さくら工房の徒然日記

宮城・仙台・塩釜 リフォームと新築現場を実況中継。
スタッフが思いつくまま、気の向くまま。
住まいのあれこれ。

いま給湯器が壊れたら「お風呂」にはいれなくなっちゃう?!

2021-11-02 10:00:10 | リフォーム

こんにちは、さくら工房です。

一部で報道されているとは思いますが、いま日本国内において

給湯器(お湯をつくる機械、ボイラー という方もいます)、トイレ、IH調理器、エコキュート(電気でお湯をつくる機械)

タッチレスキーなどなどが、ほとんどありません・・・

一部対応可能なメーカーもありますが絶対数が不足してしまいますし。

新型コロナウィルス感染症の影響です。

日本はいま感染状況が落ち着いてきているので、実感がないかもしれませんが、

ベトナムをはじめ東南アジア諸国からの部品供給が滞っていることが大きな原因といわれています。

加えて、全世界的な半導体不足も追い打ちをかけているといわれています。

 

ラニーニャ現象でこの冬も寒いという予報がでているようです。

どうしても増えてしまう冬季の給湯器の故障が、今年は大変なことになりそうなんです。

すでに給湯器が故障してしまって、でもいつ入ってくるかわからないので、ジムに入会して

そこで毎日「お風呂」をつかっている、という話題を目にしました・・・

 

そんな状態なので

これからの季節、今年はとくに、凍結による破裂をおこさないよう、予防をぜひ!

もしお湯が出なくなってしまっても、いままでのように「修理します」「交換します」が簡単には出来ない可能性が

非常に高いということなんです。

そして、トイレ(便器)もなかなか入ってきません。

IH調理器は、残念ではありますが、代替として一時的に簡易的な調理器を使用するなどなんとか出来そうです。が

お湯がでない=お風呂がつかえない、という事態は、もう「災害」レベル。

メーカーだけの問題ではないような気もします。

 

各メーカーからの情報も、日々、変わってきています。

とにかくお客様にご迷惑をおかけしないよう、緊急時用の在庫確保など、

なんとか対応できないかと考えています。

お客様には、どうかこの状況をご理解いただければ幸いです。

 

宮城・仙台のリフォーム・耐震構法・SE構法の家は さくら工房㈱ 

公式HP 施工例ぞくぞく https://www.reform-sakurakobo.com/

スマホはこちら https://2019.reform-sakurakobo.com/


コメント (1)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 11月のスタートです! | トップ | あちこちから「部品不足」の声。 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kirakira0611)
2021-11-02 18:02:03
こんばんは。そう言うことだったんですね。
うちも給湯器が壊れたんですが、次壊れたら全とっかえと言われて、ガス会社の策略かと思ってました。納得しました。
ありがとうございます。

コメントを投稿