💛7秒間のギュツ!💛

✿きらめいて、輝いて✿

台風が来る

2019-10-11 | æ—¥è¨˜ãƒ»ã‚¨ãƒƒã‚»ã‚¤ãƒ»ã‚³ãƒ©ãƒ 
このところ、台風で大きな被害続き・・・。
日本列島の惨事は終わったかと思うと次から次へと・・。
天災をどうとらえるべきか。
日頃どんなに心がけても自然には歯向かえません。
どうか、甚大な被害が出ませんように・・と祈るしかありません。
家の周り、掃除に今日は徹します。


コメント

秋の収穫

2019-10-02 | å››å­£ã®çµµæ‰‹ç´™ä¾¿ã‚Š
今朝の絵手紙は川越芋です。
秋に風がやっと吹き始めた今日この頃です。
天高く馬肥ゆる秋にふさわしく立派に育ちました。
ほくほく気分で秋を楽しみます。

コメント

なかよしこよし

2019-09-23 | ã‚ãã‚ãå­è‚²ã¦å§”員会
こどもはおやそのままである
癖も姿形もみな、にている。
見ながら大きくなる。
だから・・・きちんとしなきゃね、真似するものね。
人生の大きな舞台の演技者になる。
だから・・親は責任がある。


コメント

閃くとき

2019-09-12 | ã‚ãã‚ãå­è‚²ã¦å§”員会
9月は防災の日として…ランプをつくっている。
千葉県の南房総地域のライフラインの復興を祈りながら
こんな時でも気持ちが落ち込むのを少しでも和らげることが
できるかな・・と。
祈りの中に何かが込められている。
人はいろんなことを天災から学ぶ。
日本中が災害で大勢の方の気持ちが暗くなっている。
少しでも早く・・・寄り添えたらと思う。

コメント

成長の速さ

2019-09-08 | ã‚ãã‚ãå­è‚²ã¦å§”員会
生まれた時から
下の孫とあったのは・・数えるくらいしかない。
そんなに遠くない距離なのだが日々、いそがしいせいか
いつの間にか・・・あっというまに1歳6ケ月になった。
孫の成長の速さ共に・・自分も年を重ねてきた。
・・・どんな子になるのだろうか・・どんな大人になるのであろうか・・。
小さな出来事も楽しみにしていく日々がうれしいのだ。
きょうなにをしているのかん???
遊び道具を作ってみた。
紙コップで作ったけん玉あそび。
いっしょにあそぼおうね。mako



コメント

もうすぐ…秋かな??

2019-08-31 | æ—¥è¨˜ãƒ»ã‚¨ãƒƒã‚»ã‚¤ãƒ»ã‚³ãƒ©ãƒ 
3月4月と暑かったせいか・・・秋がまちどうしい。
いつまで続く・・この暑さ、蒸し暑さ。
といったところで自然はどうにもできない。
どんな力持ちでも、権力者でも。
自然は美しいものと醜い顔をするものもある。
その中でいつも・・・いつも大変お世話になっている。
太陽の恵みに感謝の念をいだかずにはいられない。
明日も天気になーれ。mako

コメント

暑すぎてセミも・・・

2019-08-16 | ã‚ãã‚ãå­è‚²ã¦å§”員会
お盆が過ぎてセミの声もだんだん聞こえなくなってきた。
今日は何度だ?
現在33°
なんてこった!だ。
いや、参った参った。
冷房からぬけだせないじゃないか。
何事もはかどあらない。
少し動けば汗びっしょりで、頭はぼーっとしてくるし。
寝不足で、いつもうとうと状態が多い。
盆休みで脱力感が充満している。
いつも忙しいんだから、たまには息を思いっきり抜くのも
大事と・・ぼーっとしている。

昨日は15日の孫の誕生日で電車ごっこをして遊んできた。
3才の孫はおしゃべりになり、何でも吸収して体中で物事を
判断し、体をめいっぱい動かし、大人をメロメロにしてしまう天才!
嬉しいうれしい時間をすごした。
子どもは一瞬一瞬が将来を作る命の勉強をしているんだと
つくづく感じた。
今日も・・・おおきくなー(⋈◍>◡<◍)。✧♡



コメント

『愛おしい孫のなみだ』

2019-08-09 | ã‚ãã‚ãå­è‚²ã¦å§”員会
久しぶりのブロアップです。
忙しさにかまけてやっと、おちついたところで・・。
先日、もうすぐ3歳になる女の子の孫が遊びに来てくれました。
ちょっと合わない間におしゃべりが上手になっていました。
遊び足りないのか…帰る時間になり、玄関にみんな集まったのに
あれ??○○ちゃんがいない・・。
なんと、リビングで帰りたくないと泣いていました。
うれしいのと、愛しいのと、こっちまで泣いてしまいました。
『もうすぐお誕生日だね、また行くからね、また遊んでね」となだめ
矢っと泣き止んで帰って行きました。
パパとママと妹と四人の乗っている大きな車を見送りました。
私たちが子供を育てたように、息子夫婦も同じように子供を大切に
育て愛しています。親子はこれほど似通うものなのですね。mako

 

コメント

『ギュッとしたら』

2019-07-10 | ã‚ãã‚ãå­è‚²ã¦å§”員会
久しぶりの投稿です。
先日、埼玉子育て大会がさいたま市の家庭総合センターあいぱれっとで
子どもの保育を手伝いました。

子どもはエプロンしている私のほうへたくさん集まってきました。
エプロンは便利です。
エプロンを拡げて「ここに入れて見てー」と声掛けしたら
丸いボールを色別にかわるがわるに入れてくれる子供たち
目をキラキラしながら遊びに夢中になりました。

パズルを3にんの女の子で仕上げたり、ママたちがお話を聞いている最中も
子どもたちはそれぞれにあるおもちゃでおりこうさんにしてくれました。
おばちゃん目線での保育はとても楽しくて子供たちの無邪気な
ありのままに癒しを覚えていました。
子育てから随分年月が経ってしまった今も、こうして子供たちと
接していける環境に感謝ですね。

帰りにママがお迎えに来たのでまたね!といって
そっと『ギュッと』したらてれくさそうでもあり、うれしそうでもありました。
一度もあったことのない子供たちです。いつだって、お母さんになれる自分に
びっくり!まだまだ現役だ!…なんて錯覚だね。
又、あさっても赤ちゃんの保育のお手伝いです。

★川越市西文化会館 メルト2階研修室 10時~11時半
子育てセミナー保育あります。参加費200円
お時間のある方で参加できる方はこのブログにコメントお待ちしています。
コメント

『平凡な才能』

2019-06-12 | å››å­£ã®çµµæ‰‹ç´™ä¾¿ã‚Š
見出しの絵手紙は
観音様を割りばしで描いた
この絵を大切に携帯の
待ち受け画面にしている
友人がいる
暑い夏に描いた
頬にピンクの薄い頬紅を
いれたら生きているようだった
不思議な感覚の絵
自由で伸び伸びとしていて
これでいいのよ!という感性?
平凡だけど一人でも
大切にしてくれている人が
いるというだけで人生を
輝かせてくれる
・・・だから平凡だけど
才能は生き生きするものだね mako



コメント

『㋅の花嫁』

2019-06-11 | ã‚ãã‚ãå­è‚²ã¦å§”員会
㋅30日に入籍した
長い間お付き合いして
ついにゴールイン
どうせなら、幸せになりたい
6月の花嫁になろう
そうして決めていた
そんな雨の6月は
結婚した思いを思い出す
だから、雨でも気持ちは「ルンルン」
長靴はいて踊りたい気分😊 
「6月の花嫁はしあわせになれる」
そんな言い伝えを信じたおかげか
今もしあわせはつづいているmako





コメント

『福の守』

2019-06-07 | ã‚ãã‚ãå­è‚²ã¦å§”員会
 電車で4か月くらいの子供をベビーカーに載せて
若いお母さんが正面に座っていた。
ベビーカーはお母さんのほうを向いていたので
赤ちゃんの声だけ聞こえる。
おっつくん、おっくん、と赤ちゃん言葉が聞こえたり
時々、ぐずり声など発している。
ふと、お母さんの顔を見ていると
携帯をみていて、一度も笑顔を見ることが
出来なかった・・・。赤ちゃんとの対話は
お母さんの笑顔であったり、声から
安心をキャッチするのではなかろうか・・。
急に・・二人の2歳半と1才の女の子の孫に
無性に会いたくなってきた。
7秒間のギュ!ツをしたくなった。mako

コメント

『子育て中はいろんなことが出来る』

2019-06-05 | ã‚ãã‚ãå­è‚²ã¦å§”員会
アガパンサスの茎が長く伸びてきた。
最近は本数がすくなくなってきている。
手入れせず、株わけもせずにいるからかな?
数年か前に初めて咲いた記念に額に入れて
押し花にしていた。今日はその画像をつかってみた。

すこし、妊娠中のことを今日は思い出した。
長男の子どもが1ッ歳半までは2人目の子供を見もごりながら
タイプの仕事を座って毎日ぱちぱちと音をたてていた。
おなかの子供に聞かせながら朝から夕方まで働いた。

長男は同じように、タイプの音を聞いていたせいか
ゲームが大好きで大好きで勉強と勘違いしている?かのように
小学生のころは没頭している子だった。
そういえば…大人になっても・・・。

その子が今は‥二児の父親になっている。
子どものすることには意味があるんだと今だから言える。

母親は毎日、キーボードを仕事でたたいていた。
子はおなかの中でずーと、一日中聞いて育っていた。
「うるさいなー」「なんだ??」「ねむいのにしずかにしてよ」・・・
と、思ったかウソか聞いたわけではないのでわからないが。
子どもの興味のあることを見ていると不思議でたまらないと
昔は思っていた。
どうして勉強よりゲームがすきなんだろうか??
そんなことで、手を焼いていた時期があった。

今している仕事を天性と思ってひたすら働いていたら
喜びそのものに変わり、どんな大変なことも乗り越えられる。
子どもの只今ついている仕事そのものがそのことを証明している。

夫婦共に与えられていた仕事をしていた。
そのことが、将来の子供のついている仕事に及ぼしていると
今は息子の姿を見ていているとそう、思えてならない。

過去は変えられないが過去行ってきたが事が
子に及ぼすことがはっきりと証明している我が家の
親子の自立、夫婦の自立とつながってきている。

だから…親はひたすら今ついている仕事を誇りに思い
ひたむきに働いていればいいのだと。mako


コメント

「親になってわかる事などいっぱい!」

2019-06-03 | ã‚ãã‚ãå­è‚²ã¦å§”員会
親だって若いときあったよね。
でもね、親になるとその時のことを
忘れて、子供は自分のものと
勘違いするからおかしくなるんだよね。
母親の愛は3歳までに注ぎきる。
それからさきは・・・目をはなさず、
心を忘れず・・いくもんなんだと・・
今頃になってわかってくる。
子どもは預かりもの。
子どものことがわからなくなったら
自分の子供の時を思い出せば
自然と・・答えは返ってくる。
親になれて・・・ほんとよかったと思う。
出ないと・・・もったいない、つまらない。
親に感謝する心から思えるひと時を
富士山のふもとで学んだ。
昨日より、若くなった気がする。
素直になった気がする。
人は怒ると…ストレスホルモンが多量に出て
認知症とお友達になる割合がおおくなるそうな・・。
それを聞いて以来・・なんだか穏やかになった気がする。
人は脳をいいほうに騙せばいいよね。mako

コメント

『イヤイヤ期と人見知りを経て』

2019-05-27 | ã‚ãã‚ãå­è‚²ã¦å§”員会
ママの抱っこで安心して
ママ以外のお顔を見て赤ちゃんは泣きます。
いかにママが安心安全かという証。
脳の働きが影響するようです。
大きくなるためにいろんな脳がいろんなことを
指令しながら段階を経て、赤ちゃん、幼児と育っていきます。
赤ちゃんは肌を離さず、幼児は目を離さず、そして・・・
反抗期には・・心を離さず・・と、成長に合わせて
お母さんも子供に合わせていきます。
決して、押し付けず、そっと見守る
そっと…できるまで待つ・・。
あせらず、あわてず、せかさず。
おおらかな子育てが一番の親子の幸せ時間のような気がします。mako

コメント (2)