ふ わ り

休み休みですけど
時々生きてる証を残しています(笑)
体はふわりとはいかないけど、心と頭はふわふわしてます^^;

あの日。。。

2011-03-25 11:21:30 | ダイアリー
平成23年 3月11日(金) 午後2時46分

テレビのワイドショーをかけていた。

東京都庁からの中継の時、レポーターの方が「あっ揺れています。地震です。かなりの揺れです。」と言うのを聞いてテレビに目を向けた。

それから。。。

こんな日々が続くとは思わなかった。

こんな大惨事になるとは思わなかった。

地震の怖さ、津波の恐ろしさ、そして原発の脅威。

懸命に闘っている人がいる。。。

日本のために、寝る間も惜しんで頑張っている人たちがたくさんいる。。。

悲しみを抱えて、生きようとしている人々も。。。


あの日で、自分の命が終わるなんて、誰が思っていたでしょう。

あの日から、こんな悲しみが襲ってくるなんて、誰が感じていたでしょう。

あの日がなければ、みんな楽しく春の訪れを待っていたはずです。


平和な日々が当たり前だと思って過ごしてきたけど、生きていくうえで色々な困難や苦悩や悲しみがあることを改めて思い知ることになりました。

でも、悲しみの向こうには喜びがあると思います。

辛さの先には嬉しさがあると思うのです。


父が亡くなった時、私がこんなに悲しいのに、どうしてみんなは笑っているんだろうと思いました。

人ひとりが亡くなっても、世の中はいつも通りに動いているんだと感じました。

だけど、その動きに乗せられて自分も立ち直れることができたのです。

周りの明るさに救われたのです。

みんなで立ち止まっていては、新しい何かは生まれない。。。

ひとりじゃない。

助け合い、寄り添いあい、語り合い。  遠く離れていても 心は「そこ」にあります。


あの日から2週間。

お亡くなりになった方のご冥福をお祈りします。

行方不明の方たちの一人でも多くの方が救出されます様に。

離れ離れになった方たちが一刻も早く再会できます様に。

1日でも早く、心安らぐ日々が訪れます様に。。。。。


心のままを書かせていただきました。
不快に思う方がいたら、申し訳なく思います。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地震お見舞い申し上げます

2011-03-11 20:39:41 | ピープル
サボリまくっている ねーさまですm(_ _)m

3月だわ~と思っていたら、もう11日ですね^^;

3月11日と言えば、亡くなった父の誕生日なんですが・・・・・


今年の3月11日は大きな地震が起こってしまいました。

ドキドキパクパク不整脈で体が揺れてたんですけど、ん?なんか違うと部屋の中を見渡すと照明が揺れてる・・・地震だ!


小樽は震度2位だったと思います。テレビで被害状況を見るにつけ、ドキドキパクパクはしばらく続いていました。

おかげさまで津波の心配もなく平穏に過ごしておりますが、被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。

余震も続いてます。これ以上被害が大きくならないように、早く地震がおさまる様に祈る事しかできません。

自然には逆らえないんだと思いました。

みなさま、どうぞお大事に・・・・・。



コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加