極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

パシフィック・リム (2013) PACIFIC RIM 131分

2013-08-10 23:18:19 | 外国映画(映画館)

 ある日、太平洋の深海から突如巨大な生命体が出現した。“KAIJU”と名付けられた彼らは、大都市を次々と襲撃して容赦ない破壊を繰り返し、人類は滅亡の危機を迎える。そこで人類は世界中の英知を結集し、人型巨大兵器“イェーガー”を開発する。その操縦は2人のパイロットによって行われるが、イェーガーの能力を引き出すためには、パイロット同士の心を高い次元でシンクロさせる必要があった。当初は優勢を誇ったイェーガーだったが、出現するたびにパワーを増していくKAIJUたちの前に次第に苦戦を強いられていく。


 映画館 ★★★☆


 芦田愛菜ちゃんの出るシーンはほんの数分。しかし、アップは何度もあったし、一人での演技でしたが、十分に存在感がありました。のちにあの顔が菊地凛子になるとは到底思えませんが(笑)とりあえず愛奈ちゃんに☆一つです。菊地凛子もなかなか良かったです。メイクの加減もあるのでしょうが、すごく綺麗でした。

 さてさて映画の出来ですが。
やはり怪獣で育った世代にとってはたまらない作品だと思います。私はロボット系はまったく世代が違うので、「ガンダム」も「エヴァンゲリオン(これはロボットじゃないか?)」もほとんど観たことがないんですね。かろうじてマジンガーZは見ていますが。

 この映画は過去のロボット物の要素をすべて取り入れています。主人公たちが乗る(?)ロボットの頭部も私には鉄人28号の顔を連想させますし、ロボットの頭に操縦者が乗り込み、それが本体と合体するときには心のなかで「パイルダーオン!」なんて叫んじゃいました(笑)そうそう!必殺技を出すときに「ロケットパンチ!」とか言いながらなのが、やっぱ良かったなぁ(笑)

 あとね・・・「進撃の巨人」からもたぶん(笑)
「壁」築いてるし(笑)乗り越えられるんだけど(爆)

 ただ・・・
冒頭からずっとテンションが高い映画なので、観てて疲れました(笑)
あと、笑えるシーンも皆無なんだよなぁ・・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊丹と尼崎で | トップ | なんで休みの日は早起き?(笑) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (kazu)
2013-08-12 23:20:50
ほんとテンション高かったですよね。
芦田愛菜ちゃん、存在感たっぷりありました。
菊地凛子、不思議なくらい
きれいでした(笑)
過去のロボット物、
取り入れていましたね。
鉄人28号、やっぱりそうですよね。
Unknown (しんちゃん)
2013-08-13 07:14:23
★kazuさん
楽しめたし、あの音楽も東宝の怪獣映画につきものの「伊福部昭」の「◯◯マーチ」ってかんじでワクワクしたんだけど、やっぱ疲れた(笑)
IMAXや3Dならもっと疲れたかも(笑)

 現状を数分の説明だけで、納得させるのが良かった(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「パシフィック・リム」 デル・トロのオタク魂、爆発 (はらやんの映画徒然草)
巨大ロボットVS怪獣、それは男の子ならば観てみたいと一度は思うもの・・・。 それ
パシフィック・リム (花ごよみ)
監督はギレルモ・デル・トロ 地球征服を目論み 海底の裂け目から出現したKAIJU(怪獣)と 地球の危機を救うため開発された 人型巨大ロボット、イェーガーとの 壮絶な戦闘を描いています。 KAIJU(怪獣)との戦いによって、 兄を亡くしてしまった ローリー(チャーリー...
[映画『パシフィック・リム』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆待望の『パシフィック・リム』、甥っ子を連れて朝一で観に行きましたよ。  とてもキチッと作られた作品だったので、荒削りな作品の持つ異常なテンションはなかったのですが、素晴らしい完成度に満足しました。  私は、「仮面ライダー」よりも「ウルトラマン」派の男...
パシフィック・リム (だらだら無気力ブログ!)
中露のイェーガーの噛ませ犬っぷりにはワロタ。
パシフィック・リム (Akira's VOICE)
ツッコミ満載で興奮度は低い・・・。  
パシフィック・リム  監督/ギレルモ・デル・トロ (西京極 紫の館)
【出演】  チャーリー・ハナム  イドリス・エルバ  菊地 凛子 【ストーリー】 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事の....
「パシフィック・リム」人類が1つになった先にみた人類が生き残るための戦い怪獣との激しい攻防戦 (オールマイティにコメンテート)
「パシフィック・リム」は太平洋の底から突如怪獣が出現した事により人類は絶滅の危機に瀕する。怪獣に対抗するために人類は2人がシンクロして操縦する巨大兵器を開発して対抗する ...
『パシフィック・リム』が守った映画のルール (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  ジャンボーグA対大悪獣ギロン!  『パシフィック・リム』には冒頭から度肝を抜かれた。全編がこんな夢の対決で溢れているのだ。  映画『風立ちぬ』はそれだけでも充分素晴らし...
『パシフィック・リム』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
話題の巨大ロボットVS巨大怪獣の映画です。 自分が見たり聞いたり読んだりした限りでは、凡そ好意的な意見以外は入って来ないので、逆に期待値を思いっきり下げて見てきました。 一見して皆さん仰る通り日本製の特撮モノやらアニメやらからの影響、否、露骨な引用(オ...
映画「パシフィック・リム」 (FREE TIME)
映画「パシフィック・リム」を鑑賞しました。
パシフィック・リム IMAX3D(字幕) 8/19追記あり (単館系)
パシフィック・リム ユナイテッドシネマ浦和 8/9公開 IMAX3D(字幕)にて鑑賞 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。 それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破...
パシフィック・リム (映画的・絵画的・音楽的)
 『パシフィック・リム』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判がよさそうなので、随分と遅ればせながらも見に行ってきました。  本作は、深海にできた時空を越える通路を通って他の天体(「異世界アンティヴァース」)から次々と送られてくる巨大な怪獣(“kaiju”)...
パシフィック・リム (いやいやえん)
かかか、KAIJU! ギレルモ・デル・トロ監督作品。巨大モンスターを「KAIJU」とよぶ事からも分かるとおり、かなり日本の特撮映画をリスペクトしています。どうやら昔日本の特撮をみてたようですよ(放送してたの?)。 対KAIJU兵器「イェーガー」には精神的負担の軽...
映画「パシフィック・リム」レビュー(世界を守るために戦った戦士達の魂の物語) (翼のインサイト競馬予想)
映画「パシフィック・リム」のブルーレイを見たのでレビュー記事を書いてみたいと思います。(ス
パシフィック・リム (銀幕大帝α)
PACIFIC RIM 2013年 アメリカ 131分 アクション/SF/ロボット 劇場公開(2013/08/09) 監督:ギレルモ・デル・トロ 製作:ギレルモ・デル・トロ 脚本:ギレルモ・デル・トロ 出演: チャーリー・ハナム:ローリー・ベケット イドリス・エルバ:スタッカー・...
映画『パシフィック・リム 3D』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-67.パシフィック・リム 3D■原題:Pacific Rim■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:132分■料金:2、100円■観賞日:8月26日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ□脚本:トラヴィス・ビーチャム◆チャ...
パシフィック・リム (RISING STEEL)
パシフィック・リム / PACIFIC RIM 2013年 アメリカ映画 ワーナー製作 監督:ギレルモ・デル・トロ 製作:トーマス・タル ? ジョン・ジャシュニ ? ギレルモ・デル・トロ ? メアリー・ペアレント 製作総指揮: カラム・グリーン 原案:トラヴィス・ビー...