見出し画像

明日また陽が昇るなら −カウンセラーもり あずさ(もるも)のブログ−

「海外」ってどこ?

こんばんは。
アナタに明日への希望をお届けする「情熱の女」カウンセラー もり あずさ(もるも)です。


本日の東京は午前中に雨が降り、その後は曇り空の1日でした。


気温は11月下旬にしては高く、長袖一枚で外出することができました。
本格的な冬はまだ先にやってくるようです。


みなさま、いかがお過ごしでしょうか?


さて、本日はKing&Prince(キンプリ)のメンバー脱退をきっかけに思ったことを書きます。


40代中半にもなってお恥ずかしい限りですが


私はちょうど、キンプリを好きになり始めたところでした。


きっかけは、永瀬廉さんが去年の連続テレビ小説「おかえりモネ」に出演していたのを観ていて


彼の雰囲気や演技力の高さがいいなと思っていて


ついでに彼の所属しているキンプリも好きになってゆきました。


その矢先のメンバー3名の脱退は、ショックで残念でした。


ただ、驚いたのはその理由でして


「海外進出をしたいが、その夢がこのままジャニーズ事務所にいても叶いそうに無いから」


とのことでした。


・・・海外進出?


私はこの言葉を聞くたびに疑問に思うのですが



「海外」って、どこですか?



・・・当たり前ですが日本は島国なので、他の国は全て「海外」です。


アメリカもヨーロッパもインドも中国もアフリカも


みんな「海外」です。


でも(これも当たり前ですが)


アメリカで売れるのと、ヨーロッパで売れるのと、インドで売れるのと、中国で売れるのと、アフリカで売れるのと・・・


全く戦術は異なりますよね。


BTSやTravis JapanのようにダンスやSNS中心に世界でPVやDLを稼ぎたいのでしょうか?


確かに彼らのダンスパフォーマンスは素晴らしいですね。
(ちなみにキンプリもダンスが上手です。)


でもBTSは別格として


YouTubeの動画再生回数見ていると、Travis Japanよりキンプリの方が再生回数多いんですけどね・・・。


私は海外旅行や出張で15以上の国に訪問したことがあるのですが


どの国にも日本と同じく、そこに住む人々の現実があるだけで


何かの「夢の国」のような、日本とは別次元の何かがある訳ではありません。


「海外で活躍している人」って、逆の視点で見ると


「日本で活躍している外国人」と同じことなんですけどね・・・。


もしかしたら「海外で活躍すること」を特別視する背景には


日本人にとってまだまだ海外が遠いもの、憧れの世界に見えている現実があるのかもしれません。


日本は今後人口が減り、高齢化が進んで、ますます自国単独では立ち行かなくなって行きます。


そろそろ「海外」をもっと身近に・現実に知る時かも知れません。


こう言っている私自身が肝に銘じようと思います。


キンプリを脱退するメンバーも、残る2人も


今後も海外で、そして日本でもぜひ活躍してほしいです。


まずは今年の紅白での彼らのラストパフォーマンスを楽しみにしています。


最後までお読みいただきありがとうございました。
素敵な日曜日を。


****
アナタに明日への希望をお届けする「情熱の女」カウンセラー
もり あずさ(もるも)のセッションお申し込みはこちらから。

アナタのネガティブ・影・恐れ・不安を もり あずさが愛・価値・夢・希望へと変えます。











名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最近の「日記」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事