いちファンによる倉橋ヨエコ応援ブログ

いちファンによる、ミュージシャン倉橋ヨエコさんの応援ブログです。

ヨエコさん以外の人が歌う「損と嘘」

2020-11-11 22:01:53 | ヨエコさんに関してつれづれ

私は最近は声優さんを応援しているのですが、20代くらいの方にも、ヨエコさんがお好きな人がいたりして、結構興味深いです。

先日、声優の大地葉さんが、オンラインのトークとカラオケのイベントで、ヨエコさんの「損と嘘」を歌ってくれた。大地さんは以前からヨエコさん好きを表明している人。

事前にカラオケリクエストをされていたので、個人的にも聴いてみたいなあとリクエストしていたのでうれしいです。

ヨエコさんの歌を、ヨエコさん以外の方の歌声で聴くのは新鮮だった。誰かとカラオケに行っても、あまり聴く機会はないしね。

オンラインイベントという性質上、アーカイブ動画などももう公開されていないので、記録として書いておきます。

 

 

倉橋 ヨエコ | ビクターエンタテインメント : https://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A020110.html
倉橋ヨエコ | Warner Music Japan : https://wmg.jp/kurahashi_yoeko/

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏、夏、行かないで

2020-08-20 21:46:22 | ヨエコさんに関してつれづれ

※タイトルは倉橋ヨエコ「夏」の歌詞の一節より。

7月19日、20日が倉橋ヨエコさんのラストライブの日で(2008年のことです)、9月20日がヨエコさんのお誕生日なので、8月20日ってなんだか思いにふける。

解体(ヨエコさんは「引退」をこう表現した)12年が経つのですが、それでも新たにヨエコさんの曲に触れる人がいて、心をつかまれる人がいるのは、曲が曲として忘れられずに生きているということなんだなあ。

「忘れられない」ということは、なにもしなくてもそうなっているわけではなくて。語り継いでいる人がいるということで。そういう意味では、色々なところでヨエコさんに言及している人がいれば、コンテンツとしては滅ぶことがないはず。その隅っこにこのブログがあるならそれで幸い。

 

倉橋 ヨエコ | ビクターエンタテインメント : https://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A020110.html
倉橋ヨエコ | Warner Music Japan : https://wmg.jp/kurahashi_yoeko/

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

寿命が半分縮んでも

2020-07-25 14:08:08 | ヨエコさんに関してつれづれ

「明日にやろうかな」と思って明日の自分に引き継ぎしても、だいたい明日の自分には新しくやるべきことがある。そうしてたくさんのことが「保留」になっていく。
だから今日のうちにできることはひたすらやるんだけど、そうすると寝るのがどんどん遅くなる。

倉橋ヨエコさんの「過保護」にある

どれだけ睡眠削れるか 現実問題それでしょう
寿命が半分縮んでも 一日50時間欲しい


というのは、時々すごくよく分かる。

でも200歳くらいまで生きたいと思う時もある。

----------
倉橋 ヨエコ | ビクターエンタテインメント : https://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A020110.html
倉橋ヨエコ | Warner Music Japan : https://wmg.jp/kurahashi_yoeko/

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

倉橋ヨエコさんに出会った場所

2020-02-01 03:26:25 | ヨエコさんに関してつれづれ

私が倉橋ヨエコさんを初めて知った日時と場所というのは、実は記録が残っています。当時WEBサイトに書いていた日記。
なにしろ17年前で、自分は25~26歳なので文章が生意気で恥ずかしいですが、当時の空気を含めてそのまま転載します。

2003年(平成15年)2月15日(土) コインロッカーにここまで買った荷物を入れてJR山手線、総武線を乗り継いで御茶ノ水へ。駅から明治大学・三省堂に向かう坂を下って、ヴィレッジヴァンガードへ到着。いつものように店内をうろうろする。しかし、ここでは驚くほど時間が早く過ぎていくなあ。あっという間に1時間近く経過。ここでは、CDを1枚買う。店内のBGMとして流れていたもので、本やグッズを見ている最中もどうにも気になって仕方がなかったのである。それが倉橋ヨエコ『婦人用』(2002年,WERNER INDIES NETWORK/WINN 82094)。「ジャズ歌謡」というジャンル分けがされていた。俺が聴いた第一印象は、「針の振り切れた矢野晶子」。これ誉め言葉ですよ。BGMで流れていた曲に惹かれていきなり購入するなんてめったにないですから。なお、詳しく知りたい人は、レコード会社のページやインタビューを見て勉強しよう。俺もこれから勉強します。

つまり、2003年(平成15年)2月15日土曜日に、ヴィレッジヴァンガードお茶の水店で、『婦人用』が店内で流れているのを聴いて、倉橋ヨエコさんに心をつかまれた。

ここから、2008年7月20日(日)の「感謝的 解体ヨエコ ツアー」@東京キネマ倶楽部まで、私にとってヨエコさんを追い続けた5年半が始まった。

ライブハウスに行くようになったのも、「ある人を応援するためだけのブログ」を始めたのも、全部が全部ここから始まった。 その、ヴィレッジヴァンガードお茶の水店も、2月頃で閉店だそうです。 なんだか色々と感慨深い。

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

11年

2019-09-19 23:29:21 | ヨエコさんに関してつれづれ
倉橋ヨエコさんのラストライブから10年、という思い出を書いてから、さらに1年が過ぎてしまった。

そして9月20日がヨエコさんのお誕生日。月日は流れますよ。

最近、20歳くらいの方がヨエコさんの歌に衝撃を受けた話を聴いたりして、作品は今も色あせないんだなあと思っている。

倉橋 ヨエコ | ビクターエンタテインメント : https://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A020110.html
倉橋ヨエコ | Warner Music Japan : https://wmg.jp/kurahashi_yoeko/



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10年

2018-09-05 14:53:30 | ヨエコさんに関してつれづれ


▲画像は、2005年の年末、下北沢440で行われた4日連続ツーマンライブ「ヨエコの部屋2005総集編」で展示された、ヨエコさんの家族(ぬいぐるみ)たち。たしか。画質は13年前の携帯電話で撮影しているので、その画質です。



倉橋ヨエコさんのラストライブが、2008年7月19日(土)、20日(日)なので、10年。10年か!

ベストアルバム『終楽章 コンプリート・ベスト2002~2008』のリリースも2008年09月17日なので、もう10年。
ラストライブのDVD『解体ヨエコショー』は、ヨエコさんが解体後、2年の時を経て2010年にリリースされたので、「最後のリリース」からはまだ10年ではないのだけれど。

(当時書いたライブレポート。さすがに10年前の自分なので、なんというか文章が若い)
 ■倉橋ヨエコライブ(7/19@東京キネマ倶楽部)私的レポート
 ■倉橋ヨエコラストライブ(7/20@東京キネマ倶楽部)私的レポート

あれからも、色々な音楽を聴いてきた。ヨエコさんが解体後にクラシックを聴きはじめて、「もう少し早く聴いていれば、曲がより深く分かったかも」と思ったこともありました。
ライブやコンサートも、聴きに行っていますが、ジャンルは色々変わていますね。アラフォーになってから声優さんのライブをペンライト振って聴くようになったり、我ながら思いもよらない方向に進んだりもしています。
正直に言うと、今も毎日ヨエコさんの曲を聴いている、わけではないです。

でも、自分にとってはヨエコさんの音楽はルーツのひとつ。自分が25から30という、なんというか、一般的には「ちょっと(だいぶ?)遅れた青春」の年齢の時期に、ひたすら追いかけた人なので。少なくとも、そこまで夢中になった人は、現時点ではヨエコさんを除いてはいない。自分がそれなりに歳を取って、さすがに気力や体力が当時とは違う、ということもあるかもしれないけれど。

だから、このブログはずっと残しますし、話題があったら時々は書きます。



ヨエコさんのCDは、さすがに廃版とか再生産予定なしが多いみたいだけれど、今でも何枚かは買えるみたいです。
TOWER RECORDS ONLINE - 倉橋ヨエコ

今ありがたいのは、配信はずっとされているので、ほとんどの曲を今でも聴けること。
ヨエコさんを知るきっかけが、動画サイトにアップロードされたオフィシャルではない音源、というのは、今となっては仕方ないのかもしれないけれど、そういう人も、いい曲だと思ったら、お金を出して音源を買ってね。
Amazon Music - 倉橋ヨエコ
Apple Music - 倉橋ヨエコ
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

machiさんへのメールインタビュー記事

2018-05-18 23:56:56 | ヨエコさんに関してつれづれ
前の記事で書いた、ヨエコさんに似た声で、似た曲調の歌を歌われるmachiさん。

私は、動画を制作している会社の日本語のサイトは見つけたのだけれど、そこまででアクションは起こしていなかった。
その制作会社和之梦(ワノユメ)と、machiさんご本人(!)にメールでインタビューしたのが下記の記事。

SNSで話題になった中国動画のテーマソングを歌うmachiとは何者か? 本人にメール・インタヴュー | Mikiki
http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/17927


回答がもらえない質問もあったとのことですが、それでもご本人からの回答は貴重。
楽曲は中国のみで販売で、日本での販売の予定がないのは残念ですけれど、色々事情はあるのでしょう。

サイトでは、今後も注目してくれるとのことなので、楽しみにしていたいと思います。

記事によると、下記の動画の最初と最後に流れる「Doremi Song」もmachiさんの曲とのこと。

《冬冬与亮叔的私人假期》04 导演要努力学习中文了
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【2/15追記】この曲を歌っているのは果たしてヨエコさんなのかどうか。

2018-02-13 23:48:24 | ヨエコさんに関してつれづれ
まずは、下の動画の、2:45くらいからをご覧いただきたいのですが。

《我住在这里的理由》花絮 2017东京最美赏樱花地TOP5
https://youtu.be/OO6SypxZWrI?t=2m45s


中国で製作されているドキュメンタリーシリーズの一編(らしい)。日本で暮らす中国の方や、日本の風景を紹介するという内容。

この動画では、東京の桜の名所をランキング形式で紹介している。
それぞれに、桜にまつわる日本の曲がBGMに使われていて、第一位の風景に流れるのが、machi「County color」

アーティストさんの名前や曲名は、私は初めて聞いたのですが、このメロディーと歌い方は、倉橋ヨエコさんぽいよね。

私も、海外のヨエコさんファンの方から教えていただいて、まだ情報が少ないので、引き続き調べたいと思います。

なにかご存知の方がいらっしゃれば、コメントやメッセージで教えてください。


【2018/02/15追記】
下記のWEBサイトが、動画を製作している会社のようです。中国語なので正確にはわからないのだけれど、「COUNTRY COLOR」は「《我住》主题歌」と書いてあるので、動画シリーズそのもののテーマソングなのかも。
和之梦 : https://hezhimeng.cn/music

ページから音源が買えるみたいで、「高品质原声wav」「高品质伴奏wav」「精美歌词pdf」だから、歌入り、インスト、歌詞のPDFファイルってことなのかな? PayPalとかで決済できるなら、購入できるのかも。

そして、この動画を作っているのは、日本人のプロデューサーの方と、中国人のクリエイターの方による会社らしい。日本語のサイトもありました。ここから問い合わせのメールをしてみたらいいのかしら?
ワノユメ : http://wanoyume.com/about.html
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

年末は色々忙しい

2018-02-04 12:45:10 | ヨエコさんに関してつれづれ
年末に下書きしたまま公開していなかったので、公開しておきます。

-----------------------------------------
年末は色々忙しい。

夜は自己嫌悪で忙しい。

iTunes:倉橋ヨエコ「夜な夜な夜な」_https://tools.applemusic.com/embed/v1/song/417084124?country=jp

「夜は自己嫌悪で忙しい 夜は自己嫌悪で忙しいんだ」
という歌詞は、やっぱりすごいよね。

ネガティブなんだけれど、ネガティブなりに戦っている。
だから、ネガティブになりがちな私にとっては、すごく心強い。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヨエコさんについて、思い出すことなど

2017-12-05 23:12:11 | ヨエコさんに関してつれづれ
倉橋ヨエコ リマスター盤 2011/02/09 リリース!!


倉橋ヨエコさんが引退されてから9年になるのよね。その事実には、ちょっとびびるな。

大げさではなく、私は20代の自分のかなりの部分をヨエコさんに捧げた。だって、後にも先にも(後はこれから続くのでまだ分からないけれど)、「ある一人の人の情報を発信するためにブログを作った」のはヨエコさんだけだからねえ。
自分の人間を掲載したものは色々とあるけれど、ヨエコさんの歌もそのひとつなんだろうな。

ヨエコさんの動画は、オフィシャルじゃないものが多いのだけれど、公式なものとしては2011年にワーナーミュージックから初期アルバムのリマスター版が出た時の試聴動画とかかな。この記事の最初に載せておきます。

やっぱりこれはすごく独自の世界。歌もそうだし、ミュージックビデオのアニメーションとかも、今見るとすごいよね。

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A020110.html
https://wmg.jp/artist/kurahashi_yoeko/
コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

物事は流転して、意外なところと意外なところがつながるのです

2017-10-27 23:33:37 | ヨエコさんに関してつれづれ


管理人は、最近声優さんのラジオを聴いていたり、声優さんの歌う曲を聴いていたり、声優さんのライブに行っていたりします。
(唐突に更新し、話題も唐突)

余談ですが、私はヨエコさんを知る少し前の1990年代後半から2000年くらいは声優さんが好きで、それが15年くらいして再燃したのが今です。

その中に、ヨエコさんのファンの方がいらっしゃって、ちょっと驚いています。意外なところで、意外な物事や人がつながるんだなあと。
今でも聴き継がれているのは、なんだか感慨深いですね。

その声優さんは大地葉さん。色々個性的で面白い方です。
http://vims.co.jp/talent_profile_detail.php?id=33
@Taicho_Taichi https://twitter.com/taicho_taichi
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「元気は出るまで出すな」(倉橋ヨエコ「春の歌」)

2017-03-19 02:32:45 | ヨエコさんに関してつれづれ
元気は出るまで出すな
元気は出るまで出すな
って自分にお手紙を書きました

倉橋ヨエコ「春の歌」(2005。アルバム『ただいま』収録)

この歌詞って、ポジティブではないかもしれないけれど、決して絶望しない強さというか、しぶとさというか、いい意味での往生際の悪さがある。
ヨエコさんだから書けたものだと思う。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今も読める「倉橋ヨエコを辞めさせていただけますか? 日記」

2017-01-20 00:46:45 | ヨエコさんに関してつれづれ
故あってちょっと検索していたら、ヨエコさんが解体発表直前の2008年4月に発表した文章が、今も読めるんですね。懐かしき、オーディオグラフィコのモバイル版の中に。

倉橋ヨエコを辞めさせていただけますか?日記
http://www.audio-grafico.com/artists/kurahashi/diary_keitai/dialy.html

あれから9年が経った今読むと、様々な葛藤を抱えていたのだろうなあと思う。
それでも、よくぞ「ピアノを弾いて歌を歌う」という、自分がやりたいことと、苦手だったであろう様々なことの折り合いをつけて、メジャーデビューまで行ったよなあと思う。

ヨエコさん、お元気なんですかね。お元気で、平和に暮らされていればいいなあと、それだけを思います。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

それにしても、

2015-04-04 02:55:21 | ヨエコさんに関してつれづれ
 先日エイプリルフールネタを書くために久々にログインして、前に自分が書いたライブレポートなど色々を読み返したら、急に「ヨエコさんって、今はどうしてるのかなあ」という思いがよぎりました。

 別に、知りたいということではなくて。ただ、「どうしているのかなあ」と。それでも、解体(引退)してからはスパッと姿を消して、再び登場することがないのは、なんとなくヨエコさんらしいとは思います。

 たぶん、プロとしてではないけれど今もどこかでピアノ弾きながら歌っていて、ヨエコさんをヨエコさんだと知らない人たちから、「あのお姉さん、えらく難しいピアノ弾きながら歌えるもんだねえ」と感心されているんじゃないかなと、そんな生活をしてくれていれば、いちファンとしては嬉しいなと思います。

 そして、この時期はいつもヨエコさんの「桜道」(アルバム『色々』2007年収録)と「春の歌」(アルバム『ただいま』2005年収録)を聴き返しますね。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ポーカロイト"YOEKO"プロジェクト」とな(2015年4月1日)

2015-04-01 00:10:13 | ヨエコさんに関してつれづれ
●伝説のシンガーソングライターがよみがえる。「ポーカロイト Yoekoプロジェクト」スタート。 - 音楽マタリー
http://maatalie.mu/music/2015-04-01_April-Fools-Day
 「ヤヤハは、『ポーカロイト"YOEKO"プロジェクト』をスタートさせることを発表」、「オリジナルのボイスデータは、2000年から2008年に活動したシンガーソングライター、倉橋ヨエコ」、「独特の歌声には今も根強いファンが多く、多くのユーザーよる『新作』も期待される」、「発売時期、価格等は未定」。

 おお。色々な方の声を元にした音声ソフトはありますが、まさかヨエコさんのボイスデータを使ったプロジェクトが動いているとは。私はDTMはまったくやったことがないですが、ソフトが出たら買いたいと思っています。










 ……5年ぶりのエイプリルフールネタです。ちなみに5年前の記事はこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする