等阿弥の想う処

朱地等阿弥の投網日記

おいてきぼり

2016-11-12 05:38:32 | 楽器
 友達の多い希美と、希美が唯一の友達のみぞれ。
 希美が、みぞれを残して、多くの友達と退部してしまった。
 残されたみぞれには、希美との出会いで手にしたオーボエに取りすがって、この1年、過ごしてきた。

 お話としては、二人のいびつな関係が修復されたわけです。

 ーーー

 僕が小学5年の時の話。
 わが校には鼓笛隊がありまして、5、6年生で構成されます。
 下級生にとっては憧れのチームだったので、5年生になった僕たちはクラスの半分ほどが入隊願いを出したです。
 
 さて、最初の顔合わせの時、僕は音楽室に行ったのですが、僕のクラスの男子は、僕ともう一人しかいなかった。
 多くのクラスメートは、その前に、入隊願いを取りさげていたのです。
 その理由。
 鼓笛隊の練習は、合同練習が、毎月曜日、4時から5時まで。
 それ以外にもパート練習がある。
 やめた連中の多くは、パレードなんかの直前、1週間くらいしか練習はなく、普段は何もないと思ってたようで、毎週練習があると、遊べない、と結論を出したようです。
 
 その場にいた僕ともう一人は、僕は彼らと友達でなかったので、話が僕のところに来なかった。
 もう一人は、やめる話し合いがあった日、病気で学校を休んでいた。
 
 鼓笛隊の顧問は、僕のクラス担任でもあったので、自分のクラスから多くの脱落者が出たのには、さぞがっかりしただろうな。

 翌年、僕らの活躍が、学校の内外で評判を呼んでたもので、くだんの連中も入隊してきたのですが、彼らは5年生と同じレベルですから、全体としては、つまんない演奏しかできませんでした。

 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「私は(コンクールが)好き... | トップ | 無音の演奏 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

楽器」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。