goo

1998年6月21日日曜日 -4

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -グレン・キャニオン・パーク(Google Maps ストリートビュー)オーストラリア -Palam Island(Google Maps ストリートビュー)

1998年6月21日日曜日 -4

しかし Asus USA Home Page には lx2i1001.zip P2L97 BIOS ver.1001 4/20/98 までしかない。  とあるメーカーの技術者に、製品にバンドルされてるのが”1002”だと教えられたのが一ヶ月以上も前なので何時リリースされてるか待ってるのだ。  いわゆるIE4.01 SP1などと開発時期が同じか追い越していたドライバーはたいてい大急ぎで”IE4.01 SP1”のパッチをカバーし続けなければならない泥沼に棲んでいるらしい。  空調を”ドライ”にすると相対湿度が90%から60%に下がった。

♯♭♪ (*^.^*) : Kalaparusha Maurice McIntyre 1 2 3/ Peace and Blessings   :    J & M(9:25)、解りやすい曲の主題がリード(Ts)で提出される、金管のユニゾンでもう一度、あまりにも堂々として力に満ちた”南部鉄瓶”リード(Ts)のソロは、丸っこくどっしり熱い血が通っている、お茶目な悪戯顔を垣間見せる。  ホーンが気持ちよく海に向かって放射していると、お茶目なベルがホクホクよろこびを湛え過ぎる。  寡黙なベースがしっかりしたテンポで独り言をつぶやく、軽い身のこなし・歌うようなサラサラしたドラムソロを経て、テーマのユニゾンを繰り返し発止!と終わる。  African Procesion(1:10)、ユニゾンのごく短い曲。  Any Way You Want It [*](9:34)、Longineu Parsons IIの曲、本人がとても速い息つく暇のない、とても長いソロを張りきって放射、ベースとドラムスがヨロコビの推進をサポート。 野原に霧の湧いた時間、ソプラノSaxが官能の黄緑の響き・田園情緒を分泌、辺りにまんべんなく充満させ行き渡らせる。  N 39(7:22)、ベースソロにバスクラリネットが呼応、激しい腹から畢竟の低音をブローイング、ダンシングドラムソロを経て全員のユニゾンで完了。  Not This(5:38)、妙なる自由、のびのびした微妙な優雅さの漂うフルート、渋くて陽気なもしかしたらお茶目なベース、陽気なホーン、野趣ムンムンのソプラニーノ、草原を渡るアルトリコーダーなど、次々にさまざまな楽器が登場し自発的な美の秩序を点描する。  野外の楽しいミーティング、美味しいとっておきの料理、ワイン、止めどない愉快話が飛び交う。  ゆっくりしたうねり、のたうち回る情念・思惟、噴出する発想・きっかけ、さまざまなものが流れていく。  Hexagon(7:40)、リードの自由なあっけらかんとした昆虫や爬虫類の皮膚感覚、両棲類のぎょろりとした目玉の咆哮、木管の田園情緒が波打つ草原を吹き抜けていく。  K. M. McIntyre(Clt, Flt, Perc,  BassCl , Ds,  Ts, Tb,  WoodFlute , Bells, Main Performer, Shenai)、King I Mock(Ds)、Longineu Parsons II(Flt, Soprano, Tp, Flgh, Ss, Sopranino, Alto Recorder)、Leonard Jones(B)、Release Date: Jan 1, 1979。

♯♭♪ (*^.^*) : Stravinsky,Igors 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Stravinsky,Igors Apollo Musagéte* -f -f -f Rite of Spring* -f -f -f -f Firebird* -f -f -f -f -f Pulcinella* -f -f -f Petrushka* -f -f -f -f -f Orpheus* -f L'Histoire du Soldat* -f -f -f -f -f -f Symphony in C major* -f -f -1~ -1~ Symphony of Psalms* -f -f -f -f -1~ Symphonies of Winds 1 2 3 Symphony in 3 movements -1~ Sinfonía en tres movimientos Concerto in D* -f -f -1 -2 -3 -1~ Tthree pieces-1 -2 Soldier's Tale Dumbarton Oaks -1 -2 -3 Agon 1 A Sermon, A Narrative and A Prayer -1 -2 Sinfonia Instrumentos Viento Le Sacre du Printemps -1Primera Parte -Segunda Parte -Tercera Parte -Quinta Parte   Stravinsky plays Piano Sonata Etudes, op. 7 1   Violin Concerto* -f -f -f   Piano Concerto* -f -f -f -f -f   The Flood Movements for Piano and Orchestra Variations: Aldous Huxley in Memoriam Four Norvegian Moods Suite Italienne-1 -2 -3 -4 -5 -6 Studies 7 Etude The Rake's Progress : Prelude No Word From Tom 1 2 3 4 Gently, Little Boat Song of the Nightingale

♯♭♪ (*^.^*) : Jackie McLean 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Jackie McLean ♫ Top Tracks for Jackie McLean * 0 1 Confirmation Profile of Jackie Moanin A foggy Day My Jelly Roll Soul Tensions Cryin' Blues Left Alone* 1 2 3 Not So Strange Blues You Tought My Heart To Sing Quadrangle Blues Inn Appointment In Ghana 1 Sweet Love Of Mine De I Comahlee Ah Star Eyes Old Gospel STRANGE AS IT SEEMS Round Midnight~ I Remember You Let's Face The Music And Dance Frankenstein JACKNIFE Blue Rondo Ghost Town -1 -2 Demon's Dance Kahlil The Prophet Floogeh Christel's Tune Poor Eric Eco Right Now I'll Keep Loving You Rene Saturday And Sunday Sentimental Journey Summertime Blues function Blue Doll Cool green Bluesnik Greasy Medina Appointment in Ghana Erdu A Fickle Sonance Five Will Get You Ten Capuchin Swing Lost Summertime mode for Jay Mac Cornbread Out Of The Blue It Could Happen To You Off To The Races Confirmation Cool Struttin' 1 Minor March Deep Night Moanin Bup A Loup Dig Blue Minor    full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Sade 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Sade * 0 1 ♫ Best of Sade * The Best Of Sade-f LIVE 2011 Buenos Aires -f Bring Me Home-f Solder of Love 2 3 4 In Another Time By Your Side The Moon And The Sky 1 Bring me Home Long Hard Road Morning Bird Skin Baby father Slave Song Bullet Proof Tar Baby Fear Give It Up Still In Love With You lyrics Love Is Found Skin Somebody already broke my heart I Never Thought I'd See.. Immigrant Haunt Me Feel no pain 2 Spirit Pearls Lover's Rock 1 3 Keep Looking Live Maureen Frankie's First Affair Clean Heart No Ordinary Love And I miss You Cherish The Day 1 King Of Sorrow 2 Smooth Operator Love Is Stronger Than Pride The Sweetest Taboo 2 Kiss of Life Nothing Can Come Between Us 1 Cherry Pie Never As Good As The First Time Jezebel 3 4 Love is stronger than pride 2 Somebody Already Broke My Heart Paradise Is It A Crime Live 3 Like a tattoo Hang on to Your Love I Will Be Your Friend 1 Bullet Proof Soul British TV

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1998年6月21日日曜日 -3

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -The Nature Conservancy Preserves-9(Google Maps ストリートビュー)オーストラリア -Hamilton Island-5(Google Maps ストリートビュー)

1998年6月21日日曜日 -3

どちらも厳しくも熱くにも冷ややかにさえなれない、それがほとんどの”ライブ盤”である。  だから、別に臨場感など皆無であっても、ただ圧倒的であるとしかいうことができない、深くこころに止まる作品がある MILES DAVIS /Amandla とかAura ♪、Decoy、Siesta Original Soundtrack、Tutu などの最後期の諸作をじっくり聴きたい気になってしまった。  Weekly News &Updateで マザーボード(P2L97)のBIOSの最新版(β)が出たことを知り覗いてみる。  P2L97 M/B BIOS beta Ver.1002-12 である、同じもの(lx1002c.zip)が”FTP ディレクトリ /pub / ftp.asus.com”にもある。 

♯♭♪ (*^.^*) : Kalaparusha Maurice McIntyre 1 2 3/ Kwanzaa :      ニューヨークのJazz専門FM局、WKCRのコンサートを収録。  Kawanza(12:22)、M・トンプソン(Tp)とK・M・マッキンタイヤー(Ts)が、何処か懐かしさを覚える優しいテーマを提示。  やがて、奔放なフリー・フォーム、あの有名な、あまりにも堂々として力に満ちた、”南部鉄瓶”風リード(Ts)のソロは、丸っこくどっしり熱い血が通っている、”お茶目な悪戯顔”を垣間見せる。  土俗風なメロディーは勝手に、”南部牛追い唄”を想像させる。  牛追い…メロディーを知っているわけでは無い、イメージである。  J・ベッチ(Ds)はフリー・フォームで暖かいヒューマンなパルスをドロドロ叩き出す、J・サルタン(Prc)はアフリカン風の感興をたなびかせ、とても好ましい空間を構築する。  木管の囁きとフリー・フォームパーカッションの多彩な空間は、すばらしい!。  H・ジャーミ(B)も土の匂いのする、実に好ましい推進の波動を繰り出す。  Leo(12:25)、レオ・スミス(Tp)に捧げられた曲。  M・トンプソン(Tp)がテーマを滔々と提出、K・M・マッキンタイヤー(Ts)が、あっと驚くとても思慮深い陰影のある、”丸っこい”展開を垣間見せる。  J・ベッチ(Ds)の構築する広々した自由な、なんとも心地良い極上空間で、M・トンプソン(Tp)がタップリと、飄々と味わい深いソロを展開。  木管の澄明で翳りの囁き、荒野の優しい夕暮れを想わせる。  K・M・マッキンタイヤー(Ts)の太っとい・丸っこいユーモラスな・陰影の深い、アースカラーのフリー・フォームブローイングがタップリ聴けるから、とても嬉しいんだよ。  Buumba(17:20)、A・アイラー風の消えゆくビブラートの翳りが美しいシンプルなメロディーを繰り返す。  腹の底から絞り出し叫び、すっかりガラガラになりかけている。  消えゆくビブラートは、メープルシロップであり、蜂蜜色であり、歓喜の情熱が常に隠っておる。  J・ベッチ(Ds)は倦まず土を掘り起こし、土煙を上げゴロた石を積み上げ、あちこちにこんもりした凸を作り上げる。  J・サルタン(Prc)は、枯れ木を集め焚き火の準備に余念がない。  H・ジャーミ(B)が道端に腰を下ろし胡座を組んだ皆に、極上のエスプレッソを振る舞う。  金と青紫のボーダーのある磁器は、とてもいい光沢を帯びて落ち着き払っておる。  M・トンプソン(Tp)の迸りは、真っ赤な西空にウナギの飛翔する奇跡を描き、燦たる輝きに想わず息を飲む。  Around we Go(9:19)、メロディーは殆ど崩壊しており、めいめいの思惟が重なり絵巻を作る。  ベン・シャーンの色と具象、奥底に潜む憤怒。  秋色に描かれた巨大なモノリス。  寛大と鷹揚、やり過ごす夥しい有象無象は跡形もなく、皆の顔に歓びが溢れ、大地を踏みしめている。  一陣の南西風が総てを茜に染めて遠ざかる。  K. M. McIntyre(Ts,Cl)、Malachi Thompson(Tp)、Hakim Jami(B)、John Betsch(Ds)、Jama Sultan(Ds)、Release Date:May 9,1977。

♯♭♪ (*^.^*) : Strauss,Richard 1/ ☆□You Tube Search :     Metamorphosen* 1 2 -1 -2 -3 Ein Heldenleben* -f -f -f -1 -2 -1 -2 -3 -1 -2 -3 -4 -5 -1 -2 Symphonia Domestica* -f -f Eine Alpensinfonie* -f -f -f -f Also Sprach Zarathustra* -f -f -f -f Tod und Verklärung* -f -1 -2 -f -f -f -f Till Eulenspiegel* -f -f -f Elektra* Wo bliebt Elektra? -1~ Don Juan* -f Don Quixote* -f -f -f -f   Burleske for Piano and Orchestra -1 -2 Horn Concerto* Oboe Concerto Capriccio* French horn concerto no.1 Ein Heldenleben, horn solo   Der Rosenkavalier* 1 Vier letzte Lieder Der Rosenkavalier -1 -2 0 1 Zueignung   Last Songs Spring Septembre At Sunset Morgen! Vier Letzte Lieder : Im Abendrot Beim Schlafengehen Frühling September An die Nacht Zweite Brautnacht! Poise documentaire F.P. Decker -1 -2 -3 -4 Beim Schlafengehen Befreit Der Rosenkavalier -1~ 1 ich hab'inh nicht Wie schön ist doch die Musik Salome Dance of the 7 Veils Befreit Wiegenlie Allein, weh..Beim Schlafengehen September In Abendrot Frühling Ariadne auf Naxos -1~ Zerbinetta's aria -1 -2 Elektra -1~

♯♭♪ (*^.^*) : Irene Schweizer 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Irene Schweizer * 1 Schaffhauser Jazzfestival 2011 Solo at Jazzfestival Schaffhausen 2008 INTAKT at THE STONE -4 Circle Irene Schweizer Brigach And Ganges -1 -2 Hamid Drake  Pierre Favre duo -1 -2 -3 Mra Sun Love Vision Festival 1985 Solo @ Mulhouse '07 Violets for Pia Blues for New Chicago  Vision Festival 1985 Documentary LES DIABOLIQUES -1 -2 -3 -4 Scratching At The Tonhalle Three Little Songs -1 -2 Yaad Unlimited #29, Schlachthof, Wels, Austria, 2015-11-06 lle Leandre / Annick Nozati / Irene Schweizer Irene Schweizer, Maggie Nicols, Joëlle Léandre, 7 October 2015, Moscow Brigach And Ganges To Whom It May Concern  Rüdiger Carl Quartet in Zürich 1981 Unexpected Demand  Chicago piano solo  Free Mandela! Slatko Caucic Live at Tarcento Jazz 2013 INTAKT at THE STONE-4 Afric Steals The Show Irene Schweizer/Fred Anderson/Hamid Drake  Irène Schweizer Solo at Jazzfestival Schaffhausen 2008

♯♭♪ (*^.^*) : Roxy Music 1/ ☆□You Tube Search :      ♫ Top Tracks for Roxy Music * Avalon 1 2 3 More than this 1 True To Life Take a Chance with Me While My Heart Is Still Beating The Space Between Same Old Scene Jealous Guy Slave to love 1 Ladytron ALL I WANT IS YOU Editions of You Angel Eyes | Bryan Ferry/ Make You Feel My Love Don't stop the dance 1 2 Positively 4th Street Which way to turn 1 Limbo I'm in the Mood for Love 1 Carrick Fergus valentine The 39 Steps Slave to Love 1 Kiss & Tell 1 The Right Stuff 1 Smoke Gets in Your Eyes 1 A Fool For Love Over You dance away The Times They Are A-Changin  Rescue Me Don't Want To Know I Thought Casanova  Shameless Your Painted Smile  All Along The Watchtower Is Your Love Strong Enough  These Foolish Things Mamouna What Goes On The 'In' Crowd This Is Tomorrow Gemini Moon

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1998年6月21日日曜日 -3

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -The Nature Conservancy Preserves-8(Google Maps ストリートビュー)オーストラリア -Hamilton Island-4(Google Maps ストリートビュー)

1998年6月21日日曜日 -3

サポーターとの対比法?!に苦慮しつつ、饒舌になってしまい軸を失なっている失敗作は、The Complete Concert 1964 (My Funny Valentine and Four & More) が顕著な見本である。  ライブ盤の名盤と言われるものだが。   現場に居合わせた人物は飛翔できるはずの世界が、ずいぶん酸素の稀薄な狭いものであることを、改めて教えられすっかり落胆し。  そこにいなかった人物は対岸の祭り騒ぎに埋没できない疎外感と、長潮のようにだれてしまったサウンドにすっかり滅入ってしまう。

♯♭♪ (*^.^*) : Kalaparusha Maurice McIntyre 1 2 3/ Kalaparusha :     K・ベルガー(Vib)とO・コールマンの興した芸術振興機関・CMF(Creative Music Foundation inc)の実践の場、CMS(Creative Music Studio)でのレクチュアーの一環のコンサートの収録。  全曲、オリジナル。  Mulberry Bush(10:20)、K・M・マッキンタイヤー(Reeds)のソロ、フリー・フォームブローイング、カデンツァで始まる、シンプルな主題が提出される。  K・M・マッキンタイヤー(Reeds)の何処かユーモアのある色彩豊かなエモーションの噴出、K・ベルガーの叙情性が呼応・協調しながら集団的美の構築が行われる。  Ingrid(Vo)のボーカルは、母音のみであり、驚愕のインパクト。  Tom Schmidt(B)の澄明なソロで終わる。  In the Field(5:50)、K・M・マッキンタイヤー(Ts,Bcl)の渾身フリー・フォームソロで始まる、J・デジョネット(Ds)のフリー・フォームの宮殿構築は、胸の透くような清冽がある。  Ingrid(Vo)のボーカルは、とても心に響き記憶に止まる。  Imac(12:00)、優しいテーマが(Ts)で提出され、ベースは単調な爪弾き。  K・ベルガーの速いテンポでの展開があり、J・サントス(Prc)がとてもいい助奏。  やがて、アフリカンドラム風な鼓動、フルートによる野性的な囀り。  突然(Ts)のA・アイラー的な腹の底から絞り上げるような咆哮、K・ベルガー(Vib)の澄明な展開、ポリリズムと単調なベースの助奏、(Ts)の優しいブローイングで終わる。  Calestial(11:00)、シンプルな音列のテーマが提示される。  リズム部門はとても早いパルスでグングン、ガタンガタン推進する。  K・M・マッキンタイヤー(Reeds)の激しいフリー・フォームブローイング、J・サントス(Ds)は圧倒的なパルスの連打、息をも付かせぬ矢継ぎ早で打ち出し驀進する。  迫真のドラムソロは長い。  K・M・マッキンタイヤー(Reeds)のテーマの反復、絶叫で閉める。  K. M. McIntyre(Ts,Reeds)、Karl Berger(Vib,P)、Ingrid(Vo)、Tom Schmidt(B)、J. D. Johnette(Ds)、Jumma Santos(Ds,Prc)、Release Date:May 30,1975。

♯♭♪ (*^.^*) : Stockhausen, Karlheinz 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Stockhausen, Karlheinz Gruppen -f JUBILÄUM -f Mike Truesdell & Renate Rohlfing -f Momente -f KONTRA-PUNKTE  -f Kontakte -f Callithumpian Consort -f Freude -f Michaels Reise um die Erde  -f Helikopter-Streichquartett -f Kreuzspiel -f Inori / Formel  -f Studie I -f HYMNEN (Elektronische und konkrete Musik) Region 1 + 2 -f Oktophonie -f Hymnen -f Luzifers Abschied -f Sirius -f Elektronische Musik -f Invasion-Explosion mit Abschied  -f Zeitmasse -f Mantra -f Kurzwellen -f Trans -f Stop · Ylem -f Stimmung -f Klang 2, Freude -f Luzifers Tanz -f Quartetto per archi ed elicotteri -f FREITAGS-GRUSS (WELTRAUM -f -1 -2 Nachtmusik -f STERNKLANG -f Elektronische Musik aus SIRIUS -f Opus -f Mittwochs-Gruß  -f Tierkreis für Orchester  -f GESANG DER JÜNGLINGE -f Freitag Aus Licht -1 -2 -3 -4 Klavierstücke -f Intuitive Music Spiral Eclipse solar Solo für Melodieinstrument und Rückkoplung -1 -2 Mantra -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 -8 -9 Mikrophonie I-II -- Telemusik Mikrophonie I -1 -2 -3 -4 1 2 Mikrophonie II -1 -2 Telemusik -1 -2 KONTAKTE -1 -2 -3 -4 -1 -2 -3 Examen -1 -2 Gruppen -f -f -f Carré -1 -2 -3 Kreuzspiel -f  -f -1 -2 vibra elufa Cycle Oben und Unten Klavierstuck : -f -f       1  1 -1 -2 -3 -1 -2  1  1 2 3  1 2 3 4 Ⅹ -f -f -f -f XI -f XI-1 -2 -1 -2 1 XII -f -1 -2 XIII -f -1 -2 -3 -4 XIV 1 vanessa benelli mosell plays Set Sail For The Sun

♯♭♪ (*^.^*) : Hubert Laws 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Hubert Laws ♫ Top Tracks for Hubert Laws * 0 1 Feel Like Makin' Love Live at The Litchfield Jazz Festival -1 -2 Pavane pour une infante Shades of Light Romeo and Juliet Family Love Gets Better What A Night! Swan Lake Passacaglia in C Minor Flute Sonata In F Brandenburg Concerto No 3, Fir Fire and rain Rite of Spring Scheherazade Strange Girl Let her go I Had A Dream Midnight At The Oasis Quintet Airegin How Long Will It Be? Land of Passion Shades of Light New Earth Sonata Yoruba Trio For Flute Desert Flower Summer Of '75 Piccolo Boogie Pensativa MORNING STAR Swan Lake Malaguena love story Valse Pavane Forlane 1  MOONLIGHT SONATA Moment's Notice Old Devil Moon  California Suite Feel Like Making Love what a night Airgin St.Thomas Moondance The Caper Nighttime Daydream Work Song TRYIN' TO GET THE FEELING AGAIN On the Road You're Incredible Hold on I am coming Spain 1 Family Creature Land of passion You Make Me Feel Brand New Afro-Classic -f Romeo And Juliet -f

♯♭♪ (*^.^*) : The Rolling Stones  1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -The Rolling Stones ♫ Top Tracks for The Rolling Stones * 0 The Rolling Stones ch ANGIE 1 2 Almost hear you sigh 1 Plundered My Soul Heaven 1 2 Anybody seen my baby?  1 Beast of burden Stray Cat Blues fool to cry original under my thumb rain fall down You Got me Rocking Start Me Up Stones in Exile trailer beast of burden Hot Stuff Brown Sugar Miss You Out of Time Dancing With Mr-D 100 Years Ago Drift Away Far away eyes Streets Of Love Tumbling Dice 1 wild horses She was Hot ! Love is Strong Rough Justice MONKEY MAN Undercover of the Night beast of burden She's A Rainbow Gimme Shelter 1 2 Harlem Shuffle 1 Like A Rolling Stone 2 Jimi Hendrix with No Expectations 2 Satisfaction  Paint It, Black Beast of burden San Sebastian Donostia 2007 A Bigger Bang Documentary 1989 -1 -2 -3 -4 -5 Golden earring

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1998年6月21日日曜日 -2

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -The Nature Conservancy Preserves-7(Google Maps ストリートビュー)オーストラリア -Hamilton Island-3(Google Maps ストリートビュー)

1998年6月21日日曜日 -2

”1998年06月22日 01時30分 の前後10分間に放送された楽曲を3曲表示します。”にそれは見つけることができた。  ”1998-06-22  01:46:11 TIME AFTER TIME MILES DAVIS TRIBUTE BAND LIVEテープ使用”ということであった。  MILES DAVIS/ YOU'RE UNDER ARREST/ CK-40023  に収録されている曲(ヒップホップ)と思われる。  CDの形でリリースされるらしいので、愉しみにしよう。  マイルスのサウンドは、カッチリした揺るぎない濃密な構成の緊張から浮上する、寡黙で澄明な抒情的旋律に魅力がある。

♯♭♪ (*^.^*) : Kalaparusha Maurice McIntyre 1 2 3/ Forces and Feelings/  DS-425/ LP   :     情感たっぷりに、朝靄たなびく叙情はフリーフォームには珍しい。  ぶ太く丸っこいリードの嘆きのような、野獣の目覚めのような下降音階には、想わず聞き惚れる。  デレクベイリー風のなんとも開放感溢れる心地よい爪弾き・弾きと、諦め・嘆きのボーカル『あぁあぁ~、やぁ…*、……』が随所に現れる。  このボーカルは、随所に登場、このアルバムを最も印象付ける。  交響詩風の統一感のある情緒、フリー・フォーム美、多彩なリトゥルインストゥルメント、味わい深いベースが楽しめる。  Behold! God's Sunshine! [#](4:24)、別テイク、やや自由に溌溂とした行い、充実度はやや稀薄。  Fifteen or Sixteen(10:06)、魅力的な開始、神秘的な静かな詩情溢れる、海洋のうねり・たゆたいを連想させるゆったりした、期待を懐かせるもの。  リード(Ts)のフリー・フォームはなんと惹きつけられる魅力に満ちてることか!、硬質のサウンドは無上にしなやかで優しい。  とても好ましいベルが燦めき、ベースのボーイングが歌い、とても魅力的なヴォイス『ややぁ~~*、ああぁ~*、…~~ぁ。 おぉ~~*、』にたちどころに虜になる。  Sun Spots(7:48)、ギターの フリー・フォームの爪弾きは、デレク・ベイリー(Derek Bailey)風で聞き応え充分。  なにやら激越を叫び、ギターを激しく爪弾き、リードを奔放に激情を込め咆哮。  白い板に並んだ黒いボタン・白字をあちこち押さえていた手を止め、魂を委ねると、心地よい清冽・カタルシスに覆われたちまち別世界。  Ananda(3:50)、再び、『やややぁ~*、や~*』、ゆっくりしたテンポに、リードは詩を詠むように極めて穏やかに、静謐に慇懃にブローイング。   Twenty-One Lines(11:48)、ギターはデレクベイリー風のなんとも開放感溢れる心地よい爪弾き・弾き。  フリー・フォームのブローイングとベースのボーイング、リトゥルインストゥルメントの多彩なサウンドは、心地良い緊張感と自由な呼応・発表。  ベルの澄明・精緻な明晰・余韻は実に美しい。  『いい~やぉ、やややぁ~*、や~*』、さまざまなインストゥルメントやシンバル、パーカションの絢爛たるサウンドにより、寛いだ極上のカタルシスが溢れ出す。  Behold! God's Sunshine!(8:19)、またもやデレクベイリー風のなんとも開放感溢れる心地よい爪弾き・弾きとボーカル『あぁあぁ~、やぁ…*、……』で始まる。  次第に昂揚感が高まりグングン疾走する。  フリー・フォームのブローイング放射、パーカッションの圧倒的な昂揚しで終わる。  Ananda [#](9:26)、別テイク、完成度は高い。  圧倒的なフリー・フォーム・ブローイングは叙情性がとても豊か、電気弦の弾きは英気溢れ、パワフルで集団的美の構築はとても満足を覚える。  本人のボイスでの締めくくりは、うれしい驚きとヨロコビ!。  [#]:CDにのみ収録。  K. M. McIntyre(Ts,Cl,Fl,Bells)、Rita Omolokun(Vocal)、Sarnie Garrett(G)、F. Hopkins(Base)、Release Date: Nov 11, 1970。

♯♭♪ (*^.^*) : Sor,Fernando 1/ ☆□You Tube Search :      ♫ Play List -Sor,Fernando Sinfonía No. 1 No. 2 No. 3 Cendrillon - Ballet Suite: Obertura Violin Concerto in G major Obertura del ballet "Cendrillon" Obertura del ballet "Hercule et Omphale" Obertura del ballet "Alphonse et Léonore ou L'amant peintre" Obertura del melodrama "La Elvira portuguesa" 1 La Romanesca   Les Adieux op.21 La Despedida Op. 21 Serenade Op.37 Folies d'Espagne Introduction and variations on a Theme by Mozart Op 9 1 2 3 4 5 6 7 L'Encouragement-Cantabile, Theme and Variation -1 -2 Variations on "Que ne suis-je la fougere op.26 Variations on "Gentil housard" op.27 Variations on "Malbroug" op.28  Andante Largo, Op.5 no.5 1 Moderato  no.17 op.35 Opus 60 Exercises 20, 16, 22, 23, 12 "Le Calme"op.50 Sicilienne & b) March Op 33 No. 03 a) Tempo di Minuetto Op 36 No. 1a  Exercise in E Minor Op 35 No. 24  Theme Varie Op 03 No. 01  Morceau de Concert Op. 54  6 SHORT PIECES Op. 42 No. 01 No. 02 No. 03 No. 04 No. 05 No. 06   Moderato Cantabile & b) Op 33 -1 -2 -3     Studies -1 -2 Studies for Guitar -f Study Op 6 no.2 1 Study Op 6 no.6 Study in C op.6 no.8 Study op.6 no.9 Study op.6 no.11 1 Study op.6 no.12 1 Study Bb Major Op.29 no.13 Study Op 29 no.17 1 Study Op. 31 no.19 Study Op. 31 no.20 1 Study Op. 31 no.16 Study Op 35 no.22 1 2 3 Study Op. 60 no.5   Les Adieux op.6 Les Adieux, op 21 Les Deux Amis" Op.41   Grand Solo op.14 in D major 1 2 3 4 5

♯♭♪ (*^.^*) : Howard McGhee 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Howard McGhee Punkins O.D. (Overdose)  Up There  Flip Lip  My Little Suede Shoes Buzzy The Man I Love A Tribute BeBop Groovin' High Omithology  Jeronimo Dial-Ated Pupils Mop Mop  Home Run My Delight  Just You, Just Me Sweet Georgia Brown  Coolie Rini  Buzzy Be Bop Charlie Parker Dial 201 Oh,Lady Be Good El Sino I can't get started with you BEBOP CITY House Warmin´  TRIBUTE TO PARKER Lover Man House warmin' pt1 Don't Blame Me The Talk Of The Town Willow Weep For Me EXPERIMENT PERILOUS  Nobody Knows You When You're Down and Out & House Warmin'!  Up In Dodo´s Room Everything Happens to Me Stupendous Shades Of Blue  Bean Soup   Ornithology The Man I Love Up There Ornithology  Arbee Introducing the Kenny It's The Talk Of The Town  Tranquillity The Skunk Futurity Stella By Starlight  Brownie Speaks With Malice Towards None Connection Shades of Blue Moose The Mooche

♯♭♪ (*^.^*) : Robert Plant 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Robert Plant * 0 Gone Gone Gone Pledge Pin Little By Little Slow Dancer Hurting Kind Burning Down One Side Ship Of Fools Heaven Knows  I Believe NOW AND ZEN Ship of Fools If I Were A Carpenter 29 Palms 1 Tall Cool One Little By Little Sea of Love Rock and Roll  Darkness Darkness 1 Big Log 1 2 | 'In the Mood If I Were A Carpenter Ramble On Please Read The Letter 1  Madison Square Garden 1988 29 palms Rainbow 1 Nine Lives Black Dog Turn It Up Morning Dew Polly Come Home Crazy Little Thing Called Love  Sister Rosetta Goes Before Us Trampled Rose PHIL LESH SET FOR 2008 B Stick With Me Baby Slow Dancer Wonderful One Innuendo Little by Little Jools' Later 3  full album* :  NOW AND ZEN -f Roundhouse, London pro -f Live From The Artists Den 2012 -f New Orleans Jazz Festival 26. April 2014 -f Universal City, CA 1990 -f Space Shifters Live Full Concert 9.28.14-f The Principle of Moments-f Lullaby ... And The Ceaseless Roar-f SEA OF LOVE LIVE 1985 USA TOUR -f Strange Sensation Exit festival -f

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1998年6月21日日曜日 -1

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -The Nature Conservancy Preserves-6(Google Maps ストリートビュー)オーストラリア -Hamilton Island-2(Google Maps ストリートビュー)

1998年6月21日日曜日 -1

ふぅっ!と親密な優雅が通り過ぎることがあり、眼がいきいきと澄んでくる、恣意が湧き起こる気がして気分がぐっと開かれる。  やや狙いすぎ感がある ISMAELLO LO 1/ Ismael Lo  と  ISMAELLO LO/ Iso  を聴く、初めて聴いた時の新鮮さが失せてサウンドが滑ってしまう。  見事な個であることには間違いないので、素直に楽しめない自分を呪う。  聴く度にだんだん色褪せていく典型だと思う。  ”J-WAVEで ON AIRされた曲目をお調べいたします。”で、『これはっ!』と思った曲があったので訪ねて確認をする。

♯♭♪ (*^.^*) : Kalaparusha Maurice McIntyre 1 2 3/ Humility in the Light of the Creator/ DS-419/ LP  :      組曲であり交響詩のようにひとつの主題・サウンド・エモーションで構成されている。  AACMの重要作であり、中東、アジアとアフリカのスピリッツを感じる。  J・ジョージハインズ(Vo)は、アメリカインディアンの式典音楽を思わせる。  Ensemble Love: Hexagon(1:08)、激しい鋭意に満ちた、”丸っこいブイ”の咆哮がありとても嬉しい。  Ensemble Love: Kcab Emoh(5:29)、良く通る野性的なJ・ハインズ(Vo)で開始。  K・M・マッキンタイヤー(Ts)の優しい謡の発表・このアルバムの中核を構成・印象づける、があり、J・ハインズ(Vo)に疾走するドラム、幾つかのリードが呼応。 ベルやバイクホーンで心地良い野趣が満ち渡る。  Ensemble Love: Pluto Calling(2:00)、K・M・マッキンタイヤー(Ts)がたゆたうような優しいメロディーを提出、ドラムの小気味よい建築行為が完了する。   Ensemble Love: Life Force(3:55)、J・ハインズ(Vo)の野生の叫びで開始。  ドラムが疾走する、K・M・マッキンタイヤー(Ts)はテーマの提出を瞬く間に終え、フリー・フォームブローイングで佳境に突入するが、野生のボーカルが一切を引き受け、ありったけの謡を行う。  Ensemble Love: Humility in the Light of the Cr...(2:42)、K・M・マッキンタイヤー(Ts)の心に染みいる優しいメロディーの発表があり、ゆったりとタップリと滔々と繰り返される。  Ensemble Fate: Family Tree/Say a Prayer For/Ou...(19:14)、フリー・フォームのとても昂揚した開始や鐘・リトゥルインストゥルメントの音は、期待を起こさせてくれる。  ベースのゆっくりした歩み、時々立ち止まり辺りを訝しそうに探るよう、リードの溌剌としたフリー・フォームブローイングがとても心地良い。  激しいベースの鼓舞に導かれ、K・M・マッキンタイヤー(Ts)の激しい魂の震えのフリー・フォームブローイング、これに呼応するL・スミスの(Tp)、J・スタブルフィールド(Ss)のネットリ爽やかブローイングは、すばらしい!、…*。  『カン!カン!』 鐘が鳴り、T・バーカー(Ds)の躍動で歓喜に満ちて疾走する。  幽玄の空間で懸命に交信を試み、静謐なエモーションを次第に高める。  中東風のメロディーが混沌としたフリー・フォームアンサンブルは、魅惑に満ち、キラキラ燦たる随喜が飛び散る。  ドラムはポリリズムを打ち出し、遙かな地平に行ってしまう。  Humility in the Light of the Creator [Alternat...(2:54)、。  K. M. McIntyre(Ts,Clt,Bells,Tmbr,BikeHorn)、John Stubblefield(Ss)、Leo Smith(Tp,Flgh)、George Hines(Vo)、Claudine Myers(P)、M. Favors(B)、Mchaka Uba(B)、Thurman Barker(Ds)、Ajaramu(Ds)、Release Date:Feb 5, 1969。

♯♭♪ (*^.^*) : Schoenberg, Arnold 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Schoenberg, Arnold  Lied der Waldtaube -1 -2 Du sendest mir einen Liebesblick-1 -2 Gurrelieder 1 Fünf Orchesterstücke Kammersymphonie no.1 op.9 1 -1 -2 -3 Kammersymphonie no.2 op38 -1 -2 Verklaerte Nacht -1-1-1-1-1-1~ Begleitmusik FRIEDE AUF ERDENop.13 Pierrot lunaire -1-1~ Variations for Orchestra op.31 -1 -2 Die glueckliche Hand op.18 Orchesterstuecke op.16 -1 -2 Weihnachtsmusik Serenade op. 24 -f -1~ Moses und Aron -1 -2 I used to paint Erwartung op.17 1 2 A Survivor from Warsaw 1 2 3   Gigerlette 6 little pieces op. 19 Quintett op. 26 i -1~   Violin Concerto -1~ Fantasie op.47 -1 -2 Kammersymphonie op.9 Complete String Quartets -f String Quartet no.1 -1~ String Quartet no.3 -1-4 -1~ String Quartet no.4 -1~ String Sextet -1~ ROSAMUNDE-Ouverture   Piano Concerto -1 -2 -3 -4 -1 -2 -1 -2 1 2 3 Three Piano Pieces no.1 6 Kleine Kalvierstücke -1~ 3 Klavier Stücke op.11 -1~ Suite for Piano op.25 -1-1~ Piece for Piano op.33a Drei Klavierstücke no.1 no.2 no.3 Serenade op. 24 -1~ Zwei Gesänge op.1 -1 -2 -1 -2 Interview Twelve Arnold Schoenberg and Mozart Nono and Arnold Schoenberg Recreation and Humor Hilary and The Schoenbergs Hilary Hahn .. family Hilary Hahn answers .. questions

♯♭♪ (*^.^*) : Horace Silver 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Horace Silver ♫ Top Tracks for Horace Silver * 0 1 2 Silver's Serenade Lonely Woman Nobody Knows Nica's Dream Strollin Lonely Woman Song for My Father 1 2 Señor Blues at Newport Doodlin' Señor Blues The Jody Grind The preacher Nutville Filthy McNasty Nica's Dream Que Pasa? Gregory is Here The Cape Verdean Blues The African Queen Nica's Dream Tokyo Blues Strollin' Cool Eyes Pretty Eyes Summer in central park + Sabu Room 608 Calcutta Cutie  Blowin' The Blues Away Love Vibrations Señor Blues The Natives Are Restless Tonight The Kicker Liberated Brother Baghdad Blues Pretty Eyes Umbria Jazz '76 Summer In Central Park Opus de Funk Ecaroh i had a little talk Won't You Open Up Your Senses Psychedelic Sally Enchantment Cool Eyes Creepin' In Acid, Pot Or Pills Edmonton The Kicker Quicksilver Stop Time Peace Jungle juice senor blues Que Pasa Moon rays Cookin' At The Continental Sighin' And Cryin' Nica's Dream Creepin' In Sister Sadie For Heaven's Sake Horace-Scope Serenade to a Soul Sister

♯♭♪ (*^.^*) : Robert Fripp 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Robert Fripp * 0 A blessing of tears 1985 (1981)  Maey Troppo Requiem - Affirming Hope New Worlds On Acceptance & On the Approach of Doubt  Every Colour You Are Bass And Drums Groove Darshan Breathless Let The Power Fall Lilette el Ouihda on Matte Kudasai Evening Star Damage Air structures -1 -2 God's Monkey Starless Theme Idea Slow/Fast Drums Toy Fact Hither  Cry To The Faith 353 West 48th Street Groove Sky Exposure Heroes Starlight I & II The New World Pie Jesu North Star Here Comes The Flood Acceptance / Affirming - Love Cannot The Cathedral of Tears Heroes Windows Vista recording session & The Orchestra of Crafty Guitarists X -1 -2 On Meeting Jimi Hendrix String Quintet Chicago North Star Frippertronics Demonstration 79  Exposure 1 Breathless When The Rains Fall Damage Frippertronics, Interview Even Spaces -1 -2 Tribute Video -2 -3 Every Colour You Are Riverman God's Monkey Blinding Light Of Heaven  Begin the Day Eyes Wide Open  full album* : God Save the Queen & Under Heavy Manners -f String Quintet Live in Japan 1992 -f -f Starless Starlight, 2015 -f I Advance Masked -f The Road To Graceland 93 Tour live in japan -f

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1998年6月21日日曜日 -1

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -The Nature Conservancy Preserves-6(Google Maps ストリートビュー)オーストラリア -Hamilton Island-2(Google Maps ストリートビュー)

1998年6月21日日曜日 -1

ふぅっ!と親密な優雅が通り過ぎることがあり、眼がいきいきと澄んでくる、恣意が湧き起こる気がして気分がぐっと開かれる。  やや狙いすぎ感がある ISMAELLO LO 1/ Ismael Lo  と  ISMAELLO LO/ Iso  を聴く、初めて聴いた時の新鮮さが失せてサウンドが滑ってしまう。  見事な個であることには間違いないので、素直に楽しめない自分を呪う。  聴く度にだんだん色褪せていく典型だと思う。  ”J-WAVEで ON AIRされた曲目をお調べいたします。”で、『これはっ!』と思った曲があったので訪ねて確認をする。

♯♭♪ (*^.^*) : Kalaparusha Maurice McIntyre 1 2 3/ Humility in the Light of the Creator/ DS-419/ LP  :      組曲であり交響詩のようにひとつの主題・サウンド・エモーションで構成されている。  AACMの重要作であり、中東、アジアとアフリカのスピリッツを感じる。  J・ジョージハインズ(Vo)は、アメリカインディアンの式典音楽を思わせる。  Ensemble Love: Hexagon(1:08)、激しい鋭意に満ちた、”丸っこいブイ”の咆哮がありとても嬉しい。  Ensemble Love: Kcab Emoh(5:29)、良く通る野性的なJ・ハインズ(Vo)で開始。  K・M・マッキンタイヤー(Ts)の優しい謡の発表・このアルバムの中核を構成・印象づける、があり、J・ハインズ(Vo)に疾走するドラム、幾つかのリードが呼応。 ベルやバイクホーンで心地良い野趣が満ち渡る。  Ensemble Love: Pluto Calling(2:00)、K・M・マッキンタイヤー(Ts)がたゆたうような優しいメロディーを提出、ドラムの小気味よい建築行為が完了する。   Ensemble Love: Life Force(3:55)、J・ハインズ(Vo)の野生の叫びで開始。  ドラムが疾走する、K・M・マッキンタイヤー(Ts)はテーマの提出を瞬く間に終え、フリー・フォームブローイングで佳境に突入するが、野生のボーカルが一切を引き受け、ありったけの謡を行う。  Ensemble Love: Humility in the Light of the Cr...(2:42)、K・M・マッキンタイヤー(Ts)の心に染みいる優しいメロディーの発表があり、ゆったりとタップリと滔々と繰り返される。  Ensemble Fate: Family Tree/Say a Prayer For/Ou...(19:14)、フリー・フォームのとても昂揚した開始や鐘・リトゥルインストゥルメントの音は、期待を起こさせてくれる。  ベースのゆっくりした歩み、時々立ち止まり辺りを訝しそうに探るよう、リードの溌剌としたフリー・フォームブローイングがとても心地良い。  激しいベースの鼓舞に導かれ、K・M・マッキンタイヤー(Ts)の激しい魂の震えのフリー・フォームブローイング、これに呼応するL・スミスの(Tp)、J・スタブルフィールド(Ss)のネットリ爽やかブローイングは、すばらしい!、…*。  『カン!カン!』 鐘が鳴り、T・バーカー(Ds)の躍動で歓喜に満ちて疾走する。  幽玄の空間で懸命に交信を試み、静謐なエモーションを次第に高める。  中東風のメロディーが混沌としたフリー・フォームアンサンブルは、魅惑に満ち、キラキラ燦たる随喜が飛び散る。  ドラムはポリリズムを打ち出し、遙かな地平に行ってしまう。  Humility in the Light of the Creator [Alternat...(2:54)、。  K. M. McIntyre(Ts,Clt,Bells,Tmbr,BikeHorn)、John Stubblefield(Ss)、Leo Smith(Tp,Flgh)、George Hines(Vo)、Claudine Myers(P)、M. Favors(B)、Mchaka Uba(B)、Thurman Barker(Ds)、Ajaramu(Ds)、Release Date:Feb 5, 1969。

♯♭♪ (*^.^*) : Schoenberg, Arnold 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Schoenberg, Arnold  Lied der Waldtaube -1 -2 Du sendest mir einen Liebesblick-1 -2 Gurrelieder 1 Fünf Orchesterstücke Kammersymphonie no.1 op.9 1 -1 -2 -3 Kammersymphonie no.2 op38 -1 -2 Verklaerte Nacht -1-1-1-1-1-1~ Begleitmusik FRIEDE AUF ERDENop.13 Pierrot lunaire -1-1~ Variations for Orchestra op.31 -1 -2 Die glueckliche Hand op.18 Orchesterstuecke op.16 -1 -2 Weihnachtsmusik Serenade op. 24 -f -1~ Moses und Aron -1 -2 I used to paint Erwartung op.17 1 2 A Survivor from Warsaw 1 2 3   Gigerlette 6 little pieces op. 19 Quintett op. 26 i -1~   Violin Concerto -1~ Fantasie op.47 -1 -2 Kammersymphonie op.9 Complete String Quartets -f String Quartet no.1 -1~ String Quartet no.3 -1-4 -1~ String Quartet no.4 -1~ String Sextet -1~ ROSAMUNDE-Ouverture   Piano Concerto -1 -2 -3 -4 -1 -2 -1 -2 1 2 3 Three Piano Pieces no.1 6 Kleine Kalvierstücke -1~ 3 Klavier Stücke op.11 -1~ Suite for Piano op.25 -1-1~ Piece for Piano op.33a Drei Klavierstücke no.1 no.2 no.3 Serenade op. 24 -1~ Zwei Gesänge op.1 -1 -2 -1 -2 Interview Twelve Arnold Schoenberg and Mozart Nono and Arnold Schoenberg Recreation and Humor Hilary and The Schoenbergs Hilary Hahn .. family Hilary Hahn answers .. questions

♯♭♪ (*^.^*) : Horace Silver 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Horace Silver ♫ Top Tracks for Horace Silver * 0 1 2 Silver's Serenade Lonely Woman Nobody Knows Nica's Dream Strollin Lonely Woman Song for My Father 1 2 Señor Blues at Newport Doodlin' Señor Blues The Jody Grind The preacher Nutville Filthy McNasty Nica's Dream Que Pasa? Gregory is Here The Cape Verdean Blues The African Queen Nica's Dream Tokyo Blues Strollin' Cool Eyes Pretty Eyes Summer in central park + Sabu Room 608 Calcutta Cutie  Blowin' The Blues Away Love Vibrations Señor Blues The Natives Are Restless Tonight The Kicker Liberated Brother Baghdad Blues Pretty Eyes Umbria Jazz '76 Summer In Central Park Opus de Funk Ecaroh i had a little talk Won't You Open Up Your Senses Psychedelic Sally Enchantment Cool Eyes Creepin' In Acid, Pot Or Pills Edmonton The Kicker Quicksilver Stop Time Peace Jungle juice senor blues Que Pasa Moon rays Cookin' At The Continental Sighin' And Cryin' Nica's Dream Creepin' In Sister Sadie For Heaven's Sake Horace-Scope Serenade to a Soul Sister

♯♭♪ (*^.^*) : Robert Fripp 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Robert Fripp * 0 A blessing of tears 1985 (1981)  Maey Troppo Requiem - Affirming Hope New Worlds On Acceptance & On the Approach of Doubt  Every Colour You Are Bass And Drums Groove Darshan Breathless Let The Power Fall Lilette el Ouihda on Matte Kudasai Evening Star Damage Air structures -1 -2 God's Monkey Starless Theme Idea Slow/Fast Drums Toy Fact Hither  Cry To The Faith 353 West 48th Street Groove Sky Exposure Heroes Starlight I & II The New World Pie Jesu North Star Here Comes The Flood Acceptance / Affirming - Love Cannot The Cathedral of Tears Heroes Windows Vista recording session & The Orchestra of Crafty Guitarists X -1 -2 On Meeting Jimi Hendrix String Quintet Chicago North Star Frippertronics Demonstration 79  Exposure 1 Breathless When The Rains Fall Damage Frippertronics, Interview Even Spaces -1 -2 Tribute Video -2 -3 Every Colour You Are Riverman God's Monkey Blinding Light Of Heaven  Begin the Day Eyes Wide Open  full album* : God Save the Queen & Under Heavy Manners -f String Quintet Live in Japan 1992 -f -f Starless Starlight, 2015 -f I Advance Masked -f The Road To Graceland 93 Tour live in japan -f

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

記事のタイトルを入力してください(必須)

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -The Nature Conservancy Preserves-5(Google Maps ストリートビュー)オーストラリア -Hamilton Island1-1(Google Maps ストリートビュー)

1998年6月21日日曜日 

PAPA WEMBA/ Molokai * 1/ CDRW71  を聴く。  中西部アフリカの音楽であるため、やはり空気が乾燥していた方が、サウンドの伝搬も活き活きして気分がいい。  続いて SALIF KEITA 1/ "FOLON" THE PAST/ CIDM 1187/(アフロポップ) ”空気のようにありがたくて、水のように大切なのに存在を忘れる、ウー……茶 のように哀しく沈殿し澄明になる。  ”を取り出す。  大地がしなやかに伸びやかに跳躍しつつ弾けて静謐な優しさを限りなく繰り出す、計り知れない堂々たる力にただひれ伏すばかりである。 

♯♭♪ (*^.^*) : Julius Hemphill 1 2 3/ One Atmosphere  :     武満徹/ 弦楽のためのレクイエムを連想する、ザクザクと心地よく切りさいなむ、憂愁の弦楽アンサンブルの下降音階が繰り返される。  『ザ・ザ・ザ・ザ……ッ・ザ……ッ・ザ……ッ、…*』押さえ込むように低気圧・低血圧の暗がりが、繰り返し押し寄せる。  木管とリード・弦がたゆたい響き合い混ざり、溶けて流され漂うあたりは沙羅なり。  これは随所に趣・形・色調を違えて出現する。  既に来るべき暗鬱・朦朧としているのに鋭い、あの、正体の知れない不安や焦燥に侵食されている気配を提出してしまっているのさ。  ふいに打ち下ろすピアノの打弦、饗宴・競演から開始される。  この開始部分は、とても重要な部分であるぞよ、と期待を募らせてくれる。  ストラビンスキーを初めて聴いた時に感じた、新しい発明にぶつかった感慨・驚嘆。  卓抜なコンポーザーの傑作!、それも他に類を見ないスタイルと、言ってしまえばそうなんだが。  もっとも、スタイル・色調・階調は、初期の傑作、”JULIUS HEMPHILL 1/ DOGON A.D./ AL1028/ LP♪”に片鱗を窺い知る。  クロード・ドビュッシーかモーリス・ラベルの詩情・階調。  リズムは無く風が流れる如く、たゆまず変化を絶やさず進行する。  動物の咆哮、感嘆の連続とも聞こえるかもしれない。  綺想のほとばしるままの無数の形、色調、澄明が生まれては減形していく、そしてそれらがことごとく渾身の跳躍、不屈の闘志で輝き、煌めきつつ霧散する。  このレセプションで、『これは、これは、…*』とにんまり。  程よい長さの展開で次へ、すんなりと受け継がれる。  木管が、ゆうら・ゆうら踊り出し、鼓が呼応する。  長弦が弾け陽気に展開する。  木管は雄弁に陽気にますます闊達になり、絢爛たる坩堝。  複数の木管が綾なり、掠れたササ藪を通り抜け、天上的な広場を見せる。  次第にめいめいが、勝手に大胆に・激しく叫びだし、目眩く歓び・充実の佳境を繰り広げる。  それぞれが自由奔放にわめき立てる、やがて互いに呼応・牽制しつつ円を閉じる。  やがて、ゆっくりした間合いの、厳しく対峙・呼応する、深い哲学の道にさしかかる。  憂愁が消え、心臓がはためき、再び激しいトドの噛み合い。  レクイエムを想わせる弦の下降ユニゾンが宥め、押さえ込む。  リード(sax)が単調な繰り返しを始める、雄弁なリードが多数複雑に絡み、ますます快調。  見事な展開・高揚・絶頂・随喜を迎える。  新たなる発表があり、ゆったりした満ち足りた歓びの余韻。  小高い丘の雑木林、土が雨で流され剥き出しになった、ごつごつした根、天空に広がる楠や照葉樹の枝を吹き抜ける、なんとも心地よい、眠ったような麦風。  フリージャズ、しかし”西洋”現代音楽のつもりて摂取することは、きっと幸せであるのさ。  One Atmosphere(8:58)、。  Savannah Suite(8:16)、。  Water Music For Woodwinds i Mr. Neptune(9:13)、。  Water Music For Woodwinds ii Miss Catherine(7:29)、。   Water Music For Woodwinds iii King's Pawn(7:40)、。  Water Music For Woodwinds iiv Backwater(9:17)、。  J. Hemphill(Comp)、Aaron Stewart(Flt)、Brandon Vamos(Cello)、Erik Friedlander(Cello)、.D. Parran(Flt,Cl)、Release Date:Aug 25, 2003。

♯♭♪ (*^.^*) : Schnittke, Alfred 1/ ☆□You Tube Search :     Polyphonischer Tango 1 Tango in a madhouse Declaration of Love Silent Night for violin and piano 1    Sinfonia n.1 -f no.2 -f no.3 -f no.4 -f no.5 no.6 -f no.7 no.8 no.9   Monologue for Viola and String Orchestra The Adventures of a Dentist Sketches Serenade Sport, sport, sport The Story Of An Unknown Actor The Glass Harmonica Rikki Tikki Tavi Gogol Suite The Fairytale of the Wanderings Story of an unknown actor, op. 125  For Liverpool Labyrinths Steam Quasi una sonata Sommernachtstraum On the Sleigh Ritual for Large Symphony Orchestra Passacaglia Nagasaki -1 -2 -3    Concerto for oboe, harp and strings Piano Concerto 1 2 3 4 5 Concerto Grosso no.1 -f no.2 no.3 1 2 3 4 no.4 no.5 no.6 -f no.8 Concerto per pianoforte Concerto per violino no.1 -f  -f  -1 -2 -3 no.2 no.3 -f no.4 no.6 Concerto per viola 1 2 3 4 5 Concerto per pianoforte a quattro mani Concerto per pianoforte Concerto per pianoforte e archi Double Piano Concerto Concerto for piano and strings 1 2 3 Peer Gynt -1 -2 -3 -4 Quasi una sonata    Trio for Violin, Cello and Piano String Trio Piano Quintet 1 2 3 4 5 String Quartetno.2 no.3 no.4 Variations for String Quartet    Sonata No1 for violin and chamber orchestra Violin Sonata no.2 Cello Sonata no.1 -f -f no.2 Piano Sonata no.1 Piano Sonata no.2  "Quasi una Sonata" -1 -2 Piano Sonata no.3 Seid nüchtern und wachet    Gesualdo -1 -2 Nagasaki Oratorio Choir Concerto Faust Cantata Psalms of Repentance 3 fragments from an unfinished Cantata Credo Requiem -f -f -f -1 -2 -3

♯♭♪ (*^.^*) : Henry Threadgill 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Henry Threadgill ♫ Top Tracks for Henry Threadgill * To Undertake My Corners Open ZOOID @ Roulette -1 -2 -3 -at De Effenaar -1 -2 -3 -4 Do The Needful @ Jazz Gallery -1 -2 Around My Goose Ambient Pressure Thereby @ Iridium, 9-29-12 wise in time Jazz Festival 2005 -(#1) -(#2) Henry Threadgill -f  Henry Threadgill Part -1 -2 Song Out Of My Trees Grief Gateway untitled tango Mosaic Records Box Set The Jick Or Mandrill's Cosmic Ass G.v.E And This Hamburg 1988 Side Step Laughing Club The Flew Chicago Breakdown 100 Year Old Game Lilies, Blind Eyes and Cricket A PLACE FOR JAZZ B.K. Soft Suicide at the Baths I Can't Wait Till I Get Home &  the Society Situation Dance Band -1 -2 -3 @ Fabrik, 1988 Bermuda Blues

♯♭♪ (*^.^*) : Rihanna 1/ ☆□You Tube Search :    ♫ Play List -Rihanna ♫ Top Tracks for  Rihanna* 0 1 VEVO* Diamonds Phresh Out The Runway Fresh of the Runway Complicated 1 Skin Ready Jay-Z S & M 1 If It's Lovin' That You Want Diamonds Disturbia 1 2 3 4 Umbrella* 1 2 Rude Boy Shut Up and Drive Fading We Found Love Hard ft. Jeezy Man Down California King Bed You Da One Cheers Don't Stop The Music 1 Breakin' Dishes* 1 Unfaithful 1 2 3 Where Have You Been Wait Your Turn Russian Roulette 1 Take A Bow 1 Rehab 1 2 Hate That I Love You 1 2  We Ride 1  Good Girl Gone Bad Take A Bow Pon de Replay RihannaTV Sexuality 1 Live Fashion  A Million Miles Away 1 PS: I'm still not over you Hate That I Love You 1 2 3 Now I Know Hatin on the club The Last Time 1 Who Ya Gonna Run To Te Amo 1 Just Be Happy If I Never See Your.. 2 Hatin' On The Club I'm Back 1 Should I Bring it Back Hypnotized Selfish Girl Haunted Lemme Get That Let Me Cry 1 2  Breaking Dishes Emergency Room 1 There's a Thug in My Life Winning women Where Do We Go love the way you lie photo 1 2 3

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1998年6月20日土曜日 -3

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -The Nature Conservancy Preserves -4(Google Maps ストリートビュー)オーストラリア -Hamilton Island(Google Maps ストリートビュー)

1998年6月20日土曜日 -3

 ジャンプして捕食してるちいさな波紋が発見できればうれしいのだが。  昆布を数時間水に浸したあと引き上げ、煮立てて花鰹で出汁を取り、皮を剥いた2つ切りのナスで赤だしを作る。  これは明日になるとよく冷えて、出汁が冴えて美味しいのだ。  カマスの一夜干しを焙り、黒酢のジャコを入れたキュウリもみ、冷やしトマト、焼きなすで遅い夕食。  ホイップした生クリームをたっぷり入れたコーヒーがうまい。 

♯♭♪ (*^.^*) : Joseph Jarman 1 2 3/ Calypso's Smile   :     J・シャーマン(マルチリード)の傑出した表出の巧さ、しなやかなコンポーザーの魅力がむっちり詰まっておる。  木管の天上的とも想わせる、普遍的な美しさをタップリ堪能出来る。  ヒューマンな雰囲気、静謐な空間に包まれた充足のアルバム。  Calypso's SmileKK(4:59)、明るく躍動するリズム部門、ベースは唸り鼓はよろこび弾ける。  翳りを帯びた下降音階のシンプルなメロディー、卓抜なリードが歌う。  As If It Were the Seasons! (Song to Make the S...(9:55)、ベースの勇壮なボーイング、打楽器の吹っ切れた唆しで始まる。  ドラムはとても乾いた好ましいサウンドを打ち出す、幽玄・静謐に包まれる。  ベースのボーイングからバスクラリネットに受け継がれたメロディーがじつに美しい。  リトゥルインストゥルメントが打ち鳴らされ、絢爛たる伽藍が構築されるようである。  ゴロ~*ゴロ~*、ドン!ドン!、ドタン!ドタン!、パーカッションの呼応が絶妙であり、じつに聴き応えあり。  ひたひた、極上のカタルシスが侵出する思いがする。  このアルバムを最も印象付ける曲。  Dance for Little T(2:19)、リードのソロ、明快な・優しい・親しみやすいメロディーにリズム部門が助奏を付ける、やがてトリルで地平の向こうに没す。  Morning Desert Song(9:34)、トーキングドラムが、ドゥブン~*!ドゥブン~*!歌い出し、木管の卓抜な手腕でさらりとでテーマが提出される、ボンゴが雄弁に快活に呼応。  心洗われ、一切の澱や錆び、沈潜が解かれ消え去る心地。  Jimbo Kwesi(6:03)、ドラムの打ち出し、ベルやゴングが元気に歩む。  リードがシンプルなメロディーを、味わい深く、耽美的かつ健康的に・天晴れに展開する。  ベースの推進により加速、目眩くフリー・フォームブローイングに圧倒され、心地良い陶酔にとても満足。  このアルバムの聴き所。  Public Hearing(3:53)、木管でテーマが提出、ドラムはフリー・フォームで軽快に柔軟に呼応、浸透力・透過力抜群の木管の巧さは、酸素たっぷりの空気感・滑らかな風合い・アッサム歓喜、やはり天上的ですらある。  打ち震えつつ消えゆくところなど、さらなり。  Treibhaus Tribal Stomp(11:57)、ドラムの激しい乱打・フリー・フォームインプロヴィゼーションで開始、テーマを提出する、やがてベースが呼応する。  リードが主題を展開、数回繰り返した後、コーダで終わり、別の主題で悠々と屈託なく伸びやかに自由に思いっきり、フリー・フォームブローイング。  ベースのカデンツアに移る、パーカッションとリードが復帰、反復をとても満足げに行う。  明快なドラムソロ、哄笑(リード)で終わる。  J. Jarman(Flt,Bcl,Read)、Essiet Essiet(B)、F. D. Moye(Prc,Bng,Chimes)、Release Date:Mar 22, 1984。

♯♭♪ (*^.^*) : Scarlatti, Alessandro 1/ ☆□You Tube Search :     O cessate di piagarmi Mentre io godo in dolce oblio Sento nel core Infirmata, vulnerata Belle Madre de' Fiori -1 -2 -3 -4 1 Il Giardino d'Amore (Venere e Adone) La Giuditta. Dormi! De Tenebroso Lacu Cara tomba O di Betlemme altera Griselda se il mio dolor t'offende Infirmata, vulnerata O cessate di piagarmi 1 Su venite e consiglio  Clori vezzosa e bella Sento nel core Son Tutta Duolo 1 Bella mano Colomba innamorata Telemaco, già nel seno Laetatus sum La fraterna amica pace Salve Regina Op. 2 No.10 Magnificat 1 -1 -2 -3 Stabat Mater Passion Selon Saint Jean 1    Sonata a quattro n. 4 in Re minore  Sonata nona in A minor Toccata per cembalo d'Ottava stesa Cello Sonata No.1 in D minor 1 Cello sonata No 2 in C minor Sedecia, Re Di Gerusalemme. Lesne -f Toccatas for Cembalo -f Concerto Grosso and Concertos, I Musici  -f  6 Concerti Grossi & Sinfonie -f 7 Concerti di flauto, violini, violetta e bassi -f Concerto grosso no.1  no.2  no.3  no.4  no.5 Concerto for recorder in A minor    Dixit Dominus -1 -2 1 Il Vespero di Santa Cecilia -1 -2 -3 Carlo, rè d'Alemagna -1 -2 -3 Salve Regina Dormi, ma sappi almen Cor mio, deh non languire Casimiro, re di Polonia Miserere Mei (Psalm 51)  Christmas Pastoral Cantata Cantatas Cantata Pastorale per la Nascita Di Nostro Signore Messa di Santa Cecilia Griselda  -f -1 -2 Telemaco, opera in 3 acts -f  Il giardino di rose (oratorio)  -f Penelope la casta -f Agar et Ismaele esiliati -f Abramo il tuo sembiante -f Oratorio Il primo omicidio -f  Oratorio per La Santissima Trinità -f La Griselda -f

♯♭♪ (*^.^*) : Henry Grimes 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Henry Grimes  Fish Story Sounds and Colors A Stone Communion Profound Sound Trio Walk On the call J. Moondoc Quartet @ The Stone Edward Wilkerson on Fire! Memorial at the Clef Club marzette watts -geno Olive Oil String Bass Player Backdrop for Urban Revolution Henry Grimes Trio Profound Sound Trio Purity Marc Ribot Trio -1 -2 -3 Enter, evening Steps Cecil Taylor at the Village Gate 1965 - Number One 75th Birthday Concert Festival Djazz de Nevers 2011 marc ribot trio..London 2011 London 2011 1 London Live 28Oct 2011 Chicago, March 2011 Invocation Hamid Drake Trio Vision Festival 17 - June 12 2012 @ Cafe Oto 12.12.11 Vision Festival 2003 -1 -2 -3 By Matt Archibald September 4, 2010  Vincent Davis, David Boykin -1 -2 -3 SPIRITUAL UNITY -1 -2 1 BLUE MONK Sonny Rollins trio -1 -2 -3 SPIRITUAL UNITY St. Thomas It Don't Mean a Thing Paul's Pal 2 3 Love Letters TAKE FIVE Autumn Leaves - 10.14.2008 Henry Grimes w. T. Aoki, F., and C. Taylor Amiri Baraka reads Black Art  The Long And Winding Toad Walking Again After All These Years  Spirits Rejoice Unite there is the bomb The Thing Whisper Not Lennie Bird No Problem MARZETTE & COMPANY The Pace Report: "Jazz For Obama 2012" Moon Ray Brilliant Corners | Life

♯♭♪ (*^.^*) : R.E.M. 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -R.E.M. ♫ Top Tracks for R.E.M. * ÜBerlin 1 Bad Day The Sidewinder Sleeps Tonite  Oh My Heart Blue It Happened Today We All Go Back To Where We Belong, Leaving New York Bittersweet Me Half A World Away Daysleeper Losing My Religion  Nightswimming 1 Talk About The Passion Selingkar Kasih Everybody Hurts Imitation Of Life Low The Great Beyond Orange Crush Bang And Blame mad world At My Most Beautiful VNM What's The Frequency, Kenneth? Pop Song 89 Sweetness Follows Find The River Drive 1 2 Losing My Religion Radio Song E-Bow The Letter Lotus Leaving New York Lotus The One I Love Wendell Gee Stand Fall On Me Man On The Moon 1 So. Central Rain E-Bow The Letter The Great Beyond Man Sized Wreath Shiny Happy People Electrolite Orange Crush Taste Orange Crush Crush With Eyeliner Electrolite Supernatural Superserious It's The End Of The World Losing my religion Lyrics English Big K.R.I.T Don't Go Back To Rockville World Leader Pretend  You are the Everything  Strange Currencies   full album* :

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1998年6月20日土曜日 -3

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -The Nature Conservancy Preserves -3(Google Maps ストリートビュー)オーストラリア -Fraser Island-1(Google Maps ストリートビュー)

1998年6月20日土曜日 -3

Webで Ramblin' とか、 Reality Check 、Solo Piano をちょっと試聴する。  メロンを切る度に、『……はまだ盲腸あるんだぁ~*。』と言われたことをきっと想い出す、その時の状況を想い出そうとしながら種を洗い流す。  ヤマベをドライフライで釣ることを思いつく、ヤマメ以上の俊敏なセット(合わせ)と、ミッジフライ(#22)が必要だろう。  川面に横殴りの西陽が映える頃、ロッドを持って専用の小さなフライボックスをポケットに忍ばせて近くの河に出撃してみようと思う。

♯♭♪ (*^.^*) : Joseph Jarman 1 2 3/ Earth Passage Density ♪* :     アフリカンドラムが打ち出すポリリズム、太っとい竹笛、さまざまなパーカッションが広大な地平に響く。  マルチリード奏者J. JarmanAECのドラマーを努めたF. D. Moyeの緻密・極彩色のフリー・フォームとの饗宴は実に興味深い。  Zulu Village(13:02)、Hommageと、Summoning the Elders、Children's Sun Celebreationの3曲で構成、アフリカの民族楽器による、無調に聞こえるポリリズム。  木管で奏でるメロディーは、大地の地平に拡がる哀愁・歓喜の挑戦的な放射。  ポリリズムのアフリカンドラムは、乾いた澄明な響きで無窮の空間を表出、実にすばらしい!。  Happiness Is(10:09)、4ビート、J・シャーマン(Ts)、C・ハリス(Tb)の合奏でシンプルなテーマを提出。  C・ハリス(Tb)のパワフルな放射、R・ギャレット(B)の小気味よい・グングンはためく推進、J・シャーマン(Ts)はのびのび、とても気持ちよさそうにブローイング。  R・ギェレット(B)のキッパリした随喜ボーイング、F・D・モイエ(Ds)のユーモア零れるソロもある。  Jawara(12:09)、なにやら雄叫び、C・ハリス(Tb)が無伴奏ソロで自曲を滔々とタップリとフリー・フォームでテーマを提出。  賑やかなアンサンブル、歓喜噴出のドラムは大きく腕を振り上げ、『ドン・ドコ・ドンドン、……♪』と打ち下ろす、陽気で嬉しそうなベースの弾きでゆっくりと行進する。  ブラスアンサンブルが、憂愁たなびくメロディーを想いを込め息のとても長い放射・ブローイング。  Sun Spots(10:57)、激しいドラムソロで始まる。  陽気なパーカッションとベースの推進で、C・ハリス(Tb)がミュートでなにやらわめく。  やがてフリー・フォームの集団的美の絵巻制作に入る。  ホイッスルや竹笛、葦笛、叫び声、さまざまな歓喜の手法が繰り出される。  やがて見事な絵巻、燦たる光輝・色調の大作が完成する。  J. Jarman(Flt,BFlt,Bcl,Acl,Ts,As,Ss,)、Craig Harris(Prc,Tb,Vo,BambooFlt,)、Rafael Garrett(Bcl,Flt,PanFlt,Conch Shell,BambooFlt)、F. D. Moye(Ds)、Release Date:Jan 1, 1981。

♯♭♪ (*^.^*) : Satie, Erik 1/ ☆□You Tube Search :     Trois petites pièces montées Petite ouverture a danser Relâche Les Aventures de Mercure Rêverie du Pauvre Socrate I Socrate II Socrate III -1 -2 -3 Tapisserie en fer forgé Musique D'Ameublement Jack in the Box René Clair: Entr'Acte 1 Je te veux 1 2 VEXATIONS Sonatine Bureaucratique Idylle cynique Air du Grand Prieur Les Trois Valses Distinguées Le Fils des Etoiles Le Piccadilly Embryons Desséchés Heures Séculaires En Habit De Cheval SPORTS ET DIVERTISSEMENTS Avant-Dernières Pensées Poudre d'Or Nocturne no.1 no.2 no.3 no.4 Five Nocturnes Gymnopedia* no.1 1 no.2 no.3 Gnossienne* no.1 no.2 no.3 no.4 no.5 no.6 no.7 Geneviève de Brabant -1 -2 Le Piège de Méduse -1 -2 Messe des Pauvres, I-IV | Entr'act

♯♭♪ (*^.^*) : Helen Merrill 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Helen Merrill End of a Love Affair  You'd Be So Nice To Come Home To Troubled Waters what is this thing called love Any Place I Lay My Hat is Home Helen's Blues I love Paris lost in the stars Autumn in New York The folks who live on the hill The Sounds Around The House  S'E' Fatto Tardi S'è fatto tardi Catherine Deneuve Tribute Nune` Peccato You Go To My Head  Nessuno Al Mondo Autumn Leaves Last Night When We Were Young Winter of My Discontent Night & Day If You Go Away You'd Be So Nice To Come Home To Beautiful Love  You Go to My Head Lonely Woman ALL OF YOU   Don't explain By Myself  you're my thrill Sandro Brugnolini Born To Be Blue My Man After You, Who? I'll Be Around Quand tu dors près de moi Nessuno al mondo Bye Bye Blackbird What's New? Maiden Voyage My Only Man As Time Goes By Don't Explain Soft As Spring Lazy Afternoon The Nearness of You Any Time By Myself Casa Forte Just Friends Summertime Lonely Woman Out of This World I'm Afraid the Masquerade Is Over Wild Is the Wind Anything Goes You Do Something To Me EMBRACEABLE YOU The Thrill Is Gone Nun E' Peccato

♯♭♪ (*^.^*) : Queen 1/ ☆□You Tube Search :    ♫ Top Tracks for Queen * 0 I Was Born To Love You 1 2 3 4 Bohemian Rhapsody 1 2 3 Under Pressure 1 I Want To Break Free Save Me Radio Ga Ga Fat Bottomed Girls We Are The Champions These Are The Days Of Our Lives Princes Of The Universe It's A Beautiful Day Breakthru Killer Queen '39 Who Wants To Live Forever I'm Going Slightly Mad Crazy Little Thing Called Love Love of my life Another One Bites the Dust Somebody to Love 1 2 Too Much Love Will Kill You Love of my life Jealousy The Invisible Man You're My Best Friend I Was Born To Love You 1 One Year Of Love Liar I Want It All You Don't Fool Me Radio Ga-Ga 1 One Vision I Want to Break Free Living on my Own 1 We Will Rock You 1 Bicycle Race We are the Champions 1 2 The Show Must Go On 1 2 Mother Love Princes Of The Universe  Innuendo 1 Friends will be Friends Las Palabras de Amor Breakthru 1 Live At Wembley* 1~13 Live Aid 1985 - Full Concert -f   full album* :  。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1998年6月20日土曜日 -2

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -The Nature Conservancy Preserves -2(Google Maps ストリートビュー)オーストラリア -Fraser Island(Google Maps ストリートビュー)

1998年6月20日土曜日 -2 

冷ややかな汗を感じつつ、決して屹立しない不完全燃焼の煮え切らない狂乱を聴いた。  跳躍も発散もできないジットリ湿りきった、深淵がない失速した響音であった。  CECIL TAYLOR / Jazz Advance ♪ で、崇高な明晰・心底を鼓舞するエモーション・全く無駄のない浄潔、全体を倦むことなく覆う鷹揚な寛容を確かめる。  PAUL BLEY/ ALONE AGAIN/ DIW-319/ JAZZ  ♪ ♪ 碧の静寂のたなびく伽藍の下で、青白い鬼火が棲むひんやりした花崗岩のテーブルに背を押しあて、腕を頭上に置き、…を見る。 

♯♭♪ (*^.^*) : Joseph Jarman 1 2 3/ Sunbound    :     ジャケット裏の写真は、白いペインティングとんがり帽子、横縞の先絞りズボン、大小さまざまなゴング・ドラの類の燦、リードを咥え丸いばちを持っている。  AEC(The Art Ensemble of Chicago)のマルチリード奏者、優しい内向者・詩人、J・ジャーマンノの音楽の特質を直接感じ、魅惑に浸ることが出来るアルバム。  全曲、ソロ、さまざまな楽器(Flt,Vbp,Prc,Bcl,As,Ss)を使用。  マルチリードリード奏者、特にサックス(As)では、静謐なゆっくりしたテンポでとてつもない澄明・リリック性を紡ぎ出し、寺院の空間と慇懃な高僧の慈悲を浸みだす。  また、圧倒的な憤怒のフリー・フォームブローイングでは、やすやすと大理石の構造物を飛び越え、鉄の門壁を溶かしねじ曲げる。  サウンドは、A・アイラーやB・ウェブスターらの、消えゆくビブラートの魅惑は全く見あたらず、硬質でありそしてなんとも心地良い。  本物だけが持つ、行いの魅惑に満ちている。  実はこの、音色こそ倦まず楽しめる、そして全世界の悩める・抑圧される者にこそ、届く励ましなんだ。  メロディーの揺るぎない強靱さであり、途方もない展開の後にも、先に提出したテーマ・メロディーをきっと繰り返す。  テーマ重視主義を絶対譲らぬ執拗な行いであるが、メロディーが”南部牛追い唄”のように、”謡”風であり、しかも和の叙情をたっぷり・奥深く湛えており、恐ろしいほど我々にしっくり来る。  これはA・ブラッグストンが無からのインプロヴィゼーション、曲タイトルさえも記号化し無調・メロディーの放棄、時間軸に於ける空間に瞬間の音楽美を構築するのと対照的である。  Sunbound(20:45):a. Calling Together、b. Unity of Energy、c. Moving Together to the Greate Light、。   Movement for Piano Players on a Break at 1:30 .A.M.(7:45)、。   Spirit of Eric(3:09)、。   Universal Mind Force(16:44)、。   Spirit of Trane(9:50)、。  Night in a Big City()、。  Spirit of Eric()、。  Universal Mind Force()、。  Discovery()、。  Confrontation()、。  J. Jarman(Flt,Vbp,Prc,Bcl,As,Ss)、Release Date:Jan 1, 1976。

♯♭♪ (*^.^*) : Rodrigo,Joaquin 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Rodrigo,Joaquin  Rodrigo plays Rodrigo 1960  Concierto de Aranjuez -f  -f  -f  -f  -f  -f  -f  -f -f -Adagio 1 2 3 4 5 6 7    Piano Concerto -f -f -1 -2 -3 -4 -1 -2 -3 -4 -1 -2 -3 -4 -1 -2 -3 -4 Piano Concerto Largo -1 -2   Concierto Pastoral, para flauta y orquesta -f -f  -1 -2 -3 -1 -2 -3 -1 -2 -3 Concierto Pastoral Cuatro madrigales amatorios 1. con que la lavaré   Fantasia para un gentilhombre -1 -2 -3 -1 -2 -3 -4 1 2 3 4 5 6 A la busca del más allá, poème symphonique Per la flor del lliri blau   Diferencias sobre 'El Canto del Caballero' Suite for Piano 1 Sonada de adiós 1 Cinco Sonatas de Castilla con toccata a modo de pregón Cinco piezas del siglo XVI Serenata Espanola Tres Danzas de España Cinco Piezas Infantiles Cuatro estampas andaluzas A la Sombra de Torre Bermeja Tarde en el parque   Gran Marcha de los Subsecretarios. Regards Piano Duo Atardecer, piano 4 hands Sonatina para dos muñecas, piano a 4 manos    Sonata pimpante -1 -2 -3 Rumaniana Pequeña ronda   Cuatro canciones sefardies Nani, Nani Cántico de la Esposa Con Que La Lavare 1  Three Songs Canción del cucú Primavera 1 Canciones amatorias -1 -2 -3 Pastorcito Santo De los alamos vengo, madre Folias Canarias Tres Canciones Espanolas Una Polomita blanca..... Tres Villancicos   Por los campos de España

♯♭♪ (*^.^*) : Harry James 0 1 2/ ☆□You Tube Search :    ♫ Play List -Harry James ♫ Top Tracks for Harry James * 0 1 YOU MADE ME LOVE YOU You'll Never Know You Made Me Love You You'll Never Know I've Heard That Song Before  Song Of The Wanderer It's Been A Long, Long Time I'll Buy That Dream You Made Me Love You I Cried For You Everybody's Laughing a whole lotta leg goin' on I Don't Want to Walk Without You It's Been A Long, Long Time Mister Five By Five Skylark Too marvelous for Words  It's been a long,long time I'm Beginning to See the Light KITTY KALLEN Blow Gabriel Blow at Disneyland Sept Waitin' For The Train To Come The Continental from The Gay Divorcee  YAH TA TA, YAH TA TA  Helen Forrest Concerto for Trumpet & Buddy Rich St. Louis Blues Trumpet Blues FLIGHT OF THE BUMBLEBEE & The McGuire Sisters Trumpet Serenade

♯♭♪ (*^.^*) : Public Image Ltd 1/ ☆□You Tube Search :    ♫ Play List -Public Image Ltd  ♫ Top Tracks for Public Image Ltd * The Order Of Death Albatross Warrior Open Up Don't Ask Me DEATH DISCO DEEPER WATER WARRIOR Public Image Rise Selfish Rubbish Cruel THE BEST BASSLINE EVER Careering Flowers of Romance Warrior Careering Love Song Rise Seattle Basement 5 - Riot Disappointed Double Trouble 1 Death Disco Later… with Jools Holland  Love Song 1 Don't Ask Me Bettie Page One Drop Bad Life  Rock Summer 1988 Hardware Warrior Peel Session Albatross The Order Of Death Acid Drops The Making of Double Trouble Fishing Fodderstompf Low Life Memories Religion II Out of the Woods Under the House Poptones Careering Theme Bodies Covered Home Careering Swan Lake One Drope Hard Times Seattle Annaliea Religion Chant This is not a love song   full album* : 。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ