悠久なる雪月花-Blog Edition-

ライダーやプリキュアの玩具類とゲームを楽しむブログ。

変形! C-15 救助員 サイバトロンインフェルノ

2009年02月24日 | トランスフォーマー

2009年2月26日発売、定価3990円(Amazonでは何故か発売日前に入手できた;)。
変形シリーズにおいては、コンボイ、メガトロン、スカイファイヤーに継ぐヴォイジャークラス。
しかも胴体がそのまま消防車なので同サイズのコンボイと比べるとかなりボリュームのある体格になっている。

元になったキャラはG1インフェルノだが、オートベース愛知様のユニバース版レビューではG2版のリメイク商品という事になっている。
G2版ではG1版に放水ギミックが追加されており、それが今回の変形モチーフである放水車に準えているという憶測が語られているが…どっちかというとスーパーリンク版のリメイクと言い張れば納得できるんですがねw

G1にせよG2にせよ、こんなカッコいいインフェルノがあのインフェルノであるわけないじゃないか…付属のコミックもまったく性格違うし。
ていうか、「どのような体勢からも正確にライフルを撃つ」って、それこそスーパーリンク版インフェルノをリスペクトしてるんじゃないのかと?




クルッと回って1回転



ギャース!左腕の装甲パネルを変形させるの忘れてる!?
いや、これは変形し忘れたのではなく、こうする事で盾にも見えるジャン?
という事を伝えたかったのであります、ハイ;
べ、別に間違えたわけじゃないんだからね!


一目見ただけで、変形ギミックがある程度予測できてしまう単純な外見ながらも
実物を手にとって見たら、なんか凄くカッコよく見えてしまうという侮れないデザインです

冒頭でも散々口走りましたが、顔以外はスーパーリンク版インフェルノによく似ています
腕に固定された武器とか、変形ギミックとか…


頭部近影4面図
出身がギャラクシーフォースだったなら「~~コンボイ」とか名乗っていそうなお顔です
口元がマスクだったらコンボイですよね、コレw


アクティブバインダー(?)は意外にフレキシブルに可動します
後ろにまわしたらダブルオーガンダムを連想してしまったw


自由に可動するバインダーのおかげで、腕の可動範囲の妨げになりません

武器は腕に固定されています
ミサイルがクルアブルーですが、これは水を表現していると思われます

下半身の可動範囲が制限されているのでバリエーションあるポーズは無理かも…;
足の向きを変えたり、股を広げたりすることは出来ますが
前への可動が制限されています…またヒザも必要以上に曲がりません
なにより、スネが長いのでヒザを曲げてもポーズに変化を付けづらい感じ…


ではビークルモードにトランスフィーム、ギゴガコキッ!
まずは首を回転させる事で胴体に収納
腕のカバーも180度回転させ肩ごと後ろに回します


バインダーからドアを取り出して胴体部に張り合わせていきます
その後、足の付け根から180度回転させ足をそろえます


腰ごと後ろに回してジョイントにはめ込みながら、各部のカバー合わせていきます
最後は前輪を展開し、砲台の向きを変えたら変形完了!




消防車にトランスフォーム!
G1版でははしご車ですが、変形版では放水車に変わっています
しかし、リカラーでグラップル出すんですかね、これ?


砲台の角度はある程度、変化させられます
スイッチを押せば、ミサイルも発射!


体格的にはG1版よりスパリン版の方が似てますね
確かに顔そのものはG1版を意識していますが
頭の周りに色々飾りみたいな物が付いていたG1版と見比べると
変形版はかなりスッキリして物足りない感じかな?

出来としては全然OKです
可動範囲的には物足りなさもありますしギミックが少ない点もありますが
パトカー(プロール)、救急車(ラチェット)と並べると、かなりまとまりがありますし
関節の保持力やビークルモードの安定性も高く安心して遊べる玩具です

まあ、さらに見た目を追求するなら海外版の方が渋くてカッコいいんですがね(^^A

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »

トランスフォーマー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事