MIRAGE

気の向くままに好きなことを書いてます・・・

福井県立年縞博物館

2018年09月16日 | 若狭
9月15日に福井県年縞博物館が開館になったのでさっそく出撃してきました。


「ところで年縞ってなんじゃらほい?」なんですが、地底の堆積物が横から見ると「縞」になっているので年縞っていうらしいです。


ここでは、「三方五湖」の一つ「水月湖」の湖底から取り出した、世界でも唯一7万年分、45m実物の水月湖年縞のステンドグラスが展示されています。

 

 


とても興味深い博物館ですので、ぜひお出かけください。

コメント (2)

梅もぎ

2018年06月04日 | 若狭
カミさんの実家で梅もぎしてきました。


今年も完全無農薬の梅です。
その分、梅がソバカスだらけです。
ちょっと時期が早かったのか小さかったです。


もいでる時はすごく暑かったです。( ;´ω` A;)ダラダラ
コメント (2)

マグロ

2018年05月06日 | 若狭
最近マグロがよく捕れるらしいです。
か大きい27㎏のマグロをお義母さんが買ってきました。(太っ腹だ! いくらだったんだろう?)
自宅で解体ショーです!


いや、もう、身体が冷えるほどマグロを食べさせていただきました。


大変美味しゅうございました。
コメント

今年の梅

2017年05月07日 | 若狭
今年は成長の時期に大雪で良く育ちませんでした。

 
ほとんど実がなっていません。
「凶作」です。
どこかで買わなきゃ、1年分の梅ジャムが作れません。(>_<)
コメント

越前がにの食べ方、授業で学ぶ

2016年11月11日 | 若狭
越前がにの食べ方、授業で学ぶ 1人1匹、福井県の中学3年生


 
 解禁されたばかりの福井の冬の味覚、越前がにの食べ方を学ぶ授業が10日、福井県内の全中学校の3年生を対象に始まった。福井大附属中では約120人が1人1匹ずつ挑戦。教室にはセイコガニの香りと生徒たちの笑顔が広がった。

 B組39人の講師役は県漁協女性部連合協議会の山口美恵子さん。脚の身の取り出しに苦戦する生徒たちに、カニの爪を使って押し出す技を教えた。生徒たちは甲羅に外子や内子、身などを盛りつけ、セイコガニの全てを味わった。

 カニが大好物という女子生徒は「カニをさばいたのは初めてで大変だったけど、きれいに取れると気持ちいいし、いつもよりおいしい」と笑顔でほおばっていた。

 この授業は、県と県漁連が魚食に親しんでもらおうと2010年度から開いている。今月中旬までに県内全ての中学校78校で約8000人が食べ方を学ぶ。(2016年11月11日・福井新聞)

 
 
福井の子どもたちはエエなぁ・・・
コメント