オリオンプロモーション

さまざまなイベントを企画しています。
日時・会場などを随時お知らせしますので、是非遊びに来てください。

前へ! 紫紺倶楽部も前へ 

2019-01-15 23:06:31 | Weblog
熱戦を制し紫紺の小旗がスタンドに揺れておりました。良い光景でした。

紫紺倶楽部は4月から13年目に入ります。前回ご案内した通り、日程の確定は来月後半になりますが、目下、来年度のラフなラインナップの調整を行っております。全く新しいテーマが3つ、恒例のテーマあるいはゲストが7(人)または8(人)。他に、オリンピックと言っても1964年の東京オリンピックのことも取り上げたいと考えております。
ともあれ、もうしばらくお待ちいただくことになります。
毎年、2月は8月と並んで紫紺倶楽部はお休みです。この時期に次年度の最終プランを詰める
ことにしています。日程が決まり次第、パズルを作る要領で12回(予定)分の紫紺倶楽部、
5回分(これも予定)の嶋ゼミナールのテーマを決めます。楽しい作業です。


残り少なくなった今年度紫紺倶楽部のご案内
 
第152回  3月10日 江戸城天守再建   ゲスト:土屋繁さん
会場:1073教室(リバティタワー7階)              
江戸の象徴だった江戸城天守再建のお話を土屋繁さんに伺います。



《 落語会(あみ印寄席)開催について 》

出演は二つ目の三遊亭楽天さん。東京メトロ三越前駅近くの便利な会場です。

会 場  お江戸日本橋亭(最寄駅:東京メトロ銀座線三越前より3分)
出 演  三遊亭楽天
入場料  2,000円

来年の公演日程が決定済みです。
  第四回  4月11日(木)1時半開演
  第五回 11月15日(金) 〃      


紫紺倶楽部・嶋ゼミ・落語会のお申込み・お問い合わせは

事務局 嶋 丈太郎
携 帯 090-1702-5076 
メール shimajyo.oripro@nifty.com まで



コメント

2019年度の紫紺倶楽部&嶋ゼミナール日程について

2019-01-08 23:11:19 | Weblog
本日、明治大学に行ってまいりました。例年のことですが、今月末までに利用教室の希望を
提出し、2月中旬~下旬に確定されるそうです。現在、最終のプラン作りを行っておりますので、もうしばらくお待ちください。
2018年度と同様、紫紺倶楽部は12回、嶋ゼミナールは4~5回の開催を予定しております。

紫紺倶楽部 
会場はリバティタワー7階の1073教室です。


 第151回  1月20日 江戸の町人地を知る ゲスト:菅原健二さん

今回は、江戸の大発展を可能にした材木商の町と、お馴染み江戸町奉行から諸々の役人に至るまでの100万都市の運営についてお話いただきます。新年最初の紫紺倶楽部をお楽しみください。

 第152回  3月10日 江戸城天守再建   ゲスト:土屋繁さん

              
こちらは江戸の象徴だった江戸城天守再建がテーマです。土屋繁さんに天守再建運動のお話を伺います。

嶋ゼミナール日程

   第9回  1月13日 体験的戦後ヒット商品考 
        1071教室(7階)
こちらは、戦後昭和のヒット商品の中から、筆者が体験した10の商品を選び、関わりのある人物や事件にも触れてまいります。例のごとく、脱線に次ぐ脱線(実はこちらの方が楽しいのですが・・・)が予想されますの。ご容赦願います。

◎共通入場券(10枚セット) 発売中。15,000円です。

【 ご案内 】

2019年度の紫紺倶楽部・嶋丈太郎ゼミナールの日程は、2月中旬に確定する予定です。



《 落語会(あみ印寄席)開催について 》

出演は二つ目の三遊亭楽天さん。東京メトロ三越前駅近くの便利な会場です。

会 場  お江戸日本橋亭(最寄駅:東京メトロ銀座線三越前より3分)
出 演  三遊亭楽天
入場料  2,000円

来年の公演日程が決まりました。
  第四回  4月11日(木)1時半開演
  第五回 11月15日(金) 〃      


紫紺倶楽部・嶋ゼミ・落語会のお申込み・お問い合わせは

事務局 嶋 丈太郎
携 帯 090-1702-5076 
メール shimajyo.oripro@nifty.com まで
コメント

謹賀新年 今年もよろしくお願いいたします

2019-01-01 18:09:46 | Weblog
2019年の正月はおおむね好天となったようです。今年もよろしくお願いいたします。

紫紺倶楽部&嶋ゼミナールは、今年度の開催が残り少なくなりました。
来年度の日程は2月中旬には決まる予定です。これまで通り紫紺倶楽部は12回、嶋ゼミは5回の開催を予定しております。有難いことに、従来から続けていたテーマと新しい企画でほぼ
確定しておりまして、日程が確定次第ご案内申し上げたいと考えております。

紫紺倶楽部 
会場はリバティタワー7階の1073教室です。


 第151回  1月20日 江戸の町人地を知る ゲスト:菅原健二さん

  前回(第135回・一昨年10月)は、徳川家康が江戸に入った1590年から、壮大な江戸城が完成し、あわせて江戸の市街地が整備されるまでの時代を中心にお話いただきました。今回は。江戸で最も狭かった町人地のお話を。ゲストは菅原健二さんです。ポイントは2つ。
1 本材木町のお話
2 町のしくみ
です。江戸を作り上げるのに欠かせない木材にかかわる町と、その発展経過を知るのは興味深いことです。次に、急速に都市化し、さらに世界最大級の大都市に成長する過程で、街はどのように運営されていったのかに触れていただきます。
新年最初の紫紺倶楽部をお楽しみください。

 第152回  3月10日 江戸城天守再建   ゲスト:土屋繁さん

              
こちらは江戸の象徴だった江戸城天守再建がテーマです。土屋繁さんに天守再建運動のお話を伺います。

嶋ゼミナール日程

   第9回  1月13日 体験的戦後ヒット商品考 
        1071教室(7階)
こちらは、戦後昭和のヒット商品の中から、筆者が体験した10の商品を選び、関わりのある人物や事件にも触れてまいります。例のごとく、脱線に次ぐ脱線(実はこちらの方が楽しいのですが・・・)が予想されますの。ご容赦願います。

◎共通入場券(10枚セット) 発売中。15,000円です。

【 ご案内 】

2019年度の紫紺倶楽部・嶋丈太郎ゼミナールの日程は、2月中旬に確定する予定です。



《 落語会(あみ印寄席)開催について 》

出演は二つ目の三遊亭楽天さん。東京メトロ三越前駅近くの便利な会場です。

会 場  お江戸日本橋亭(最寄駅:東京メトロ銀座線三越前より3分)
出 演  三遊亭楽天
入場料  2,000円

来年の公演日程が決まりました。
  第四回  4月11日(木)1時半開演
  第五回 11月15日(金) 〃      


紫紺倶楽部・嶋ゼミ・落語会のお申込み・お問い合わせは

事務局 嶋 丈太郎
携 帯 090-1702-5076 
メール shimajyo.oripro@nifty.com まで

コメント

一年で最もストレスがたまる時期到来 なぜならば・・・

2018-12-25 22:45:47 | Weblog

ここ20年余り、年始のご挨拶は封書でいたしております。
本来ならば、師走に入る頃には仕上がっていて、年賀郵便の受付開始早々に投函するべきなのですが、なかなかそうは参りませんん。2019年度の年賀封書も、82円の年賀切手を購入したところで作業はストップしておりまして、本日現在、手をつけておりません。
言い訳けをお許しいただくと、小中学生の夏休みの宿題と同様と考えている節があるのです。
たっぷり時間はあった筈なのに、なぜか8月28、9日になって大慌てで宿題に取り組んでいる子供がおりますが、あれなのですよ、嶋丈太郎は。
・・・今年も投函を終えるのは、恐らく、大晦日の午後になることでしょう。
どんな封書の内容はどんなものかですか? もとより気の利いた内容ではございません。
いや、開封した方に「今年も嶋は馬鹿馬鹿しい年始の挨拶を寄こしたな」、と思っていただくことが目的なのですから、その内容は知れております。
どんな内容か知りたいものだ、とお考えの方がいらしたら、別記メールドレスに貴方のメールアドレスを流してください。元日にメールを流します。届いても、決してお怒りにならぬよう
あらかじめ申し上げておきます。

さて、紫紺倶楽部のご案内を。
今年度の開催は残り2回となりました。会場はリバティタワー7階の1073教室です。


 第151回  1月20日 江戸の町の建設(仮題) 菅原健二
 第152回  3月10日 江戸城天守再建     土屋繁

              
江戸をテーマにした回が続きますが、中身はだいぶ違います。ご期待ください。  

嶋ゼミナール日程

   第9回  1月13日 体験的戦後ヒット商品考 
        1071教室(7階)
こちらは、戦後昭和のヒット商品の中から、筆者が体験した10の商品を選んで、関    わりのある人物や事件にも触れながらお話いたします。例のごとく、脱線に次ぐ脱線
    が予想されますのでご容赦願います。

◎共通入場券(10枚セット) 発売中。15,000円です。

【 ご案内 】

2019年度の紫紺倶楽部・嶋丈太郎ゼミナールの日程は、2月中旬に確定する予定です。

◎共通入場券(10枚セット) 発売中。15,000円です。


《 落語会(あみ印寄席)開催について 》

出演は二つ目の三遊亭楽天さん。東京メトロ三越前駅近くの便利な会場です。

会 場  お江戸日本橋亭(最寄駅:東京メトロ銀座線三越前より3分)
出 演  三遊亭楽天
入場料  2,000円

来年の公演日程が決まりました。
  第四回  4月11日(木)1時半開演
  第五回 11月15日(金) 〃      


紫紺倶楽部・嶋ゼミ・落語会のお申込み・お問い合わせは

事務局
携 帯 090-1702-5076 
メール shimajyo.oripro@nifty.com まで


コメント

大人の社会科見学 行ってきました

2018-12-18 22:46:26 | Weblog
大ブームだから・・・というわけではないのですが、首都圏外郭放水路という施設を見学してきました。壮大なスケールで工事が行われた世界最大級の地下放水路でございます。
近年とみに増えてきたゲリラ豪雨や、台風などで大雨を記録した時、余分な水を地下の巨大な
スペース(立坑と呼びます)の大きなこと。スペースシャトルや浅草寺五重塔がすっぽり収まってしまう大きさです。そんなスペースが5つあり、主要河川の下流域での水害を防ぐ役割を担っているのです。
事前予約が必要ですが、ガイド付きの見学コースも整備されています。また、充実した展示や動画による解説が受けられる龍Q館という施設もあります。防災教育の一環としても有用な施設であることがよくわかりました。大きな柱が林立する様子は「地下神殿」と呼ばれるそうですが、納得できます。
見学のベースとなる龍Q館は、春日部市にあります。
地上部分を見ても感心するほどの広さですが、地下を走るトンネルの総延長は6キロ以上あるというから驚きです。

首都圏外郭放水路の見学申込みは
048-747-0281 まで
受付時間は 月~金曜日 9時~4時半です

紫紺倶楽部のご案内

今年度の開催も残り2回となりました。姉妹版のトークイベント「嶋丈太郎ゼミナール」を含めても3回ですね。

 第151回  1月20日 江戸の町の建設(仮題) 菅原健二
 第152回  3月10日 江戸城天守再建     土屋繁

会場はともに 1073教室(7階) です。
              
江戸をテーマにした回が続きますが、中身はだいぶ違います。ご期待ください。  

嶋ゼミナール日程

   第9回  1月13日 体験的戦後ヒット商品考 
        1071教室(7階)

◎共通入場券(10枚セット) 発売中。15,000円です。

【 速報 】

2019年度の紫紺倶楽部・嶋丈太郎ゼミナールの日程は、2月中旬に確定する予定です。

◎共通入場券(10枚セット) 発売中。15,000円です。


《 落語会(あみ印寄席)開催について 》

出演は二つ目の三遊亭楽天さん。東京メトロ三越前駅近くの便利な会場です。

会 場  お江戸日本橋亭(最寄駅:東京メトロ銀座線三越前より3分)
出 演  三遊亭楽天
入場料  2,000円

来年の公演日程が決まりました。
  第四回  4月11日(木)1時半開演
  第五回 11月15日(金) 〃      


紫紺倶楽部・嶋ゼミ・落語会のお申込み・お問い合わせは

事務局
携 帯 090-1702-5076 
メール shimajyo.oripro@nifty.com まで
コメント

師走は本当に早く過ぎますね 師走雑感&紫紺倶楽部ニュース

2018-12-11 20:25:19 | Weblog
10月並みの気温に驚いたのはホンの数日前、最低気温を更新する日々になっております。
まだまだ気温の乱高下がありそうですので、体調維持にご注意ください。
師走も3分の1が過ぎ、あっという間にクリスマスが接近しています。例年のことながら、師走は時間が早く過ぎていきます。
先日、日本橋で格好の急速スポットを発見しました。まだまだ10日に1回ほどしか行かないのですが、できれば週に2回ほど訪ねてみたい場所です。美味しく、その割に値段控えめという店なのです。
もっとも、原稿書きなどには不向きと思います。軽く思考をしてみたい、道行く人を漠然と眺めていたい・・・という向きにお勧めです。小生もその1人なのです。
どこの店? とお考えの方は、別記の筆者メールアドレスにご連絡ください。秘密厳守でお教えいたします。「あそこなら知っている」という向きには、あらかじめお詫びいたします。

紫紺倶楽部のご案内

今年度の開催も残り2回となりました。姉妹トーク「嶋丈太郎ゼミナール」を含めても3回ですね。

 第151回  1月20日 江戸の町の建設(仮題) 菅原健二
 第152回  3月10日 江戸城天守再建     土屋繁

会場はともに 1073教室(7階) です。
              
江戸をテーマにした回が続きますが、中身はだいぶ違います。ご期待ください。  

嶋ゼミナール日程

   第9回  1月13日 体験的戦後ヒット商品考 
         1071教室(7階)


◎共通入場券(10枚セット) 発売中。15,000円です。


《 落語会(あみ印寄席)開催について 》

出演は二つ目の三遊亭楽天さん。東京メトロ三越前駅近くの便利な会場です。

会 場  お江戸日本橋亭(最寄駅:東京メトロ銀座線三越前より3分)
出 演  三遊亭楽天
入場料  2,000円

来年の公演日程が決まりました。
  第四回  4月11日(木)1時半開演
  第五回 11月15日(金) 〃      


紫紺倶楽部・嶋ゼミ・落語会のお申込み・お問い合わせは

事務局
携 帯 090-1702-5076 
メール shimajyo.oripro@nifty.com まで
コメント

クリスマスがやってくる 街歩きが楽しい季節ですね

2018-12-04 21:52:17 | Weblog
超大型のツリーには驚かなくなっていますが、小さなウインドの洒落たサンタの飾り付けには目が行きます。同様に、何十万球のLEDを使ったと豪語する遊園地などではなく、ささやかながら温かみが感じられる装飾には足を止めて見入ってしまいます。
あと3週間。三角帽子をかぶった千鳥足のサラリーマンがお馴染みだった時代を思えば、世の中は落ち着いてきたのですね。
毎年のことですが、良い季節ではあります。

紫紺倶楽部は日曜日(9日)に150回を迎えます。各方面のお力添えに。改めて心より御礼申し上げます。さすがに、「200回を目指す!」とは申しませんが、取り敢えずは来年度も
続けてまいります。昨年スタートした「嶋丈太郎ゼミナール」ともども、よろしくお願いいたします。

節目の150回目のタイトルは「驕りと誤算の『日本のいくさ』」としました。
日本の歴史を変えた3つの戦さを考えてまいります。
関ヶ原の合戦   1600年
鳥羽伏見の戦い  1868年
ミッドウエー海戦 1942年 の3つです。
3つとも、その後の日本の歴史を変えた戦い(合戦)です。
負けようと思って戦の場に臨むものはいねいでしょうが、どうも負けた側には、それなりの
原因があるようです。
驕(おご)りと誤算がそれである、として120分にわたりお話するのは、紫紺倶楽部主催者の嶋丈太郎。すなわち主催者であります。実は、相変わらず不祥事が絶えない現代の大企業にもそれは残っているのだと思います。数世紀前の出来事と、今現在の出来事とを交互に取り上げてまいります。さて、どんな結論を導き出せることでしょう。

ぜひ、ご来場ください。

日  時:12月9日(日) 1時 開場  1時半 開演
会  場:地下1階1001教室
     紫紺倶楽部150回&明治維新150年記念
スピーカー:嶋丈太郎(紫紺倶楽部主催者)
タイトル:驕りと誤算の日本のいくさ    


《 2018年度紫紺倶楽部&嶋ゼミナールの日程 》

紫紺倶楽部日程
 
 第151回  1月20日 江戸の町の建設 菅原健二
 第152回  3月10日 江戸城天守再建 土屋繁
              
 
嶋ゼミナール日程

    
   第9回  1月13日 戦後ヒット商品考 1071教室(7階)


◎共通入場券(10枚セット) 発売中。15,000円です。


《 落語会(あみ印寄席)開催について 》

出演は二つ目の三遊亭楽天さん。東京メトロ三越前駅近くの便利な会場です。

会 場  お江戸日本橋亭(最寄駅:東京メトロ銀座線三越前より3分)
出 演  三遊亭楽天
入場料  2,000円

来年の公演日程が決まりました。
  第四回  4月11日(木)1時半開演
  第五回 11月15日(金) 〃      


紫紺倶楽部・嶋ゼミ・落語会のお申込み・お問い合わせは

事務局
携 帯 090-1702-5076 
メール shimajyo.oripro@nifty.com まで
コメント

間もなく紫紺倶楽部は150回を迎えます

2018-11-27 23:33:26 | Weblog
トークイベント紫紺倶楽部は、2007年にスタート。来月9日に150回を迎えます。
これまでのご厚情に御礼を申し上げるとともに、今後も変わらぬお力添えを賜りますようお願いいたします。

節目の150回目は、主催者がスピーカーをつとめます。テーマは歴史です。
タイトルは「驕りと誤算の『日本のいくさ』」とし、日本の歴史を変えた3つの戦さを考えてまいります。
関ヶ原の合戦   1600年
鳥羽伏見の戦い  1868年
ミッドウエー海戦 1942年
の3つです。確かに、その後の日本の歴史を変えることになった戦い(合戦)ですね。
勝てる算段をして臨んだ戦さが惨敗に終わった原因をたどると、どうやら日本人の思考パターンといったものが読み取れるように思えます。
実は、驕(おご)りと誤算は、現代の企業にも残っていて、つい最近も大きな不祥事が露見したばかりですね。
自信満々で臨んだものの、目論見と違った展開になったわけを検証することは欠かせないと考えるのですが、不手際&失敗は絶えることなく続いています。
ぜひ、ご来場ください。

日  時:12月9日(日) 1時 開場  1時半 開演
会  場:地下1階1001教室
紫紺倶楽部150回&明治維新150年記念
スピーカー:嶋丈太郎(紫紺倶楽部主催者)
タイトル:驕りと誤算の日本のいくさ    


《 2018年度紫紺倶楽部&嶋ゼミナールの日程 》

紫紺倶楽部日程
 
 第151回  1月20日 江戸の町の建設 菅原健二
 第152回  3月10日 江戸城天守再建 土屋繁
              
 
嶋ゼミナール日程

    
   第9回  1月13日 戦後ヒット商品考 1071教室(7階)


◎共通入場券(10枚セット) 発売中。15,000円です。


《 落語会(あみ印寄席)開催について 》

出演は二つ目の三遊亭楽天さん。東京メトロ三越前駅近くの便利な会場です。

会 場  お江戸日本橋亭(最寄駅:東京メトロ銀座線三越前より3分)
出 演  三遊亭楽天
入場料  2,000円

来年の公演日程が決まりました。
  第四回  4月11日(木)1時半開演
  第五回 11月15日(金) 〃      


紫紺倶楽部・嶋ゼミ・落語会のお申込み・お問い合わせは

事務局
携 帯 090-1702-5076 
メール shimajyo.oripro@nifty.com まで
コメント

油断大敵 の一例と イベント開催のご案内

2018-10-30 21:15:37 | Weblog
「だいぶ気温が下がってきたから、風邪には注意してね」
などと家人に言った翌日、当の本人が見事にひいてしまい、ブログの更新を一回パスいたしました。ようやく復帰しました。くれぐれも風邪にご注意を!

11月の紫紺倶楽部を2回開催します。

第148回 11月 4日(日) 2時開演 
会場は、リバティタワー地下1階1001教室です。
ゲ ス ト:由井常彦先生(明治大学名誉教授)
タイトル:劇場芸術の演出はどうあるべきか?

古典芸能にとどまらず、新劇やオペラも対象にしてお話いただきます。もちろん、伝説的な歌舞伎の演目や名優たちについてのお話も。ご期待ください。

第149回 11月18日(日)
会場は、7階1073教室です。
ゲ ス ト:大山謙一郎さん(カメラマン)
タイトル:写真家・大山謙一郎の世界②

プロカメラマン・大山謙一郎さんとのご縁も50年近くなります。不思議なご縁です。
主催者の結婚式にもご出席いただきました。昨年に続き2回目のご出演になります。
フイルム式のカメラに馴染んでいた人間(主催者のことです)にとっては、デジタルカメラの登場と浸透は大きな驚きでした。プロの大山さんは、どう受け止め、どう対応したのか・・・かねてから伺いたかったテーマも今回は伺います。
大山謙一郎の写真の世界、楽しいお話を伺えそうです。
今回も、膨大な作品コレクションの一部をご披露いただく予定です。

第150回 12月9日(日)
会  場:地下1階1001教室
紫紺倶楽部150回&明治維新150年記念
スピーカー:嶋丈太郎(紫紺倶楽部主催者)
タイトル:驕りと誤算の日本のいくさ    

日本の歴史の転換点になった3つの戦さ(関ヶ原の合戦、鳥羽伏見の戦い、ミッドウエー海戦)を取り上げます。共通する事項を考え、そこから日本人の特徴を抽出したい、という大胆な試みです。


《 2018年度紫紺倶楽部&嶋ゼミナールの日程 》

紫紺倶楽部日程
 
 第149回 11月18日 写真家・大山謙一郎の世界②
  第150回 12月 9日 150回記念 驕りと誤算の日本のいくさ    
 第151回  1月20日 江戸の町の建設 菅原健二
 第152回  3月10日 江戸城天守再建 土屋繁
              
 

嶋ゼミナール日程

    
   第9回  1月13日 戦後ヒット商品考 1071教室(7階)


◎共通入場券(10枚セット) 発売中。15,000円です。


《 落語会(あみ印寄席)開催について 》

出演は二つ目の三遊亭楽天さん。東京メトロ三越前駅近くの便利な会場です。

第三回あみ印寄席 三遊亭楽天落語会 
日 時  11月15日(木) 1時半開演
会 場  お江戸日本橋亭(最寄駅:東京メトロ銀座線三越前より3分)
出 演  三遊亭楽天
入場料  2,000円

  来年の公演日程が決まりました。
  会場はお江戸日本橋亭です。

  第四回  4月11日(木)1時半開演
  第五回 11月15日(金) 〃      


紫紺倶楽部・嶋ゼミ・落語会のお申込み・お問い合わせは

事務局
携 帯 090-1702-5076 
メール shimajyo.oripro@nifty.com まで
コメント

劇場芸術の演出はどうあるべきか? 由井常彦先生の登場です

2018-10-16 22:32:28 | Weblog
日本経営史研究の第一人者である由井常彦先生(明治大学名誉教授)は、無類の演劇好きであることは広く知られています。学生時代には学生歌舞伎の舞台に立ったころもあり、当時の若手・中堅の歌舞伎俳優(後の大看板たち)に指導を受けたり、楽屋で芸談を聴いた貴重な経験をお持ちです。
能・狂言などの古典芸能だけでなく、新劇や新派、さらにはオペラやバレエに至るまで幅広い演劇の70年を超える鑑賞歴で育まれた演劇論の一端をご披露いただくことになりました。
冒頭に11月4日の先生の講演タイトルを掲げましたが、先生の造詣の深さに裏打ちされたお話を、今回も楽しく伺いたいと存じます。

第148回 11月 4日
ゲ ス ト:由井常彦先生(明治大学名誉教授)
タイトル:劇場芸術の演出はどうあるべきか?


第149回 11月18日
ゲ ス ト:大山謙一郎さん(カメラマン)
タイトル:写真家・大山謙一郎の世界②

在職中といっても50年近く前に大山さんにご縁をいただきました。独特の雰囲気をお持ちの大山さんとは、銀座の路上で何度となくすれ違いお話を交わしたものです。
写真展が開催されると必ずご案内を頂戴するのですが、オープニング・パーティの楽しさが好きで必ず伺っています。
これほど印象が変わらない方も珍しいのです。今回は、激変したカメラ(本体だけでなく関連する機材も)の技術を中心にお話しいただきます。筆者はデジタル化の導入と進化に追い付けなかったのですが、大山さんはどのように取り入れ慣れていったのか・・・という点を中心に伺います。長いプロカメラマン生活の膨大な作品コレクションの一部を拝見できるのではないか、と期待しております。

第150回 12月9日(日)
紫紺倶楽部150回&明治維新150年記念
スピーカー:嶋丈太郎(紫紺倶楽部主催者)
タイトル:驕りと誤算の日本のいくさ    

別に政治的な意味はないのですが。 3つの戦さ(関ヶ原の合戦、鳥羽伏見の戦い、ミッドウエー海戦)に共通するものを考え、そこから日本人の特徴を抽出したい、という大胆な試みです。120分をフルに使ってお話を進めてまいります。


《 2018年度紫紺倶楽部&嶋ゼミナールの日程 》

紫紺倶楽部日程
 
  
 第148回 11月 4日 劇場芸術の演出はどうあるべきか?
 第149回 11月18日 写真家・大山謙一郎の世界②
  第150回 12月 9日 150回記念 驕りと誤算の日本のいくさ    
 第151回  1月20日 江戸の町の建設 菅原健二
 第152回  3月10日 江戸城天守債権 土屋繁
              
 

嶋ゼミナール日程

    
   第9回  1月13日


◎共通入場券(10枚セット) 発売中。15,000円です。お知り合いと参加される際には、ぜひ、お求めください。


《 落語会(あみ印寄席)開催について 》

出演は二つ目の三遊亭楽天さん。三越前駅近くの便利な会場です。

第三回あみ印寄席 三遊亭楽天落語会 予約開始!
日 時  11月15日(木)    1時半開演
会 場  お江戸日本橋亭(最寄駅:東京メトロ銀座線三越前より3分)
出 演  三遊亭楽天
入場料  2,000円       


紫紺倶楽部・嶋ゼミ・落語会のお申込み・お問い合わせは

事務局
携 帯 090-1702-5076 
メール shimajyo.oripro@nifty.com まで
コメント