しらゆりだより

葬儀に関することなら、なんでもご相談ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

喪中の初詣

2016年12月26日 | 日記
お客様より先日こんな問い合わせをいただきました。

『喪中は初詣はどうすればいいですか?』

喪中の人はお寺や神社へのお参りを控えるようにと言われていますが、正確い言えば少し違います。
結論は、神社は基本的には控えて
        お寺はお参りして大丈夫です。
神社とお寺を一緒に考えるのが大きな間違いです。「死」に対しての考え方が神社と違うのです。

神社の場合、死は「忌み嫌うもの」で死をケガレと考えます。そのため神社での中で葬儀はできません。なので葬儀や法要は葬儀会館などでしかできないのです。
また、喪中期間は鳥居をくぐることはNGとされています。
しかし、仏教の場合「死」はケガレではありません。お寺の本堂で葬儀もします。また初七日法要、四十九日法要、三十三回忌法要までします。
本堂にある本尊に手を合わせてお参りをすることは、喪中であっても喪中でなくても、むしろ大切な方を亡くした後だからこそ手を合わせることは大切なことでひとつの供養なのです。

お寺へのお参りは、葬儀や法要だけではありません。
喪中でもぜひお参りに行っていただきたいのです。



しらゆりホームページ
この記事についてブログを書く
« 寒中見舞い | トップ | 年末年始のご案内 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事