愛と情熱の革命戦記

猫々左翼の闘争日誌

科学的に考えることは、様々な政治・社会運動に必要である

2016年09月29日 18時07分10秒 | 日本国民救援会及び関連の活動

 誰かの言い分が科学的と言えるかどうかを自分で考えることは、日本国民救援会の活動をする際にも求められる(科学的に考えることは、あらゆる政治・社会運動に必要である)。その一つが仙台北陵クリニック冤罪事件である。

 時々、私がSNSで触れている仙台北稜クリニック筋弛緩剤冤罪事件(北稜クリニック事件)では、守大介さんが筋弛緩剤マスキュラックスを患者に点滴して殺したとして有罪判決を受けている。しかし、マスキュラックスの成分であるベクロニウム臭化物は短時間で代謝されるか、排泄されてしまう。医療現場でマスキュラックスを使う時には、医者は静脈注射する。それは、マスキュラックスの薬効時間の短さがあって点滴という悠長な方法では筋弛緩効果が期待できないからである(点滴で人を殺せるような薬剤を医者がどうして手術の際に静脈注射できるだろうか?)。このように考えると、点滴でマスキュラックスを守大介さんが患者を殺したとする、警察と検察の言い分のデタラメさが明らかになってくる。また、警察と検察の非科学的な言い分を裁判所が鵜呑みにして有罪判決を出したことは責任重大という他ない。

 上記のような医療現場で生じた冤罪事件では、問題となる薬剤の化学的性質などを検証する必要がある。自分自身は医者でなければ薬剤師でもないから薬剤に関する知識に欠ける。しかし、そんな私でも医者とか薬剤師に問題となる薬剤の性質を訊ねたり、医療従事者向けのサイトで問題となる薬剤の用途や性質を調べることで事態を判断できる。ある物事、ある人物の言い分が科学的であるかどうかを決めるのは科学者だとして、事実と様々な検証によって明らかになっている事柄について自分自身の頭で科学的に検証出来なければ、冤罪被害者を救出不能に陥ってしまうことすらある。

「科学的かどうかを決めるのは科学者である」と言い出せば、日本国民救援会の活動を一つとっても成立しなくなることが分かる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

To Zanarkand-Finale Fantasy X アルパ演奏:神山里映子

2016年09月13日 16時04分58秒 | ラテンアメリカの政治革新、文化等

 表題の「To Zanarkand」は、日本語では「ザナルカンドにて」ということである。ファイナルナンタジーXで使われている曲をアルパ奏者の神山里映子氏が29弦の小型アルパで演奏している(通常のアルパは36弦から37弦である)。何故、ゲームの曲をアルパで演奏した動画をラテンアメリカ関係のカテゴリーに入れているのか。その理由は、アルパがパラグアイなどラテンアメリカ諸国で広まっている楽器だということにある。ラテンアメリカの楽器・音楽について少しでも身近に感じてもらおうとすると、現在の日本で聴くことができる音楽を通じてのほうが受け入れられやすいだろうと思われる。そこで、敢えてゲーム音楽の演奏をこのブログで紹介した。

 演奏途中で神山里映子氏がアルパのレバーを動かしていることに気づくだろう。ヨーロッパのグランドハープと違ってアルパには半音を出すためのペダルがない。そこで半音を調節するめのレバーアルパが造られるようになる。なお、レバーがついていないアルパで半音を出すときにはジャベを指にはめて、これで弦を押さえながら半音を出す。

 アルパ(Arpa)は、スペイン語で竪琴という意味であり、英語ではHarpと表記される。元々、南アメリカ大陸には弦楽器が存在しなかった。しかし、16世紀にスペイン人が南アメリカ大陸へ行き来するようになるとアルパが持ち込まれるようになる。今と違って16世紀の世界には航空機が存在せず、大陸間を行き来するための交通手段は船だけだった。それも船にはエンジンがあるわけもなく、航海を行うための動力と言えば、主として帆に受ける風であった(蒸気船が実用的に持ちいられるようになったのは19世紀以降である)。従って、スペインから南アメリカ大陸へ航海するために要する期間は約3か月とか約4か月という長期に及んだ。月単位で人々が船の中で生活していくわけだから道中において娯楽の一つや二つは必要になってくる。音楽もその一つである。とはいえ、船にそうそう大きなものを持ち込むわけにはいかない。そこで小型のハープ(アルパ)が用いられるようになった。こうして南アメリカ大陸にアルパが持ち込まれるようになり、現地の人々が自分たちの音楽に合わせるように改良してスペイン人が持ち込んだハープ(アルパ)を現在のアルパへと発展させて今に至る。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

転落事故防止のため、ホームドア、可動式ホーム柵の設置促進を都知事へ要求する

2016年09月06日 22時26分16秒 | 都民のための都政をつくろう

 2016年9月6日(火)、セバタ勇区議会議員はJR平井駅南口駅頭で駅頭宣伝を行った。私も地元の党の同志とともに宣伝行動に参加した。私達は、日本共産党都議団の活動報告を行った。

 日本共産党都議団は、2016年8月29日、東京メトロ銀座線青1丁目駅で発生した転落死亡事故(2016年8月15日)を受けて再発防止とホームドア設置促進を求めて小池百合子都知事あてに申し入れをした。8月15日、東京メトロ銀座線青山1丁目駅で盲導犬を連れて歩いていた品田直人さんがホームから転落し、電車にひかれて死亡した。事故の詳細については、東京新聞の該当するページをご覧いただきたい。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201608/CK2016081702000136.html

 日本盲人会連合が実施したアンケートで、視覚障害者の約4割が駅ホームから転落した経験があると答えている。また、約6割の視覚障害者が転落防止のためにホームドアの設置を希望している。
http://nichimou.org/notice/160823-information-2/

 一方で、ホームドアや可動式ホーム柵の設置状況が都内706駅のうち32%(地下鉄58%、JRと私鉄20%)にとどまっている。日本共産党都議団は小池百合子都知事に対策を急ぐように求めた。応対した都の担当者は、「大事なことだと認識しています」と答えた。

 小池百合子都知事に対する日本共産党都議団の主な要請内容は以下の通りである。

  • すべての駅の危険箇所の実態を把握し、駅員や利用者に周知・徹底する。

  • 危険な柱にラバーを巻いたり、転落防止の効果がより高い点状ブロックの全駅への敷設を勧める。

  • 国と連携して、ホームドアや可動式ホーム柵の具体的な整備目標と計画を定めて、設置促進を図る。

  • 点字ブロックが柱などによって塞がれている都営地下鉄の岩本町駅と東大島駅の可動式ホーム柵設置を前倒し実施。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 亀戸中央公園花火大会

2016年08月20日 21時52分35秒 | 雑記帳

 ブログの更新が滞ってしまいました。本日、亀戸中央公園で花火大会がありました。クライマックスの一コマを動画に収録しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都民の声を聴く都政を誕生させよう!

2016年07月30日 23時28分03秒 | 都民のための都政をつくろう

 上の写真は、2016年7月25日にJR亀戸駅近くのアンフェリシオン(旧平安閣)で行われた鳥越俊太郎個人演説会の時に撮影したものである。

 いよいよ、明日、2016年7月31日は、東京都知事選挙投票日である。このような事態が生じたのは、舛添要一前都知事が政治とカネに関わる不祥事のために辞職を余儀なくされたことによる。猪瀬直樹元都知事に続いて2代続けて都知事が政治資金に関する問題で辞職するという前代未聞事態が生じているのである。都政の私物化を防いで都政を都民の手に取り戻すのが今回の東京都知事選挙である。

 保育園不足に起因する待機児童を解消することに関して鳥越俊太郎都知事候補は、数を減らすために乳幼児を狭いところに詰め込んでおけば良いというのではなくて健全な発達保障の観点から待機児解消を掲げている。特養老人ホームの待機者をなくすことでも鳥越俊太郎都知事候補は人間らしく生活していかれるようにすることを基点としている。

 東京都知事選挙の告示日には、政策がまだ具体的に定まっていなくて何を語れば良いのだろうかとさえ私は思ったが日を追うごとに政策が具体的かつ住民の利益に合致するものとなってきた。それは、鳥越俊太郎都知事候補が選挙で街宣するだけではなくて特養老人ホームなぎさ和楽苑を視察したり、保育問題などで当事者の声に耳を傾けにいくなど、困ったを希望に変えるために鳥越俊太郎都知事候補が当事者の声を直接聴くことをしていたからである。

 石原都政が誕生してから都政は都民の声に聴く耳を持たない傾向を強くした。石原元都知事は、在任中に憲法を認めないだとか「憲法を命がけで破る」、「憲法第99条違反で結構」などと不規則発言を都議会の答弁の席で繰り返しさえした。憲法を踏みにじり、都民の声を聴こうとしない都政の在り方を根本的に切り替えて都民の声を聴く都政を作ることが重要な論点である。このことを考えれば、候補者の中では鳥越俊太郎都知事候補を都知事になるにふさわしい。都知事が都民の声を聴くことは、あらゆる政策の前提として最も大切なことである。よって、都民の声を聴く姿勢をどれだけ真剣に持っているかが都知事の資質として重要になってくる。だからこそ、私は、たんに野党共闘の推薦候補だからというにとどまらず鳥越俊太郎都知事候補の勝利を勝ち取ろうと街頭宣伝やビラ配布などをしてきたのである。

鳥越俊太郎公式サイト
http://shuntorigoe.com/

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加