Any way I want it ~お気に召すまま~

自分の世代を遡って60~80'sの洋楽を一刀両断!!(?)いわゆる「“私の”お気に召すまま」のブログです☆★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ロンドン1人旅~3日目~

2012年11月01日 23時44分09秒 | British Rock
さ~てさてさて、ロンドン旅行も折り返し、3日目に突入。
前日の10時就寝がきいたのか、早朝にまたしても目覚める87chan。
(関係ないんじゃ。。)

この日の予定は、午前中にロンドン市内観光(HISのオプションツアー)、午後はフリー。
市内観光は、ビッグ・ベンやウェストミンスター寺院、グリニッジ天文台等の
(おいおいネタバレじゃないかwww)
誰もが知るや観光スポットを効率的に巡ってくれるすんばらしいツアー。

そんなwktkな私の心、そしてすんばらしい程の曇天です(白目)。
集合はピカディリー・サーカス駅出てすぐの三越前!

▼見よこの曇天を。。


まぁ今回のロンドン旅行の目的はあくまで「ビートルズ聖地巡礼」ですので
オプション程度でいいだろう、という考えだったので
(ロンドナーに聞かれたら張り倒される)
とりあえず写真パシャパシャ撮っとけという感じでした。

ツアーはバス移動で、観光ルートとしては、
ロンドン塔・ミレニアムブリッジ(下車、遠目で見るだけ)→セントポール大聖堂(バスで通過)
→グリニッジ天文台(下車)→ウェストミンスター大聖堂、ビッグ・ベン(下車)
→バッキンガム宮殿にて衛兵交代式見学→解散、という流れ。

グリニッジ天文台といえば、世界の経度の原点である本初子午線。
なんと、子午線のあるエリアは有料で入れないとのこと。
鳩がしれっと入場してっぞ…!!!!


▼門の隙間からカメラを突っ込み撮影(手前の線が子午線)


▼デメェ、金払えやゴルァ( ゜Д゜)


…そんなムキーな私をよそに、ここ以外にも写真撮れる場所ありますから、とガイドさん。
はよ言わんかい!


▼子午線をまたいでの撮影はみなさんお決まりでしたw



このあとはビッグ・ベンとウェストミンスター大聖堂前で下車、そして撮影。
大聖堂、とっても綺麗だったんだけど、スケジュール上入場はできないのが残念。
中に入ってミサなんかも見たかったのが正直なところ。


そのあとはバッキンガム宮殿にて衛兵交代式を鑑賞。
衛兵さんは、サマータイムという時差の調整期間に合わせて
衣装の衣替えをしているそうで、この日がなんと夏服の最終日!

…なのに私衛兵さんの写真撮ってないだなんて!!!!!
ばかー!まぬけー!!!(動画を撮るのに必死だった私。。)

宮殿では、女王の在宮中は王室旗を掲げ、外出中は英国旗を掲げることになっていて
ちなみにこの日は、最初は王室旗だったのに、パレード後は英国旗になってました。
女王はパレードの間に外出されたんですね^^
意外に近い距離にいたのね…!

▼撮影後に知ったのであった。。
 ⇒ 




午前中はこれにて市内観光終了。お昼ごはんの時間です。
初日の夕食:TESCOで購入したサンドイッチ(マズかった)
二日目昼食:F&C(美味しかった)
二日目夕食:TESCOで購入したフルーツ(まあまあ)←初日のを学習しろw

…これまで3戦1勝2敗だったロンドン食事事情。
これ以上借金を背負うわけにいかん(メラメラ

ガイドブックにも掲載されているベジタリアン向けの「Food for Thought」へ。
テイクアウェイしたはいいものの、どこで食べたらいいんだ…と路頭を彷徨う87chan。

公園はどこだぁー(´Д`;)とウロウロしていたら大英博物館に到着するというミラクルwww
そのまま大英博物館前で適当に腰掛けて食べました。
キッシュとサラダ、とっても美味しくて大当たり!!!
やっと、「美味しい!」といえる食事に出会えました…!!!

▼3日目にしてようやく大勝利



キッシュをモグモグした後、大英博物館に入場しましたが
なんせ87chan、西洋史が全っっ然分かりませんの。理系ですの(関係ねえ)。

凄いのがたくさん飾ってあるんだろうけど全然凄さが伝わってきませんの(涙)
感じるのは、スゲェ!とかデケェ!とか、子供以下の感想程度。
あとはテキトーに命名してみたり。

…正味40分程度で出てきてしまいました。

▼命名「ぶどう王子」



おつぎは、また来た道を戻り(何故)Neal's Yardという小さな一角の広場へ。
アロマコスメのお店「Neal's Yard Remedies」の店名の由来となった場所です。
とってもカラフルで可愛いの(´ω`)
オープンテラスもあるので、ここでお昼とか最高ですね。うむ。

▼マ、マイナスイオンが見える…(ばかたれ
 



散々歩いて、なかなか疲れていましたが、私の中の無駄な体育会系魂が
スケジュール通りに、行くとこは行け!とうるさいもんですから
この後ナショナル・ギャラリーにて2時間ほどじっくりと鑑賞してきました。
いや、まぁ確かにここは行きたかったからイイんだけどね。

見終わったのが19時くらいかな?
F&Cを食べて帰ろうかと思いましたが、思うように言葉が通じず
テイクアウェイしてホテルで食べることにしました。

F&C持って地下鉄乗るもんじゃないね。。空いてたからよかったけど。
そしてF&Cって冷めるとやっぱりまずいのね。。


意外と言葉が通じないのがダメージ大きいなと痛感した1日でした。
この辺からお店に入るのがちょっと苦手になってきたかも。。


さて、明日は現地観光最終日!
87chanは言語の壁をどうやって乗り越えるのか!!!?
まだまだ続きます。お付き合い頂けると幸いです。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロンドン一人旅~2日目・後半~

2012年10月31日 22時17分08秒 | British Rock
さてさて、2日目後半に入ります。


ビートルズフィルムツアーのガイドさんにMarylbone駅で降ろしてもらい
こっからは一人でビートルズ巡礼の旅!!!!!

マリルボーン駅といえばA Hard Day's NightのOPのシーンですね!!
狭い路地裏を大勢のファンから追いかけられるというシーンがOPなんですね。

▼ジャーン!!イッツビーナハーデーイズナァイ♪


▼まんま!!(右はビートルズ目線wwせっま。)
 


途中、ジョージが見事な伝説のズッコけを披露してくれるんですが
確かに狭い。街灯なんかが立ってる部分は成人男性1人通るのがやっとっていうくらい。


そして御一行様(笑)は駅構内へ走ってゆかれます

▼ここのサンルーフもそのまま残されてて嬉しい限り^^^^




そのあと向かったのはあの伝説の横断歩道(by マーティ・フリードマン)
地下鉄で2駅乗り継いでSt. John's Woodという駅へ。
駅の真ん前にはビートルズコーヒーショップっていうめっちゃ小さいけどグッズを売ってるお店がありました。
うーん、物色したけどあんましイイのなかったのでスルー。
なんといっても横断歩道の後に人生初のアフタヌーンティを控えていたからね…!!!



駅から歩いて5分ちょい(ほんとに駅から近い)右に曲がるとすぐあの横断歩道が…

▼ズバーン!!!!!!!



そしてその先を観るとあの白い神聖な建物…

▼ドバーン!!!!!!(変な効果音やめ



そして含み笑いしながら伝説の横断歩道(by マーティ・フr)を渡る私を記録していたであろうウェブカメラ

▼ヌバーン!!!!!!(最早効果音ではない




あぁあぁぁぁあああジョージがおしゃれな黒ハットをかぶってスタジオに入る映像が目に浮かぶよ…

▼あのジョージはお洒落だった




もちろん周りには同崇拝者さんがたくさんいましたwww

▼落書きだらけになったスタジオの門


▼奥のバックパッカー兄ちゃん、さりげなく塀にメッセージを書き込んでいたw



ウチらからしたらアレは落書きじゃなくって、いわば足あと帳みたいなもんです(笑)
でもハタからみたらただの落書きです。
気持ちは分かるけど、公共物なので落書きはやめましょうね^^;

あと、交通量が多いとは聞いてたけど、そんなになかった。午後でも。
でもその代わり通る車はスピードめっちゃ出してた^^;



そのあとは、スタジオ近くにあるポールの持ち家へてくてく。
こちらも徒歩5分ほど。

フィルムツアーのガイドさんによれば、角を曲がって茶色の門の家だよ、としか聞いてなかったので
おそらくこれだろう、っていう写真は収めてきた。
家の前に、スーツ着たボウズ頭のイカツいお兄様がちっちゃな無線マイクみたいなのでぼそぼそ喋ってたから
…も、もしやSP?!?!?!;;;;と怖気づいちゃって(ポールの家かどうかもまだ確定してないのにww)
たった1枚しか写真撮れなかったw

全然関係ないただのビジネスマンだったらウケるんだけどさww

▼ビビリっぷりがハンパない




このあとは近くのRichoux(リシュー)というカフェでアフタヌーンティを予約してたんだけど
時間が余ったので、近くのSt. John's Wood Churchという公園で休憩。。
リスに餌をやるおじいさん、目線頂きました。

▼ちょっとダース・ヴェイダー役の俳優さんに似てる(こら



このあとに行ったカフェ、Richouxはとってもおしゃれなお店で
品の良いお客様がたくさんいらしてました。(St. John's Woodは高級住宅街らしい)
もちろんポールは数年前にも来てたみたいだし、ビートルズ時代も4人で来てたみたいよ。
スタジオ近いもんね、納得。

店内1階には4人が紅茶をすする姿が写真で飾られてました!(ばっちり見える席にいたのに何故撮らなかったんだろ。。
でも4人みんな机のうえに足のせてて驚いた笑
確かAHDNでダンスホールのシーンで、ジョンと会話してた女性が机の上に足載せててこれにもビックリした記憶があります。
英国人皆それをやってる感じではなかったので…お育ちの問題?^^;

しかもこのお店で、さきほどのリスに餌付けしてたおじいさんとまさかの再会ww



お店を出たのは17時ごろ、そのあとは地下鉄に乗って
チャリング・クロス駅(ナショナル・ギャラリーの近く)とレスター・スクエア駅(ミュージカルのシアターがたくさんあります!)を何故か徒歩で行ったり来たり。
相当な時差ボケだったのか、何往復かした気がします。無駄に(笑



かなり歩き疲れたので19時ごろにはホテルに戻って
テスコで購入したフルーツを食べて、アメリカンアイドルみたいな番組をただボーッと3時間も見て

…寝た。

時差ボケが本当に酷くて、翌日の行動プランとか考えようにも全然頭に入らない!!!!
もういきあたりばったりだぜー!って開き直って寝た気がします。10時とかに(早



3日目はロンドン市内観光(オプションツアー)とロック巡礼の旅です!
また前半・後半に分けることになりそうです!

ではでは~^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロンドン一人旅~2日目・前半~

2012年10月30日 21時24分48秒 | The Beatles
ロンドン旅行2日目。

時差ボケのため、5時前に目覚めました。。

この日は9:30~ビートルズフィルムツアーで、それまでめちゃくちゃヒマだったので
隣駅のKing's Cross駅へ。

ここはハリー・ポッターでホグワーツ行きの機関車が出る9 3/4番線がある駅なのです!
とりあえず1作目でハリーとハグリットが渡った高架んとこは見つけたんだけど
肝心の9 3/4線のモニュメントが見当たらない…!!!
(※ちゃんと後日発見しました。追って書きます。)

んでホテルに戻って朝食。コンチネンタルブレックファスト(火を通さない食べ物)で質素だったけど
学生にゃ十分でしょ。朝食べない自分からしたらあるだけで天国よw


そしていよいよビートルズ・フィルムツアーへ!!!
このツアーはロンドン市内にあるビートルズの映画ロケ地を車でまわってくれるっていうマニアにはたまらんツアー!!
ガイドさんは現地お住まいの日本人。助かる~^^
他にもアビイロードやそのたゆかりの地を歩く市内ウォーキングツアーもあるそうです(さりげなく宣伝乙

ガイドさんがホテルの下まで車で迎えに来てくれて、いざ出発!!!!



最初に向かったのは、アポロシアター。
昔のハマースミスオデオン。クイーンが70年代に毎年コンサートをやってたので有名ね。

で、別に中を見たいんじゃなくて、お目当ては非常階段。
そう、A Hard Day's Nightでビートルズが非常階段からこっそりとサボタージュしちゃうところね!
Can't buy me loveが脳内再生されて、ちょっと感動。
48年経った今でもほんとにそのままなんだもん。

▼感慨深いものがあります


例えば、ショウの日にある程度準備が進むと、表からこの非常階段への通り道は
バリケードでふさがれてしまうので、入ることができなくなるそうな。
たまーにこのツアーでも、なくなくこの場所を後にすることもあるそうです。。



さて、次に向かったのは、Help!に登場した4人の家。
閑静な住宅街といった感じで、車から降りた途端あの景色が!!!!!
午前中は寒くて、映画の中もちょっと寒そうな時期だったなぁ~とか想像しながら写真をばちばち。
なんだかよくわかんないけど、とりあえずテンションが下がらない笑

カイリ~!のあの人のマンホールもあったよ!!!!笑

▼左から5番(リンゴ)、7番(ジョン)、9番(ポール)、11番(ジョージ)が撮影に使われたそうな
 

▼11番地には実際にお住まいの方が!!!いいなぁw


▼形はちょっと不思議だったけど、例のマンホール





続いて、トゥイッケナム・フィルム・スタジオへ。
A Hard Day's NightやHelp!の屋内のシーン撮影はもちろん、涙の乗車券やヘルプ、デイ・トリッパー等のクリップの撮影もここで行われたのよー!!!!
どんだけバカでかいとこなんだろ…って想像してたけど、意外とこじんまりとした建物が集まったところでした。
タイプライターのあの写真は、スタジオの外で撮影されたんだよー!
ちょうどバンが停まってたので仕方なくその前で写真撮ったけど、ハタから見たら何の撮影だよ、ってツッコミ所満載な写真でございます笑

▼何の写真?笑


そしてこれはホントにマニアックなスポット、サウス・ウェスタン・ロード。
Help!でリンゴの災難、と題された、郵便ポストに手を入れたら手を掴まれたシーン、体重計で指がちょん切られそうになったシーンが撮影されたとこです。実はほんの数メートル離れたところで撮ったそうです。

そしてそしてそのすぐ後ろにはA Hard Day's Nightでリンゴが一人でさまよったときに寄ったパブで
グラスは割るはダーツ投げればオウムがギャーギャー言うわで追い出された場所です笑

そう、この3つのシーンが同じ通りで、しかもホントに30メートル以内のところで撮影されてたなんて思いもしなかった~。。
ただ、残念ながらこの通りは大分整備されちゃってて、体重計のシーンなんて後ろはお店だったのに
今では住宅街に姿を変えてしまったので、全然面影ナッシングでした。ぐすん。


▼ただの閑静な住宅街になってました。。


けどけど、パブ「Turks Head」の出口は映画のまんまだったよ!!!!!

▼奇跡!!!!!!
 


タネ明かしをしてしまうと、Help!の4人の家、ウェスタンロードは
室内シーンを撮影してたトゥイッケナム・フィルム・スタジオから400メートル以内にある場所で
いかに移動時間を惜しんでいたかがわかるかと思います。
地図でみるとめっちゃ近くて笑えます。


そして次に向かったのはロンドン市内から少し西に離れたキューブリッジ。
テムズ河沿いでThis BoyをBGMにこれまたリンゴの一人放浪シーンが撮られた場所です。
このとき残念ながら満潮だったので、リンゴが歩いた川岸は水の中。。

▼残念…



最後に向かったのはCity Bargeというパブ。
Help!でトラが出てきたパブね!なんでトラ?とかなんで第9でおとなしくなるの?とか
ツッコミどころ満載のシーンです。

▼細~い通路(左)を出たところですれ違ったバグパイプ集団からの襲撃を受け(中)、パブに逃げ込む(後ろ)
  

ほんとにあのまんま!
でも店内のシーンはスタジオだったので、残念ながらあのカウンターは存在せず笑
けど、店内にはビートルズの写真が数枚飾ってあったよーん^^

そしてここで最後だったのでお昼をいただきました。
ガイド分も私負担です(そういう設定のオプションです

▼初フィッシュアンドチップス!!!!!


このフィッシュアンドチップスはカラッとしてておいしかった!!!!
あんまり脂っこくなかったよ^^ …残しましたが←



そんで、解散場所はロンドン市内ならどこでも、ということだったので
マリルボーン駅まで送ってもらいました!

なんでこの駅かって?

ハードデイズナイトのOP(ファンに追っかけられるシーン)が撮影されたとこだからですよ!!!!笑
ガイドさんもそうとなればノリノリで、駅ちょっと手前で降りることになっちゃったけど
ちゃんと駅までの道も教えてくれました!撮影場所もね笑


…と午後編も書きたいところですが、これだけでも大分長いのでいったんここで切ります!

午後はあのアビイ・ロード前も行ってきましたよ!!!
こうご期待^^^^







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロンドン一人旅~1日目~

2012年10月30日 20時29分31秒 | British Rock
ただいまトーキオ!!!!!
10/24-10/29でロンドン6日間の一人旅に行ってきました!!!!!!

6日間といえど終日自由だったのは中3日のみ…!!!
でもとっても充実した3日間でしたー\(^o^)/



24日(水)は殆ど飛行機だったけどねー^^^^
でも観光で海外行くのって初めてだったからテンションが上がりっぱなしで困りましたわ(笑
飛行機はなんと嬉しいことにBA(ブリティッシュエアウェイズ)!!

▼乗った瞬間からイギリスでした(最早何て言ったらいいかわからんw


CAがみんなイケメンでテンションだだ上がり\(´∀` )/=\( ´∀`)/ヒャハーーーーー
ホレてまうやろ!!!!恐るべしブリティッシュマジック…
ただ、女性はちょっぴりガタイのいいお姉さまたちでしたw

▼CA(男性)はこんな感じ(※87chanの目にはこう見えていたらしい)





12時間のフライトはかなーり退屈。

食べて飲んで音楽聴いて寝て食べて飲んで映画見て…
全てが受動的で、なんだか飼いならされてる動物のようでしたわwww

The Ronnie Wood Showなるラジオ番組があったから聴いてみたけど
60分のあいだ、ずーっと曲流して、ゲスト呼んで喋らせてて、ロニーが喋ったのはOPと曲紹介と最後だけだったようなww


そんでね、無事到着したはいいものの、入管でだいぶ質問攻めにされた。
英語、多少は話せるんだけどね、なんせネイティブの英語って早すぎて聞き取れないんだもん!!!!

初っ端から何言ってるか全くキャッチできず、Sorry, please speak slowly (モゴモゴ…
って言ったらめっちゃ溜息つかれて、とにかーくいろんな質問された。
みんなスイスイ進んでるのに私だけ10分くらいみっちり聞かれたような。
全部答えてんのになにが不満だったんだろう??

お陰で荷物とりにいったときは、同じ便の人たちは殆どいない状態…(涙
早くも心細くなりました(笑


そのあとHISがチャーターしたバスにのってホテルまで送迎。
テムズ河のそばをバスで走ってるときに、何やら見覚えのあるシルエット…

▼ん?


そうです、これです。

▼ピンクフロイド「アニマルズ」



その日は豚は飛んでおりませんでした(当たり前だ
バスの中から執拗にこの建物を撮影する私…周りの人はあれが何か???って感じだったww
そりゃそうよねーwww


もともと滞在中に写真取りに行く予定だったんだけど、予想外の展開でした!
お陰で行く手間が省けたー(^^)



そんでホテル到着は18時半くらい。
とりあえず疲れてへろへろだったのと、ちょいビビってたのもあって
その日は最寄のラッセル・スクエア駅までの道のりを確認して、テスコ(24時間営業スーパーのようなもの)で
サンドイッチとフルーツを買ってホテルでむしゃむしゃ。

…サンドイッチまずかった。
まずい飯で有名なイギリスの洗礼を早速受けました(--;)


宿泊したホテルはロイヤル・ナショナルっていうところで、ロンドン市内ど真ん中といいますか
ピカデリーサーカス(日本で言う新宿・渋谷みたいな?)まで地下鉄で10分程、大英博物館まで徒歩圏内という
かなりいいロケーションのところに位置してます。

部屋数も多くて格安で立地条件も◎!ということで数多くの観光客が滞在するホテルでした。
毎日100人単位で客が入れ替わりしてるようなイメージ!
周りにも似たようなホテルがたっくさんあって、観光客ばかりだったから日本人1人で歩いてても全然違和感なかった!!!!



とりあえず周辺が安全であることを確認したらどっと疲れがきて、10時ごろに寝ちゃいました。

2日目は「ビートルズ・フィルムツアー」!!
長ったらしくなるので、いったんここで切ります。1日目は特に書く必要なかったかしら?笑

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

50周年!!!!!!!!

2012年10月13日 11時09分07秒 | The Beatles
えぇと長期離脱から帰ってきました…!!!!!!!


地獄のようなお仕事が終わりました…!!!!
個人的な話で恐縮ですけど、実は大学で9月下旬に国際学会を開催しまして
その事務局として1から全ての学会の運営を指揮して参りました(`・ω・)ゞピシィ

今まで学会は何度か出たけど、まさか運営をやらされるとはww
一応社会人とはいえ半分学生のような立場のわたしは体調崩す直前まで血のにじむような努力をしてきました。
大成功のうちに終わったとみんな言ってくれて感極まったけど…

あんな仕事2度とやらねぇ!!!!!!!
教授たちの無茶ぶりにはついていけん!私が半分学生だからって言いたい放題言いやがって…!!!!




…ぅおっほん!!!!!
お目汚しごめんあそばせ(ホホホホ←

えーと、実はもう1週間経っちゃったんだけど
先週金曜日、12日は私の大好きな、いや、大好きという一言では済まされない存在でもある

The Beatlesデビュー50周年だったんですね。
J-WAVEのジョン・カビラさんの「JK Radio Tokyo United」では
朝の6:00から11:30までビートルズリクエスト企画やってたもんだから、ずーっと聴いてました^^b
その日は実験なんてできたもんじゃなかった笑

そんなわけで私の好きな曲&映像のこちらを投下(どかん!
もちろんこの曲も朝っぱらからリクエストかかってました(´ω`*)

▼If I Fell


こちらは映画A Hard Day's Nightのワンシーン。
この映画は突っ込みどころ満載で初期厨の私にはたまりませんwww


レノン=マッカートニーの作品の中で一番コーラスが綺麗な曲だと思われノシ
主旋律はどっち?って言いたくなるようなコーラスワークで(中期にわりと多い?WaitとかWe can work it outとか...)
一緒の旋律を歌ったかと思ったらまた離れて…っていうのがかっこいいね。



何よりジョージが反則ギリギリ…でアウトのイケメンさ!!!!(アウトって…w
タートルネックを着たジョージはとてつもない破壊力の持ち主です。
最近ジョン派に傾きつつある87chanでしたが、これを見るたんびに
私はあなたに一生ついていきます(キラッと手を組むわけです(87chan、アウトw

▼これぞ彼の言ってた「アーサー(騎士)」なんですかね。後ろのポールも真っ青。



しかも寄りかかったらアンプずれるし…周りをチラチラと伺うところが末っ子ポジションというかなんというか。
映画のOPでも派手にズッコケてるし、やっぱりなんか抜けてるね。

▼ズルッ(是非↑の動画で見てやってください)




今から50年と1週間前にデビューシングル「Love Me Do」が発売されたワケですね!!
とすると、これから時系列で「50年前にこの曲がリリースされました!!!」っていうコーナーができるわけだね?!?!!?!?

…いや、無理でしょ←

2019年、アビーロードがリリースされてから50周年です!とか出来るのか…いや、できないだろう(反語
でもそこでキングクリムゾンの21世紀の精神異常者リリース!!!とかやるのも面白いかもしれない…(ぶつぶつ

うん、やったらやったできっと面白いんだけど多分調べるのがめんどくさくなりそう。。

通常営業でのんびりやっていこうと思います(早くも心折れる



さてさて。

以前からお伝えしているとおり、ロンドン旅行がいよいよ10日とちょっとにまで迫ってきました…!!!
い、意外と準備できてないんじゃないか…!!?!?!大丈夫か!?!?!?!!??!

Abbey Roadスタジオ前の横断歩道はもちろん、映画撮影で使ったパブとか行ってきちゃうよ~~~o(^^o)=(o^^)o
ふぎゃー楽しみ!!!!!!!!!!






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フレちゃま。

2012年09月08日 13時26分29秒 | QUEEN
そういえば。
既に過ぎちゃったけど、9月5日は

フレディ・マーキュリーの67回目の誕生日でしたね。
い、生きていればの話ですが。

当日は新宿で何矢やらイベントがあったみたいよ(´-`)
※詳細はコチラ(ユニバーサルミュージック)から
87chanは早稲田でバイトしてたからいけなかったけどね…
もんのすごい行きたかったんだよ…バイト先の室長を恨んでも恨みきれません←



…そんなワケで当日は泣く泣くフレちゃま、もといQUEENの曲を聴いてました。
ひときわリピート率が高かったのを投下します(どん

Queen - The Hero (Lyrics)



1980年リリースの「フラッシュ・ゴードン」というB級映画のサントラ盤。
にわかファンは絶対手に取ることのないアルバムでしょう。
ファンの人もきっと途中で手放すに違いない笑
だけどもだけど、このアルバムの最後の最後に超名曲が隠れてるんですよ。


どん、どん、どん、どどん!ロジャーのドラムのいいし
これが正統派ロックやで!っていうメイちゃんのどや顔も妄想想像できるし
ジョンのベースも半音ずつ下がってるだけなのに何故か聞こえがいいし
フレちゃまのもう血管切れる寸前のシャウトすごいよー

ジョン・レノンが歌ったTwist and Shoutに通ずるものがありますね。
鬼気迫る、って感じ!!!!



いや、鬼はこんなギリギリの高音キーで作曲した博士か?笑



ちなみにこの同タイトルの映画が大コケしたのはとっても有名な話ですが笑
この曲がフジテレビのF1番組(もう地上波じゃやらなくなったね…ぐすん涙)のOPに起用されて
F1ファンからの評判があまりよくなかったという事実もございます。。

たぶんねー、前の(T-SQUAREのTruth)が良すぎたんじゃないかと。。
きっとね、QUEENを起用したのもポール・ロジャースと一緒に来日してたころだから
番組プロデューサー(リアルタイム世代と思われる←勝手な思い込み)が思わずテンションあがっちゃったんじゃなかな~。。。

↓こんなん
http://www.el30.net/archives/07031808.jpg


…うん、たぶん曲云々じゃなくて
ドライバーたちをフラッシュ・ゴードン調のアニメにしたからでしょうね。。



でも、とにかくこの曲のフレディはほんまにすごい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイムマシンにおねがい~

2012年08月26日 21時23分32秒 | The Beatles
こんばんは^^
またしてもお久ぶり~な更新で御座います。。


今日は珍しくLazyなSunday Afternoonを送れそうだったので
高円寺にあるビートルズのバー、The Grapesというお店に癒されに行こうと思ってたら
なんと今日は高円寺阿波踊りの日ということで、店外販売のみ!!

…orz

来週行くかぁ(´Д`)


さてさて、私はもっぱらの初期から中期ビートルズファンでして
最近のお気に入りはこちら、「Long Tall Sally(のっぽのサリー)
原曲はリトル・リチャードはん(はん、って…

のっけからポールの高音シャウトが突き刺さります!
↓とりあえず聴いてみてくださいね↓

▼The Beatles - Long Tall Sally


どうですか?(^^)←何様
カッコいいですよね!?!?!?
多分ロッケンローなポールの曲の中でダントツ1番だと思います。
のっけからあのシャウトは反則です(*ノ∀`)グフゥ

この曲はアルバム「A Hard Day's Night」レコーディングの合間に録ったと言われていて
何より凄いのは、これをビートルズ(とジョージ・マーティン)が演奏したのは僅か1回。
1発OKを叩きだしたんです!

ビートルズは映画等で4人揃ってワン、ツー、スリー、フォーで演奏しているシーンがよくありますが
あれは映画用なんかではなく、実際のレコーディングも「いっせーのせ!」で録音してるんです!(もちろんファンの方はご存じの方が殆どかと
だからRubber Soul収録のDrive My Carなんかポールがダイレクトにミスしてるのに
うやむやにしながらそのまま演奏を続けてOKテイクに。なんてこともあるワケで(笑

▼今じゃ考えられないですよね。。




初っ端からポーリィはテンションMAXまで爆発して
ジョンの十八番のカッティングも素晴らしい
ジョージのギターソロも欠かせない

そしてそれに
終盤のリンゴの乱れ打ちドラムと
プロデューサー、ジョージ・マーティンのあの叩きつけるピアノが加わって

本当に、本っっ当に最高の1テイクだと思います。
5人のあの集中力…言葉にできません。

タイムマシンに乗れるんだったら、このレコーディングに立ち会いたいヮ…(´Д`)




ちなみにこの曲にはギターソロが2回ありまして
1回目がジョン、2回目がジョージとなってます。
いかにもそれぞれ2人らしいソロで、思わずニンマリしてしまいます…(怪しい

ちなみに、いかにも皆らしいギターソロ合戦もAbbey Roadで聴くことができますよっ^^
まぁその話はまた次の機会にでも^^/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あっちゅう間に。。

2012年08月18日 13時52分48秒 | British Rock
えーと…

あっちゅーまにオリンピック終わってしまったね。。
開会式の記事書いて、まさかその次の記事が閉会式ネタになるとは思ってもなかった笑
見事な87chanのおサボりっぷりが垣間見えてしまうブログですね。はい←

さてさて、どんな言い訳は お い と い て(とうとう都合のいい言い訳時に使われるようになったか…

朝目覚めたらちょうど7時過ぎで、多分閉会式もいい時間帯に!
テレビつけたらちょうどスパイスガールズが出てきたのかな?

そしたらオアシ…じゃなかった、Beady Eye出るでしょ(まさか出るとは思わなかった…
アコギがノエルじゃないのが未だに悲しいんだけど、でもゲムならいいか(´・ω・)

▼さすがのリアムも緊張してる?


いっつも思うんだけど、どうしてブリティッシュの男性ってピタッとした黒い服がこんなにも似合うんでございましょ。
うーずるいよね。ブーブー、羨ましいぞー(あんた女でしょが

我らがQUEENはミューズの後だったっけ?
いきなりブライトン・ロック弾いちゃうあたりがブライアンらしくていいよね笑

きっと詳しくない人はあのディレイをただのハウリングだと勘違いしてるんじゃないんだろーか、とか
どうてもいい心配をしてしまったYO!
そしてみんなツッコミ満載だったあの衣装!!
ホントに好きなモンを詰め込んじゃいました(てへ)って感じで可愛いぞぉ65歳のブライアン…!!!!!!!!!!!!!

▼両肘にはアナグマとキツネちゃんが見守っています


しっかしカッコよすぎるでしょ…衣装はびみ(ry
冒頭の「りーろれろりろ」で8万人もの観衆をのせちゃう姿を観て
ホログラムでもフレちゃま無敵やん…と唖然としてしまいました^^;
本当に本国から愛されてるバンドなんだね。


そんでもって大トリは(ここまでの出演陣もあり得ないくらい凄いのに)The Who
閉会式に出るのってQUEENしか知らなかったから(たぶんQUEENが出るって聞いてひたすら狂喜乱舞して、他の情報を収集してなかったと思われ←ぇ)
ソファから転げ落ちる程の衝撃でした。本当に。

▼流石は英国4大バンド(5:30あたりからドウゾ)


ザック・スターキー(リンゴ・スターの息子)がドラム叩いてる姿にちょっと涙出そうになった。。
ムーニーはきっと空から見てるんだろうなぁ。
間違えて招待状届いちゃったくらいだし苦笑

しっかしザックの髪型は思いっきりオアシ…いや、Beady Eyeテイストだよねー笑
てかリアムの髪型とそっくりなのかな?笑

The Whoが完全にスタジアムのムード制圧しちゃってる様に、改めて彼らの人気っぷりを思い知らされました。
完全にQUEENが喰われた!!!!って思ったもん。。苦笑
でもThe Whoも好きだからいいんだもん!


youtubeにオリンピックのオフィシャルチャンネルがあるのねー。
セレモニーだけじゃなくて、なんと全ての競技がみられるってんだからすごいよね!!!

「あの種目気になってたんだけど、いつの間にかメダルとって終わってたのよね…」
というそこの奥さん!!!!(←お前だ!!)

土日はオリンピックの映像に浸るのはいかがでしょうか。(どんなシメだよ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロンドン五輪

2012年07月30日 20時53分17秒 | The Beatles
オリンピックが始まりましたね!
今更ながら、本日やっとこさ録画した開会式を観ました。

いろんな意味の歴史を重んじたプログラムで、観ていてとっても楽しかったー!!!!
ケネス・ブラナーかっこよかったなぁ。あーいう声好きなんだよねぇ。
英国王のスピーチの人だよね?


中盤のダンスショウなんかロックの歴史がバーッと流れて
ストーンズ、キンクス、ザ・フー、ビートルズが流れたときは
あぁやっぱりイギリス素晴らしいわ…と思わず涙ぐんでしまったわい(何故そうなる

それにボヘラプの合唱にビックリ。
白黒ダイヤ柄のレオタード着た人もいっぱいいてビックリ(笑
流石英国イチ人気ソングでございますね(オホホホホ


われらがぽーりぃもやはり、といった感じで出てきてくれましたー。
最初、録音音声と音がずれちゃって、観ている側はアワワワワワワワワワ;;;;;;;;;だったんだけど
しれっとした顔で生演奏でこなしちゃったね!!!

▼半世紀もやってればそんなトラブルはおかまいなし?


御年70歳のぽーりぃに関しては、以前のジョージ・マーティンの記事で触れたように
まだまだエネルギッシュで、あと30年は生きられるよと豪語してしまった87chanでしたが
んまぁ再確認しました

なーなーなーなななーなーの前のシャウトがまだご健在なのが凄いっすね(・・;)奇跡だわさ。


演奏終了後、ピアノにがくっと凭れてた姿が後ろのカメラで映されてて
もっ、もしかしてぽーりぃ体力限界だったの!?て一人アセアセしてましたが
そんなことなかったみたい。ほれ。

▼実は笑顔だった(でもどんな胸中でもってこの顔してるんだろ




正直、あまり後期のビートルズって好きじゃないんです(※アビイ・ロードを除く←
ヘイ・ジュードは本当に、本当に素晴らしい曲だとは思うんだけど
7分くらいの曲のおよそ半分、3分くらいがなーなーなーなななーなーでしょ?
ちょっと飽きちゃうなぁ…。。って思ってたんだけど
言語の壁に阻まれることなく、世界中からあのスタジアムに集まった人みんなが
1つの歌を合唱できるっていうことが本当に素晴らしいことなんだと実感しました。
ほんとーに感動しました。

ポールをはじめ英国人はこれをきっと誇りに感じてるだろうなぁ。。
もし東京オリンピックが開催されたら、誰がポールポジションになるんだろう(F1じゃなくてポール"の"ポジションね笑

そういえば、冒頭に流れた湖水地方からロンドン市街への映像のなかで
ピンク・フロイドの空飛ぶブタちゃんが一瞬映ったたんだけど
アレって実際にどっかの空に浮かんでるの!?!?!?

▼かの有名なアニマルズ(1977年)のジャケ写


実際にブタちゃん飛ばして撮影したところ回収に失敗し、イギリス上空に豚が飛んでいるという報告が相次いだんだとか。
なんて平和なんだ(笑
ブタちゃんはジャケ写撮影時だけでなく、2011年にもリマスター発売記念に
もう一度飛ばされたそうです(ブヒー!!!!←ブタちゃんの叫び

▼飛んでも豚はただの豚(ぇ



もう閉会式が楽しみでしかたないんですが←
はやく生き生きとした博士とロジャテラさんが見たいよー!!!!!!

▼生き生きした2人



あぁあイギリス愛に溢れる記事だ…。
またしてもイギリス旅行の妄想は膨らむのでした。。(ちゃんちゃん♪


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Legend of Rock @日比谷野音

2012年07月22日 01時07分40秒 | その他ROCK
さかのぼること5日前。
7月16日、日比谷野外音楽堂で開催された
Legend of Rockっつーイベントに行って参りました(`∀´)!!!

Legend of Rockは、トリビュートバンド様様がライヴをやってらっしゃるイベントで
野外フェスやっちゃおうぜー!!と、真夏のトーキオのど真ん中、日比谷野音で
ゴリゴリのロックフェスを開催されたのですすすす!!!!

今回は記念すべき(?)5回目!!
出演者様は

BON YOUNG as AC/DC

aDIOs as DIO

HATTALLICA as METALLICA

MAKIN'LOVE as KISS

QUEER as QUEEN

TOWNZEN as THE WHO

JIMISEN as JIMI HENDRIX

ZA BURRRN as DEEP PURPLE Mark 3

THE BEGGARS as THE ROLLING STONES

…という素晴らしい顔ぶれ。
ロックファンにとっては世代を超えたバンドが集まってライヴやってくれるってのがどんなに嬉しいことか。


前回参加は一昨年、2010年!!
大幅に出演者が変わったのでそれにもワクワク(・∀・*)


ちなみに当日の最高気温33℃…
院生やっててしばらく室内にこもっていた87chanにとっては、外の世界はアツイ!!!!
こりゃ熱中症やられるんじゃないかと心配になったので、15時ごろに遅れて会場到着ー。
けどね、日比谷公園って緑がたくさんあって、日比谷野音も森の中みたいなとこだったから
日影アンド風に助けられた私と母(何を隠そう、母と2人で行きました爆



ちょうどめーきん(MAKIN' LOVE)が1曲目のDetroit Rock Cityをやってたところでした^^
いきなりお目当て(というか殆どがお目合てですけどね)だったのでのっけからテンション↑↑
前の席へ突進してやいのやいの(笑

いつ聴いてもめーきんのMCは面白い!!!
いつみてもメンバー細い!!(特にエース
体型までコピーされてるなんて素晴らしい笑

前回はエース役のぷれりさんに突進して、2ショット写真を撮ってもらったりしたんだけど
今回はちょっとおとなしく…してました(´・ω・)
ほ、他に見たいバンドがたくさんあったんだからねっ!!!
別によくわからん体を気にして行かなかったとかじゃないんだからっ!!!



QUEERは初体験でしたがもォー!!!!!
スタイルが良くてヒゲと胸毛のないフレディでした!!笑

なっ、なんてきれいなフレちゃまなんでしょう!!!

あなたが落としたのはこのきれいなフレディですか?それとも胸毛おヒゲボーンなフレディですか?
と聴かれたら間違いなく…私は池に飛び込みます(何故そうなる
そしてわれらがベリーベストオブいいひとメイちゃんは終始穏やかな微笑みを浮かべながらレスペをじゃらんじゃらん♪

間違いなく人柄までコピーされてます。(もちろんカーリーヘアもね!

きっとあの人もアナグマ保護してるんだろうなぁ…(待て待て待て
そしてジョンはなんとお知り合いっていうオチでした!!!
以前Beatlesのコピーバンドでちょいとお近づきになられた方でした(解散してしまいましたが。。
もうかれこれ10年くらい前?(87chan何歳だよw
挨拶しに行ったら「まだ、、(身長)こんくらいのときだったよね?」とジェスチャーされたけど
明らかに低い(笑
実は私10年前からあまり身長が伸びていないのだよぉおおうふふふふふ(無駄なカミングアウト

Stone Cold CrazyのときにHattallica(Metallica)のメンバーが出てきて、めちゃくちゃカッコよかったー!
また観に行きたいなぁ^^


Town禅は期待していたセトリじゃなかったのがちょっと残念。。(´・ω・)
まぁいつも同じのやるわけにもイカンもんね。
個人的にはI can see for milesなんか聴いてみたいけど(ただの思いつき)
コーラスはあまり入れないからやらないかな??マイジェネとかもやらなさそうだ。うーん。


Jimisen(ジミヘン)はパーポォヘィズ!!!とAll along watchtower(ディラン師匠のカバー/だからきよし師匠みたいな言い方やめ)
しか知らないので、後ろで疲れを取りながら母といっしょにマターリ(´ω`)
母が「曲は知らないけど、すごくうまいのは伝わってくる」て言ってた。
ハッキリ言うなあこの人(笑/アンタの親だよ


ざ・ば~ん(Deep Pueple)は、ヴォーカルの人わりと小柄なのに声がすごく通る通る!!
途中でオルガンが倒れて負傷!!!っていうアクシデントがあって
恐らく数曲省いてなんとか切り抜けたんだろうけど、あの救護班(スタッフと言え)の俊敏さに脱帽。
演奏中だよ!!!片手包帯グールグルしてる間も空いた手でオルガン弾いてるし。
他のメンバーも気にしつつも演奏モード。相変わらずリッチーはすごいね。
とてもブーツの踵でギターを弾くという発想はできまへん。あきまへん。ひえぇ><;

そうそう、先日記事にも書いたDEEP PURPLEのジョン・ロード氏は16日に亡くなられたそうで…
きっとこの時も空から見守っていたのかなぁと今になってしんみり。
あのアクシデントにはさぞ驚いたでしょう(苦笑

ちなみに現在(24日、24:54)InterFMで同氏の追悼番組を聴きながら書いてます。
Space Truckin'カッケーっす。まじで。



そんでトリはBeggars(The Rolling Stones)
これはやばい。ホントに楽しかった記憶しか、いーや楽しすぎた記憶しかない。
1曲目からUnder my thumbでなんだかいい気分。
ひたすら踊っていたら、ガイジンにウィンクかまされ、微笑み返した87chanが馬鹿だった!!!!
ずーっと目をつけられエラいこっちゃ!!!!母親をついたてに知らんぷりして踊る踊る(苦笑
ガイジンこえぇと思いました、ここ日本なのに笑

ずーっとハイテンションでハイドパークのおネーちゃんばりに踊りまくってました^^;
なーんでか知らないんだけど、ストーンズの曲って自然と体が動く。踊りたくなっちゃうんだよねー。
なんなんだろう?これぞ60年代マジックでしょうか…?
野外だからあんなに踊れたと思うし(室内じゃ恥ずかしくって絶対できないw)、トリで周囲のテンションも高かったのも理由かな~。
もう19時回ってたから周りも暗くて、ライト当てられてる様が本家のライヴみたいだったしね。


終わった頃には汗だくで、帰宅したのは9時半くらいだったか…
ソッコーでばたんきゅーでした…!!

嬉しい耳鳴りと共に。





もちろんとび跳ねたりしたので足首のねん挫の完治が遅れたのは言うまでもないですね。はい。
絶対ね、亜脱臼クラスだったと今更ながら実感してます(早よ医者行け
コメント
この記事をはてなブックマークに追加