愛と情熱の革命戦記

猫々左翼の闘争日誌

九州地方地震の救援募金へのご協力のお願い

2016.5.23 日本共産党演説会−自公勢力及び補完勢力を少数へ追い込んでいこう

2016年05月24日 11時04分05秒 | JCPの活動、国民運動、国内の政治・経済等

 2016年5月23日18時30分より東京国際フォーラムにて日本共産党の演説会があった。会場には多くの人びとが来て、会場は5,000人の定員であったが入りきれない人々がロビーで中継を聴いていた。

 メイン弁士を志位和夫委員長が務めた。志位和夫委員長は、参議院選挙における32の1人区で野党統一候補が実現する見通しになったことを報告し、自公を打ち負かして勝利するために全力を尽くす決意を述べた。参院選にける日本共産党の躍進の可能性を汲み尽くす奮闘への志位和夫委員長の呼びかけに会場では盛大な拍手が鳴り響いた。

 日本共産党は東京選挙区において山添拓弁護士(31歳)が立候補予定である。比例では田村智子参議院議員が立候補予定である。立候補予定の人と志位和夫委員長(衆議院議員)並びに小池晃書記局長(参議院議員)が肩を並べて党躍進へ向けて奮闘することをアピールした。

 なお、衆議院解散総選挙が持ちこまれる可能性をふまえて日本共産党は衆議院小選挙区においても候補者を擁立する体制を作っている。演説会では、衆議院小選挙区で立候補予定として発表した人々をあわせてアピールした。

 近頃、様々な地域における日本共産党の演説会で会場の容量を超える程の聴衆が集まっている。このことは、フィエスブックなどでしばしば垣間見る。安倍自公政権の憲法無視の暴走を止めるために日本共産党への期待が高まっている。

 参議院選挙でも衆議院解散総選挙でも日本共産党と野党の勝利で自公勢力及び補完勢力を少数に追い込んでいこうではないか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

足の上に尻尾を乗せられる

2016年05月20日 23時03分30秒 | 猫たん

 近所の猫を相手にしていると画像にあるようにしばしば足の上に尻尾を乗せられる。何故だろうか。

 ちゃあ坊もこんな風に尻尾を足の上に乗せてくるよね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫の手も借りたい

2016年05月12日 10時35分42秒 | JCPの活動、国民運動、国内の政治・経済等

 故事成語に「猫の手も借りたい」という言葉がある。これはネズミを捕ること意外に何の役にも立たないような猫であっても、その手を借りたいと思うほど忙しいことを言い表している(相手に面と向かって言うと失礼にあたる)。

 今年の参議院選挙は、6月23日公示・7月10日投票日と言われている(2010年選出の参議院議員の任期満了日は2016年7月25日である)。参議院選挙本番まで1ヶ月半(公示までの間)程度である。ビラの全戸配布、電話作戦など何をするにも人でが足りなくてやりきれん。「猫の手も借りたい」を理屈抜きで肌身に染みるのが選挙である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年5月3日 「5.3憲法集会」に参加した

2016年05月05日 10時18分47秒 | JCPの活動、国民運動、国内の政治・経済等

 2016年5月3日13時より有明防災公園にて「5.3憲法集会」があった。集会の参加者数は昨年を上回り、約5万人が参加した。5月3日の憲法記念日に基づく「憲法集会」そのものは毎年行われている。とはいえ、国会に議席を持つ政党の中で憲法集会に参加したのは、日本共産党と社会民主党だけであった。今年の憲法集会では、戦争法廃止と立憲主義回復への国民要求と運動が反映してか、日本共産党と社会民主党に加えて民進党と生活の党も参加した。安倍自公政権と補完勢力以外の野党が立憲主義回復をめざして憲法集会の場に一同に介したことは、画期的なことであり、国民運動と世論が政党と政治家を動かしていったことを如実に示していた。

 ここに掲載している写真を見ると多少隙間があるように見えるだろう。私は集会の会場まで江戸川区平井から自転車で行ったためにわりと端の所にいて写真を撮っていた。会場の中央部分はもっと人でびっしりだった。

 集会のゲスト挨拶、政党挨拶、リレートークが終わった後にはデモが始まった。デモ行進のコースは、台場コースと豊洲コースの2つに分かれていた。

 私は豊洲コースに加わった。とはいえ、自転車で会場へ行った私はデモの隊列の中には直接的には入れない。だから厳密には私はコースの脇の歩道を豊洲へ向かって自転車で走行した。 戦争法廃止と立憲主義回復をめざすための集会やデモ行進では、自分の知る限りどこへ行っても野党と市民の共同の力で安倍政権打倒が要求として掲げられている。

 日本国憲法第13条には『すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。』 と書いてある。また、第9条には、『日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。』とはっきりと書いてある。国家の命令により殺し合いをさせられることは、基本的人権の根本を侵害すると言えるであろう。実際問題、アメリカなどでは戦争へ駆りだされた少なくない軍人が任務を終えた後に深刻な心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しみ社会生活に重大な支障をきたしている。言うまでもなく、戦争では最も弱い立場にある子どもたちが最も苦しむ。戦争は集団的殺戮行為であり、人権侵害の最も深刻な形態の一つである。従って、日本国憲法第9条の戦争放棄の条項と第13条の幸福追求権の条項は切っても切れない関係にあると考えられる。だからこそ、5.3憲法集会のデモ行進の際には横断幕に「平和といのちと人権を」が掲げられているのである。

 安倍政権は、集団的自衛権行使容認閣議決定と戦争法の制定を強行するという前代未聞の憲法蹂躙政治を行っている。このことが立憲主義を擁護するという点で様々な政治的傾向の野党の共同を促した。現時点では自民党と公明党及び補完勢力は国会で多数の議席を有している。しかし、今年の7月の参議院選挙では1人区で野党統一候補擁立の動きが進んでいる。4月24日の衆院北海道5区における補選では、無所属の野党統一候補として池田真紀氏が立候補し、様々な不利な条件(公職選挙法の歪みなど)にも関わらず自民党公認候補とほぼ互角の闘いをした。池田真紀氏の当選を勝ち取れなかったことは、残念なことである。しかし、衆院北海道5区の闘いでは野党が力を合わせることで自公政権と互角に渡り合えることが現実を以って明らかになった。今後、国政選挙における野党共同は、いっそう強まっていくだろう。このことが「5.3憲法集会」で4野党の代表者が参加して挨拶したことに現れている。

 野党と市民の共同で安倍政権の命運を尽きさせようではないか。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第87回中央メーデーに参加して(番外編)

2016年05月04日 16時47分14秒 | JCPの活動、国民運動、国内の政治・経済等

 全労連などが実行委員会を作って成り立っている中央メーデーの際のデモ行進の時には東京土建の各地域の支部が作っているデコレーションを見かける。これは一種の見ものである。

 「若者達の輝く未来へ」ということで「ねこまっしぐら」とネコバスのデコレーションがあった。何故にネコバスなのかというツッコミはしないでくれ。

 囚人服を模した服装は、安倍自公政権が企んでいる監視社会への策動を皮肉ったものである。

 日本は地震列島である。地震に強い家造りは日本で暮らしていくために重要である。

 他にも東京土建のデコレーションが数多く披露されていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加