にゃむにゃも通信

フーフとぬいさん達の日々のくらし

初めての厳美渓

2018-09-18 11:30:43 | ドライブ
道の駅 厳美渓と言っても

当の厳美渓は少し離れたところにあり

1度も行ったことが 無かった



一ノ関を挟んで 東側には

猊鼻渓があり

こちらは何度か行ったことが

有るのだが・・・・



そこで今回 厳美渓 初挑戦!





最初から 岩ボコボコで 難易度高っ!





仕事柄 スイスイと前を行く タコスケ




自分達は歩くわけでは無いので

能天気に喜ぶ コイツ等





二人を抱え おぼつかない足取りで

己の高所恐怖症と闘う キスケ



あ~おしりが浮いてくる~( ̄▽ ̄;)




恐怖と闘うキスケを尻目に

記念撮影を 交互にねだる コイツ等



























足が かくかくします・・・(笑)










お昼食べ過ぎたので

さすがに 名物のかっこう団子は

食べられませんでした ( ̄▽ ̄;)

そこだけは いつか リベンジを!



2018.07.17

コメント

こんなスイカが食べてみたい

2018-09-01 22:44:44 | ドライブ
道の駅の帰り道 滝沢市を通る


滝沢市は スイカの名産地


故に




でん



ででん



でででん




ババーン!


いつ通っても

「ホンモノなら 何人前だろ?」と

妄想が 止まらない・・・


イオンの中の 利久で 晩ごはん





牛タン お久しぶりです♪




やっぱり 美味しいよなぁ~



208.07.01
コメント

うーたんのお花見

2018-05-10 11:11:04 | ドライブ
ようやく 桜のはなも咲いて

楽しみにしてた お花見

なのに 天気はハッキリしない



タコスケとキスケは 張りきって

土日ジャンボで

お弁当やら 飲み物やらを買い込んで

川原の桜並木で お花見





薬王堂で 買ったレジャーシートを

広げて 食べ物を広げたら

あれ?!

お箸がない!!(*゜ロ゜)!





仕方なく 手掴みで 食べる二人

野性的だね~





にゃむとヴィーちゃんもあきれ顔








でも 桜はいいねぇ~





去年は 高松の池で

一時間位しか お花見出来なかったけど

今日は ゆっくり 眺められる








晴れてると もっとキレイだけど

キスケの 肉ぶとんは温かいしね~





岩手山もキレイだなぁ~






2018.4.22
コメント

カーブの白い乗用車

2016-10-25 06:49:02 | ドライブ
ずっーと気になってる事がある

(~_~;)








何年か前のGWに

何も予定がなかったので

いつものようにただあてもなく

走っていた






途中 高村山荘の看板を見つけ

そう言えば 一度も行った事ないなと

寄ってみたり

そのまま農道をひた走り

一ノ関近くまで行って

別の道から戻ってみたりした







夕方近くなって

今夜は何を食べようかとなって

雫石へ抜けて46号線沿いの

焼き肉屋さんへ行く事に決めた






いつもなら そのまま走って

太田方面から行くか

南昌トンネルから抜けるのだか

まだ晩ごはんには少し早かったので

別の道から行って見ようと考え

思いついたのは志和稲荷から

山王海ダムを抜けるルート






以前 温泉の帰り道に

母ちゃんと婆さんの四人で

初めて行って

綺麗な紅葉を眺めた場所だ

確か その時に雫石方面に抜ける

青い標識を見た記憶がある






まだ陽は明るい

早速目指す方向へと走り出した






よく国道にもある

青地に白抜きの文字の案内板

大きくて立派な物だったので

(しかも以前より新しい)

道もそれなりに通りやすいのでは?と

考え 走り出した




確かに途中までは 普通の道だった

ところがある所まで行くと

予想外な展開に (゜〇゜;)

至る所にクレバスが表れたのである

さすがに山道・・・




それでも案内板を信じ

ワンワンのテクニックを信じて

進む事しばし

明るく突き抜けたカーブに

白い乗用車が見えた




ほら!車だよ!

多分なんか建物があって

あそこ駐車場なんじゃない?

あくまでも案内板を信じて

カーブを曲がったその先に

見たのは





更に続く山道に

パックリと大きな口を開けた

大きなクレバス



そして手前のクレバスに突っ込んで

身動き取れなくなった

無人の白い乗用車



いつから このままなのか

ホコリが積もってる




それでもワンワンは諦めず

車から降りて道の先を確認しに行って

これなら進めると言う物の

目の前のクレバスは

素人の目から見ても無理というのは

ひを見るより明らかで

更に山の気配が濃くなって

ヤバい雰囲気・・・






気がつくと来る時の倍の速さで

かけ降りるワシら

三 (lll´Д`)








その後 結局どこへ抜けるか

気になったワシは

本屋で道路地図を見て

確かに雫石に抜ける事を確認した









ただあれから 折りにふれ

あの白い乗用車はどうなったか

気になるのだが

未だに行けずにいる
























コメント

そこはどん詰まり

2016-10-24 08:52:34 | ドライブ
ワンワンと知り合ったのは

クリスマス前で

2回目にあったのは クリスマス

それからワンワンは

翌年の10月に結婚するまで

毎日迎えに来た






当時 実家の夕食は

婆さんが仕事で8時に帰宅する為

9時だった




なのに自宅で6時に夕食を

済ませてきたワンワンが

7時には迎えに来るため

晩ごはんが食べられない事が

しばしばあって キレて

仕事の帰り 寄り道して

わざと帰らない事もあった




さすがに居ないだろうと

ホッとして実家に戻ると

婆さん相手に

帰って来ない、事故にでもあった?

と一人大慌てのワンワンの姿があって

ガッカリする事が多々あった (-。-;)





そんなに毎日来て 何をする訳でもなく

ただ ひたすら車を走らせ

とりとめのない事を

話しているだけなのだが

同じコースばかり走っても つまらない




そのうち街中の道路は 走り尽くして

通った事のない山道に

手を伸ばす




思いっきり夜である

どこに抜けるか判らない

不安と期待

人家が途絶え 街灯も途絶えると

暗闇の中 それでも道は続く





ただ次の日も仕事はある

深夜12時には戻らないと

さすがにキツイ

(; ̄ー ̄A





ある日国道から 何気なく曲がった道は

行けども果てがなく

不本意ではあるが その日は断念し

翌日 再チャレンジしたが

なかなか手強く 思いがけない所に

集落とバス停を発見したに 留まった






こうなると意地である





一度来た道は戻らない主義のワシが

二度も引き返す事になったのだから

絶対に通り抜けてみせる!

そう心に固く誓って

日曜日 早くに出掛けた






陽があるのと時間があるのとで

気持ちに余裕があるせいか

景色を眺めるゆとりもあり

なかなか快適なドライブを楽しんだ

(運転するワンワンはいい迷惑だが)





けれど行けども果てがない




ようやく見えてきたのは

以前 山の反対側から来た事のある

見覚えある集落だった




なぁ~んだ ここに出るのか

(ノ´∀`*)

と安心したのも つかの間

道はただ真っ直ぐ

違う方へと続いてゆく




え?こっちじゃないの?

(゜ロ゜;ノ)ノ





仕方なくそのまま

道なりに進む・・・





すると終わりは

いきなり やって来た

これ以上 進めなくなったのである






目の前には土の壁

ここまで道を作ったが

必要がなくなったのか何なのか

まさしく文字通りのどん詰まり

!Σ( ̄□ ̄;)






結局 引き返すしか術がなく

後にも先にも

どん詰まりにあったのは

この時ばかりで ございました






┐('~`;)┌
コメント