20XX年問題

不定期で映画、小説、ゲームのレビューをしています by PiyoPiyo

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

白峰三山縦走 3日目

2011年08月19日 18時55分17秒 | 
8/13(土) 3日目

やはり朝4時頃から行動開始。
5時半に山小屋出発です。



3日目ルート。
大門沢小屋→奈良田

最終日は標準コースタイムでも4時間弱の行程で、最終日らしく楽です。
その為に、1・2日目に頑張ったのですが。。。
下山するだけと言っても、↓のような場所もあり、スリルがあって楽しめました。









8時過ぎに奈良田第一発電所に着いた時、ちょうど広河原行きのバスが来、運よく乗車する事が出来ました。
この場所でバスに乗れるとは思っていなかったので、何だかラッキー。
後30分程下山した場所から乗るものだと思ってました。

広河原に着き、そのまま芦安への乗り合いタクシーに乗車、駐車場に。
無事下山です。

2泊3日、初めての縦走でしたが、良い経験を出来たと思います。
日帰り登山も良いですが、泊まりも中々良いですね。
また行きたいものです。
コメント

白峰三山縦走 2日目

2011年08月19日 17時41分02秒 | 
8/12(金) 2日目

寝るのが早かった為、朝4時から行動開始。
山頂付近から御来光を見る事は、山小屋に泊まった者の特権ですね。





素晴らしい景色です。
右に写っているのは富士山、何だかこちらの方が高く見えるから不思議!
朝5時頃の日の出、朝食前に寒い中粘ったかいがありました。

朝食後、朝6時に山小屋出発です。



2日目のルート。
北岳小屋→間ノ岳→農鳥岳→大門沢小屋泊



寒い寒い、太陽が出ていても風が吹くと普通に寒いです。
また、標高が高い為すぐに息が切れます。
が、懸念していた筋肉痛がなかったので助かりました、1日目よりもすぐに足にきますが。。。

間ノ岳頂上には7時45分頃到着、奥に富士山が見えてますね。



休憩で暖かい紅茶を飲み、農鳥岳へ。
眼下に見える農鳥小屋、あそこまで下って奥の農鳥岳へまた登り返します↓↓
縦走ということで、2日目は稜線を歩くだけかと思っていましたが、稜線を歩くということは結構な標高を登ったり降りたりすること。
意外と疲れます。。。



そんなこんなで11時20分頃農鳥岳へ到着。



看板の左横の奥に見えるのが北岳で、その左が間ノ岳です。
こう見えると結構な距離歩いたんだなぁ。



お昼は北岳小屋で作ってもらったお弁当、酢飯でおいしかったです。
昼食後に出発。
後は降りるだけ~、ただこの時既に足がプルプルしてます。

大門沢小屋には15時着、全部でやはり9時間程。
ありがたいことに、この山小屋には温水シャワー(500円)が有ります。
久しぶりのシャワー、生き返りますね。



大門沢小屋は空いており、北岳小屋とは違い所々に布団の空きがありました。
まぁ、金曜ですからね。

途中、怪我をした女性が男性におんぶされて下山してきました。
骨折している可能性があるので、ヘリで輸送されることに。



女性をおぶって降りてきた男性、間ノ岳らへんからおんぶしてきたそうで、半端ないです。
結構急な登り下りあったはずなのに。。。

この日も20時くらいには就寝。
3日目へ。。。
コメント

白峰三山縦走 1日目

2011年08月19日 16時29分25秒 | 
夏休みの初日である8/11~13にかけての2泊3日で、南アルプス白峰三山を縦走してきました。
ちなみに、白峰三山とは、北岳(標高3,193m、日本第1位)・間ノ岳(標高3,189m、日本第4位)・農鳥岳(標高3,026m)の3山の総称のことです。
去年から登山を始め、これまでいくつかの山に登ってきましたが、泊まりでの登山は初めてだったのでワクワク感、そして無事踏破できるかのドキドキ感でいっぱいでした。

8/11(木) 1日目

さて、南アルプスということで、出発は前日の24時。
深夜の三時位に芦安の駐車場に着、平日ということもあり比較的手前側の第3駐車場に停まれました。(第5まである???)
土日だともっと奥に停める事になるみたいですね。

バスの始発の時間まで1時間程仮眠し、登山口のある広河原まで運行している乗り合いタクシーに乗ります。
現在、マイカー規制で芦安までしかマイカーでは行けないのです。
50分程タクシーを乗り、ようやく広河原登山口に着。
↓広河原インフォメーションから北岳?を見上げた風景、上の方はガスがかかっていて見えませんね…
ちなみに、この場所の標高は1,520mなので北岳頂上までは後1,700m弱登る必要が…



1日目のルート。
広河原→(大樺沢ルート)→二俣→(左俣コース)→八本歯のコル→北岳山頂→北岳小屋泊

何だかんだで朝6時半登山開始。



森林限界を超えてからの岩場、左俣ルートは↑の写真でも分かるようにまだ雪が残ってました。
ただ、登山道には雪は残っていませんでしたが。

↓こんなハシゴや



↓こんな岩場を登り



ようやく北岳山頂に到着。



午後13時着、休憩含め6時間半でした。
写真からも分かりますが、山頂での眺望はゼロ。
360度ガスがかかっており、周りの山々は何も見えませんでした…
途中までは抜群に天気が良かったんですが、やはり午後になってしまっていたので…
非常に残念でした。

実は、この時まだ昼食を食べていなかったので、北岳小屋までの途中で食べることに。
あまりにお腹が減っていたので、写真を撮る事すら忘れて食べてました。
メニューは、お湯を入れて作るインスタントのドライカレーです。

食べ終わった後、山小屋へと向かいます↓↓
赤い屋根が目印ですね。



山小屋に着いたのは15時半、1日目は9時間程。
最後は、歩くだけで足の裏が痛くなるくらい疲れました。

到着後、ビール(500円)を飲みまったり。
うん、山で飲むビールは最高だ。
余りに疲れていたので、夕食まで仮眠。
17時50分から夕食、肉も魚も山菜もある栄養満点の夕食。

夕食後、明日の準備をして就寝。
山小屋はそこまで混んでないらしく、1つの布団に1人で寝ることができました。
混んでいると、1つの布団に3人とかもあるみたい!
星を見る為に夜中に起きようと思いましたが、結局起きることはなく・・・

いやぁ、辛かったです。
終わる事のない登り、今まで富士山以外でこれほど登りが長く感じた登山はありませんでした。

二日目へ。。。
コメント

日光白根山

2011年08月06日 22時31分15秒 | 
8月4日木曜日、日本百名山の一つの「日光白根山」に登ってきました。
この山は標高2578mであり、これより北や東にこの山より高い山はありません。

登山ルートは2つ?程ありますが、今回は途中までロープウェイを使うルートを選択。
ルートは、ロープウェイ山頂駅→七色平→山頂→五色沼→弥陀ヶ池→ロープウェイ山頂駅です。
ただ、ロープウェイが朝8時から営業開始なのを調べ忘れ、7時前には現地に着いてしまいました…
よく調べないとね。。。

↓の写真がロープウェイ降り口から頂上を眺めた感じ。



高く見えますが、今回登った面子は体力に自信あり系の同期だったので、意外と早く頂上まで着いた気がします。
8時半から登山開始で、10時に頂上に着きました。
休憩は10分休憩1回です。



天気は良かったんですが、ガスがかかっており、眺望はイマイチ…
今年は天気に恵まれないなぁ。

普段なら頂上付近でご飯ですが、少し時間が早かったので五色沼まで降りて昼食を取ることに。
この下りが急で、登りを経た足だったので、プルプルしてしまい結構気を使いました。。。

そんなこんなで11時半頃に昼食。



風が強かったので中々お湯が沸かなかったです。
もっと火力のあるの買おうかなぁ。

昼食を食べた後、ラストの弥陀ヶ池に行く途中で鹿一家に出くわしました。
近くで見ると意外と大きく、オスが突進でもしてきたらと思うと怖かったです。
鹿でさえ怖いんだから、熊なんて。。。
写真は角のないメス?鹿です。



計5時間の登山でしたが、ロープウェイを使った為か、比較的楽でしたね。
使わないで登っても良かったかな。
コメント

至仏山

2011年07月14日 21時46分30秒 | 
昨日は、日本百名山の一つ、至仏山に登ってきました。
尾瀬にある山の一つで標高は2228m。



↑奥にぼやけて見えるのが至仏山です。
山の鼻から撮った写真です。

登山ルートは、鳩待峠→山の鼻→至仏山→小至仏山→オヤマ沢田代→鳩待峠です。
朝の8時に登山開始し、頂上に着いたのが12時、下山したのが14時半過ぎでしょうか。
休憩込みで7時間弱、大体標準ですかね。
ちなみに、現在マイカー規制中で、車では戸倉まで行けません。
戸倉からバスorタクシーで鳩待峠へ向かいます。(片道900円、駐車場代1000円)



頂上ではガスが発生してしまい、眺望がイマイチだったのが残念でしたね。
登ってる最中はかなり良い景色でしたが…
それしても登りは辛かったなぁ。
運動不足+調理用と飲む用で水を5L程持っていったので、ザックが重かったのもあるのかな?



まぁ、その分、頂上で食べたラーメンはおいしかったな~
さて、来週は人生3度目の富士登山、晴れるといいな。
コメント

榛名山

2010年09月11日 21時44分30秒 | 
工事中。

今日の歩数…24408歩
コメント

焼岳

2010年09月04日 20時57分02秒 | 
工事中。
コメント

赤城山

2010年08月28日 21時59分55秒 | 
群馬に住んでいるなら、是非登っておきたい山の一つ赤城山。
日本百名山の一つでもあり、初級コースとのことなので同期と登ってきました。

まず、赤城山は様々な山から成っており、それらをまとめて赤城山と言うそうです。
今回は、有名?ルートである一番標高の高い黒檜山(1827m)→駒ケ岳(1685m)を登ってきました。
コースは、黒檜山→駒ケ岳→下山して覚満淵→赤城神社というコースです。

この日は、昼食と飲み物を買う為にコンビニに寄る予定だったんですが、すっかり寄るのを忘れてしまうという失敗をしてしまいました。
朝の6時半に寮を出発したんですが、赤城山周辺でコンビニを探して1時間弱程ウロウロしていたら、登り始めたのは大体9時頃になってしまいました…
何事も経験だとは思いますが、次は忘れないようにしよう。

スタート地点がこちら↓↓↓


少し登ったところから、下を眺めてみました。
 
湖が見えますが、これが大沼で、真ん中らへんにある赤い建物が赤城神社です。
この赤城神社、赤い色をしていて大変キレイでしたね。
帰りに寄って、お参りしてきました。

ちなみに、登山道はこんな感じ。

前回登った皇海山ほどではないですが、それでも中々登りがいがありましたね。

んで、これが頂上の三角点。

頂上からの景色はガスがかかっていたため、イマイチ…
また、黒檜山から駒ケ岳への道も、ガスがかかっていて景色0でこんな感じ↓↓↓
晴れていればかなり良い景色らしいんですけどねぇ。


んで、下山して地元の人からは「小尾瀬」とも呼ばれている覚満淵へ。
確かに尾瀬っぽくて良い感じでしたねぇ。
カモの子どももいて、大変可愛らしかったです。


結局、登り始めてから、降りてきてご飯食べて車に戻ってくるまでに6時間くらいでしょうか。
ゆっくり登ったんでかなり時間がかかってしまいましたが、中々楽しかったです。

今日の歩数…14473歩
コメント

皇海山(すかいさん)

2010年08月21日 22時48分37秒 | 
今日は早朝(5時前出発)から、日本百名山の一つ、群馬県にある「皇海山」を登ってきました。

事の発端は、研修でお世話になった設計の課長が山登りが趣味で、今年富士山に登るんで登山装備を揃えました、という話をしたら、昨日急遽一緒に行かないか?と誘われ、行ってきました。
せっかく装備を買ったんで、使わなきゃという事ですね。

メンバーは全部で4人。
自分以外は会社の課長クラスの年齢。
皆さん、山登りが趣味の方たち、ようはベテラン。
山は富士山くらいしか登った事がない自分でも安心できます。

何で山登りって朝早いのかなぁ、って今まで思っていましたが夕立が怖いから早めに登って早めに下山するんですね。
今回、登ってる途中で分かりました。
山で雷や雨なんて降られたら大変ですもんね。

さて、スタートはこんな感じ。
  
スタート地点の標高は1400mくらい。

そして、これが頂上。

標高は2143m。
時間にして3時間くらいでしょうか。
富士山程ではないですが、適度に疲れましたね。
ただ、その頂上ですが、周りに高い木ばかりが生えており、眺望がよくない…
写真がないように、高い木に囲まれており何も見えないんですよね…
まぁ、頂上まで登ったという達成感はありましたけど。

今回の山は、私を誘ってくれた方曰く微妙だったそうで、何で日本百名山に選ばれたのか、よく分からないなぁって言ってました。
まぁでも、良い経験にはなったと思います。
これからもちょくちょく山登りしていきたいな。
コメント