あかまつブログ~ピアノと歌と~

ミュージシャンの赤松志津子がお送りします。次回ライブは2019年6月29日(土)四谷天窓comfort昼の部です!

赤松志津子ライブ_Web中継?のお知らせ(3/31日昼)

2019-03-31 16:00:00 | 赤松志津子ライブ情報
久しぶりに、東中野のaltspeakerさんのオープンマイクに出させていただこうと
思っています。万が一、参加を見送ることがあれば、ブログでお知らせしますね。

以前は、facebookで中継をやっていましたが、もしかしたらツイッターに画像が
貼られるだけなのかもしれません。ぜひ当日は、東中野altspeakerさんのfacebookや
ツイッターをチェックしてみてください。

                 記

●日 時  平成31年3月31日(日)
       オープンマイクは、11時30分からスタートですが
       赤松が現れるのは、13時頃ではないかと思います。
       早まるようであれば、ブログ等でお知らせしますね。
        オープンマイク:その日に集まったみなさんで3曲づつ
        披露します。1巡したら2巡目があるという感じです。

●場 所  東中野altspeaker
       ツイッター:https://twitter.com/altspeaker
       facebook :https://www.facebook.com/altspeaker
        お店に来て応援いただくこともOKです。1,100円プラスドリンク代です。

※3月31日まではこの画面がTOPとなりますので、さんぶんダイアリーは以下をご覧くださいね。
コメント

ペパーミント・キャンディの味

2019-03-22 07:51:10 | さんぶんダイアリー
約20年前に観て、今回2回目の鑑賞。エピソード詳細は忘れている部分もあってか、食い入るように観てしまいました。自分もそれなりな年齢になって、人生を振り返ってしまいました...
コメント

時刻表

2019-03-18 07:13:48 | さんぶんダイアリー
JRのダイヤ改正でポケット時刻表をもらおうと駅に立ち寄ると、ない!今年から廃止なんですかね。便利なのになぁ...残念。
コメント

オアシスは純粋な恋愛映画

2019-03-16 19:39:42 | さんぶんダイアリー
前同の公開時に観ていなかったので、リマスター版を鑑賞。丁寧に、一場面づつ積み重ねられるイ・チャンドン監督ワールドに2週続けて引っ張り込まれました。韓国映画が嫌いでなければ、おすすめ度◎です。
コメント

それぞれのバーニング

2019-03-10 07:24:55 | さんぶんダイアリー
劇場版とテレビ版は別物、という前評判通りでした。セリフ、音楽も抑え気味なのに、ラストに向けた展開が自然でずっしりきましたね。余談ですが、途中松尾スズキ氏の顔が頭をよぎる場面(※出演してませんよ)があって、ニヤリとしてしまいました。
コメント

慣れないから大変だけど

2019-03-07 23:24:32 | さんぶんダイアリー
周りの皆さんから、少しずつお金を集めて香典袋に入れるだけなのに、次々疑問が湧いてきてwebで調べます。でもこの小さなプロセスが、すでにお悔やみになっているんだなと。丁寧にメモを作り、お金を包み、名前を書いて、参列する方に託したのでした。
コメント

花の名前

2019-03-05 07:37:51 | さんぶんダイアリー
1月7日にいただいたお花の中に入っていたものですが、未だに少しずつ花を咲かせています。とても小さいのですが、可愛くてお気に入りです。如何せん、名前が分からず...どなたかわかりませんか(^_^;)
コメント (1)

マラソン日和

2019-03-03 23:21:15 | さんぶんダイアリー
東京マラソンの中継を流しながら、今日はマラソン日和だったのか考えていました。真夏の暑さも大変でしょうし、今日は比較的寒かったものの、雪は降らなかったので、そこそこだったのかな。それにしても、42キロを走るなんて本当に凄いですよね...手放しに尊敬します。
コメント

久々の雨

2019-02-28 20:48:40 | さんぶんダイアリー
大きな傘を持ち歩くのは、少なくとも3ヶ月以上ぶりだということに気がつきました。また雪ではなくて、冷たい雨です。明日からは3月なわけですが、どうなるんでしょうか...この冬は(^_^;)
コメント

王様と私

2019-02-25 07:30:17 | さんぶんダイアリー
映画館で上映された渡辺謙氏&ケリー・オハラ氏のミュージカルを観てきました。最前列でずっと見上げることになり、肩がこりましたが、それでも滑り込みで行って良かったです。登場人物がみな魅力的でそれぞれの場面で感動しましたが、やはりケリー・オハラ氏は想像通りの素晴らしい歌を披露され、うっとりしていました(*^^*)
コメント