ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

山本 彌(いよ)さんの『光呼展』-koukoten- がはじまりました。

2016-05-07 | 企画展・立体
 
山本 彌(いよ)さんの『光呼展』-koukoten- がはじまりました。
 










彌さんは、地元 さいたま市で活動する作家さんです。
フェルトとガーゼやさらし等の布を組み合わせて、キノコなどを制作されています。





オブジェだけでなく、ブローチやバッグに付けると素敵なリーフもあります。



春のキノコも元気な季節、さいたま市産の 彌キノコに出会ってください。



『光呼展』-koukoten-
山本 彌
2016年5月7日(土)~5月16日(月)
11:00 ~18:00(最終日 16:00まで) 5/10火曜休み
作家在廊日5/7・8・14・15
http://www.iyoyamamoto.com/
 
彌(いよ)さんの好奇心は「生命力」。
それは、動き回ることのない 植物や菌類が 環境に合わせて進化する姿だったり、種子やキノコが 風や水 他の生物の力を借りながらも 子孫を残すという生命を繋ぐ力。
表現するのは「繊維素材」。
強さと儚さ、共生する家族や仲間との生命の謳歌を感じて欲しい。
今回は 春の光を受ける やわらかな生命をイメージした新作も発表されます。
 
 
『工芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シラスごはん。 | トップ | 晴耕社 荒川尚也さんのガラス »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。