ぐだぐ駄日和

漫画描き合川イサキの、ぐだぐ駄な日常を書いてます。

使用機材 デジタル編その1

2008-09-08 | メイキング
カット絵で使うペンダント 意外とめんどくさかった!!orz  

「アナログ編」をやったので、ついでに「デジタル編」を。
講座とか大層な物ではなく大ざっぱな工程だけなので、具体的なソフトの使い方などは ここここのサイトが有名所でお勧めです。

『デジ原に移行したいので、大ざっぱな工程が知りたい』『デジ原に興味があるのでどんな物か知りたい』 というつまり2ヶ月前の自分向けです。

ペン入れまでアナログで、仕上げのみデジタルのやり方です。


◆使用機材◆

PC
Intel Core2 2.66GHz
メモリ3G

スキャナ(A3サイズ)
エニスルMustek ScanExpress A3 USB 1200PRO

プリンター(A3レーザー)
Canon LBP3500

ペンタブ
intuos3

使用ソフト
フォトショ6
コミックスタジオ4EX



◆手順◆


1.ペン入れした原稿を用意する。
ペン入れまでの作画手順はモノクロイラストの1-4と大体同じ。
手前の小さいのがネーム(作画に入る前の絵コンテみたいなもの)で、奥のでかい方がペン入れした原稿です。

原稿の下描きに入る前にプロットで話の大ざっぱな構成を決め、ネームで細かいストーリー・コマ割り・絵の構図を決めておきます。大体ネームまでが漫画製作過程の3分の2です。残り三分の1が作画なわけです。





2.スキャナで原稿をパソコンに取り込む


スキャナ読み込んで
   ↓


Photoshopというソフトに取り込みます



3.Photoshopで線画を整える(補正)


ちょっと見にくいですが、補正なしだと線がとぎれてるのがわかるでしょうか。漫画の絵のキモは線なので、補正をちゃんとしないとヒサンな事になります…



4.Photoshopに取り込んだ原稿をコミックスタジオに読み込む

コミックスタジオ、通称コミスタという漫画制作ソフトに画像を読み込みます。


これで「パソコンで原稿の仕上げ」をする下準備が終了です。

力尽きたので明日に続く デジタル編その2へ

励みになります
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画制作へ
お手数ですがポチっとお願いします
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 使用画材 アナログ編 | トップ | 乾パンで飢えをしのぎました »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ! (noaakira)
2008-09-08 17:15:28
おぉー!
ためになります!
続きを楽しみにしています!

ありがとうございます!
コメどもです! (イサキ)
2008-09-10 04:24:47
すごく大ざっぱな工程ですが
少しでも参考になれば幸いです~

講座を書いてる人たちはすごいなあ…

コメントを投稿

メイキング」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。