にわか日ハムファンのブログ記念館

2004年8月から2014年6月にかけて更新してきた当ブログを静態保存しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

〔観戦記〕超ハイペースの投手戦:石川対富山@金沢市民(6/15・後篇)

2014-06-20 06:17:25 | 北海道日本ハムファイターズ
 いよいよプレーボールとなったBCリーグ石川対富山戦。
 なのですが、ご覧の通りスコアボードに選手名が出ない!どうもおかしいなぁと思っていたのですが……
 仕方がないので、場内アナウンスと勝ったばかりの選手名鑑を頼りに、何とかオーダーを探ります。



 富山の応援席。人数は少ないですが、ラッパが2本あります。



 一方の石川。こちらも決して多くはないものの、グランドへの声の飛び方から、熱の入れ方が違うのは分かります。



 さて試合です。石川先発の高は、再三走者を出すものの得点は許さない粘りの投球。



 一方の富山の先発高塩は5回1死までノーヒットの完璧な内容。試合はまれにみるハイペースの投手戦となります。



 5回を終了して0-0、試合は開始から1時間ちょっとしか経ってません。グランド整備の合間に、タン坊が出てきました。



 本来のマスコットスタ坊も登場してのイベント。ダンスタイムや、ミリオンスターズ公認牛乳(!)の早飲み競争なんてのがありました。
 さて、後半戦に入ると試合は少しずつ動きを見せはじめます。6回表には富山が先頭打者2塁打でチャンスを作ると、ここで富山応援席から飛び出したチャンステーマと思しきものは、どう聴いてもこきりこ節。
 ただ、この回は後が続かず無得点となると、7回表も1死1,2塁のチャンスを併殺で潰してしまいます。



 ピンチの後にチャンスあり。直後の7回裏、石川は先頭ドテルに2塁打が出ると、続く06ブルズ出身の岡下がスリーバントを成功させて1死3塁。そして小倉がライト前にタイムリーを放ち、ようやく重い扉をこじ開けます。



 ちなみに、06出身と言えばこちら谷口もいます。



 8回表、逃げ切りたい石川は高から上條に投手交代。ところが、1死から三遊間の内野ゴロでサードショートが交錯する不運に見舞われると、さらにライト前ヒットで1死1,3塁の場面を招いてしまいます。



 このピンチに、石川は3番手ネイディングに託し、守備も交代して臨みます。



 ところが、富山の4番ニックがレフト前ヒットで三塁走者を還し、これで同点。ネイディングは後続を断ったものの、石川はこの後の攻撃で三者凡退、つかみかけた流れを逃してしまいました。



 そして9回、石川のマウンドに上がったのは木田!格の違いを見せつけたいところです。
 木田は守備にも助けられながら、あっさり2死を取り、その後ライト前テキサスヒットに四球でピンチを作るものの、後は空振り三振で無失点。
 ここでサヨナラ勝ちを決めたかった石川ですが、その裏はまたも三凡。これで延長戦に入ります。ちなみに、まだ2時間台です。



 10回表、木田が続投です。リリーフの2イニング目というのはとかく批判の的になりやすいものですが、投手陣の格を考えれば、こうなるのかも知れません。
 ですが、木田は先頭の大上戸に右中間を破られる3塁打でいきなりピンチを招いてしまいます。この場面で富山応援席、本日5回目のこきりこ節です。



 そして、またもニック。ふらりと上がった打球にセンターは前進しますが取りきれず、これがタイムリーヒットとなって富山に勝ち越し点が入りました。
 その後富山はさらに木田を攻め立てるも、追加点は奪えずに終了。裏には先発高塩がマウンドに上がります。その高塩は先頭打者にぶつけてしまい、さらに進塁打で1死2塁の場面を作ってしまいます。



 ところが、ここで石川に痛恨のバント失敗。その後再び死球を得ますが、代打石突が空振り三振でゲームセット。



 富山は福井追撃に望みをつなぐ一方、石川はこれで交流戦も入れて5連敗となってしまいました。



 球場を出ると、石川の選手が観客の見送りに出ていました。



 痛恨の負けを喫した木田ですが、試合後は先着5名様限定の似顔絵(たった2,000円!)企画に出ています。これ、気分的にもやりにくい気がするんですが、それでもチームの広報係として献身しているようです。
 独立リーグにつきまとう大きな課題は集客。そのための話題作りには、誰もが何だってしないといけないのです。



 ってわけで、監督も歌謡ショーなんて開いちゃったりするんですが……西武時代の森慎二ってそんなキャラでしたっけ?
『野球』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 元ファイターズ金森、マリー... | トップ | 広島に来ました »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (M・K)
2014-06-21 01:00:22
>森慎二
どうだったでしょうね。
そんなに弾けた印象は無いのですが……。

ただ、googleで森慎二を検索すると、ピアスを4つほど付けた画像が1枚出てきました。(苦笑)
アメリカに行った時の物かもしれません。
M・Kさん (ルパート・ジョーンズ)
2014-06-21 05:18:16
詳しく知らないなりに持っていたイメージとはだいぶ違うもんで、正直戸惑いました[;;0J0]
やはりアメリカで何か影響を受けたんでしょうかねぇ。
 (アパッチ)
2014-06-21 06:06:53
当時の監督の東尾にいじられてたのを、暮れの珍プレー特番で見た事はあります。
アパッチさん (ルパート・ジョーンズ)
2014-06-21 18:34:09
あれからだいぶ経ちましたからねぇ……

北海道日本ハムファイターズ」カテゴリの最新記事