特定非営利活動法人 エコ.エコ

特定非営利活動法人 エコ.エコの催しを紹介します。

第3回 環境講演会 身近な自然保護 ビオトープでつながろう

2015-07-06 13:25:59 | 講習会
★日時 2015年6月28日 13時30分~16時
★講師 塩瀬治先生 
★参加者75名 (子ども24名)
★参加費 500円 子ども無料 
★天候 晴れ 
★サイサン環境保全基金事業
自由の森学園の元校長で現在獨協高校の教諭でもある塩瀬治さんの講演会「身近な自然保護 ビオトープでつながろう」を行いました。長年のドイツとの交流も交えての講演内容はとても充実していました。後半は戸塚南小あすぱるエコクラブ、自然探検コロボックルくらぶ、安行小こどもエコクラブ、NPO法人エコ.エコの事例発表がありました。川の博物館学芸員の藤田さんにアカガエルの解説をしていただきました。最後の質問コーナーは子どもたちも積極的に質問していて大人も子どもも楽しい時間になったようです。







































環境講演会 アンケート

参加人数 大人51人 子ども24人 計75人
アンケート集計結果大人

設問1 本日の講演会は楽しかったですか。

とても楽しかった 34名 まあまあ楽しかった 2名 工夫があれば良かった0名

設問2 参考になったことを

すぐに実施したい 18名

機会があったら実施したい 18名

特になかった 0名


設問3 このような講演会は

大いに必要29名 必要7名 必要ない0名


設問4 多世代多文化交流を目指していますが小さいお子さんがいて気になることはありましたか。

気にならなかった26 気になった4名 無記名 6名

* 後ろに遊べるコーナーがあり助かりました。

* 2歳の子どもをつれてきましたが、おもちゃシートを用意して頂いたので助かりました。

* 先生のお話が聞こえる程度に

* 少しだけ小さい子の声で聞き取りにくかった

* ある程度の年齢以上のお子さんは面白いと思いますが、幼児はちょっと退屈そうでした。お話しと唄と楽しく混ぜてできればもっと良かったと思います。

* 環境保全を行っている団体の高齢化が目立ちます。世代をどう取り込むかが課題です。このようなセミナーでお子さんを集めることは大切です。

* むしろ小さな子も参加出来る時間があっても楽しそうだと思いました。時間の都合のつく場合。


設問5 今後取り上げて欲しいテーマや希望

* 外来種と在来種の見分け方 外来種の駆除の方法 在来種の保護の方法 塩瀬先生の

お話をもう少し長くまとまったものを聞きたい。

* 大変勉強になりました。将来的には動物園も活動に協力できればと思います。

* 見沼の歴史

* モルゲン先生のお話楽しかったです。

* 3回目の参加でした。また、新たな目線で聞くことが出来ました。小学生たちの発表も素晴らしかったと思います。その後の塩瀬先生の日本教育に向けたご指摘は目が覚める思いでした。家に戻ってからも今日得たアイディアを実施します。塩瀬先生のお話をもっと聞きたかったです。

* 企業の自然破壊

* 外来種を殺さずにすむ方法

* 今まで講演会というとかまえてしまい参加に腰が重かったです。今日、遅刻しましたが、実際に参加してみると考えると考えなければいけないことたくさんありました。子どもが興味を引く内容説明など少しでもあればもっと子連れでも参加しやすいなと思いました。子どもにも戸塚小の子ども達の様な体験をさせてあげられる環境があればいいと思います。

* ドイツの取り組みはとても勉強になりました。素晴らしい国だと思います。カエルが可愛いと思ったことは思ったことはありませんが、育てる手伝いが出来たのはよい機会となりました。

* 戸塚、安行の子ども達の活動がとても良かったです。その後のことも知りたいです。数年後が楽しみです

* 家庭で作れるものを取り上げてほしい。

* アカガエルの話良かった。
* 見沼の活動地

* 環境教育について



アンケートこども


今日はたのしかった 16名 たいくつだった 0名 無記名1名


ほんもののカエルをみたことがある

ある17名 ない 0名
コメント

2014年6月22日 見沼自然公園 クモの観察会

2014-06-23 06:36:48 | 講習会
■日時2014年6月22日 9時30分~11時30分
■天気 雨
■場所 見沼自然公園
■案内 新井浩司さん(日本蜘蛛学会会員)
あいにくの雨の中、新井浩司先生のご指導でクモの観察会を行いました。音叉を使ってクモの網を振動させたところ一瞬でクモがやってきました。全員その反応行動にびっくりしました。普段気がつかない場所にクモがたくさん生息していました。雨脚が強くなり、東屋で新井先生のお話がありました。クモ類は害虫を食べてくれるそうです。農薬をまくと外側が柔らかいクモは死んでしまうので、生き残ったツマグロヨコバイなどの害虫が増えてしまうそうです。自然のつながりを観察会で気づいた参加者もいました。参加者は、クモの糸はどのくらい伸びるの、足がとれたらどうなるの、クモの糸は何本、目はいくつ、体の作りは昆虫と一緒などの不思議をたくさん質問しました。実際に見ること感じることで子どもも大人も世界が広がったように感じる観察会でした。
■参加者の575
雨降りに 見つけたクモは おしゃれさん カタオカ(母)
クモの家 雨の滴で きらびやか カタオ(母)
■参加者感想
身近な生きものクモがいろいろな場所にいること勉強になりました。
子どもたちは、絵で表現してくれました。
■自然公園内で観察したクモ・・・クサグモ・ジョロウグモ・ギンメッキゴミグモ・カラスハエトリグモ・イオウハシリグモ・ササグモ♂・ヤマトコマチグモ・ナガコガネグモ・キクヅキコモリグモ・ヨダンハエトリ・シッチコモリグモ・アシナガグモ
コメント

2014年5月4日 さいたま市北区ステラタウン

2014-05-05 07:31:23 | 講習会
2014年5月4日 さいたま市北区ステラタウン パド主催「遊びと学びのすすめ」に参加
優秀作品
コメント

2014年3月4日 星空ウオッチングを開催 さいたま市国昌寺

2014-03-04 20:25:27 | 講習会
2014年3月4日 星空ウオッチングを開催 大三角が見えました。
さいたま市国昌寺のご住職にご親切にしていただき今回の催しが出来ました。
日の入りを待ちます。新月から4日目でした。天体望遠鏡が用意されました。天頂付近にある木星のを観測します。春の天候の影響を受けて薄雲が出てきました。みんなで星よ出てこいと空を見上げました。
コメント