ひと対ひと。すべては楽しみながら。

仕事も遊びも、男も女も、昼も夜も。すべて『人と人』!
楽しみながら、単純に。できる事からやろうよ。^^江浦誠、56歳。

第32回 『 天草倶楽部 』 でした。

2015-10-08 01:30:25 | Weblog



http://amakusa-club.com/





第32回の講師の方は、村上範年さん。
熊本市の新町で村上カラシレンコン店を営んで居られます。


今回、村上さんからお聴きしたかったことはたくさんありました。
そして、たっぷりとお答えいただきました。

『 天草倶楽部 』 でのお話しはもとより、行き帰りの車中も昼食中も。
そして、寄り道した Ama-biZ さんでも。




今日は、総勢11名。



本業の村上カラシレンコン店さんは、あの新町で、地域密着店でもありますが、
県外からも桁外れの数の注文も。

そして、カラシレンコン作り体験も取材もひっきりなしなんです。

どこにその秘訣があるのか。





そして、まちづくり。
この右手に持っておられるものこそ、そのこだわりのひとつ。
『 何のためにそれをするの? 』 が隠されています。





地域活動に取り組んでおられる方々でも、NPOを運営しておられる方々でも、
関わる人たちをどう確保するか、どう増やしていくかにとても苦心されています。
そこが一番の悩みと言ってもいいくらいです。

そこをリードしてきた村上さん。
それも、同年代や後輩たちだけでなく、先輩方をも巻き込み、巻き込まれてきました。

いろんな仕掛けもしてこられました。
つい先月再開通した段山トンネル。
昨年工事期間中には、そのトンネルで “ ディスコ・パーティ ” を開催しておられます。
そのきっかけやエピソードはぜひ、村上さんの言葉で聞いて欲しいです。


行政や自治会や消防団や商店街や町内会、そのほかにも多くの方々とのお付き合いから
その方々とのさまざまな取り組み。

ホントに上手に巻き込んでおられるし、巻き込まれておられます。
そのように出来る秘訣はどこにあるのか。



“ なるほど ”  “ そうだ、そうだ ” と頷くところが多々ありましたが、
案外、一番の秘訣はこの笑顔にあるのかもしれません。

 

終盤にあった参加者の方からの質問。
そして、その質問への回答から、また質問・また回答とやり取りをしているうちに
質問された方の今後の取り組みにも変化が起きそうな予感。 


こんな場面を見ると、今日も開催できて良かったなあと実感します。 
今回も力をいただきました。 






今日も楽しみながら♪

 





 




☆私も書いてます☆
   ↓↓↓

  夢を形に・起業家たちの人間力―かなり不揃いの起業家たちVol.6
中尾 吉宏
本の泉社

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大矢野まで。 | トップ | 納骨式。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む