ノグチサトキ

  純ロックバンド【うっちい・ミシェル&ノグチサトキ】のギター・ヴォーカル!
  

男性更年期

2018-09-11 | 自分史

急に涼しくなってきた。

感傷に浸る季節・・・。

 

さて、このところ、体調、心境の変化著しい。

 

急に近くが見えにくくなってきたし、

会話やテレビも聞き取りにくくなってきた。

 

しかし、自分がそんな風になるとは、思ってもいなかった。

 

聴こえに関しては、必ずしも、音量の問題ではなく、

大きくしても聴きにくい声があるかと思えば、

小さくても聴きやすい声があったり、

対応できる周波数が狭くなった感じがする。

 

反面、ライブハウスでは、耳栓無しではいられないし、

日常、総体的にうるさく感じるのも、

耳の耐性そのものが弱くなったのかとも思う。

 

比例して、耳鳴りがきついのも悩みの種。

音楽活動を控えているのは、実のところ、そんな事情にもよる・・・。

 

味覚に関しては、以前より敏感になってきた。

舌が肥えたとか、味が解ってきたというのとは異なり、

むしろ、舌が痩せてきたというか、

これまた、聴こえと同じく、許容量が狭くなったのかも知れない。

 

お年寄りが味にうるさかったりするのは、

こういうことかと思う。

 

内面に関しては、先の事柄に同じく、

感受性が狭くなってきたように思う。

俗っぽいいい方をするなら、ワクワク感が乏しくなったし、

訳もなく、気分も晴れないし、行動力も低下、

人との関りも、益々苦手になっている。

 

書いてたらキリがないものの、

これが、いわゆる更年期というものであろうか。

 

自覚は大事だが、気分負けしててもいけないし、

ここらへんで、気分転換も必要かと思う今日この頃、 

どなた様も、お力添えの程、よろしくお願いします。


8/22 勤続7年

2018-08-22 | 自分史

台風接近・・・。

 

七年前の今日、今の事務所に就職した。

この間、公私とも、それなりに色んなことあったように思う・・・。

 

ともかく、今こうして、平穏無事に過ごせることに感謝します。

どなた様に置かれましても、今後とも、引き続き、

よろしくお願い申し上げます。

 

 


ガン克服記

2018-04-24 | 自分史

ステージでふらついて、こけましたリ(笑)、

すぐに息切れしたり、お恥ずかしい次第・・・。

 

さて、喀血したとか、心臓や肺に水が溜まってるとか、

知らない人が聞いたら、何それ?って感じだし、

また、体調不良の際は、ご迷惑をお掛けすることもあるので、

その辺、あらためてお伝えしときます。

 

・・・今から、30年近く昔のこと、

とある悪性の病気に侵されてました。

 

最初は、首、続いて肺に転移、その後、お腹に再発、

その都度、手術、科学療法、放射線治療を繰り返し、

述べ2年間の入院、20代のほとんどを病気療養に費やしました。

 

科学療法(点滴等)の際は、七日七晩吐き続け、

しばらくたったら、髪の毛がごっそり抜けたり、

顔~胸~腹、足の付け根に至るコバルト照射の時は、

ぐったり疲れ果て、副作用のしんどさは、さることながら、

先のこと考えては、不安に駆られ、

今振り返っても、しんどい日々だったこと思い出します。

 

おかげさまで、お腹を最後に再発は見られず、

30歳手前で就職したのを機に結婚、現在に至ります。

 

ただ、ガンそのものは、克服したものの、

いつ頃からか、治療の副作用が出てきて、

肺の腫瘍痕からは、時折出血しましたり、肺炎こじらせて入院したり、

特に負担が掛かった心臓は、数年前にオペも行い、

今また通院加療しているところです。

 

冬の寒さは、骨身にしみますが、

夏の暑さがこれまたしんどい。

広範囲にわたってコバルト照射してることもあり、

汗腺が閉ざされてて、熱がこもってたまりません。

(水がたまるんもそのせいかと。)

 

・・・とまあ、しけた話となりましたが、

病気したゆえに、それまで見えなかったものが見えたりもしたし、

それはそれで、私にとっては、必然であったのかと今となっては思ったり、

ともかく、こうして平穏に過ごせていることに感謝してます。

 

そんなこんなの私ながら、

今後とも、よろしくお願いしときます。


ギターでカタルシス

2018-04-20 | 自分史

ふと、お粗末ながら、なんでギター弾いてるんか、

わかったような気がした金曜日の夜・・・。

 

若い頃は、一晩中語り合ったり、

語っても語っても、語り切れないないなんてこともありましたけど、

今となっては、むしろ、当てにならない言葉使ってるより、

黙ってたいと思うことの方が増えてきました。

 

この歳になってまた、音楽にのめりこむようになったのも、

そういう意味もあるんかな、などと思いつつ・・・。

 

「ギターでカタルシス!」

ということで、明日のライブ、よろしくです!


続 喀血

2018-04-04 | 自分史

言葉で話すのは、めんどうだが、

かと言って誰かに聞いて欲しい時などは、

ここに書くに限る・・・。

 

先の土日は、久しぶりの休日。

疲れが出たのか、体調思わしくなく、

翌、月曜の深夜になり、咳き込んだ途端、結構な量の喀血。

今までで一番多かったんじゃないかと思う。

 

写真掲載したいところだが、こればっかりは(笑)

 

病院に行こうか、休んで養生しようか迷ったが、

因果な身の上、そうそう休んでばかりもいられない。

翌日、出勤したところ、

昼食後、トイレでこれまた結構な量の喀血。

 

中々止まらなくて往生したが、誰も居なくてよかった。

人が見たら、尋常じゃない場面にさぞ驚かれたことだろう。

救急車呼ばれたかもしれない(笑)

 

普通、血を吐くなんてこと目の当たりにするのは、

ドラマか映画ぐらいのもんだが、しんどいのはさることながら、

実際、真っ赤な血見たら、気分が滅入る。

 

今回が、初めてのことでもないし、

貧乏暇なしのサラリーマンには、病院代もままならず、

この時期、古傷が出たのかなと自己診断しながら、

しばらくは、無理せず、セーブしたいと思っている。

 

と言いつつ、ライブも近いので、

予約してるスタジオは、気分展開兼ねて、

何とかこなしたいとも思う今日この頃。

 

追伸

昨日の帰り際、車乗ってふと見たら、

ハンドル横につけてたる天神さんのお守りが、

ひもが切れて足元に落ちていた。

前回は、数珠が切れてたし、

これまた身代わりになってくれたんだと、

感謝の気持ちで眺めておりました。

 

ともあれ、

どなた様も、季節の変わり目、ご自愛ください。


退職した理由

2018-03-22 | 自分史

その退職金、私のの100倍!

なれど、それがうらやましかったら、

東大に行く努力をしたかということ。

 

局長と云えば・・・。

 

さて、

前職では、とある業界を取りまとめる民間の小さな事業所に勤務。

上役は2年任期、選挙で選ばれて就任する人達のもと、

事務局長たる肩書きをもらっておりました。

 

一般的な経営体系とは異なり、

前日まで反目だった人が、翌日から、

いきなり体制側で指揮を執るなんてことも、そう珍しいことでもなく、

傍から見たら、私のお仕えが、

手の平を返したかのように写っても、

それはそれ、職務だと割り切っておりました。

 

そんなお勤め先、

雲行きが怪しくなり始めたのは、不景気に加えて、

法改正による新規開拓が閉ざされた頃から。

 

よくも悪くも活気溢れる人達、

それまで外に向けてたエネルギーが、次第に内へと向かい、

来る日も来る日も、会議という名の抗争劇の繰り返し、

どこもかしこも疑心暗鬼、

日増しに不穏なムードとなって行きました。

 

挙句、閉塞感極まり、年度末を機に分裂、

会費収入にて運営してる関係上、

組織体制を根本的に見直さなければならない事態を迎えます。

 

誰が勝ったのか負けたのか、むしろ、共食いの果ての絶滅の危機、

結局、煽りを食ったのは、勤め人たち。

立場上、自らの分を含む退職勧告書を作成の上、

これにて、離職することとなりました。

 

会議の記録も執ってたし、

たくさんの人前、

名指しで、ののしられたり、わめき散らされることも日常茶飯事。

あえて、独断でせざるを得ない案件もありました。

それもこれも、組織のため、

少しでも丸く収まるならと思い、お勤めしてたところです。

  

めったに見ないテレビ、例の一件を眺めておりますと、

退職金額同様、次元も規模も100倍以上違う話ながら、

当時のことと、ほんの少しダブった次第です。 

 

6年前の春の出来事。

 

一人娘が、幼稚園を卒園した直後に退職。

 

小学校の入学式に出席した時は、無職の身の上、

先行き不安だらけだったことも思い出しながら・・・。

 

つづく


更年期?

2018-01-24 | 自分史

今のところに越してきたのは、2016.1.24のこと。

早いもので、丸二年となりました。

当時はまだ40代でしたが・・・。

 

さて、人生、半世紀を超えた辺りから、

何やら、得体の知れない気分に侵され始めてます。

 

あえて言葉にするならば、

興味の対象も失せてきて、胸躍る感が鈍くなった様な気がします。

体力は益々低下、根気もなくなりストレス耐性も低下したのか、

苛立ちやすく疲れやすく、気分は常に曇りがち。

 

以前は、このブログにしても、

手が勝手に動くかのように書き連ねてたのが、

特段、言いたいことも伝えたいことも無くなりつつあります。

 

そんな日々が続く中での先の投資話。

 

そういう日常を打破できるのではないかと、

妙な期待感、刺激を求めたのかは確かです。

 

実のところ、登録にしても手間かかるし、

何より元入れも無い状態ゆえ、かなり躊躇したものの、

「めんどくさがるのが一番いけない」との考えの上でした。

 

結果、こんな体調、気分に運が伴う訳もなく、あえなく撃沈。

当然と言えば当然かと言えますが、これはこれで、

それなりに意味があったのかとも思う今日この頃です。


真っ赤な血

2018-01-17 | 自分史

ようやく出血は、治まった様子。

一部の方には、ご心配お掛けしました・・・。

 

初めてではないといえ、洗面器の底が埋まるくらいの鮮血見たら、

まあ、それなりに動揺はするもので(笑)

息切れと共に、しばらく冴えない気分が続いておりましたが、

おかげで、精神的にも日常生活戻れてます。

 

前回は、夏の真っ盛りでしたから、

かれこれ、半年以上。

これまた忘れた頃の出来事、

油断せず、用心しなさいというお告げでもなるのかと思ってます。

 

喀血も、ドラマの中の美男子なら様にもなりますが、

実際は、おぞましいもの。

このような場所に載せる話ではないんですけど、

そのところは、弱さ脆さ、誰かに聞いて欲しかった。

ご勘弁を。

 

寒い毎日、どなた様も、身体に気をつけて。


続 喀血

2018-01-16 | 自分史

日中より妙に咳き込むと思っていたら、

夜になり喀血した。結構な量、前回以上。

ここ最近、今までにない頭痛もあったし、

昨夜は、入床後のめまいもひどかった。

 

急な寒さのせいであろうか。

しばらく様子を見ることとする。

 

どなた様も、身体にはご留意を。


薬の飲み間違いに注意

2017-09-16 | 自分史

処方箋、最初の診断では、ひとつ。

二度目の診察、

別の種類が増えて、計二つとなる。

三度目の診察、

うち一種類が倍増、計三つとなった。

 

おととい、四度目の診察、

改善の兆しが見えないということで、

もう一種類も倍増することに・・・。

 

今日になり、何気なく数えてたら、

薬の数が、全然足りない!

処方ミスか?はたまた、医師の指示間違いか?

 

昨日は、指示通り、倍の数を飲んだが、

この調子なら、すぐに無くなるし、

どうしたものか?

三連休やし、休み明けに行くか?

・・・。

 

・・・しばらく考えた後、ふと見たら、

そう言えば、薬の粒がやけに大きい。

 

薬の数が増えたのではなく、

サイズが大きくなっていたことに、ようやく気付く。

 

ということは、昨日は飲みすぎ・・・。

できれば、そのあたり、一言、説明欲しかった。

 

・・・季節の変わり目、どなた様もご自愛ください。


インフォームド・コンセント

2017-09-16 | 自分史

若い頃、長く入院してたこともあり、

医者嫌い、薬嫌い、

めったなことでは病院には、行かなかったものの、

今回ばかりは、そうも言っておれず・・・。

 

・・・このところ医者通い。 

毎回、検査しては、

受診する度、くすりが増えて、

支払いも、高額だし、うんざり。

 

体調の悪さは、相変わらず、

いつまで、こんなこと続けるのだろうか、

もう行くの止めようかな、などと思いつつ、

ふと、ネットで調べてみたら・・・。

 

http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000203.html

 

・・・病院じゃ、ほとんどが待ち時間。

診察は、ろくに話さないまま、あっという間に終わり。

こういうことだったのかと、あらためて認識した次第です。

 

とりあえず、通院はすることにした今日この頃、 

どなた様も、季節の変わり目、ご自愛ください。


食べ物を選ぶ基準

2017-08-05 | 自分史

病気っていうのは、ほんと、色々考えるにいい機会となります。(なりました。)

人生観が根本的に変わったように思います。

 

さて、病気の原因ってのは、生活習慣、ストレス等、色んな要素があるので、

一概には、言えないけれど、とりわけ、食べ物については、

その最もなるものかと思います。

 

化学調味料ですとか、添加物はもちろんのこと、

食材そのもの、メニューの選び方などなど。

 

誰かが言ってましたが、一つの基準として、その食材は、

自分の体力で採れるか、或いは獲れるかと考えてみる、

 

例えば、牛。

今の自分の体力で、牛を倒せるか?

はたまた、魚の場合、自分で獲れるのは?

この木の実、枝まで登れるか?

この野菜、ひっこぬくのは、簡単か?などなど。

 

そんな風に想像してみると、

その時々、自分に合う食べ物っていうのが、

自ずと分かるというものです。

 

単純に考えても、

若いスポーツマンなら、毎日、がつがつ肉食してても、平気だけど、

同じことを年配者がしてたら、差し支えあるのは、一目瞭然。

 

同様、食べ物の合う合わないっているのは、人それぞれだし、

他人がいいと言っても、自分には合わないこともあるから、

テレビやネットの情報をそのまま鵜呑みにするのも、

これまた問題あるかと思います。

 

いずれにしても、

食べ物は、自分の身体に入って、自分の身体そのものになるものだし、

それがまた精神や魂の糧にもなるということを自覚してたら、

あんまり、変なもの、口にできないというものです。

  

翻って、食の好み、嗜好というのは、その人の哲学そのものだったり、

対人関係、恋人関係、相性を計るいい基準になるかとも思います。

  

とは言え、あまり神経質になりすぎると、逆に差し支えることもあるので、

ほどほどさも大事、趣味の一つとして捉える程度が、いいかも知れません。

 

結局、食事は、美味しく楽しく、これが基本かも。


次回の診察

2017-08-02 | 自分史

人生に、もしもはないが、もしあの時、病気になってなかったら、

今頃、京都府の職員でした。

ロックギター捨ててでも、公務員なりたかったんです当時(笑)

 

晴れて採用、勤務先も決まり、よもや、出勤直前の検診にて発覚。

その時、既にかなり転移しておりました。

 

結局、それで、仕事は、お流れになったんですけど、

逆に、それが無ければ、府の職員どころか、今こうして、生きてなかったろうし、

人生ってのは、つくづく、分からないものです。

 

過去を引きずってるように映るかもしれませんが、

病気を克服したってのは、むしろ、唯一の自慢だし、

自信にもつながってます。

 

と前置きが長くなりましたけれど、

今回、その後遺症ってことで、色々見直せたこと、

これまた、いい機会であったとも感じてます。

 

現在、投薬中、結構、副作用しんどいながら、

なんとか日常生活に戻れてます。

 

次回は、10日に受診、 

それで様子見て、バンド(音楽)も再開したいなと思ってるし、

これで、また何か一つ変われたよう気もしてます。

 

どなた様も、引き続きよろしくお願い致します。


検査結果

2017-07-26 | 自分史

同じ景色が、違って見えるのは、不思議。

午後三時、帰宅。

 

検査の結果、懸念してたガンの再発とか、新たな発祥は見受けられず、

又、結核ほか、感染症の可能性もないとのこと。

 

喀血は、昔、肺転移した部分の治療跡が、炎症を起こした可能性にて、経過観察、

(バタバタしてたし、疲れたまってたんかな・・・)

心臓と肺に水がたまっているのは、差し当たり、投薬にて治療ということで、

入院等、急な処置は、免れました。

  

メール、ご連絡、お心遣い、ほんとありがとうございました。

まあ、今回、色々考えるいい機会になったとも思えます。

 

引き続き、通院等、ご迷惑お掛けしますが、

よろしくお願いします。


途中報告

2017-07-20 | 自分史

昨夜また喀血、

考えててもしょうがないし、ストラト眺めてから、就寝した。

 

さて、一夜明け、今日は、院内紹介の心臓血管内科を受診。

診察の後、あれこれ検査、結果を見計らい、再度診察。

 

専門医曰く、水がたまっているのは、心臓の裏側にて、

針を刺して抜く、通常の外科的処置は難しいとのこと。

 

あと、肺にも水がたまっているとのことで、

それ用のお薬が処方された。

 

そもそも、なぜそうなるのか、原因となる病気、

その検査結果は、来週。

その辺の話が、今日もこれまた重かった。

 

ついでを言えば、

お会計がこれまた、毎回重すぎる(笑)

 

気にかけて頂き、ありがとう。

ぼちぼちやります。

どなた様も、暑い毎日、ご自愛のほど。

 

つづく