一 鉄 草 魂

四季が美しい信州を走る鉄道風景を追いかけて…。
線路際から少し離れて花、風、光、山を感じてありのままに写し撮りたい…。

山に分け入る115系

2017-06-23 14:45:00 | 北しなの線

朝早くから午前中の早い時間限定で夏はダメな撮影地…。
深い山へ分け入っていく長野色の115系。
信州ってホントに山しかないんだな…。と感じます。

撮影日 2017.06.11 08:30 豊野~牟礼(以下場所同じ)




手前には山の斜面に作られたりんご畑があります。
りんごの木の枝を支える支柱が写り込んでしまいました
湘南色115系が山を下りて来ました…。




自然相手の鉄道風景写真には人工物を写さないこと…。
というセオリーに徹すると、少し窮屈な場合もあります。
でも初代長野色115系が山に分け入っていく感じ出てますかねえ?…。

鉄道写真ランキング
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飯綱山と夕日・・・

2017-06-22 14:45:00 | 長野電鉄

線路後方に陽が沈むこの季節の夕景を狙っていました。
2100系(元253系)の特急スノーモンキーは車体がよく輝きます。
まだ日は高く、やっとオレンジ色になりましたが空は赤くなるのか…。

撮影日 2017.06.17 18:18 柳原~村山(以下場所同じ)




どんどん空は焼けてきましたが、赤くはなりません。
特急ゆけむりの1000系が夕日の中から出て来るようでした。
飯綱山と黒姫山が遠くに見えていました。




この日は太陽が沈んでも空は赤くなりませんでした。
でも夕陽の中へ飛び込むように8500系が行きました。
戸隠山の辺りに日は沈んでいきました…。

鉄道写真ランキング
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

里山の森をバックに115系

2017-06-21 14:45:00 | 北しなの線

北しなの線の中でも綺麗な里山だと思う場所があります。
今の季節は深緑となり杉の木しか分かりませんが…。
きっと健康な山で水を貯え、人々の生活を支える役目をしているのでしょう。

撮影日 2017.06.11 14:07 黒姫~妙高高原(以下場所同じ)




山岳線ではやはりこの長野色が一番しっくりくる気がします。
緑色に白色と青色が映えるからでしょうか…。
信州の鉄道では広い範囲で見る色ですが、115系はしなの鉄道だけです、




湘南色も信州では絶えましたが、しな鉄がよくぞ復活してくれました。
115系と言えばこの湘南色を外すことは出来ないでしょう。
車窓の向こうにも綺麗な里山が広がっていました。


鉄道写真ランキング

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田の水の中の曇り空・・・

2017-06-20 14:45:00 | えちごトキめき鉄道

田植えが翌日辺りに控えているであろう田んぼが2枚ありました。
日中に吹いていた風も収まり、静かな田の水。
妙高山も顔を出さずに、どんよりとした空の下をET127系が来ました。

撮影日 2017.05.27 16:11 関山~二本木(以下場所同じ)




二本木で交換した上り列車がやって来ます。
風景はすべて田の水の中…。
今にも雨粒が落ちて来そうな曇り空でした。




お待ちかねの「雪月花」が妙高高原から折り返しです。
少し田の水が揺らぎましたが赤い車体が写り込みます。
夕焼けがあったら、もっと綺麗な風景だったことでしょう。


鉄道写真ランキング

にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

妙高山と牧草地と115系

2017-06-19 14:45:00 | 北しなの線

朝は黒姫山と妙高山が綺麗に見えていたものの次第に雲が出てきました。
黒姫山が大きく見えるお立ち台には10人ほどの同業の方々…。
そこは皆さんに任せて人のいない場所から妙高山を狙います。

撮影日 2017.06.11 11:18 黒姫~妙高高原(以下場所同じ)




イイヅナのラッピング車両が、黒姫高原を走り抜けます。
牧草が伸びてきてユラユラ揺れていました。
海側からの湿った風が山に当たり、雲が湧いています。




目線を下に下ろして、長野色を狙います。
妙高山の残雪も少なくなり、新緑も8合目辺りまでいったでしょうか。
何時来ても、清々しい黒姫高原でした…。

鉄道写真ランキング
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中央東線の車両の傾き

2017-06-18 14:45:00 | 中央東線

中央東線でのカーブで列車のカントや傾きを楽しみました。
特急あすさのE257系が車体をカント分だけ傾けて通過です。
速達性の向上より基本的な快適性の向上に主眼が置かれたE257系。

撮影日 2017.06.03 16:29 すずらんの里~青柳(以下場所同じ)




通勤列車の211系6連貫通編成が長野を目指します。
ステンレス車体が傾いた陽に光るかと思いましたが…。
今や211系は湘南色より長野色が当たり前になってきました。




そして真打の登場でE351系が高速で通過です。
やはり振り子式だけあって車両の傾きが違います。
信州では「381系しなの」を思い出します…。

鉄道写真ランキング
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

片貝を下る「雪月花」

2017-06-17 14:45:00 | えちごトキめき鉄道

妙高高原で折り返して来た「雪月花」が下って来ました。
下りは定期列車と同じくあっという間に通過して行きます。
棚田の畦が美しい片貝地区を赤い列車が映えます。

撮影日 2017.05.27 11:57 関山~二本木(以下場所同じ)




この日2回目の雪月花がゆっくりと上って行きます。
陽が陰り水面のテカリも無くなり鏡のようになりました。
2本目の雪月花も結構な乗車率のようでした。




午後3時半になると、田植えで忙しい農家もひと段落…。
バイクで水の見回りに来た方がひとり。
慌ててアングル変更して画面に撮り込みました。

鉄道写真ランキング
にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

リバイバル塗装が走る風景

2017-06-16 14:45:00 | アルピコ交通上高地線

イネも大分生長して緑の絨毯のようになってきました。
立派な屋敷林が点在するこの地域を擦り抜けるように走ります。
黒い瓦と田んぼとリバイバルカラーが揃うと昭和の風景です。

撮影日 2017.06.03 11:42 新村~三溝




終点の新島々までは、あと少し…。
いよいよ北アルプスの懐へ入って行く感じがします。
昔は登山客が大勢乗っていたのでしょうね…。

撮影日 2017.06.03 12:08 淵東~新島々




線路を通すために切り開かれたような林…。
街の喧騒から離れて、長閑な風景が広がります。
林の深緑と田んぼの明るい緑のコントラストが綺麗でした。

撮影日 2017.06.03 13:08 波田~淵東

鉄道写真ランキング
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山岳路線を行く115系・・・

2017-06-15 14:45:00 | 北しなの線

定点カメラのように山岳路線を行く115系を撮影してみました。
空気もヒンヤリと澄んでいましたので、揺らめきもなく条件は揃っていました。
まずは、数少なくなってきた長野色がモーター音高らかに通過して行きました。

撮影日 2017.06.11 08:29 豊野~牟礼(以下場所同じ)




続いて湘南色が下り勾配を駆け下りて来ました。
少しシャッターを切るタイミングがズレました。
バランスの悪い1枚となってしまいました…。




今度は初代長野色が来ましたが、JRマークがないのがいいですね。
しなの鉄道マークも見当たらず、車両は菱形パンタ…。
1時間あまりで3種類の塗装の違う115系でした。

鉄道写真ランキング
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信州の夕暮れと四季島

2017-06-14 14:45:00 | 篠ノ井線

四季島が来ると自分の中では定番となったお立ち台…。
夏至は6月21日ですが、天気の良い日に夕暮れを狙います。
前回は露出を稼げずSSが遅く、ブレた写真でしたのでリベンジです。

撮影日 2017.06.03 坂北~聖高原(以下場所同じ)




この日は上空の雲が赤く染まりました…。
北アルプスも、田んぼも赤く染まった、信州の初夏です。
そんな風景の中を優雅に四季島はやって来ました。




カメラを振って、1号車から6号車を捉えます。
LOUNGEとDININGからは車内灯が漏れていました。
ワイングラスでも傾けながら旅の余韻に浸りたいものです。




編成の中でも特に優雅な5・6・7号車です。
デラックススイートには檜風呂がある和室の客室…。
目の前の究極の列車の旅は、現実か幻か…。

鉄道写真ランキング
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加