【蟹バリズムの映画イズム】

蟹バリズムと申します。見やすい!わかりやすい!をテーマに映画ライターを目指して活動しています。

『狎鴎亭スターダム』(2023年) 【映画紹介】

2024年03月27日 14時14分46秒 | 映画

みなさんこんにちは蟹バリズムです。

今回紹介するのは狎鴎亭スターダムです。

韓国映画ですね。

ジャンルはコメディとなっております。

狎鴎亭(アックジョン)と読みます。

主演は“マブリー”ことマ・ドンソクですね。

憎めないキャラクターのマブリーが、良い味を出している作品です。

ぜひチェックしてくださいね!

 

『狎鴎亭スターダム』(2023年) 【ネタバレなし映画紹介】

“マブリー”ことマ・ドンソクのバディもの!予告・あらすじ・監督・脚本・キャスト・みんなの評価・ネタバレなし感想などをまとめてご紹介!

蟹バリズムの映画イズム

 


【上映時間】

111分


【制作国】

韓国

【監督・脚本・キャスト】


【あらすじ】

「お前をスターにする」 狎鴎亭(アックジョン)で生まれ育ち、何を生業にしているか誰も知らないけれど、住民達のあらゆることに精通しコネを持つ狎鴎亭の“ぬし”テグク(マ・ドンソク)。弟分扱いをしているヤクザまがいの実業家テチョン(チェ・ビョンモ)が美容整形ビジネスを始めるために、手を組もうと勧誘している天才美容整形外科医ジウ(チョン・ギョンホ)がかつての同級生の弟で、何者かによって騙され医師免許を剥奪された上に借金も抱えていることを知る。ジウの技術と容姿を活かした画期的な美容整形ビジネスのアイデアが閃いたテグクは、テチョンを出し抜いてあの手この手でジウを口説き落とし、テグクとジウはかつてない手術システムと宣伝方法で新しい時代を切り開く。しかし莫大な利益をめぐって、様々な思惑がふたりの周囲に渦巻いていた-。


【ネタバレなし感想】

マブリー主演!
面白い!
バディものですね。
「なんで韓国には美容整形が多いの?」
その答えはここにあります。

“美容整形”というビッグビジネスで膨大な利益を得る主人公の2人。
美容整形が簡単にできるようになった時代への風刺にも感じる。

マブリーのコロコロ変わる派手な髪色と服装は見もの。
僕はこの手の韓国映画好きですよ。


コメント    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『特急二十世紀』(1934年) ... | トップ | 『霊魂の不滅』(1920年) 【... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事