ゆうなんハイツ

映画とダイビングと温泉と・・・日々綴っております。現在顎嚢胞闘病記連載中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

顎嚢胞経過順調!?

2006-10-14 | 顎嚢胞
手術から1年弱経過しました。
定期検査の案内が歯医者から届いたので、ようやく行ってきました。

1年前の顎嚢胞顛末記は、こちらでどうぞ。
http://blog.goo.ne.jp/10001000_304/c/a1a4eb976c27587ade24d83d36e852f6

レントゲンの結果「きれいに骨が出来てきましたね。順調です。」

あ~良かった。
顎の違和感がなかなかぬけなかったのですが、あとは再発さえなければ。
ま、再発して次回やるなら絶対
「全身麻酔」
これに限るわ。
コメント (2)   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「エグゼクティブ・コマンド」

2006-10-13 | 映画
またやってましたね(笑)。
テレビ東京も好きだねこの作品。
主役からして地味なんだけど・・・。

>マイケル・ダディコフ ← 誰やねんという突っ込みは置いといて

タイトルからしてB級の臭いぷんぷんなんですが、
放映されるとついつい見てしまうという悲しい性(さが)。>自分

全体としては、「エグ・デシ」をぱくって、
化学兵器に詳しいFBIって設定は、「ザ・ロック」で、
副大統領が飛行機に乗ってるというのは、「エアフォース・ワン」ですかね。
自分の嫁が偶然に乗り合わせてるのは、「ダイ・ハード」ですか。
開き直ってここまでぱくるのは、ある意味素晴らしいじゃないですか。

役者さんも無名ばっかりで、超B級作品の「品質」を自覚しているところが○です。

そんなわけで
テレビ東京の「エグゼクティブ・コマンド」
を今後も皆さん見てね。
主役吹替は、かっこいい声代表の堀内孝雄さんです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スナイプス3連発♪

2006-09-30 | 映画
TVCMですが、何故今ウェズリー・スナイプスなのでしょう(笑)。

秋のスナイプス3連発!?
とにかく派手にぶちかませ?>スナイプス
子供の歌声に思わず顔もほころぶ(ほんまか!)。
さあ歌いましょう!

ス~ナイプス~さん・れん・ぱつ!



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

前売りおまけシリーズ

2006-09-26 | 映画


「マイアミ・バイス」見に行った時に買いました。
「007カジノロワイヤル」と「16ブロック」です。

007の方は、押すと光るライト付きのキーホルダーで、
「16ブロック」の方は、見たままブロックです。
色は3色あるようですが、これをどうしろと!?

「サイレントヒル」でもらった時計は居間で使ってます(笑)。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

只今仕事中。

2006-09-24 | Weblog
昨日は映画見て、今日はお仕事。
平日夜遅くまでもう仕事したくないので(爆)。
休日は、静かに仕事に専念できてよろしい。電話もならんしね。
できれば家で休みたいけど・・・(-_-;)。

ブログの更新が滞っておりますが、大きな山は越えましたので、
また元に戻りたいと思います。

父親がヤバイ病気になっておりまして、そのからみで色々ありました。
でも、大丈夫。

さ、仕事しよっ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「X-MEN:ファイナル・ディシジョン」

2006-09-24 | 映画
ほんとは、「THE LAST STAND」なんですが、何故か地味に
タイトル変更されました。
「世界は選択でうんたらかんたら」と言ってるので、そのせいか。
ちょっとマトリックス入ってますか。

公開を記念して、2週連続TVにて「1」と「2」を放送してました。
「1」は公開時見に行ったのですが、「2」はTVでちら見。

突っ込みどころ満載(笑)。ある意味万歳!
ネタバレ全開につき、未見の方はご注意下さい。






















TV放送では、サイクロップスの声がビバ・ヒルのブランドンだったんですが、
これがまあ見事にはまっておりまして、劇場でサイクロップスの本当の声を
久しぶりに聞いた瞬間に「違う!」と思った程でした(笑)。
で、そのサイクロップスですが、あんな簡単に殺しますか。
ジーンが生き返るのは予告編でばれてるので、
まさかあそこで彼が死んだとは思わず、
何かしらの形で生き返るなと思ってたのですよ。
なので、ウルヴァリンの「ジーンが殺した」のセリフには「えっ!?」でした。
どうせなら、最後まで三角関係で(いい年して青春学園になってるところが・・・)。
全編通してサイクロップスはいいことなし。
ファンは、さぞかしこの扱いにはブーイングではないでしょうか。

反対に「1」の頃にはまだ知名度の低かったストームことハル・ベリーですが、
今やアカデミー&ラジーW受賞で知名度抜群の彼女の出番は大幅増。
重要な役どころになっていました。

登場人物が多いので、役名と本人を把握するのが結構大変。
なので、ちょっと出ておしまいキャラも多く描き切れてないのが残念。
スピンオフするしかない?
白い羽を持つ青年は、メンバーに入って戦うのかと思ったら、
父親(←「エクゼクティブ・ディシジョン」の司令官?)を助けただけで終了。
最後、自由に?飛んでましたけど。

ミュータントの力をなくしてしまう力を持つ少年は、
「ウルトラヴァイオレット」の子供だよね?
同じような役どころでご登場(笑)。

「ソウ」や「レッド・ドラゴン」に出演してた中国系の丸顔青年は
「レッド・ドランゴン」つながりで?ハリネズミなキャラのミュータントで登場。
キュア研究者の女博士を顔の針で殺してました。ちょっと地味?
その女博士は、「エミリー・ローズ」で裁判で証人に立った方ですかね。
クレジットによるとスタン・リーもどこかに出ていたようです。

でも、何と言っても私が一番好きなキャラは、
マグネットじゃなくってマグニートー(イアン・マッケラン)!
今回は、マグニートーも大いにパワー発揮で楽しかった。
特にアルカトラズ(ですよね?)に橋をかけるシーンは圧巻。
見てて「ありえね~」と思いましたが、
何でもありなんでどうでもいいです。おじいちゃん最高。
最後までマグニートーはあの調子でいってほしかったので、
キュア刺されたのは、ちょっとショックでした。
でも、チェスを動かすシーンが出てきて「これは・・・」と思った瞬間
「!!!!!!」マグニートー健在ですね。
私は、思わずにんまりでした。
そうなると、チャールズも生き返りそうなんで嫌な予感したんですが、
やっぱりそう来ましたか。

こういう終わり方は、ブレット・ラトナー監督は好きですね。
「レッド・ドラゴン」のにんまりENDを彷彿とさせます。
そういえば「レッド・ドランゴン」つながりがもう一人。
チルトン先生も出てました。何の役だっかたすっかり忘れましたけど。

以外にもウルヴァリンがジーンを殺してしまいましたが、
そうなると次回では、ストームとくっつくのでしょうか。
「ソード・フィッシュ」な仲?
結局狭いところで恋愛が繰り広げられる大人の青春学園もの「X-MEN」なのでした。
それにしてもミスティークは、きれいですよね。
キュアを刺された瞬間に人間に戻りましたが、
あまりに美しいので女の私も見とれてしまいました。
と思ったら、「ファム・ファタール」主演の方なんですね。納得。

全然ファイナルになってない突っ込みどころ満載の作品でした。


コメント (3)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

つかまりました(T▼T)。

2006-09-12 | Weblog


警察に先導されてます。



軽く切符きられてます。


「37kmオーバーね。
免停にならなくて良かったね。(にこっ)」




愕然・・・。 罰金¥35,000也。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

フィリピン・リロアン(その3)

2006-08-19 | ダイビング
お盆だというのに猛烈に忙しくて更新もままなりませんでした。はぁ。
続きです。

イソギンチャクにいたいい柄をしたエビです。5cmくらいの大きさでした。


こちらは、カニ。ガイドさん小さい生物を色々見つけてくれます。ぐっじょぶ!


ハナヒゲウツボです。沖縄で見たことありますが、久しぶりに見ました。
全然逃げません。


ゆらゆらとワカメに擬態しているカゴシマでもツマジロでもないオコゼです。
水深2~3mでかなり撮り難かったです。


被写体豊富で楽しいことこの上ない。その上、目の前のビーチで移動なし。
最高にごきげんやね!


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

フィリピン・リロアン(その2)

2006-07-29 | ダイビング
マクロ三昧のビーチだったんですが、一番目につく魚が
このリングアイ・ジョーフィッシュでした。
ジョーを見なかったダイビングがなかったというくらい、どこにでもいました。



普通のアングルで。通常こんな感じで穴から顔だけ出してます。



慣れたジョーなら、このように全身を出してくれたりします。キモカワイイ?



この人は観察してるうちに、口を大きくあけて喉仏まで見えそうな勢いでした(笑)。



「見ないで!」と言いたげなこの潤んだ瞳(笑)。隠れても全身丸見えです。

それぞれ違う固体なんですが、みな同じ色してます。
少しでも違う色はいないかと探しましたが、いませんでした。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

フィリピン・リロアン(その1)

2006-07-29 | ダイビング
フィリピン・セブ島の南端にサンタンダーというところがあるのですが、
そこにリロアンという小さな漁村がありまして、
小規模なリゾートが数件だけあります。そこで潜ってきました。
伊豆でビーチダイブばっかりやってますんで、
フィリピンでもお手軽なビーチポイントないかなと思い、
思いついたのがこちら。仕事が忙しくて、手配する時間もなく、
セブ以外の離島は無理だったので、まあ必然か。
透明度は、こんな感じ。20~25はぬけてます。



水深7~9mくらいから見上げてボートのせ船底を撮影しました。



サンゴは死んでるんですが、ソフトコーラルはかなりきれいでした。



ここの特徴なのか、ご覧のような大きなスリバチカイメンが多かったです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加