往診専門の治療師(さとはま)のきまぐれブログ! (注)治療事例や中医学的なことは書きません。ごめんなさい。

往診専門の施術家としての悩み、苦しみ、時にはちょっと考えたことなどをつぶやいています。
不定期更新。きまぐれブログ!

去る者は追わず来る者は拒まず

2022年06月23日 09時25分32秒 | 雑感
去る者を追わず、

これ、私たちの世界ならよくある。

よくなったとおもったら、来なくなる。

もしくは、もっと良い(なおせる)治療家のところにいったのだろう。

だから、来なくなったとしても、わたしはよくなったんだな。

とおもうことにしている。

来るもの。

つまり、痛みがあって、どうしてもというひとは、原則、施術をしている。

しかし、相性がある。

わたしは、施術者と患者の関係は、信頼関係だと思う

信頼があってこそ、治る。

信頼がないと、治らない。

とわたしはおもう。




卒業

2022年06月09日 09時19分01秒 | 雑感
約15年間毎月数回施術をおこなった。

そんな彼が、よくなったということで、卒業とあいなった。

卒業とは、痛みがほとんどなくなり、施術もひつようとないと

判断したため、あえて、卒業という言葉をつかっている。

卒業という響きはわたしはいいとおもう。

痛みがとれて彼は毎日充実した日々を過ごしている。

患者様は、痛みがないので、そつぎょうだよ。というと、

キョトンとした。

そう、普通、患者様から来ないということはあるが、

施術側から卒業という言葉はあまり話す人はいないという。

それは、経営的に言っても、定期的に収入があるわけで、

そんなことをするのはおかしいという同業者もいる。

しかし、わたしは、痛みがとれたのであれば、来ることはないのだ。

昔、治療院につとめていた時、経営者とよくやりあったことがある。

それは、こちらから、中止する必要はないと・・・。

そうなのだろうか。

痛みがあるのならともかく、いたみがないのなら、

その浮いたお金で趣味でもしたほうがメリットがあるとおもう。

そんなことを考えるのはへんなのかもしれない。

また痛くなったらそのときかんがえて、いまはいたくないのだから

次にすすめばよいのだ。

そういうへんな考えをもっている。

わたしは変な考えの持ち主だ。



あはき療養費改定案

2022年05月31日 16時32分49秒 | 雑感
労働厚生省のあはきの療養費改定案が見直され、
いよいよ明日、6月1日より変更となる。
とはいえ、まだ、フォーマットはかわっていないのだが、
案がでているので、それに沿って、レセプトやらなんやら変更しなければ
ならない。
わたしたちあはきのばあい、2年に一度改定される。
また、審議されるところがへんこうとなるので、よほどでないとその案がかわるだけ
で実施される。
今回の変更点といえば、療養費の施術単価がたかくなるのかとおもいきや、変更なしという
いかにも、逆行というか、医療費の高騰のため、自由診療、いわゆる自費にせよ。
といわんとする内容だと個人的にはおもった。
わたしはおもうのだが、医療保険でのあは期の重要性というのは、本当に必要な人に
おこなうものであり、営利的なものではない。
とはいえ、わたしたちもひえいりではないので、最低限の生活はしたい。
医師と同様とはいわないが、せめて、若干の物価高であるゆえ、1%の上昇をお願いしたいと
おもったのだが・・・、
悲しい限りである。
たしかに、医療費高騰はいうまでもなく、どんどんたかくなっている。
国民皆保険制度が崩壊ともいわれ、わたしたち、医療類似行為をしているものとして
削減をいわれている。
しかし、きちんと考えておこなっているため、せめて物価スライドに準じてほしいと
おもうことはいけないのだろうか。
わたしはふとおもうのである。







https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000204312_00015.html

今日から新年度。

2022年04月01日 08時37分15秒 | 雑感
あっというまに、新年度。

新しい年度。

きょうは、4月1日。

エープリルフールというよりも新年度。

ということで、

今年度も今日からはじまる。

何も私はかわらないけど、

でも、昨年度よりは、成長したいな・・・。


はるがやってくる

2022年03月31日 08時30分17秒 | 雑感
はるがやってくる。

でも、まだ寒い。

本当につらいことがおおい。

でも、いつか春にやってくるとおもう。

でも、まだ、まだ 冬だなって・・・。


こんなときは、この曲をきく。



この曲。

この曲をきくと落ち着くなあ・・・。