャコ・パストリアスのベースがフィーチャーされています。

ジャコ・パストリアスこそ真の天才ベーシストですが、
人気絶頂の頃、精神疾患に罹り、泥酔状態で酒場のガードマンと乱闘し、
その喧嘩がもとでこの世を去りました。
35歳という短い人生でした。いま生きていたら65歳。
病気がなければ、世界のミュージックシーンを変えていたかもしれません。










■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会ねこ親会(保護犬・保護猫の譲渡会)および上映会のお知らせ
ぜひちばわんのいぬ親会ねこ親会へお出かけください。
どの会場も、入場無料・予約不要・見学自由です。


明日開催!詳細は↑バナーをクリック!


明日開催!
参加わんこなどいぬ親会の詳細はこちらをクリック!
参加にゃんこなどねこ親会の詳細はこちらをクリック!
今回はいぬ親会のみ、屋外開催なので雨天中止の場合があります。


こちらも明日開催!参加わんこなど詳細は↑バナーをクリック!


7月17日(日)開催!詳細は↑バナーをクリック!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

DEAN & DELUCAカフェ

2016年07月07日 19時36分26秒 | カプアンのグルめぐり



毎日あっちぃですね。
今日も東京都心は35℃を超えたようですが、まだ7月に入ったばかりです。
こんな気温が8月も、9月も続くとしたらうんざりです。

なかなか追いつかないですが、今日は6月さいごの日曜日の
カプアンのお散歩風景です。




このころも暑かったですが、まだ最高気温は30℃を超えてはいませんでした。




アメリカ大使館の隣の高層マンションの公開空地です。
変わった植物がたくさん生えてました。




子どもの背丈くらいあり、釣り鐘状の花がたくさんついています。
この植物は何でしょう?




いつものアークヒルズ、カラヤン広場に来ました。
毎週土曜日は「マルシェ」の日ですが、日曜日なのにお店がたくさん並んでました。




雑貨のお店が多かったです。
お店の人に聞いたら、「赤坂蚤の市 in ARK HILLS」というイベントで
毎月第4日曜日の11:00-17:00に開催しているそうです。




植物のお店のお客さん(?)に挨拶するアンジェロ。




「お姉さん、オイラと洋服が丸かぶりだよ」




こちらはビアガーデン。朝はもちろん準備中です。




1階にある「DEAN & DELUCA」「赤坂アークヒルズ カフェ」に行きました。




ここは屋根があり、平日は7:00-22:00、土日祝は8:00-21:00と
早くから遅くまでやっているので、散歩の途中立寄るのにもってこいです。

表通りからちょっと奥まっていて、
散歩の犬(カプアが吠える)にあまり遭わないのもポイント高いです。




デリもあるので、いろんな種類のサンドイッチや、ピラフなどのランチBOXも食べられますが
この日の朝ごはんは「チーズドッグ」にしました。




ホットドッグの端をすこしだけもらいました。
カプア大興奮。




そのあとは、「パンプディング」絶妙においしかったです!
これはわんこにはあげません!




お店を出て、六本木通りのお散歩。
にぎやかな通りですが、意外と犬のニオイが多いようです。




赤坂の高層マンションの公開空地にきました。




解体中のビルに可愛いピンク色のショベルカーが2台乗っています。

近所のビルの解体も、結構大きなショベルカーを
大型クレーンを使って屋上に運び、
屋上から徐々に各フロアを壊しながら、下の階へ移動してました。

壊す箇所を間違えたら、自分自身が落下しそうですし
一番心配なのは、隣接した民家に壁が崩れ落ちたりしないか。ということですが
そういうヘマは無いようです。どこを壊すか、経験とコツがあるんでしょうね。




このへんは外国の料理のお店が多いです。
料理人も、店員さんも外国人ばかりです。




近所の、竹林がある和風庭園まで来ました。

そういえば、きょうは「七夕」ですね。




カプアとアンジェロは、願い事を書いたでしょうか?

おやじとママのいちばんの願いは言うまでもなく、アンジェロとカプアの健康です。




きょうのお別れの曲は
カーペンターズ1973年リリースのアルバム「ナウ・アンド・ゼン」より
「ワン・ファイン・デイ」です。

また見てくださいね〜










■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会ねこ親会(保護犬・保護猫の譲渡会)および上映会のお知らせ
ぜひちばわんのいぬ親会ねこ親会へお出かけください。
どの会場も、入場無料・予約不要・見学自由です。


今週末開催。詳細は↑バナーをクリック!


今週末開催!
参加わんこなどいぬ親会の詳細はこちらをクリック!
参加にゃんこなどねこ親会の詳細はこちらをクリック!
今回はいぬ親会のみ、屋外開催なので雨天中止の場合があります。


こちらも今週末開催!参加わんこなど詳細は↑バナーをクリック!


7月17日(日)開催!詳細は↑バナーをクリック!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冷蔵庫と雷雨とカエルと

2016年07月05日 19時42分12秒 | カプアンの散歩



きのうの朝のカプアの散歩です。




この小さな池には、5月頃にたくさんのオタマジャクシが泳いでいました。
足が出る頃まで観察してましたが、その後、全く姿が見えません。
今の池は、たくさんのヌマエビと、10センチちかい大きさの魚がいます。




我が家の寝室に小さな冷蔵庫があります。
寝酒・・・ではなく、エビアンのミニペットボトル(330mL)を常備していた
風呂上がりなどに水分補給するのです。
この冷蔵庫が全く冷えなくなりました。またしても故障の連鎖か?
と思いましたが、この冷蔵庫は裏側の吸気口がホコリなどで詰まると
運転が停止する「ペルチェ式」というタイプです。

詳しい説明は省きますが、ペルチェ式の冷蔵庫は音が静かで
ホテルや病院の室内によく使われています。ただし、冷凍はできません。
温度もあまり低くはなりません。

裏側のフィルターを掃除するだけでも復活の可能性がありましたが
どうせなら、ホコリが溜まった内部も清掃することにしました。




裏側のカバーを3枚外しましたが、相当汚れてました。(写真はあらかた掃除した後)
「2001年製造」というシールが貼られてましたので15年間で溜まったホコリです。

なお、家電製品を分解すると、壊れる可能性があるだけでなく
感電や火災の恐れや、保障を受けられなくなることもありますので
良い子の皆さんは真似しないでくださいね。(汗)

私は子どもの頃から「置き時計」を分解して、元通りに直すなど
分解・組み立てが大好きでした。
中学のとき「技術家庭」が得意だったので、エンジニアにでもなるかと
「電機系大学」の附属高校に入学しましたが、勉強が苦手で挫折しました。
同じ「作る」でも美大に進路変更したのです。
でも、いまでも「分解・組み立て」は好きです。進路変更しなければ良かったかな
と思うこともあります。

冷蔵庫も直りました。




きのうは、夕方までとても良いお天気で気温もかなり高かったです。
ただし、東京アメッシュというサイトを見たとき
東京の西で急激に雨雲が発達してるのを見つけました。

私は1日に何度も東京アメッシュを確認します。
なぜなら、寝室に熱気がこもるので、寝室の窓を全開にするのですが「ひさし」がないので
強い雨が降ると室内が水浸しになるからです。

東京アメッシュの様子でじきに都心に強力な雨雲が迫るのがわかりました。




降り出す直前、空が暗くなりました。




これは、西側の空。こちらから雨雲が迫ってくるので
相当怪しい空になっています。




降り出す直前、カラスやハトなどの鳥が避難をはじめます。
東京アメッシュを見なくても、雨の接近がわかるのはさすがです。

このあと、東京都心は激しい雷雨となりました。




雨雲はじきに通り過ぎ、散歩の時間にはやみました。

カプアが珍しく、六本木通りにかかる歩道橋を上りたがりました。




歩道橋の上からは美しい夕景が見えました。
ここは、首都高速「谷町ジャンクション」です。

この歩道橋の先にはアークヒルズサウスタワーというビルがあり
その裏に小さな公園があるので、そこに行きたがってるのかな、と思いました。

でも、カプアは公園の手前で、急に「そっちは行きたくない」とイヤイヤをはじめ
全く動かないので、近くの車止めに係留し、アンジェロと2人で公園に入りました。




すると、公園はでかいヒキガエルがあちこちで歩いてました。
まさか、うちの近所の池からここまでやってきたとは思いませんが
近くに池があるのでしょう。




アンジェロの足元にも。
カエルを踏みそうなので、公園内を歩くのはやめて引き返しました。




公園から見える夜景も美しかったです。




カプアはヒキガエルを見るのが嫌だったのかな?
この橋を向こうに渡ると、いつも行く「カラヤン広場」です。




広場に着きました。




この広場は犬連れの人が多いので、あちこちに犬の匂いがあるようです。




広場では、ビアガーデンが開催中です。
先日、カプアンたちとも行ったのですが、その話は、後日また。

日テレのテレビクルーがビアガーデンを取材してました。
そのそばで、カプアがウ●コをしてしまったのですが(う●ち袋で受けました)
全国に放送されなくて良かったです(汗)




1階にあるピザ・バーに入ろうとするカプア。
今日はそんなところでごはんは食べないよ!




いつもは、東京ミッドタウンや、赤坂サカスへ散歩に行くのですが
たまには別のところに行きたいようです。




これは今朝の散歩の様子。
いつもの神社でなく、別のルートに行きたがりましたが
なぜか、通せんぼされてこの先には行けませんでした。




中庭のオーガスタの成長が止まりません。




今日計測したら、真ん中の葉っぱは高さが270センチ近くありました。
冬は1階の私の仕事場に移動しますが、
今まで移動に使っていたエレベーターは一番高いところでも2メートルしかないので
エレベーターに入れるのはもう無理そうです。
外階段で担いで下ろすしかないかも。




しばらく前の暑い日の朝。

アンジェロは、修業のように日向でじっとします。




熟したブルーベリーを収穫しました。




今年は収穫量が少なく、いまのところ20粒くらいしかとれません。
粒も小さいですが、食べてみたら甘かったです。
カプアにも2粒あげました。
最初はペッと吐き出しましたが、おいしいよ。と教えたら食べてくれました。




きょうのお別れの曲は
パット・メセニーさんの“‪Farmer's trust‬”。

多くの「天才」たちと同じで、パット・メセニーも若い頃からさまざまな逸話の持ち主です。

13歳でギターを独学し、5年後には
ヴィブラフォンの巨匠ゲーリー・バートンのコンサートに行き
楽屋にゲーリー・バートンを訪ねギターを演奏し、
バンドメンバーに入れてください。と頼みます。
ゲーリー・バートンはその場で才能を認め、メンバー入りを認めただけでなく
名門バークレー音楽大学の講師に推薦し、18歳でバークレー音楽大学の講師になります。
若い頃から活躍してるので、もう高齢だと思ってましたが、まだ61歳です。

パット・メセニーは美しい曲をたくさん作りました。

いろんなミュージシャンのステージを見ましたが、最も感動したのは
パット・メセニー・グループの来日コンサートです。











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会ねこ親会(保護犬・保護猫の譲渡会)および上映会のお知らせ
ぜひちばわんのいぬ親会ねこ親会へお出かけください。
どの会場も、入場無料・予約不要・見学自由です。


今週末開催。詳細は↑バナーをクリック!


今週末開催!
参加わんこなどいぬ親会の詳細はこちらをクリック!
参加にゃんこなどねこ親会の詳細はこちらをクリック!
今回はいぬ親会のみ、屋外開催なので雨天中止の場合があります。


こちらも今週末開催!参加わんこなど詳細は↑バナーをクリック!


7月17日(日)開催!詳細は↑バナーをクリック!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ジューンブライド

2016年07月03日 17時01分16秒 | 昔話



もうとっくに7月ですが、写真は6月25日土曜日の朝散歩です。




神社の境内で結婚式の行進(?)に遭遇しました。
6月の結婚式のことを「ジューンブライド」と言いますね。

欧米では昔から、6月に結婚すると幸せになると言い伝えられていました。
由来は諸説ありますが
ひとつは結婚をつかさどる女神である、ギリシャ神話のヘラ(ローマ名ユノ、英語名 Juno)が
6月を守護しているからというものです。
もうひとつは、6月はヨーロッパでは、長い冬が終わり花が咲き始める時期で
気候が良いというもの。
また、3~5月は農作業の繁忙期で結婚が禁じられていた。という説もあります。

日本では、6月は梅雨の時期で挙式をあげる人が少なかったため
1960年代に、ホテル業界やブライダル業界が「6月に結婚すると幸せになる」という
キャンペーンを始めたのが「ジューンブライド」が広まったきっかけだそうです。

日本のチョコレート業界が「バレンタインデー」を流行らせたり
飴菓子業界が「ホワイトデー」を「キャンディを贈る日」と制定したのに似てますね。




結婚式といえば・・・
自分たちは、マッジョーレ湖という大きな湖がある、
スイス国境近くのイタリアの村の教会で、友人だけ呼んで結婚式を挙げたのですが、
これが大変でした。
日本から呼んだ友人のひとりは、トランジットでスーツケースが消えてしまい
短パンとビーチサンダル姿で現れました(汗)

マッジョーレ湖というのは、日本でいうと「熱海」みたいな観光地で
当時、すごく蒸し暑く、蚊だらけでした。
ヨーロッパの蚊は日本産と違いすごく強力なんです。
結婚式の前日、カプアンママは顔を蚊に喰われ鼻が腫れてしまいました。
蚊のことをイタリア語で「ザンザーラ」というのですが、あわてて薬屋に駆け込み、
自分の顔を指さして「ザンザーラ!ザンザーラ!」と訴えました(汗)
結婚式には村長も参列し、村の青年がパイプオルガンを弾いてくれました。

入籍した日と結婚式の日が違うので、「ジューンブライド」だったかどうか
思い出せなかったのですが、調べたら「ジューンブライド」でした(汗)




なぜかあとから来たアンジェロが先に行ってしまい、カプアと追いかけました。
(遠くにカプアンママとアンジェロがいます)




「遅いよ」とアンジェロ。




カプアも本当はアンジェロと一緒にお散歩に行きたいかもしれませんが
カプアンママも一緒でないと、朝は散歩に出ないのです。




ひさびさに、赤坂の繁華街の散歩。
ここは平日の夜はとても混みあいます。通りの両側は韓国のお店ばかりです。




赤坂サカスの近くの赤坂通りに、以前「大戸屋」が入っていたビルがあり、
大戸屋が閉店し、最近リニューアルされたのですが
ねぶた人形が飾られていて気になってました。




ここは、「Ao Mo Link」という
青森の食材・加工品等の特産品の紹介・販売や
飲食スペース併設型アンテナショップだそうです。

青森出身のKママさんはご存知でしたでしょうか?




ひさびさに、赤坂サカス前のコーヒーショップでお買い物。




わんこは店内には入れませんが、お会計を待つ間
この階段でコーヒーショップのお水をもらうのが
休日のカプアン散歩の定番でした。




そのあと、赤坂サカスの遊歩道の散歩。




TBS本社前は夏のイベントの会場作りのようです。




このときは、まだ気温がそれほど高くなかったのですが
いまは9時でも30℃になるので、うかうかしてられません。
きょうの午後、東京都心は35℃を超え、はやくも「猛暑日」になったようです。




同じ日の夜の散歩。
まだ芝生養生中だった檜町公園です。




芝生でくつろぐ人が増えてきました。




東京ミッドタウンの芝生広場。
こちらも現在、夏のイベントの準備中です。




妙に、手足が長いカプアの勇姿。




アンジェロも手足は短くないですが、むしろ胴が長いです。




タワークレーンが2機になりました。
キリンのような動物が並んでいるようにも見えますし
巨人が2人並んでいるようにも見えます。
男女かな?




きょうのお別れの曲は、
1976年にリリースされた「スタッフ」のファーストアルバム「Stuff」の1曲目、
リチャード・ティー(Richard Tee)作曲の“My Sweetness” 「いとしの貴女」
この曲は、NHK-FMの音楽番組「軽音楽をあなたに」のテーマ曲でもありました。
当時中学生だった私は秋葉原の万世橋にあった「石丸電気レコード館」に
「Stuff」のLPレコードを探し求めに行きました。

スタッフのメンバーは6人でしたが、既に3人が鬼籍に入られました。
最近わたしのブログに「スティーブ・ガッド 死亡」というキーワード検索で
たどり着く方がいますが、ガッドは亡くなってないですよ。














■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会ねこ親会(保護犬・保護猫の譲渡会)および上映会のお知らせ
ぜひちばわんのいぬ親会ねこ親会へお出かけください。
どの会場も、入場無料・予約不要・見学自由です。


詳細は↑バナーをクリック!


参加わんこなどいぬ親会の詳細はこちらをクリック!
参加にゃんこなどねこ親会の詳細はこちらをクリック!
今回はいぬ親会のみ、屋外開催なので雨天中止の場合があります。


詳細は↑バナーをクリック!


7月17日(日)開催!詳細は↑バナーをクリック!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アンジェロ牙をむく〜 深谷かほる展

2016年07月01日 19時58分58秒 | わんこと病気の話



7月になりました。
写真は、きのうの朝散歩です。
6月30日は、1日いろいろ忙しい日でした。




氷川神社には今年も赤いキノコが出現しました。




きのうは「夏越の大祓式(なごしのおおはらえしき)」というお祭があったようです。

氷川神社のHPによると、
「夏越の大祓式」は1年の前半最終日にあたる6月30日に行われる神事で
12月晦日に行われる「年越(とごし)の大祓式」とともに
日常生活で知らず知らずのうちに犯した過ちや心身の穢れを祓い清め、
新たな気持ちで半年を過ごせるように祈願する節目の神事。だそうです。




行事食「夏越ごはん」がふるまわれたそうです。




午後にカプアンたちを病院に連れて行きました。
シビアな説明があっては困るので、カプアンママにも来てもらいました。




カプアはつきそいです。
診てもらったのはアンジェロです。




3日前のことですが、
いつものように、パソコンをしている私の左脇にアンジェロがやってきて
マッサージを要求したので、パソコン作業をしながら片手(左手)で
頭を撫でたり、胴を撫でたりしていたときに
指先に、いままでに無い感触がありました。

アンジェロの右側面、アバラ骨が終わったあたりに
直径3センチくらいの「鏡餅」が平たくなったようなシコリがありました。
慌てて左側も調べましたが、右側にしかありません。
動物の身体にできる「シコリ」というのは嫌なものです。
先代のサリーは乳がんのシコリの発見が遅れ
がんの転移で亡くなっています。

すぐに獣医さんの予約をして、病院に連れてきました。




今回診てくださる先生は、カプアが我が家に来た頃、たいへんお世話になったK先生です。
東洋医学の専門家でもあります。




とりあえず、待合室で問診。




なぜか、ガタガタ震えてびびりまくるカプア。




堂々としていたアンジェロも、
処置室に移る。と聞いてママに助けを求めます。

結局、みんなで診察室に入ることにしました。




診察台に乗せただけで「般若」になるアンジェロ(滝汗)




結果、こうなりました(汗)




どんな顔をしてるかな? と覗くと、目が血走しりながら怒っています。




にいちゃんガンバレ〜
きょうは自分の診察でない、と悟ったのか、余裕です。




通常シコリ(腫瘍)が見つかった場合、針で組織を採取し
良性のものか、悪性のものかを調べます。

しかし、アンジェロのシコリができた場所は
アバラ骨や「肺」が近く、採取中に身体が動いたとき
肺に穴を開ける可能性があり、眠らせて検査をしないと危ないと判断されました。

また、アンジェロはいまのところ
・シコリを痛がっていない
・元気も食欲もある
・他にも身体の数箇所に良性の脂肪腫があり、脂肪腫ができやすい体質
などから、今回のものも脂肪腫の可能性が高く
大きくならないかしばらく様子を見ることにしました。




ただし、常に触っていると、刺激を受けて大きくなることもあるので
あまり触らないでください。とも言われました。
「良からぬもの」なら、1カ月ほどで目で見てもわかるほど大きくなるそうです。
いまはよほど注意深く触らないと確認はできません。

われわれだけでなく、毎月お世話になっている病院のトリマーさんにも
注意してもらうよう先生から伝えてくださるそうです。




診察が終わり、先生からかわいいバンダナを巻いてもらい
ニコニコのカプアンたち。態度が変わり過ぎます(笑)




一番喜んでいるのはカプアかも。お兄ちゃん想いですからね。




普段あまり外で水を飲まないアンジェロも
緊張したせいか、お水をゴクゴク。




ここは危険だ、さあ帰ろう!




そのあと、お散歩を兼ねてある場所に行きました。

途中、こんな車を置いてある家がありました。
まだ現役のようです。凄い!
もしかしたら私が生れた頃の車かも(50年以上昔)




この道は前も通ったような・・・




やってきたのはTOBICHIです。
でも、今回は買い物に来たのではありません。




きのうから、「漫画『夜廻り猫』発刊記念 展覧会 深谷かほるの世界。」
が始まりました。
(7月10日(月)までTOBICHI2にて)




ついに発売されました。
夜廻り猫

著者:深谷かほる
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン
単行本:216ページ
発売日: 2016/6/30
定価:1,000円+税

こちらのページで、たくさんのサンプルと、深谷さんのインタビュー記事が読めます。




会場のTOBICHI2へ向います。




入口には夜廻り猫のキャラクターが描かれた巨大バナーがお出迎え。

スタッフさんに聞いたら、わんこも一緒にどうぞ。
と嬉しいお返事。




絵画展が行なわれている2階に上がったら
この日も、ゆーないとさんがいらっしゃいました。
カプアンたちのことを覚えていてくれました。うれしいなぁ。

この日の朝、「ドコノコ」にカプアの写真を載せたら
くしくも、ゆーないとさんからをもらったのでした。

カプアを撫でてくれたのは、やはりほぼ日の有名人「山下さん」です。
山下さんは「ぼくはうさぎ」という絵本を出版された
「かわいいもの」が好きな作家さんでもあります。




ほかのスタッフさんや、お客さまにまでアタックするアンジェロ。
診察台で「牙をむいていた」同じ犬とは思えません。(汗)




カプアは絵画鑑賞?
ちなみに、入口のバナー以外は撮影禁止です。(うしろに作品の一部が写ってますが、汗)

肝心の展覧会鑑賞は、犬が気になってゆっくり見られませんでしたが(汗)
思っていたより大作が多く、
画家と言ってもいいくらいすごく絵がうまい方だと再認識できました。

「夜廻り猫」は、毎晩1作ずつTwitterにアップされた力の抜けた軽いタッチの漫画ですが
出版に際し本に追加されたイラストを見ると画力のある方だとわかります。
また、弟さんも漫画家ですが、こちらは劇画タッチの作風の方です。
デッサン力のある血筋なんでしょうね。羨ましいです。




猫さんたちがメインの漫画を記念した展覧会なのに
犬たちが乱入して失礼しました。




きょうのお別れの曲は

ブラジルの詩人、歌手、作曲家、劇作家、小説家の
シコ・ブアルキ(Chico Buarque)さん作詞作曲の「カロリーナ (Carolina)」

歌・演奏は本人です。

「ブラジルの渡辺貞夫/渡辺貞夫とブラジリアン・エイト」の中の
貞夫さんの演奏も好きです。

ではまた見てくださいね〜













■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会ねこ親会(保護犬・保護猫の譲渡会)および上映会のお知らせ
ぜひちばわんのいぬ親会ねこ親会へお出かけください。
どの会場も、入場無料・予約不要・見学自由です。


明後日開催!参加わんこなど詳細は↑バナーをクリック!


詳細は↑バナーをクリック!


参加わんこなどいぬ親会の詳細はこちらをクリック!
参加にゃんこなどねこ親会の詳細はこちらをクリック!
今回はいぬ親会のみ、屋外開催なので雨天中止の場合があります。


詳細は↑バナーをクリック!


7月17日(日)開催!詳細は↑バナーをクリック!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加