ジョージ・いまさきもり の アンダンテ・カンタービレ

晴れた日は農業とウォーキングとライカ、雨なら読書と料理。
そして毎日ラジオがお伴です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

甘利明さん辞任・・・・・何故か淋しい余韻が残る

2016年01月28日 | 社会について独り言

甘利明さん辞任・・・・・何故か淋しい余韻が残る

甘利経済再生相が辞任した。
週刊誌の報道通り100万円の受領を認めた。


                  (NHK ニュース シブ5時より)

記者会見をTVで見た。
意外とあっさりと辞任を発表した。

安倍内閣の強力なサポートで、当然乗り切れると思っていたから、
拍子抜けだった。
安倍内閣以降はやっている、与党や官邸のおごりを感じなかった。
むしろ、稀有な謹厳実直な政治家の雰囲気があった。

安倍内閣の中枢とか、安倍首相の信頼が厚いとか報道されていたので、
この方も、安倍首相のような強引なタカ派の政治家の印象があった。

こういう方だったら、
TPP交渉も本当に頑張ってやってくれていたのかもしれない。
何か、惜しい閣僚を失った、という余韻が残った。

だが、これは幸なことで、安倍内閣には大打撃だ。
野党の皆さんには、この機を逃さず、
沖縄、原発、安保、、農業、中小企業対策等々、
安倍首相に強く攻め込んで、活発な議論を吹きかけて欲しい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加