見出し画像

韓国の青い空 한국의 푸른 하늘

尹東柱(1945年2月16日福岡刑務所で死去)詩人の丘

2月16日は尹東柱(ユン・ドンジュ)、詩人윤동주 没後76年となりますので何回か関連記事を書きます。


景福宮から北へ歩いて1時間弱の所に「尹東柱詩人の丘」があり、そこから少し下ってバス道沿いには、「尹東柱文学館」があります。








「序詩」の石碑




第三回 全国青少年
尹東柱詩画 公募展(2016年)

詩をイメージした画を公募して製本しています、欲しいと言ったが断られたので、たぶん非売品です。

文学館展示の本を許可得て撮影
「星を数える夜」をイメージした絵です。

별 헤는 밤」
星を数える夜

계절이 지나가는 하늘에는
가을로 가득 차있습니다。

나는 아무 걱정도 없이
가을속의 별들을 다 헤일듯합니다。

가슴속에 하나 둘 새여지는 별을
이제 다 못헤는것은
쉬이 아츰이 오는 까닭이오、
來日내일밤이 남은 까닭이오、
아직 나의 청춘이 다하지 않은 까닭입니다。

별 하나에 추억과
별 하나에 사랑과
별 하나에 쓸쓸함과
별 하나에 동경과
별 하나에 시와
별 하나에 어머니、어머니、
(後略)


「星を数える夜」

季節の移りゆく空は
いま 秋たけなわです。

私は何の憂いもなく
秋の星々をひとつ残らず数えられそうです。

胸の中にひとつふたつ刻まれる星を
今すべて数えきれないのは
すぐに朝がくるからで、

明日の夜が残っているからで、
まだ私の青春が終わってないからです。

星ひとつに 追憶と
星ひとつに 愛と
星ひとつに 寂しさと
星ひとつに 憧れと
星ひとつに 詩と
星ひとつに 母さん、母さん
(後略)
訳:伊吹郷





ランキングに参加中

最新の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る