wakkoと旅と音楽と 

料理好き音楽家 wakako♪♪の旅日記
いろんな国に出掛けて出会ういろんな思い
そして音楽が生まれる

wakako's cookin' Music by wakkowakko21

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日帰国です‼️

2017年11月06日 | 旅行
2017/11/06🍀

南京を11月1日に離れて北京に、そして今は北京第3空港、、これから帰国です。昨年より数日短い南京滞在、、楽しい時はあっという間に過ぎて、、I miss 南京‼️の思いのまま北京で数日を過ごしました。
本当はもっと長く南京に滞在可能ですし、そうした方が良いのですが、今年お正月から半年続いた私の体調不良の事を考えて、冬が来る前にもう一度北京の中医の先生に診てもらってお薬をもらって来ようと言うことになりました。
南京農業大学の外教公寓の部屋での生活にすっかり慣れて、近くの小さな市場での買い物も楽しい。いつもニコニコ顔の豆腐屋さんのおばさんもよく分かってくれて硬いずっしりした方の豆腐をどのくらいか?とジェスチャーで聞いてくれるし、お肉屋さんの女性もいつも一点点(イーテンテン)でしょと笑ってくれる。こちらの人の買い方と言ったらアメリカみたいになんでもすごく多いけど、肉好きではない私達はほんの少しでいいから、ほんの少しという意味の「一点点」もちろん何グラムと言ってもいいのだけど、gの発音が日本に全くない音で真似できなそうにない。市内の地下鉄もバスも随分乗りこなして、色々な所に出かけます。まだまだのどかな雰囲気の街のプラタナス並木を散策したり、面白そうな店をひやかしたり、そんなささやかな楽しみと共に過ごせる南京大好きで。去年同様、、帰り支度の部屋の掃除や荷物のパッキングをしながら、なんだか悲しくて、、よくお昼を食べに行った牛肉拉麺の店の人には「明天回家、明年再来」と片言の中国語で伝えて、、色々サポートしてくれた大学の女の先生や学生さんとは随分親しくなって名残惜しくなって、、みんなとても親切で、、。
北京に比べて何でも穏やかな気がします。観光地に行けば、日本とは比べ物にならないくらいの人混みで騒然としていますが、それでも北京でのそれと比べたら全然人が少ない。
と言っても、、南京と言う街は江蘇省に省都で結構大きいし、人口も800万人。東京都より少ない、、と言われそうですが、、いえいえ、、経済発展著しいこの辺りの大都市は実際の人口の他に流動人口がすごい。本来の人口の半分近くの人が流動的に入り込んでる。仕事で長期滞在したりして普通に暮らしてる。私達もその中の人?ひょっとすると800万+400万=1200万人??、、南京でも東京都の人口に近い??南京から高鉄で一時間の無錫市も常住人口600万人でプラス300万人だから900万人、、その少し南東に蘇州の人工は1000万人だし、その少し南の杭州市は900万人、上海市にいたっては2400万人超、、、多いなぁ〜。
中国にいると本当に日本のことが心配になるくらい人が多い。2009年初めて北京に来た時から比べて、びっくりするほど変わって綺麗になってきています。一年前の南京のゴチャゴチャした通りも取り壊されて変わりつつあって、、中国どこに行っても工事、工事。どんどん変わって行きます。この大きな国のどこもかしこもがマンパワーによって変わっていきます。昔私の若い頃、高度成長時代には札幌も東京もどこに行っても工事ばかり。ハンカチで埃を防ぎながら歩いた事を思い出します。あの頃の私達と同じように今の中国の若い人は急速な変化の中で生きています。しかもパソコンもネットもなかった時代ではなくこんなにも情報が行き交う中で。あの頃の私達にとって西洋の俳優にしろファッションにしろ音楽も食べ物も憧れの的でしたから、真似た安物の服を着て、今から考えれば随分作りの悪いものを買ってどれだけ捨てたか分からない。今でこそ、良いものを長く使うと言う考えがある程度行き渡っていますが、あの頃はそんな良いものがすぐ手に入るわけではなくて。中国も今同じ様に使い捨ての真っ最中にある様に感じます。値段も高く優れた商品もあるにはあるのですが、、、奇をてらった作りの悪い服が山の様に売られています。本当に山の様にです。人が多いのだし、中産階級が増えて購買意欲も増してるから売れるのかもしれないですが、あまりにも多い。どれだけ作られてどれだけ捨てられていくのかと思うと想像を絶する。それは食べ物も同じこと。化学繊維や工業製品が作られれば水も土地も汚染される。日本も高度成長の時代に海も川も汚染されて、何もかもが捨てられていった時代があって、今でこそ、落ち着いて、あそこに問題ここに問題と言っていますが、どこもかしこも問題があったらそんなこと言ってる暇もない、、日本の面積と人口とはあまりにも比べ物にならない大きさ多さ。とりわけ人の多さが作り出すその量と捨てる物の量を考えるとその処理が恐ろしくもなります。日本がこれからも住みよい国に少しずつでいいから変わっていける様に日本人一人一人の課題ですね。日本を離れて始めて思わされます。

そんなこんなの中国1ヶ月が終わりました。楽しい事、考えさせられた事がいっぱいだった滞在が終わります。中国の仲の良い友達、なかまと呼べる沢山の人達、、また会える時を楽しみに!
さてさてそろそろ搭乗の時間です。
南京の思い出はまた書きます。
どうぞ覗いてみてください♫
コメント

南京に来て1週間です^ ^

2017年10月14日 | 旅行
2017/10/14🍀

南京に着いて、もう1週間が経ちました。
はやいなァ〜あっという間です。

10/11の更新で外国人アパートメントへの引っ越しは明日と書いたその直後、、hubbyがホテルに戻って来て急にその午後アパートに行って掃除や片付けを出来るようになった事とのこと。急展開するのが常😅
日本から持ってきたお掃除便利グッズや生活便利グッズを持って、、(昨年の南京生活のブログを読んでくださった方はご存知、、結構部屋が汚れていてお掃除が大変でしかも中国では生活用品が便利でないし高いので、今回は色々持って来ました💦)大急ぎで昼ご飯を食べに行き、そのままhubbyのオフィスに向かい、案内をしてくれる学生さん2人と待ち合わせて、そぼ降る雨の中、アパートに向かいました。こちらの細々とした事でお世話になっているのが、Cさんという若い女性の先生。来てくれたのは彼女の学生さんで、可愛い女の子と優しそうな青年でした。英語も話せるのでとても助かります。
彼らは前日までに掃除もしてくれていて、昨年私達が買った色々な生活用品、布団やシーツや鍋や食器やその他諸々、、1ヶ月住んでいると荷物は増えます、、それらを全部運び入れてくれていました。1年間研究室に置いてもらったのですが、研究室からこのアパートまで歩いて10分位はかかるので、大変だったろうと思います。そのうちご飯でも一緒に食べに行こうとhubbyと話しています。
彼らの先生のCさんはアメリカに長く留学していたので、英語ペラペラ。昨年はもう一人の女性スタッフがアパートの世話などしていたのですが、彼女は全く英語ができなくて、何かあるごとに大変でした。でも今年はとってもスムーズに事が運びます、、Cさんありがとう😊

午後いっぱいhubbyと二人で快適に過ごせるように掃除と片付けや洗濯をしました。最近の私は結構綺麗好きです☺️
学生さん達は手伝いますと言ってくれましたが、「It’s OK. if we need you, we will call you」
大変な事もありますが、二人で新居を整えている様な気もして、楽しい時間です。

翌日10/12午前10時、ホテルをチェックアウトしてアパートに移りました。昨日の男子学生が運転手と一緒に迎えに来てくれて、、ホテルからだと徒歩で結構距離があるしスーツケースもあるし、、このホテルも大学内にあるのですが、、とにかく校内は広い、、助かります。
以前から中国では大学でも会社でもいろいろな団体ごとに運転手をかかえていて、彼らは車の修理までも出来るような専門家で、出先での宴会には出席したりもしていました。でっかい中国、どこかに行って万一車が故障しても修理工場なんてない場合も多い。でも最近は少しずつ変わってきて、ドライバーの会社と契約して何かあるごとにそこのドライバーが来るといったシステムだったりします。どちらにしても凄いこと。日本の大学にそんなシステムありませんから。

スーツケースの荷物をタンスに片付けたりしている間にジーパン類を洗濯して、お昼を食べに行きがてら近くの小さな超市(スーパーマーケット)でテッシュやトイレットペーパーやキッチンペーパーやトイレ洗剤など簡単な物の買い出し、、一度荷物を置きに部屋に戻って、今度は大きな超市(北京华联超市)にバスに乗って出掛けて、玄関マットやタオルや調味料を買って(品数スゴイです)、、、大忙し😅
去年この超市の近くに安くてキレイで案外美味しいレストランがあったので、夜ご飯はそこでと思っていましたが、、、もうやっていませんでした😞
まだ食材は買っていませんから、夕ご飯そこで食べたかったなぁ!
超市近くに良さげな店は見つけられず、、またバスに乗って部屋に戻って、、、どこで食べよう??店はたくさんあるのですが、美味しくて差ほど高くなくて、まあまあキレイなところを探すのは骨が折れます。
去年食べに行って、味はどうかな?という店に行く事に。うん、意外と大丈夫でした。

どこの店に入っても「どこの国の人か?」と聞かれます。「リュウベンレン」と答えます。このリュウ、、日という意味ですが、すっごく発音が難しい。ベンが本、レンが人です。そう答えるとみんなとてもフレンドリー!

日本で南京に行くと言うと心配されます。あの南京大虐殺の問題もあって、日本人は嫌われていると思う人が多いから。でも2009年私が初めて来た南京は全くそんな感じがせず、むしろ友好的!北京よりも良い意味でのんびりした人が多いように感じますから、居心地はいいですよ。最近の北京はどんどん都会になり殺伐としてる気がします。例えば、ホテルの清掃をしている人を比べても南京の方がずっと穏やかな感じです。

アレレ、、ずいぶん長く書きました😅
今は南京の北にある洒洪という街に来ています。
中国洒洪稲米产业发展高峰论坛という会議にhubbyは参加中。今朝車で2時間のこの街にやって来て会議をするホテルにチェックイン。お昼を大きな円卓で皆さんと一緒に食べて、hubbyは午後から会議に出席しています。私も会議場にいても構わないのですが、、全部中国語で、何も分からないので部屋でブログを書いています🤗


このホテルの周りは全く面白いところがなさそう、、でもお昼ごはんのあと少し時間があったのでhubbyと外に出て見て、、すごく面白い光景見つけました。南京でも全然見た事ないです。

数分間に沢山みつけました。なかなかの優れもの、、でも今日は全然寒くないし日差しも強くない、、こちらの人は寒がりなのか??

また書きますね。
どうぞ覗いてみてください。



コメント

南京4日目、、Part2

2017年10月11日 | 旅行
2017/10/11🍀🍀

さっき更新したばかりですが、、hubbyはなかなか戻って来なくて、、洗濯も終わったしホテルでは何もする事がなくて。

2日目前に研究室から果物の差し入れがありました。
たっくさん!写真にあるのは、とりあえずそれぞれ一個ずつ。それと食べかけのパン。2日前に新街口にある去年もよく買いに行ったパン屋さんで、これでもかっていうくらいクルミの入ったパンを買いました。めっちゃ美味しいくて、つまみ食いにつぐつまみ食いの結果、ほんのちょこっとしか残ってません。

梨にリンゴに柘榴、、中国のザクロはすっごく甘い、、それに日本ではまず見ることのないフレッシュな棗(なつめ)。日本だと中華食材コーナーやアメ横などの中華食材の店に干した棗がありますが、生のは見たことがありません。
洗って丸ごと食べるのですが、食感は柔らかいリンゴといったところ。リンゴだったらシャリっとした硬めで酸味のあるのが好きなのですが、なぜかこの棗は前から結構好きで、たまに買ったりしてました。すごく甘いとか言うわけでもないし、はっきりとした味でもないのですが。



今時期は道端で行商の女性が棗や柘榴をたくさん売っています。

中国に来るといつも思うこと。とにかく果物や野菜が安い!日本では野菜も果物もすごく高くて、、その為に野菜不足になってしまうという人もいるようですが、ここでは全く違う。野菜の高農薬の問題とかありますが、日本の様にあんなに高い値段である事に疑問が起きたりします。と言って農家の収入の問題もあるし、正当な価格というのは難しいですね。ただ言えるのは中国では政府が農業にかなりのお金をかけている事。研究も熱心な事。経済界の動向で工業などにメリットがある様に動く日本の政府とは違う。確かに今中国はすごくお金持ちの国になりました。日本のバブルがまだ続いているような感じ。だから出来る事なのでしょうが、日本ではあの高度成長期に政府がどれだけ農業の事、畜産の事、林業の事を考えたでしょう?どうしても疑問に思ってしまいます。

昨日まで晴れ間の多かった南京ですが、今日は曇った空から時折強く雨が落ちて来ます。昨日までの30度近い夏の様相が一気に変わっています。今日は17度位にしかならないらしい。しかもこの雨空、、しばらく続くらしい、、トホホです😰
昨年もずっと雨が続いて悲しかったですが、、今年もなのかな?昨年と同じく来た二、三日は晴れて、その後はずっと雨??
どうぞお天気の神様、太陽に力を貸してあげてください‼️❗️❗️

ではまた書きます♬
コメント

南京4日目デス😄

2017年10月11日 | 旅行
2017/10/11🍀

10月8日南京に到着して4日目になりました。
着いた夜は、お世話になってる方の招待で身内のwelcome party開いてくださって、美味しい料理と久しぶりに会えた方々に囲まれて、とても楽しいひとときでした。

去年も住んだ外国人教師のアパートの準備等に時間がかかって、、中国ではいつもいろいろな手続きに時間を取られます、、アパート移動は明日の午前中、、それまで結構大変です(・・;)
というのは、、まず、、洗濯、、旅行にはずいぶん慣れている二人ですが、毎日手洗いしてタオルで脱水して部屋に干す、、しかも南京は北京と違って湿度がかなり高いので、なかなか乾きません。ジーパンや厚手のものもそろそろ洗濯したい、、日本人ですから、、けど我慢しています。それに、、朝ごはんはホテルについてるけど、昼も夜も外食で、、油の消費が世界一の国の料理を毎日は少々辛い。早くアパートに移りたいなぁ!

今日はhubbyが朝から講義の為に出掛けています。そろそろお昼のために戻って来る頃、、さあ〜て、、今日は何を食べるか?二日続けて去年大好きになった回族のお店で牛肉拉麺と酸辣白菜炒蓋飯を食べて大満足したので、今日は違う店に行こうか?この回族の店で会計をしてる女性(多分オーナーの奥さんらしい、可愛い赤ちゃんもいます)は私達のことを覚えていてくれて手を振ってくれて、嬉しかったです。昨年最後に食べに行った時に「また来年来るね」と話していた通りになりました。

ちゃんと手で引張て伸ばした美味しい拉麺(本来拉麺とは引っ張って伸ばした麺の事)、たぶん自分のところで漬けただろう酸っぱい白菜の漬物、、本当に美味しいです‼️去年と変わらぬ味にホッ(^_^)v、、でもどちらも一元ずつ値上がりしていました。とは言え、10元と12元、、合わせて22元、、日本円で350円しないでお腹いっぱいです😉



今日の午後の予定はどうなることやら?中国では、確実に決まったこと以外は、スケジュールや気持ちをいつもニュートラルにしておかないと疲れます。急に決まったり急に変更になったり、、、。どうしても自分の予定通りに進めて行きたいのが人情、、ですし、どんどん進めていきたくなりますが、、一般的な事が日本とは違うのですから仕方ないなぁ〜😥

アパートに移ってからは多分大掃除に雑貨の買い足しに忙しいかな?時間をみつけてまた書きます。
どうぞ覗いてみてください♬

コメント

昨日、南京に到着(^_^)v

2017年10月09日 | 旅行
2017/10/09🍀

10/05 深夜北京着、、いつも通り農科院のホテルに無事到着してチェックインしました。羽田を出発する直前にFC2ブログに「行って来ます!」の更新をして、中国ではこちらのgooブログを使います、とアナウンスしたので、覗いてくれた方がいると嬉しいな😃

すっかり秋になった北京は結構涼しい、、というか肌寒い感じでした。南京に向かうまで2日間、、特にする事もなく、、と言うのは、、ホントは直接南京に入って良かったのですが、先週の中国国慶節のせいで飛行機がとれないし、または相当に高額なチケットしかなくて、、hubbyのフライトはこちらでみてくれますが、、私の分は自腹ですので、、。仕方なく5日に北京に行って時間を潰し南京へという事に、、。最初から約1ヶ月の滞在の帰りは北京経由にして中医のG先生に診てもらいたかったので、日本出国は北京往復がちょうど良かったわけですが、、。
いつもお世話になってる北京の友達も勿論旦那様の実家に帰省中。今からお土産を買うのでは荷物になりすぎし、、特に用事もなく、どこと言って今更北京観光をする所もなく、、。それに、、今までよく買い物に行っていた安い個人商店や無数の個人商店や卸商店が入ったデッカいビルも、それらを郊外に動かす政策が急進行中で、普通の大都会でしかなくなって来た北京は面白味がなくなっています。
膨大に膨れた北京の人口を外に出したいというのが政府の考え。特に貧しい人を出したい。今までの北京でしたら安い食べ物、安い服、安い生活用品が買える場所が沢山あったので、どんな人でも生活出来ました。でもこれからはそうはいかない。一年と言わず数ヶ月でどんどん変わっていく国、政府の意向で変えることのできる国です。
人々の心はきっと落ち着かないことでしょう。真面目にコツコツやっていて先が見えないのですから。
日本も同じ道を行こうとしているように見える今日この頃ですが、、人の幸せって難しいですね。

お土産の下見も兼ねて出かけたのが北京動物園近くのでっかいビル。何棟もあります。その中には洋服やバッグ靴類を中心に無数の個人商店が所狭しとあります。街中の商店が仕入れにも来る所。でもその中で一番大きくて卸を中心にしていたビルは10/6で完全閉鎖。8月に来た時は普通に営業していましたから、急なことだったようです。
もう1つのビルにある時々買い物をする麻製品店の人が英語が話せたので、聞いてみたらそのビルも将来閉鎖されるだろう、、でもいつかは分からない、、急に決まる、との事。そうそれが北京なんですね。ビル内の店が投売り状態に感じたのも、買いに来てる人の雰囲気も、いつまでこの店達があるか分からない、、。

今は南京のホテルにいます。そろそろ昼ごはんをたべにでかけるので、、今日はこの辺で!
また書きます♬
コメント