如月

三週続けて「梅」の花を採り上げた。



実は我が家にも小さな梅の木がある。
その木にも蕾が沢山付きはじめ日に日に少しずつ大きくなっている。
冬枯れの中、何だか嬉しい気持ちになるのは春が待ちどうしいからなのだろうか。
今週は寒い日が続いたが来週は暖かな日もあるようだ。

何しろ我が家は寒い。早く暖かくなって欲しいと願っている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

如月 Ⅱ  慎之介

少し春めいてきたかと思ったがまた寒い日になっている。



春めいてきたとは言えまだ二月上旬。
いつもこの時期は色々な想いが交錯する。
早く暖かくと願う気持ちが先走っているのかもしれない。

しかし我が家の藤の木にも小さな蕾が沢山付いていた。
それを目にしただけでもちょっとホッとする感じで ・・・。

「春」の到来が待ちどうしいこの頃だ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

如月 Ⅱ  慎之介

如月 二月。



そして今日は「節分」。

まだまだ厳しい寒さだが花の便りを耳に出来るようになった。
日の出が少し早くなり日の入りは随分遅くなってきた。
それだけでも何だか嬉しいね。
しかしインフルエンザが異常に蔓延しているようだ。
小生幸いその餌食にはなってないが油断は禁物だ。
皆さんもご自愛あれ!。

今日は穏やかな日になりそうだが夕方からは雨の予報。

ちょっと出掛けてみようか。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

睦月 一月 Ⅳ    慎之介

昨日は久し振りに雪が舞い、少し積もった。



先週も寒かったがいかにも「寒」の時期らしい寒さだ。
去年は足だったが今年は右手にしもやけが痒い。
色々な条件が重なって仕方ないんだけど辛い。
それとこの歳になって赤く腫れる右手は格好良くはないな~。
早く治って欲しいと願っている。

ところで、猛暑のオーストラリア。
テニス全豪オープンシングル・女子ファイナルで大阪なおみ選手が見事優勝した。
昨年の全米オープンも驚きだったが僅か5ヶ月でまたメジャー制覇とは!!!。

嬉しいね。  おめでとう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

睦月 一月 Ⅲ    慎之介

本日は「大寒」。



暦便覧の説明では「冷ゆることの至りて甚だしきときなればなり」とある。
「寒」の時期の中でも非常に寒い時を指している。
インフルエンザの患者さんが益々増えているようだ。
ご自愛あれ!。
当地例年に比べれば寒さは控え目かなとは思うものの手足のしもやけが少し痒い。
諸条件が重なり末端のしもやけになり易いらしいがそこそこにと願っている。

早く少し寒さが弛む事を祈ろう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

睦月 一月 Ⅱ    慎之介

「寒」の時期を迎えた。



日中陽が射すとホッとする時もあるのだが朝は厳しい寒さだ。
インフルエンザが蔓延しているそうだ。
どうぞ皆さんご自愛あれ!。

そして明日は「成人の日」。
数年お天気に恵まれなかったが今年は穏やかな日と予報されている。
最近の傾向にはオイオイと思う事もあるのだがまずは新成人に幸多かれと祈る。

寒さに負けず頑張ろう!!!。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

睦月 一月     慎之介

明けましておめでとうございます。



比較的穏やかに過ぎた三が日。
そして今日は6日。
明日から本格的に始動という方々も多くいらっしゃるだろう。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

師走 12月 Ⅴ   慎之介

いよいよ今年も残りあと僅か。



先日来の寒波はかなり厳しくて寒い日となっている。
年末恒例の日本列島大移動。
雪の影響も大きいのではないだろうか。
目的地までどうぞ気をつけてお向かいいただきたい。

小生上手く予定が組めない事案も含め明日まではまだまだ気が抜けない。
兎に角体調管理に気をつけしっかりと今年を締めくくりたい。

本年も何かとお世話になりました。

皆様良いお歳をお迎えください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

師走

今年も残り僅かとなってきた。



明日はクリスマスイブだが皆さんいかがお感じか。
以前と少しその騒ぎ具合が大人しくなっているように思うのだが・・・。
世間と少々異なる生活の我が身ではなかなか判断が難しいのだがちょっと違う気がする。
それだけ楽しみが多岐に亘る昨今。
もはやクリスマスもそれほどの魅力がなくなったのだろうか。

この年末はやたら「平成最後の・・・」のフレーズが使われている。
その事自体は確かだが何だか踊らされる身を感じてザワザワと落ち着かない。

昔を懐かしがっても仕方ないのだがもう少し一つ一つに楽しみがあったように思う。
一つ一つの行事が待ち遠しかったし指折り数え待ったものだった。
現代の悲哀とでも言えばいいのかな。そんな気がしている。


今朝は諏訪神社・山津見社の大掃除が行われる。

今年も無事に渡御を終えた事を感謝し年越しの準備に勤しもう。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

師走 12月 Ⅲ   慎之介

今朝は随分寒かった。(今も寒いが ・・・。)



先日13日は「事始め」。
この日からいよいよ年末の掃除等に取り掛かり新しい歳を迎える準備を始める。
何となく気忙しいと言っていたのが本当に忙しくなってくる。
小生も少しずつではあるが一年の煤払いをしなければと思っている。

世間の流れに振り回されるようで何となく季節の行事を忘れそうになるが
やはりその時期に応じた行動を採る事が心の安穏を求められるような気がする。

間もなく「♪ジングルベル・・・」、そして「もういくつ寝ると・・・」と歌う時期がやって来る。

色々な意味を込めて今年の残り時間を過ごしたい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ