京都平和市民連合(平和塾)

反原発&環境保護&反戦平和運動など、様々な京都の市民運動の情報発信のブログ

福島原発刑事裁判・初公判日が決定!6月30日、東京地裁へ結集を!

2017-05-25 07:01:16 | 福島原発告訴団関西支部
初公判が決まった!

今こそ支援団に結集し、福島原発事故の原因と刑事責任を明らかにしよう!

ようやく、東京電力福島第一原発事故の刑事裁判の初公判が決まりました。

東京地裁刑事4部(永淵健一裁判長)は、5月24日、第1回公判期日を6月30日10時、東京地裁104号法廷と指定しました。

思えば、あの2011年3月11日の福島第一原発事故から6年、福島原発告訴団14,716人の集団告訴から5年、昨年2月の検察官役の指定弁護士による勝俣恒久元東京電力会長ら3名の強制起訴から1年が過ぎました。

福島原発刑事訴訟支援団は、昨年1月の結成以来、「一日も早く裁判を!」と東京地裁刑事4部に、公正かつ早期の公判開始を申し入れ、東京地裁前の要請行動を続けてきました。厳しい現実にあきらめず、みんなで、ここまできたのです。

翻って、未だ政府の原子力緊急事態宣言は解除されず、なおも10万余の人々がふるさとを追われ、長期の低線量被曝の受忍の強制の中で、生存権を脅かす福島第一原発事故の深刻かつ甚大な被害に苦しんでいます。

福島第一原発事故の原因究明と東京電力旧経営陣の刑事責任を明らかにして、真の被害者救済の道を開くために、私たちは東京地裁が公正な訴訟指揮と公正な裁判を行うよう、あらためて求めます。

6月6日の第四回目の公判前整理手続きにあわせ、東京地裁への要請行動を行います。そして、6月30日の初公判には、万余の人々で東京地裁を埋めましょう。みなさまのご参集を呼びかけます。一緒に声をあげ続けましょう。

2017年5月24日 福島原発刑事訴訟支援団
団長 佐藤和良

報道リンク
•NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170524/k10010993491000.html
•ロイター
http://jp.reuters.com/article/idJP2017052401001398?il=0
•朝日
http://www.asahi.com/articles/ASK5S53DNK5SUTIL01V.html
•産経
http://www.sankei.com/affairs/news/170524/afr1705240025-n1.html
•時事通信
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017052400882&g=eqa
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄人骨問題を考えるシンポジウム開催のお知らせ

2017-05-22 17:45:09 | 平和・環境・人権 
シンポジウム
琉球人骨問題を考える

今帰仁村運天の百按司(むむじゃな)墓から持ち出された人骨が、少なくとも26体、京都大学に75年以上、保管されていたことが分かりました。百按司墓は今帰仁村指定有形文化財で、同村運天集落の北側にあります。『中山世譜』(1697年)には、貴族の墓だったことが記されています。百按司墓から人骨を持ち出したのは、人類学者で京都帝国大学助教授だった金関丈夫(かねせきたけお)氏で、かれはその後台北帝大に移っています。無断で持ち出された可能性が高く、事実確認なども含め京都大学総合博物館に『琉球新報』や研究者が問い合わせていますが、いまだ誠実な回答はありません。また同様の問題は、アイヌ民族の人骨をめぐって北海道大学において生じており、また他の多くの大学でも先住民族や植民地支配を受けた人々の人骨が存在することが、確認されています。
この人骨問題には、学知や大学と帝国、先住民の権利、今日のレイシズムの形態など様々な問題が重なり合っていると考えられます。シンポジウムでは、まずそれがいかなる問題なのかということを、多方面から確認したいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日時:2017年6月5日(月)16時より

場所:同志社大学烏丸キャンパス志高館SK214

発言:松島泰勝(龍谷大学)、駒込武(京都大学)、冨山一郎(同志社大学)など

主催:同志社大学<奄美-沖縄‐琉球>研究センター


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「フクシマ・チェルノブイリの今を考える京都の会」207年5月28日の集いの紹介

2017-05-21 08:31:59 | 反原発講演会・学習会


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市民環境研究所より、総会と講演会のお知らせ

2017-05-21 08:25:09 | 市民環境研究所

この1年間、バイバイ原発や戦争法・共謀罪反対運動に参加し、一緒に歩けた事に感謝しています。
NPO法人市民環境研究所2017年定期総会の概要が決まりました。
ご参加頂きたく、お知らせしますので、よろしく御願いします。
 
        市民環境研究所 代表 石田紀郎


総会と講演会
時:2017年6月25日  午後1時から総会、
              午後2~4時講演会

所:同志社大学 烏丸キャンパス 志高館SK110
  (今出川キャンパスより500m北)

講演タイトル: 成長の限界と縮小社会

講師:松久寛(一般社団法人縮小社会研究会 代表理事)

講演要旨: 世界は経済成長を善としている。しかし、資源と環境の制約下で、それは不可能である。指数関数的成長の持続は弱肉強食から破滅に至る。
可採化石燃料は100年分といわれているが、たとえ2%の成長でも、それは54年で枯渇する。しかし、毎年1%ずつ消費量を縮小すると残存量は永遠に100
年分になり、それ以上に縮小すると残存年数は増加する。子孫が生き延びるためには、縮小しかない。それによって、質的に豊かな社会を創出することができる。


******    *    ******
 特定非営利活動法人 市民環境研究所

〒606-8227 京都市左京区田中里ノ前21 石川ビル305
075-711-4832
pie@zpost.plala.or.jp
http://www13.plala.or.jp/npo-pie/index.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「放射能なんでも相談室」のお知らせ

2017-04-29 08:55:02 | 市民環境研究所

放射能なんでも相談室

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●放射能なんでも「Q&A」学習室です。

放射能のことで、分からない事、疑問に思う事、不安な事、なんでも質問できます。

市民研 今月の『放射能何でも相談室』のご案内です。

お時間ご都合宜しければ、ぜひお越し下さい。

・2017年5月8日(月) 午後2時〜4時

・左京区里ノ前 市民環境研究所にて

・講師 河野益近さん

・カンパをお願いします。別途、資料代+茶菓代など(余裕のある方は少し多くカンパして下さるとありがたいです。)


市民研 柏木

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●要:事前に市民環境研究所まで、参加希望の連絡をお願いいたします。(定員:20名まで)

連絡先:市民環境研究所  TEL075-711-4832(平日、午後2時~5時まで)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アキノ イサム展 2017 の ご案内

2017-04-27 08:00:26 | 関係企画紹介
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギャラリーヒルゲート 夜話市民講座のご案内

2017-04-27 07:59:55 | 平和・環境・人権 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NPO法人 市民環境研究所 環境塾 4月例会のお知らせ

2017-04-17 07:26:16 | 沖縄を考える会
【NPO法人 市民環境研究所 環境塾 4月例会】

《ドキュメンタリー映画「いのちの森 高江」上映会》

監督:謝名元慶福 語り:佐々木愛 制作:2016年11月 カラー 65分

~いのち豊かな森を守るのは私たち人間の使命です
オスプレイにおびえ、怒り、闘う高江の記録~

日 時:2017年4月23日(日) AM10:00〜12:00

     開場:AM9:30 上映:10:00~11:05 上映後:意見交流会
  
会 場:NPO法人 市民環境研究所(左京区田中里ノ前町 石川ビル305)
  
参加費:300円(非会員の方)、会員は無料 

参 加:20名まで、(予約は不要ですが満席の場合は事前申し込みの方を優先)

参加申し込み連絡先:携帯 090-3650-3680(福本)

主 催:NPO法人 市民環境研究所 環境塾 
   
協 力:平和のための映像ライブラリー(沖縄を考える会)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本橋成一写真集「位里と俊」刊行のご案内

2017-04-13 22:42:51 | 販売書籍・資料集
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都反原発めだかの学校・4月学習会のお知らせ

2017-04-08 23:41:42 | 京都反原発めだかの学校
コメント
この記事をはてなブックマークに追加